生死について考える絵本*この後どうしちゃおう

Pocket

スポンサーリンク



以前、死について考える絵本、「わすれられないおくりもの」をご紹介した記事で、「生死について子供が考え出した時に、言葉よりもこの絵本を読み聞かせたい」というような事を綴ったのですが、また全く違う角度から死について考えられる絵本をみつけました。

*このあとどうしちゃおう

【作・絵 ヨシタケ シンスケ】

あらすじ


死んだおじいちゃんが生前書き残していた一冊のノート。テーマは死んだ後どうなるのか。

おじいちゃんなりにたくさん考えたんだなぁと推察できる内容で、それも願望に近そうなものです。

決して暗くなく、可愛いおじいちゃんだなぁって思わず笑ってしまうのですが、よくよく考えてみるとおじいちゃんはどうしてこのノートを書いたのか。

死ぬのを楽しみにしていたのか、それともその逆なのか・・・。

大人が読むと面白いけど悲しい気持ちにもなって、いろんな事を考えさせられる絵本です。

これと同じ絵本作家さんの「りんごかもしれない」にすっかりはまった私は、自分用にこの絵本を購入したつもりだったのですが、1年生の長男がこの本を目にして読んだようで、それ以来ちょくちょく生死について聞いてくるようになりました。

子供が既に死に対して漠然とした恐怖を持っていたら


寝る前に「僕のおじいちゃんはまだまだ死なないよね?」と不安そうに尋ねてくる事もあって、まだ息子には早かったなぁと、机の上にこの本を置きっぱなしにしていた私も反省なのですが、もし私が幼いながらに生死について考えを巡らせていたあの時、この絵本に出会えていたらもうちょっと気持ちが楽だったかも・・・とも思った内容でもありました。

逆に「いつ死んだっていいや」なんて思っていた10代後半。守るものが何もなかったせいもあるのでしょうが、今思えば死からとても遠い場所にいたからそんな安易な事口にしてたんだなって実感します。

小1長男の視点から


子供ならではの想像力だな、と感心させられたのが最後のページ。

ブランコに乗る主人公の前にビニール袋が舞っているのですが、「これ、きっとおじいちゃんだと思うな。ビニール袋になって会いに来たんじゃない?」と。

絵本の裏表紙にビニール袋を提げた男の人が描かれているのですが、息子曰くこの人物は主人公が大人になった姿らしいです。そして手に持っているビニール袋はおじいちゃんの生まれ変わりだそう。

理想的な死に方


この絵本を読んだ日の夜、たまたまテレビを付けるとNHKで在宅医療についての特集番組が放送されていて見入ってしまいました。畳の上の大往生が人の幸せだと信じてきた在宅医療のパイオニアとも呼ばれるベテラン医師が、いざ自分が死に直面した時、必ずしもそうではないのだと悟る___

どんな生き方をしたって人は後悔するのでしょうけど、とりあえず今日という何のへんてつもなかった1日に感謝して、明日1日を大切に生きてみようと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子供の自立心を養うには

Pocket

スポンサーリンク



子供が巣立つ時


親にとって子供はいくつになったって子供なわけですが、子育ての終わりはあると思うんですよ。
一般的に言われるのは社会に出る頃、すなわち大学・高校・専門学校を卒業する時。
卒業しても自分で食べていけないと生きていけませんから、就職、もしくは結婚で家を出たら、という考えもありますね。

自立するには


就職してからもずっと実家暮らし、という人も多いと思いますが、これは「自立」とは言えない気がします。給料から生活費を収めているのであれば「自立している」と言ってもよいのかもしれませんが、できれば我が子には仕事が落ち着いたら家を出て欲しいなと思っています。特にメンズは。

では、どうすれば自立心って芽生えるのでしょうか。
片親であったり、両親の仕事が忙しくって自分でなんとかするしかないような状況で育った子は妙に自立心が強かったりしますが、そうでもなければ自立心が育つきっかけを親が敢えて作らなければならない物なのかもしれません。

特にうちは母が専業主婦でしたから家の事は何でもやってくれましたし、私もそれが当たり前だと思っていました。
なんなら毎日学校に通っている私より楽なんじゃないか?とさえ思う事も。
悲しいかな専業主婦の苦労はなってみないと分からないし、今そうなってからも実際に毎日学校に通うよりは楽だと感じてしまっています。(かなり手を抜いているからかもしれませんが)

育児は確かに大変ですが、煩わしい人間関係もなく自分のペースでできます。

子育てが一段落ついたらパートを探す、これは今一番に考えているところです。
家計に困っているわけではないので家事に支障が出ない程度に働く姿を子供に見せられるといいなと思っていますが、
まずは私が夫に金銭的に完全に依存している状態から抜け出さないと・・・。

子供にどうなってほしいのか


学歴をつけてほしい 一流企業に就職して欲しい 結婚して欲しい

親になると子供が成長するに連れ色々な想いが出てくると思いますが、どれも要は「自立して欲しい」って事なんじゃないかなと思うのです。自分がいなくてもしっかりと生きていくだろう、そう思えるようになって初めて子育てが一段落ついた、と思えるのではないかと。まだうちはみんな小さいのでよく分かりませんが、少なくとも私が子育ての最終目標として掲げているのは子供達一人一人が「自立」する事です。

うちは両親がなんでもやってくれる人でした。だから結婚するまで料理も作った事がなかったし、家の手伝いも何にもせず、それどころか会社へは父が送迎、友達と旅行に行くにも飛行機のチケットから宿まで全て手配してもらうという過保護ぶりでしたので、自分一人では本当に何もできませんでした。だから結婚当初は本当に家事が面倒で・・・。
上司のグラスが空いていてもなかなか気付けず、気づいたところでさっと動けない、気の利かないタイプです。

お手伝いをさせてあげる

浅い育児経験からですが、自立心に一番直結するのはやはりお手伝いを敢えてやらせてあげる事なのかな、と思います。
先回りしたりこちらがやってあげるのって、子供のためのようで実はやらせると時間がかかって面倒だからという大人の都合なんですよね。
洗濯物を片付けてもらってもたたみ方がぐちゃぐちゃで結局やり直し、という事もしょっちゅうあります。でも大きくなってからお手伝いをしてもらうよりはよっぽど難易度が低いでしょう。
だからお手伝いをしてもらうというより「やらせてあげる」、という感覚を持つ事が大事なのかもしれませんね。

こんな絵本はどうでしょう?

*ペレのあたらしいふく

【作・エルサ・ベスコフ 絵・小野寺ゆりこ】

あらすじ
主人公のペレは子羊を飼っていて、その子羊の毛で洋服を作りたいと思います。でも自分で作れるわけでもなし材料も必要です。ペレはまずおばあちゃんのところへいって、羊の毛をすいてもらうよう頼みます。
おばあさんはお手伝いを代わりにするなら、と引き受けてくれました。
次はペンキやさん。ここではお使いを頼まれ、そのついでに余ったお金で洋服を作る道具を買っていい事になりました。

ペレはこうして服を使ってもらうために仕事をしました。そしてついにとっても素敵な服を手に入れるのです。

幼児でも働くという事の意味をぼんやりと掴めそうなお話です。何かをしてもらうためには何かその人の役に立つ事をしなければならない
世の中の仕組みをしっかりと理解して、自立心を高く持ち仕事に取り組めるような人になってほしいですね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

小学校入学前にやっておきたい ~学力編~

Pocket

スポンサーリンク




幼稚園では遊びが中心だったのに対し、小学校に入るといきなり机に座ってお勉強。ガラッと環境も変わりますね。
以前夫婦で教育方針が違うという記事を書きました。私は先に先に準備しておきたい、夫は失敗も糧になるからそれはよくないという考えですから、小学校に入る前に学力の準備とかいうとまた喧嘩が勃発しそうなので、私は私なりにこっそりと、入学がスムーズに進むように出来る事は何か考えようと思いました。


1年生で習う教科は?

(息子の通う小学校を例にしていますが、地域によっては違う場合があります。)
1年生では主に国語、算数、体育、音楽、図工、生活、道徳、体育、学活。(うちの小学校では再来年度から英語が導入されます)
私が馴染みのなかったのは「生活」です。
生活
生活の授業とは、実際に身体を動かして世の中のしくみや社会的な事を学ぶ教科です。植物を育てたり、昔で言う理科に近い内容の事もあります。
国語
主にひらがな、カタカナ、漢字、作文を提出する事もあります。
算数
簡単な足し算、引き算
音楽
歌を歌ったり、楽器では鍵盤ハーモニカ、カスタネットを使用
体育
鉄棒(逆上がり)、跳び箱、水泳、なわとび
図工
クレパス、粘土、絵具を使っての創作

音楽や図工、音楽などは通っていいた幼稚園の延長みたいな感じでしたので特に苦労している様子はなさそうでしたが、やはり大きく違ってくるのが「国語」「算数」といった勉強系ですね。

読んだのはこちらです!

*7歳までに学力アップ!

【作・親野智可等】
~勉強ができる1年生にしてあげよう~

教科に分けて具体的にどの程度の力をどのようにして身に付けておくかが書かれていて実践しやすいです。
ただ詰め込むのではなく、苦手意識を持たないように工夫して養わせてあげる事が重要なようですね。

以前高学歴で有名なお笑い芸人、ロザンの宇治原さんが勉強はゲーム感覚でやっていた、みたいな事をテレビでおっしゃっていたのですが正にそれで、勉強を勉強と思って取り組むから嫌になってくるんですよね。
一緒にトランプをしたりカードゲームをしたり、もしくは普段の生活に自然と取り入れていくような感じでスタートすると抵抗なくやる気を出してくれそうです。

うちの子は(というか、みんなそういう時期があるのかもしれませんが)幼稚園の頃から数には興味があってよく数えていました。
ですが「お母さん!これ何個あるか数えようよ!」とか(おびただしい数のものです。土手のススキとか。)
「100から150までちょっと言ってみて」
とか、は?何で?と言いたくなるような事が多くめんどくさがっていたのですが、もうちょっと親身に付き合ってあげてもよかったかなぁ・・・と反省です。


絵本をたくさん読み聞かせておく

絵本を読み聞かせる習慣は、学習面においても大きく効果を発揮します。字が読めるようになるという事ではなく、長い文章を聞く事に慣れている、物語に親しみがあるという事は、教科書に書かれている内容も抵抗なく聞く事ができます。


何より小学校に入ると決められた時間の間きちっと座っていなければなりません。
騒いではいけない公共の場で静かにできているか、食事中立ち歩いたりしていないかなど、まずは基本的なマナーや習慣が身に付いているかを確認しておく事から始めたいですね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

名作*ちいさいおうちを読み聞かせ

Pocket

スポンサーリンク



*ちいさいおうち

【作・絵 バージニア・リー・バードン 訳・いしいももこ】

あらすじ


田舎の丘の上に建てられた小さなおうち。賑やかに遊ぶ子供の声や小鳥のさえずりが聞こえて、小さないえはとても幸せでした。
ところがだんだんちいさなおうちの周りは大きな町へと発展を遂げます。高層マンションが立ち並び、小鳥のさえずりどころか、日の光さえも浴びる事のできない環境に身を置く事になります。
ちいさいおうちは悲しくなりますが、ある時この家に目を留めた人がいて、また田舎町に住む事ができるようになるのです。

名作なので知っている方も多いでしょう。建てられた一軒のおうちの視点から書かれた絵本です。

おうちと共に季節の移り変わりを感じたり、世の中の流れを教えてくれる奥深い内容です。

5歳の娘に読み聞かせてみました。
ちょっと長いので途中集中力が途切れていましたが、読んだ後自分の家を気にするようにはなりました(;^_^

「今日○○(娘)のお家は何を見てたのかな?」とか

「この場所で幸せって思ってる?」とか聞いてきます。

この絵本、うちの実家にもあったのですが私も個人的には絵の配色が素朴なのと文が長いので、子どもの頃はそこまでのめり込む事ができませんでした。
大人になってやっとこの絵本の魅力に気づけた気がします。

それよりディズニーのアニメーション版の方が印象としては残ってるんですよね。

(いや、逆にこのアニメのせいで原作を読もうとする気が起きなくなってしまったのかもしれませんが・・・)

絵本をアニメ化したもので見せてしまっては台無しだ、と思う人もいるでしょうし、感じ方も受け取り方も製作者によって限定されてしまうので賛否両論あると思いますが、内容自体が幼児や低学年には難しいお話ですから、なんとなくでもお話を理解させるという意味では、アニメはとても分かりやすいです。

最後に


この絵本を読むと、やはり子供には肌で自然を感じられるような、田舎でのびのびと過ごせる環境を与えてあげるべきなのかなぁとか、色々考えさせられます。絵本に描かれているような風景のある場所、素敵だなぁって憧れます。ですが現実は不便で暮らしにくかったりするんですよねー・・・。子供が幼い間なんて一瞬ですしね。

うちは都会でもなく田舎でもなくってところですが、子供達を遊ばせられる環境が充分整っているかと言われると決してそんな事はなく、近くにある公園は狭いし自転車を練習するような場所もありません。

なのでその分どんどん一緒に出かけて、いろんな景色を子供達と一緒に見たいなと思います。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子供の成長を感じるお手伝い

Pocket

スポンサーリンク




クリスマスが終わるとすぐにお正月がやってきて、年賀状書いたり大掃除したりと、師走は本当に忙しいですよね。でも子供の時はそんなバタバタしたイメージはなく、学校の友達に年賀状書いたり普段しないお掃除を手伝ったり、お年玉を楽しみに楽しく過ごしていたように思います。

そのお年玉なのですが、お金の価値をなんとなく分かり始めた長女。お友達がお手伝いして10円もらったという話を聞いて、「これお手伝いしたらお金くれる?」などと言い出す時があって少し困っています。
お手伝いしてくれてお小遣いあげるのは別に構わないのですが、対価がないとお手伝いしない、という精神はどうかと思うし、お金をあまり軽くみないで欲しい、という想いもあります。

というのも私は大学生の時付き合っていた彼氏で小金持ち(と言っても実家が裕福でお小遣いもらってるだけ)の人がいて、ご飯はいつも奢ってくれるし欲しいものがあれば何でも買ってもらえる、という生活を3年続けていたため、別れてから金銭感覚を戻すのにだいぶ苦労したのです。
今思えば途中から好きでもないのにお金のためだけに付き合っていたような気も・・・。

娘にそんな彼氏が出来ても止める事はできないけれど、自らお金の価値を下げるような教育はしたくないので、「もうちょっと大きくなったらねー」なんて濁していたのですが、ある時夫がそのやりとりを聞いていて

「お金をもらえるのは本当に助かるお手伝いが出来るようになったら。その歳ではまだ無理なんだよ」

的な事を言ってしまって、娘は「私がお手伝いしてるのお母さん助かってなかったんだ・・(T_T)」としょんぼり。

慌てて「助かってるよ!助かってるんだけどね、お金がもらえると思って手伝うんじゃなくて、お母さんが楽になったらいいなっていう優しい気持ちで手伝って欲しいな」 と弁解したのですが。どう思ったことやら・・・。

実際にはお風呂掃除や洗濯ものを干したりと、初めてお手伝いデビューした2歳頃と比べると本当に成長を感じられるんですけどね。

おてつだいといえばこの絵本ですよね

はじめてのおつかい【作・筒井 頼子 絵・林 明子】


5歳のみぃちゃんが一人で牛乳を買いに行くお話。
この絵本を読んだ後に、私も小学1年生になって、初めて牛乳を買いにおつかいに行きました。
住宅街の中にある家から本当に近いお店でしたが、ドキドキしたなぁ。この絵本のような個人経営のお店ではなく、スーパーですから、まずは牛乳がどこに置いているのかを探して、なんとかレジに持って行ったらなんと、レジの人に「お金が足りない」と言われてしまったんですよ・・・。

どうやらいつも買っている牛乳と違う牛乳だったようで、母はお釣りとがが出るとややこしいからピッタリ渡してくれたみたいなのですが、私からすると「(ちょっとは多めに渡しといてよ~)と言いたくなる心境でした。

結局この時はレジの人が「その金額でいいよ」って言ってくれて買って帰ったんですけどね。 店長さんだったのかな・・・?今のご時世ではなさそうな出来事ですね。

うちの子供達はまだデビューさせてないのですが、今時はもうちょっと大きくなってからですかね。5歳ってのはありえない気がします。 よほど田舎ならまだしも、車も多く人も怖い世の中ですからね。

年末の大掃除頑張ってくれてるから、一度だけ特別にあげてみようかな、10円。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

クッキーハウス、失敗・・・

Pocket

スポンサーリンク




ヘンゼルとグレーテルのお話を聞いて

お菓子の家って本当にあるのかなー?((o゚▽゚)o)

娘が目をキラキラさせながら聞くので、クッキーハウスでお菓子の家作りに挑戦してみる事に。

うまくできたらしばらく飾ろうね♪なんて私もワクワクしながら取り掛かったのですが・・・

IKEAでキットを購入



クッキーの型から作るなんて芸当はまずできませんから、IKEAに行って「ジンジャーブレッドハウス」を購入。
そこで飾り付け用の砂糖菓子なんかも一緒にゲットしてきました。

その他の材料
・卵白
・シュガーパウダー(250グラム)
・マーブルチョコ
・チョコペン
・生クリーム

まず先にクッキーをデコレーション。家を組み立ててからデコるのは難しいので先にやっておきます。買ってきたマーブルチョコを乗せたりチョコペンで家の周りをふちどったり、これはまぁ楽しい作業ですよね。

ただ・・・

失敗の全ての元凶はこれでしょう。

はい、完全にマーブルチョコ乗せすぎました。

接着の仕方


クッキーとクッキーはどうやったらくっつくのか?
これにはロイヤルアイシングといって、シュガーパウダー卵白を混ぜたものを使います。
(シュガーパウダーはIKEAでも売ってました)

これあんまり早く作ると固まってしまうので、いざ接着するぞ!という時に作った方が良いです。私はいきなりこの工程がらとりかかって接着する頃には大半固まってしまいました・・・。

いざ、接着!!
イケアのクッキーハウスのキットが入った箱の裏面に、組み立ての順序が絵で分かりやすく描かれているのですが、家の土台→屋根→煙突 の順に組み立てます。
土台まではよかったのですが・・・

はい、屋根の上が開いていますね。この2、3秒後、全てが崩れ落ちます。

割り箸とかを支えにしてみましたがだめでした。
クッキーのお家なんてデコるだけだし誰でもできるでしょ~ なんてほんと舐めてました。
娘よ、計画性のない母でごめんなさい。

素人は屋根をあまりデコらない
接着剤(ロイヤルアイシング)は最後に作る

この教訓を来年に活かしたいと思います・・・。

お菓子でできたお家が出てくる絵本


*ヘンゼルとグレーテル【作・グリム童話 絵・いもと ようこ】

*おかしのまち【作・絵 青山 邦彦】

*ちいさなちいさなお菓子のまち【作・さかい さちえ】

*ゆきのひのお菓子の家
ゆきの日のおかしのいえ (えほんとなかよし)


お菓子の家は失敗しましたが、最近こんな家のドアを見かけると

あっあそこのお家チョコレートでできてる~((o゚▽゚)o)
と嬉しそうな娘です。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket