2歳児におすすめ 電車の絵本

Pocket

スポンサーリンク



男の子は電車好き?

男性は揺れるものや、動くものが好きらしいですね。

息子も例にもれず電車好きでした。

彼のおかげで私まで電車の名前に詳しくなりましたし

ドクターイエローの存在も知る事ができました。

一押しの電車絵本はこれです。

*でんしゃはうたう【作・三宮麻由子 絵・みねおみつ】

でんしゃの音を言葉で表せば

がたんごとん がたんごとん

これが一般的ですよね。

(*がたんごとん【作・安西水丸】

これはこれでいいんですが。)

ですがこの絵本は違います。

まずは電車が駅に到着するシーンから。

かかっかかっ しゅーん

もうこの時点でかなり新しいですね。

そして電車は再び走りだします。

とっ どだっとおーん どだっととーん

踏み切りだって

「かんかんかん」じゃないんですよ。

私のお気に入りは最後の方のページ、線路の切り替えポイントが描かれているシーンです。

(余談ですがこの切り替えポイントを見ると、そこに亀が挟まってしまい電車遅延が生じた問題について、線路の下に溝を掘って回避したというニュースを思い出します。

駆除をするとか排除する考えではないこの解決策に、なんだかほっこりしました。)

この絵本の凄いところは

目をつむっていてもその情景がありありと浮かんでくるところじゃないでしょうか。

斬新で大人も読んでいて楽しくなる絵本です。

まさに 「でんしゃは うたう」 ですね。

息子が一番のお気に入りだった絵本

*しゅっぱつ しんこう!【作・山本忠敬】

お母さんと女の子が電車を乗り継いでおじいちゃんの家まで行くお話です。

自然な流れで特急列車、急行列車、普通列車、ついでに電気機関車まで登場します。

風景の描写もしっかりしていて

電車によって窓から見える街並みが全然違うのところにリアルさがあります。

(ちなみに息子はこの絵本で 「うし」 を覚えました。)

数年前に買ってからあんなに読んだのに

再び開いてみたとき、私はお母さんが連れていたのは男の子だと

完全に記憶違いをしていた事に気付きました。

ずっと息子に読み聞かせていたからなんでしょうね。

その他の2歳児におすすめ 電車絵本

*でんしゃ【作・絵 バイロン・バートン 訳・こじま まもる】

*ぼくしんかんせんにのったんだ【作・わらなべ しげお 絵・おおともやすお】

*ちんちんでんしゃがはしるまち【作・絵 高田勲】

*がたごとがたごと【作 内田麟太郎 絵・西村繁男】

*でんしゃでいこう でんしゃでかえろう【作・古館彩子 絵 葉 祥明】

*でんしゃがはしる【作・絵 山本忠敬 】

図鑑のような絵本も喜びます。

*しんかんせん・とゅきゅういっぱい

*でんしゃ いっぱい図鑑

さすがは電車の絵本、2歳児が理解できそうな内容の絵本のみに絞ってもかなりの冊数あります。

そして電車好きの我が子のために電車に乗せてあげよう!

と電車旅行を決行しても、乗ってしまえば列車が見えないのでそんなにテンション上がらない・・・・あるあるですねぇ。

2歳の息子との電車エピソード

息子が2歳の時

まだ会話も2語文を話し出した程度の頃です。

あえて実家へローカル線に乗って帰っていたのですが

1人か2人ぐらいしかいないガラガラの車内で2人で肩を並べて、

窓から見える田園風景を眺めながらの20分弱

「ママ、木、あった」

「ママ、あっち、人いる」

つたない言葉で話す息子の声を聞きながら

心地良く電車に揺られているこの時間

「ママ、たのしいね」

母親として 涙がでそうな程幸せなひと時でした。

もうこの思い出だけで将来

「おいクソばばぁ」とか言われたとしても

心折れずにやり過ごせる気がしています。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

2歳児におすすめ ちょうちょの絵本

Pocket

スポンサーリンク




庭先や公園で

ひらひらと飛びまわるちょうちょを見かけるようになったら

こんな絵本はどうでしょう

*きいろいのは ちょうちょ【作・五味 太郎】


仕掛け絵本です。

次のページの黄色い部分だけがちらりと見えるようにくり抜かれているのですが

その穴がちょうちょの形になっていて、男の子が黄色いちょうちょだと思って捕まえようとページをめくると

あれ・・・?ちょうちょじゃない・・・

そんな繰り返しなのですが、2歳の息子は大喜びでページをめくっていました。

この月齢ならもう絵本をビリビリに破くという事もしないし、本物のちょうちょを見て喜んで追いかけたりするのでピッタリでした。

こういった単純な仕掛けにはまる時期でもありますしね。

蝶の魅力

虫は苦手でもちょうちょは好き、という子も多いですよね。綺麗な色をした羽をひらひらと羽ばたかせる姿は大人になってもつい目で追ってしまいます。


*イモムシ【作・新開 孝】


こちらはタイトル通り、ちょうちょになる前の 「イモムシ」 時代だけに焦点をあてた絵本です。
無理な人もいるかもしれませんが、カメラで撮影された生き物を絵本でじっくりみると、肉眼で見た時には気づかなかったような生態の発見があったりして、虫好きの子供達は大興奮です。
虫や生き物に関しては「可愛い絵」よりも「本物に近いリアルさ」を求める子が多いようです。

こちらは女の子におすすめです。


*ちょうちょう ひらひら【作まど・みちお 絵 西巻 茅子】

西巻茅子さんの優しい色合いとタッチで描かれたちょうちょ。しかさんの角に止まったと思ったら、すぐにまた飛び立っていきます。
次はどこに止まるかな?
ふんわり、春の訪れを感じられる絵本です。


*りんごとちょう【イエラ・マリ エンゾ・マリ】

りんごの中から一匹の青虫。糸を出してりんごから出てきたと思ったら、枝の上でさなぎになって・・・

文字は一切ありません。物語を自分なりに想像して楽しむ事ができる絵本です。


*ちょうちょのしろちゃん【作:仲川 道子・絵:高家 博成 】

もんしろちょうのしろちゃん。夢中でお花の蜜を吸っていると、後ろから何やら怪しい影が・・・?

他にもかたつむりののんちゃんや、てんとうむしのてんてんなど、身近で子供達の大好きな虫達を主人公にシリーズ化されています。
物語の中にさり気なくその虫の特徴や生態が織り込まれているので、子供達は読んでいるうちにいつのまにかその虫について詳しくなっていたりします。

虫が苦手でも、ちょうちょは大丈夫だったという人も案外多いので、ぜひ一度ページをめくってみてくださいね!

スポンサーリンク




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

アルファベットの絵本

Pocket

スポンサーリンク




英語 いつから?

最近では早期教育も珍しくなくなりました。

特に英語は幼児期から耳を慣らしておいた方が頭に入りやすいとの考えから人気が高く

まだ日本語もままならないうちから英語教室に通っている子ども達もたくさんいます。

義務教育でも英語が科目として入ってくる学年は年々早まっていて、小学1年生から取り入れられている地域もあります。

私も幼い頃からネイチィブのカナダ人講師の元、英会話を勉強してきたのですが、週に1回1時間授業を受けているだけですから、

ただただ、ちんぷんかんな時間が流れていたという印象しかなく

実際に英語習得に関して手応えを感じたのは、学生の頃海外へ留学した時でした。

なので私はあまり子ども達に早くから英語を勉強して欲しいという気持ちは強くなく、そんな事よりもまずは日本語の奥深さを知ってからの方がいいかな、という考えです。

というか、長男が言葉が遅く英語とか以前の問題だったんですよね。

市の検診にも引っかかり毎日もやもやしていました。

そこへこどもちゃれんじEnglishから営業の電話がかってきたものですから

「それより日本語の言葉が出ないんですよ~もう心配でどうししたらいいものか・・・」

と相談を持ちかけてしまい困らせてしまった経験があります。

今ではあの時の悩みが嘘のようにおしゃべりな子ですが、やはり一人目は何かと心配が尽きないものですね。

そしてここまで書いておいてなんですが、娘は英語教室に通っています。

英語習得のために通わせているわけではなく、単に英語の教室って歌ったり踊ったりがたくさんあって子どもが習いたいというので通っているという感じです。

ABCの絵本

発音はさておきアルファベットぐらいなら、絵本を繰り返し読むだけでも充分覚えられます。

*アメリカワニです、こんにちは ABCのほん―ちいさなちいさなえほんばこ―【作・モーリス・センダック 訳 じんぐうてるお】

リズミカルに面白おかしくアルファベットが紹介されていて、読んでいる方も飽きません。

*ABCのえほん【いもとようこ】

*ABCのほん【絵・堀内誠一】

*ならべてあそぼうABC【作 いしかわこうじ】

こちらはアルファベットのピースが入っているしかけ絵本です。

うちはこんなのも持ってます。

ABCドミノ TY-0419

価格:3,024円
(2016/3/14 23:33時点)

並べている端から次男に倒されていますが・・・。

英語でもなんでも幼時期は楽しんで覚える、楽学が理想ですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

怪獣が出てくる絵本

Pocket

スポンサーリンク




‘うちには小さな怪獣がいる’

やんちゃな子どもや、自由に動き回る赤ちゃんの事を指してこう表現する事がよくありますが

まさにそんな始まりの絵本がこちらです。

*かいじゅうたちのいるところ

家の中を暴れまわっていた男の子がとうとうお母さんに叱られて

部屋に閉じ込められてしまうのですが

この男の子、反省するどころか船に乗って意気揚々と怪獣のいる世界へ旅立って行ってしまいます。

私が幼少の頃この絵本を読んで一番強く印象に残っているのは

そういったお母さんや恐ろしい姿の怪獣達にも全く億する事のない少年の姿勢でした。

悪そうな子だな、と思いながらも少し憧れのような気持ちも入り混じりながら見ていた気がします。

一方ウルトラマンが大好きな息子は

「この怪獣には角がない」とか「鳥みたいなのがいる」とか

単純に次々でてくる迫力のある怪獣たちに興味津津で絵本を眺めていました。

最後には温かみのある一文が添えられていてほっこりします。

映画化もされましたね。

*怪獣が主役の絵本

*いたずらかいじゅうはどこ?【作・パットハッチンス】

*かいじゅうじまのなつやすみ【作・風木一人 絵・早川純子】

こちらはちょっと笑ってしまう怪獣の絵本。

*つきよのかいじゅう【作 長新太】

仕掛け絵本もあります。

*かいじゅうだぁ!!【作・木村裕一】

物を投げたり踏みつぶしたり、なにかと破壊するイメージの強い怪獣ですが、どこか憎めないのはやはり子ども達に似ているからなのでしょうか。

明日の夜から連続放送されるモンスターズインクも楽しみですね。

*↓男の子におすすめ絵本記事↓*

恐竜が出てくる絵本

*昆虫好きな子におすすめの絵本

へびの絵本

スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket