繰り返しの絵本

Pocket

スポンサーリンク




*どうぞのいす【香山美子】

あれは確か大学1回生の時のこと。

児童文学の講義で絵本を創作してくる課題が出され、私は季節がらクリスマスをテーマにした物語を原稿用紙に書いて提出したのですが

隣に座っていた友人が持っている原稿用紙のタイトルがまさかの

どうぞのいす』

だったので

「え?それはやばくない?」

さすがの私も突っ込みました。

それでも全然動じる気配のない彼女。

「え?何が?」

「いや、それ・・・パクッてるよね・・・?」

「え~!パクッてないよ~、ちゃんと自分で考えたんだよ~」

(いやいやいや。この絵本は確か昔祖父に買ってもらって家にあるはず、今すぐここで見せてあげたい。)

そう思いながらもタイトルも内容も自分で考えたんだと譲らない彼女。

まぁいくら名作絵本とはいえタイトルがかぶっただけで中身が全然違うのかもしれないし

当時は携帯もスマホとかではないので、検索して「ほらね」とか言うわけにもいかず

もう、放置しました。笑

そして見事単位を落とした友人。

私:「ほらね」

友人:「信じられない、本当に自分で考えたと思い込んでた」

後に原稿用紙を見せてもらったのですが内容もそっくり。

ある意味すごいなって感心させられました。

それだけこの絵本にインパクトがあって彼女の中に残っていたんですよね。

悪意は一切なかったと思います。かなり天然でおっとりした

子なので。(一応彼女の名誉のために)

そんな友人も今では立派に教師をしています。(いいのかな・・・)

同じ言葉が繰り返される絵本

*ぞうくんのさんぽ【作 なかのひろたか】

*大きなかぶ【アレクセイ・ニコラエヴィッチ】

*よかったねネッドくん【レミ―・シャーリップ】

*グーズベリーさんのみどりのにわで【作・絵 にしまき かやこ】

「もう一回」には何回でも

これも安心感に繋がるからかもしれませんが

子ども達は「お決まり」や「定番」が大好き。

そして一度読んだ本が面白ければ

「もう一回」「もう一回」

とまぁ1回では終わりませんよね。

うちの子達もまだ話せないうちから、気に入ったお話は

読み終わった後すぐさま人差し指を一本立てていました。

たまにこれ永遠に読み続けないといけないのかしら、と気が遠くなる事もありますし

こちらが飽きてしまって、やたら抑揚をつけたり完全に違うキャラクターになってしまっている時もあります。(大概嫌がられます)

それでも読み続けると、いつか満足する時はきます。

理想は何回でも応えてあげたいところですが、こちらも忙しいしもう勘弁、という時には

『子どもは急には止まれない』を合言葉に

「OOしないといけないから、あと1回ね」

と前置きしてから読むようにしています。

それでも不満な様子の時もありますが

余裕のある時はできる限り付き合うようにしていると

自然と今回は無理でも次回は読んでくれるかも、と考えるのか

あっさり引いてくれる事も多いです。

何よりそれだけお気に入りの絵本に子どもが出会えたと思うと

ちょっと嬉しくもなりますしね。

繰り返しの絵本 赤ちゃん編

スポンサーリンク



Pocket

お風呂が好きになる絵本

Pocket

スポンサーリンク




お風呂嫌い

お風呂が苦手な子を抱えるママにとって

子どもと一緒の入浴タイムはちょっと億劫になってしまいますね。

「髪の毛洗いたくなーいっ」

「石鹸が目に入っちゃった~」

丁寧に体を洗っていても何かと不満を言われ

いくつになってもシャンプーハットが手放せなくなってしまう場合も。

特に苦手というわけではなくても

パパの帰りが遅く、一人で数人をお風呂に入れなければならないとなると

子どもが小さいうちはかなり大変です。

子ども達プラス自分の体を洗って、出てきたら風邪をひかないようにすばやく体を拭いてパジャマに着替えさる・・・・

あれっパンツはどこだ?

あ、ちょっとまだそっちに行っちゃダメー!!

気付けば全裸で奮闘する自分がくしゃみをしていたり。

ここにお風呂嫌いが重なるともうパニックです。

うちは1歳前からスイミングに通わせていますが

それでも水が苦手で毎回お風呂を拒否する時期がありました。

大きくなってくると、おもちゃが入った入浴剤などで気を引く事もできますが

そう毎度毎度買ってられません。

そこで、こんな本を読み聞かせてみました。

*じゃぐちをあけると【作・しんぐう すすむ】

表紙のじゃぐち、現代のお風呂ではあまりみかけない形状かもしれませんが

ひねるだけではただ垂直に流れていくお湯が

スプーンを当ててみるとどうなるか?

そしてもしこれがコップだったら・・・?

本当にこんな事になるのかな?

と、子どもの興味をかきたててくれますので

安く購入したプラスチックのスプーンやコップなんかをお風呂に持って入って実験させると、夢中になってやっていました。

その他にも

読めば思わずお風呂に入りたくなっちゃうような絵本

*やまのおふろやさん【作 とよた かずひこ】

*わにわにのおふろ【作 小風さち 絵 山口マオ】


*おふろだいすき【作 松岡享子 絵 林明子】

などなど、気持ちよく楽しくお風呂に入っている絵本の様子を見ていると

なんだか早くお風呂に浸かりたくなってきます。

基本的に毎日入る習慣的な行為ですから

できる事ならみんなで楽しく入りたいですね。

スポンサーリンク



Pocket

ミッケ絵本にはまったら

Pocket





探し物絵本 ミッケ

「ねーねーこれやろう~♪」

と持って来られたら

(うわーでたー・・・・)

と思わずたじろいでしまう絵本 「ミッケ!」

簡単に言うと 「ウォーリーを探せ」 のように探し物をページの中から見つけ出す絵本です。

雨の日など、お家遊びが長くなりそうな日はよく活用していますが、

なんせ探し終わるまでに時間がかかるし、探し物自体がマニアックな物である事も。

「これ・・・かな・・・?」

なんて言いながら、みつけてもウォーリーほどの絶対感がないので、ちょっとスッキリしない時もあり。

ですが大人にも子どもにもファンの多い絵本です。

元々は私、この手の絵本はあまり絵本としてカウントしてなかった・・・といいますか、ゲームブックの部類に入ると思うのであまり気乗りしていなかったのですが、見事大はまりしている子どもに負けて(?)

既に数冊購入済みです。

以下に、実際やってみた探し物絵本で簡単だった物から順に並べてみました。(私主観)

難易度別 探し物絵本

すぐみつかる ★☆☆☆☆

*きんぎょがにげた

*かくしたの だあれ

*たべたの だあれ【作 五味太郎】

簡単 ★★☆☆☆☆

*それいけ!みけねこたんていだん【作 松下ちよし】

「どこ?」シリーズ 【作 山形 明美 撮影 大畑 俊男】

少しみつけにくい ★★★☆☆

*どこどこ?セブン シリーズ【作 藤本 真】

*探し絵ツアー シリーズ【作 エマ・ヘルブロー】

なかなかみつからない ★★★★★

*ミッケ「作 ウォルター・ウィック」

ウォーリーもそうですが、どれも新しく発刊される毎に難易度が高くなっていく傾向があります。

探す絵本もあなどれない

こういった絵本で遊んでいて意外に役立った点は、知らず知らずのうちに単語をたくさ覚えていた事です。

長男は言葉が遅く市の検診にもひっかかり、かなり心配していた時期もあったのですが、本当に言語爆発というのがあるのだな、と実感させられる位、突然とめどなく単語が溢れ出てきました。

大人はよく見知っているものでも、日常家には置いていなかったり使わなかったりしてなかなか子どもは知る機会のない物なども、これらの本によって知識を得る場合があるのです。

気付けば親の方が必死になって探していたりするのですけどね。



Pocket

バレンタインチョコはちょっとだけ

Pocket

スポンサーリンク




幼児とチョコレート

幼児にチョコレートを与えるのって、ちょっとためらっちゃいますよね。たっぷり糖分を含んでいる上に溶けますから、歯にべったりくっついて虫歯になってしまうんじゃないかとか。私は自分がチョコレート中毒症ではないかと思う位のチョコレート好きですが、子どもには必死になってその存在を隠しています。

それでもバレンタインの時期になると、デパートやスーパーの店頭には特設が組まれ大量のチョコが並びます。本当は可愛らしくラッピングされた数々のチョコをじっくり眺めながらお気に入りを見つけたいところですが、毎度カートを押しながら大急ぎで通り過ぎてます。

ですがそもそもチョコレートが、というかチョコレートだけがそんなに幼児に悪いんでしょうか。クッキーやラムネ、オレンジジュースは?

お菓子やジュースにはどれも大抵目で見れば驚くほどのお砂糖が入ってます。

それを考慮した上であげるのかあげないのか。あげたくないけど欲しがって泣く姿を見ているのはつらい・・・

子育ては日々葛藤ですね。

チョコレートの絵本

せっかくなのでチョコレートの絵本をご紹介

*チョコだるま【作 真珠まりこ】

*こねこのチョコレート【作 B.Kウィルソン】

*チョコレートパン【作・絵 長 新太】

*チョコレートをたべたさかな【作・絵 みやざきひろかず】

ところでどこでバレンタインの存在を知ったのか、娘の方は同じ幼稚園の好きな男の子にチョコをあげる気満々のようで・・・。相手のお母さんに嫌がられないかな?とかその子にあげるならあの子にもあげないとね、と色々と大人の事情があるなんて知る由もない娘、

娘「お母さん、OO君だけしかあげない事にしたからね」

母「何で?」

娘「だってほんとの好きじゃないから。ほんとの好きな子にしかあげたくない」

LIKEじゃなくてLOVEなんだ、おそらくそんな感じの事が言いたいのでしょう。

すっかり流行りの歌謡曲に共感できなくなったのはいつからだろう・・・

そんな人でも愛を呼び覚ましてくれるような、LOVEの詰まった絵本をご紹介します。

好きな気持ち絵本

*しろいうさぎ くろいうさぎ 【作・絵 ガース・ウィリアムズ】

*恋はある日突然に(仕掛け絵本) 【作・絵 アニェーゼ・バルッツイ】

*どんなにきみがすきだかあててごらん【作 サム・マクブラットニィ 絵 アニタ・ジェラーム】

*幸福な質問【作・絵おーなり由子】

*タンタンタンゴはパパふたり【作 ジャスティン・リイャードソンピーター・パーネル 絵 ヘンリーコール】

愛を知る

最後に乗せた絵本は雄同士のペンギンが愛し合うお話です。アメリカでは問題作として取り上げられた事もありましたが、愛にはいろんな形があるのだという事を教えてくれるお話、子どもにはまだちょっと難しい絵本かもしれませんね。

いつか娘に本当に好きな人が現れたら、どんな人でも全力で応援してあげたい。そう思ってました、自分が子を持つまでは。

親ってとにかく私のする事に反対したいんだとか、世間体ばかり気にしてるんだとか、なかなか反抗期の長かった私

親になってようやく親の気持ちに気づく愚かな私も

無償の愛というものを、ようやく知った気がします。

スポンサーリンク



Pocket

語り聞かせで子どもの心を育てる

Pocket





静かにしなければならない場所で

電車やバスなどの公共機関を利用中に子どもが騒ぎ出した時、みなさんはどうされてるでしょうか。

よく、1度降りて落ち着くのを待ちましょう

などと書かれてますがぶっちゃけそこまでできませんよね。

よっぽど時間に余裕があるならいいですが、周りからの白い目に耐えながらも(早く目的地に着いて~)と、

祈るようにたひたすら待つというのが関の山かと。

私なんてあまりに速度がゆっくりだとハンドルを奪って運転してしまいたい衝動に駆られた事すらありますね。

いや、さすがにそれはないか。ですが子どもも大きくなるに連れお出かけの機会は必然と増えていきます。

こんな時こそ語り聞かせ

そこでこの語り聞かせの出番です。私が今まで実践した中でも一番効果がありました。

これは小さな声で、というのがポイントなのですが、桃太郎や浦島太郎といった王道の昔話でもいいですし、自分がその場で作って適当に仕上げた物語でもなんでもいいのですが、お友達同士でテンションマックスの車内でも、語り聞かせをする事で大抵の子ども達は耳をそばだてて静かに聞いてくれます。

特に長男が好きなお話
*うさぎとかめ【作 黒井健】

この頃の男の子って、競争や勝負事が大好きなんですよね。自分が1番だとか勝ったとか負けたとか。語り方次第でのめり込み方も違ってくると思います。

*語り聞かせ日本のむかしばなし【作 小春 久一郎】

 

この本には有名どころのお話が76話収録されています。

あやふやだった話の内容をおさらいしておくのもいいですし、寝る直前に絵本を読んであげたいけど明るいと全然寝てくれないし・・・

なんていう場合にも、語り聞かせなら声だけで伝える事ができます。

絵がないというのは読み手側にとって無限に想像力を働かせられるわけですから、情操教育を養う上でも大いに役立ちます。

Pocket