赤ちゃんにおすすめ ボール・丸いもの絵本

Pocket




舐めたり投げたり転がしたり、とにかく赤ちゃんが大好きな丸いボール。歩けるようになると思わず「将来はサッカー選手!?」なんて夢を見させてくれるほど、上手にボールが蹴れるようになります。

今日はボールのように転がる丸いものが出てくる絵本をご紹介。


*ころころころ

【作 元永定正】

まるでドロップみたいにカラフルで丸い小さな玉が、山を登ったり下ったり、ころころころと進んでいく絵本です。

*ころころにゃーん【作:長新太】

ねこさんの背中に丸いものがころころ。二つに増えてころころ。
毛糸の玉か何かかな?と思っていたら、子猫達でした。
もう一匹増えました。また更にもう一匹。
最後にすごーく大きいのが!


*まり【作:谷川俊太郎】

ゆずみたいなみかんみたいな、丸いまりが野原の上をころころ。
ぽんぽん跳ねたり
バッドで打たれたり
壁にぶつかったりして、いつのまにか四角い形。
水たまりに落ちたら・・・?

どれも単純なようで、読み聞かせるとすごく真剣に見聞きしてくれます。
ボールって丸くてどこに転がっていくか分からないから、赤ちゃんにしてみれば不思議で見ていて飽きないんですよね。
絵本だけでなく、実物のボールでもたくさん遊んであげたいですね。

*↓その他の赤ちゃん向け絵本記事↓*

赤ちゃんの可愛い仕草をひきだす絵本

0歳児におすすめ絵本 かお

赤ちゃんに反応のあった絵本 ぱぴぷぺぽ

赤ちゃん向け 抱っこ絵本



Pocket

繰り返しの絵本 赤ちゃん編

Pocket

スポンサーリンク




ぽっぽ~!

汽笛が鳴ってリズミカルに流れるオープニング曲と風車の回る様子が脳内で勝手にリピートされるほど

トーマスを見ていた時期があるのですが

(あーあ、また同じ事やって怒られるパターンね。トーマスって学習しないよなぁ・・・)

ついそんな事を思ったり、毎度毎度同じ失敗をするトーマスやその仲間達に苛立ったりもしていたのですが

あえて繰り返すお話にしているんですよね。

絵本でも、同じ言葉や行動が何回も繰り返されるストーリーはよく見受けられます。

これは子どもが同じ事を何度も何度もやりたがる特性を活かしてお話が作られているからです。

特に赤ちゃんは同じ内容を繰り返す事で、こうなるだろうと予測を立てる事ができ、安心感を備えて絵本を聞く事ができます。

繰り返し絵本

*がたんごとん【作:安西水丸】

*ぶーぶーぶー【作:こかぜ さち】

*ばいばい【作:まついのりこ】

*のせてのせて【作:松谷 みよこ】

まこちゃんの素敵な赤い自動車。乗せて乗せて~と動物達がバス停で手をあげています。みんなを乗せて走っていると最後は暗い暗いトンネル。でもまこちゃんは平気です。また新たな旅が始まっていくのですから。

*ぴょーん【作:まつおかたつひで】

ページをめくる度に、動物達がぴょーんと飛び跳ねているように描かれているのですが、それに合わせて子ども達も一緒に飛び跳ねたりして楽しめる1冊となっています。
本は縦向きで、下からめくりあげて読みます。

上記にあげた絵本は

「ばいばい」「ぶーぶ」など

赤ちゃんが一番最初に話す単語もよく使われており

絵本が言葉を話し始めるきっかけになる場合もあります。

スポンサーリンク



Pocket

赤ちゃんとスキンシップがとれるおすすめ絵本

Pocket

スポンサーリンク




くすぐって笑わせるのはあり?

くすぐられると笑い転げてしまう人もいれば、「ん?何?」と全く動じない人とがいますよね。
これがこと赤ちゃんや幼児になると、大半の子が声を立てて笑います。

ですがこれって果たして嬉しくて笑ってるのでしょうか?

私はこそばされるとものすごく反応してしまうタイプなのですが、もちろん面白くてゲラゲラ笑っているわけではありません。ですので我が子に対してもあまり激しくし過ぎないように
脇を人差し指てつんつんしたり背中を優しくこそばす程度にはしていますが、子ども自身をよくよく観察してみれば、喜んでいるのかそうでないのかは雰囲気で分かってきますね。

くすぐられて嬉しい子は、“もう一回”を期待しています。
くすぐりに弱い私だって子どもが私を笑わそうと「こちょこちょ」 してくるのはちょっと嬉しくなるし、
笑った事によって更にテンションも上がっているような気がします。
(その時の気分にもよりますが)

この『こそばし』に関しては、体や脳にとって良い事なのかどうか、なぜ人によって感じ方が違うのか
まだはっきりとした事は分かっていないそうなのですが、やりすぎなければ特に問題はありません。

目と目を合わせながら触れたり抱きしめたりするスキンシップに、赤ちゃんの成長や発達を促す力がある事は科学的にも立証されている事実です。
オムツ替えや寝かしつけの時など、どんどん取り入れていきたいですね。

私としては赤ちゃんの成長のためというよりも、こんなにベタベタ触ってきゃっきゃと喜んでくれるのなんて今しかない!
・・・とまぁ、完全に自分本位なスキンシップになってしまってはいますが。

スキンシップがとれる絵本

*こちょこちょこちょ【作 うちだりんたろう・ながの ひでこ】

かえるさんに出会った女の子。こちょこちょしたら、かえるさん大喜び。次はライオンさん。そっくり返って大笑い。
次はゴリラさん。やや、少しムッとした顔をしています。だけどこちょこちょしたら・・・やっぱり笑顔。
次はハリネズミさんでしたが、トゲだらけの上に「ちくんってするぞ!」と言われてしまいい、こちょこちょできません。それからおばけにバスにビルまで、女の子はなんでもこちょこちょ。
いっぱいこちょこちょして疲れたのか、女の子はお昼寝。そこにハリネズミがやってきて・・・?

*ノンタンこちょこちょこちょ【作 きよの さちこ】


そよ風に吹かれながら野原でお昼寝中のノンタン。近くに生えていたねこじゃらしが、ノンタンのお顔をこちょこちょします。
ノンタン、鼻がむずむずして思わずくしゃみが!
ノンタンはねこじゃらしをひっこぬいて、寝ているこぶたくんをこちょこちょ。
それからくまさんにも。こぶたくんはたぬきさんに。こちょこちょこちょ。
次は3人組のうさぎさん。みんなくすぐったくて、大笑い。

*こちょこちょももんちゃん【作:絵 とよた かずひこ】

穏やかな山を登っていくももんちゃん。こぐまさんに会ったので、こちょこちょ。こぐまさん大笑い。
とことこ進んでいくと、今度は池の中の金魚さんに出会います。きんぎょさんにもこちょこちょ。
次はサボテンさん。・・・ん?サボテン?! ももんちゃん、あぶな~い!

どれも子どもの大好きな繰り返し絵本です。
こしょばされるって想像するだけでもこしょばくなってしまうのか、子供達はゲラゲラ笑っていました。
そして次は自分がこしょばされるんじゃないかって、嬉しそうに待ち構えています。

幸せなスキンシップタイム

満面の笑顔が見たくってついつい今日もこちょこちよ・・・

特に日本は欧米と違って、親子でハグしたりキスしたりする習慣が成長すると共になくなっていきますから
今だけのママと子のスキンシップ時間、たっぷり満喫したいですね

スポンサーリンク



Pocket

卒乳時におすすめの絵本

Pocket

スポンサーリンク



*おっぱいバイバイ
【作 武田 舞 絵 今井未知、高村あゆみ】

もうあかちゃんじゃ ないからね

読み方によって、冷たくも優しくも聞こえるこの言葉。絵本で使われているのですが、諭すように優しく、読み終わる頃には
ちょっぴり寂しい気持ちが残るけど、卒乳って良い事なんだと、気持ちを軽くしてくれます。


目を閉じでコクンコクンとおっぱいを飲む姿を見るのは、母としての喜びを大いに感じられる幸せなひとときです。
ですがおっぱいに執着がある場合、卒乳するとなると一筋縄ではいかない場合も・・・。


断乳する理由
母乳育児や混合育児の場合、卒乳(断乳)はいつか必ず通る道です。
「卒乳」 というと自然に子どもの方から離れていくイメージが強いですが、うちの子達にはそんな奇跡起こりそうにもなかったので
時期を見計らって止めました。(いわゆる断乳ですね)

断乳する理由

・仕事が始まるのでやむを得ず

・薬を飲まなければならない

・次子を妊娠

さまざまな理由のある中でなんですが、私の断乳の理由はしんどいから です。

一人目は全く離乳食が進まず焦っていたというのもありますが、30分に1回の頻回授乳であったためしょっちゅう服をめくって授乳しなければならず、夜も添い乳で寝かしていたために1、2時間で起きる生活が断乳時まで毎晩続いていました。

・断乳しても食べなかったらどうしよう

・夜寝ないんじゃないか

不安は毎回付きまといましたし、この子がもう泣いておっぱいをせがんでくる姿も、飲みながら安らかに眠りについていく顔も
二度と見る事はできない・・・

そう思うと寂しい気持ちもありましたが、それを押してでも良質な睡眠の確保と、授乳室を探しまわるという煩わしさから解放されたいという想いが強かったのです。

断乳の時期はいつがいいの?

私はどの子も1歳から1歳半までに断乳しました。最適な時期というのはその子やママの事情によって変わってきますが”ママ以外にも色々な物や事に興味が出始めるこの時期にやめる” というのも良いタイミングだったのではないかと思っています。

2歳頃であれば少し聞きわけが出来るようになっているので、言い聞かせてやめられる場合もありますから、子どもが納得してやめられたらそれが一番良い形なのかもしれませんが逆に力も知恵もついているので一筋縄ではいかなかったという意見も聞きます。

そしていったん決行したからには後戻りできません。断念してしまえば次の断乳がよりハードになってしまいます。

断乳で起こるトラブル

私は突然の断乳で乳腺炎になった事もありましたし、子どもが泣きわめいてしばらく情緒不安定になってしまった事もあります。

こんな事なら母乳育児なんてするんじゃなかった

これ虐待と同じなんじゃないか?

などなど、それはそれは悩みました。

だけどその後には、みんな少したくましく成長した姿を見て報われました。しばらくすると気持ちに少し余裕もでてきますので
今までよりもゆとりを持って子どもと接する事ができるようになりました。

1歳児向け 食べ物の絵本

冒頭でご紹介したような卒乳がテーマの絵本も良いですが、しんみりしてしまって余計に断乳を重く考えてしまうかも・・・

という場合には、食べ物にまつわる絵本がおすすめです。

*サンドイッチサンドイッチ【作: 小西英子】


色鉛筆で描かれたサンドイッチの具材がとっても美味しそう♪少し大きくなったら絵本を見ながら一緒に作ってみてもいいですね。

*まるくて おいしいよ【作 小西栄子】


みんなが大好きな、丸くておいしいものって何がある?ドーナッツにケーキにクッキー。おうちにも丸くておいしいもの、あるかな?

*ぱん だいすき【作 征矢清 絵 ふくしまあきえ】


今度はみんなが大好きなパン。クロワッサンにフランスパン。それにあんパン。
歩き始めの幼い子を連れてお店のパン屋さんに入るには、トングを持ちたがったりお盆を運びたがったりする姿が浮かんでちょっと躊躇してしまいますが、この絵本でならいくらでもパン屋さんごっこが楽しめますよ。

*くだもの 【作 平山和子】

真ん丸すいかや桃、りんご。切るとどうなるかな?つやつやの果物たちは、まるでそこにあるかのようなリアルさです。

我が家は長男の断乳が本当に大変でした。離乳食もほぼ手付かずの状態で決行したため、食べない、飲まないとなると生死の危険すら感じてきましたし、1日、2日と日を追うごとにどんどん元気がなくなっていき、私とは目も合わせない、抱っこも拒否というかなりやばそうな状態に。
特に夜はそれまで添い乳で寝かしていたので、狂ったように泣き叫んでいました。
それでも根負けして与えてしまうのだけは絶対にだめだと聞いていたため、私自身も泣きながら対応していました。
断乳から1週間ほどでようやく落ち着いたのですが、この時彼の心の支えになっていたのはスーパーのパンだったと思います。

やはりおっぱいを飲んでいた分は食べ物で補うしかないんですよね。

長女の方はあっさり離れていって親の方が寂しかったほどなのですが、卒乳は本当に個人差ありますね。

3人に吸われ尽くされた我がおっぱい

吸われた後はぺちゃんこになると聞いていたけれど、元々胸がない場合はへこむみたいです。


Pocket

抱っこばかりの新生児 抱き癖はつかないと言われて・・・

Pocket

スポンサーリンク



抱っこしないと泣く赤ちゃん

とにかく泣いて泣いてずっと抱っこしていないといけないような赤ちゃんもいれば、ちゃんと息をしているのか心配になる位、寝てばっかりの子もいますよね。

うちの子は全員前者でしたが、やっぱり何もかも初めてだった一人目が一番辛かったです。
おっぱいもたくさん飲ませてゲップもさせた、おむつも変えて部屋の温度も適温なはずなのに・・・

何で泣きやまないの?

これ以上何をすればいいの?

ようやく目を閉じたと思ってもベッドに寝かすと必ず背中スイッチが発動→また抱っこしてゆらゆら揺れて寝かしつける、の無限ループ。 想像していた大変さをはるかに超える育児生活でした。
特に新生児はいくらお世話しようと笑ってもくれないので、頑張っても報われない気がして・・・。


抱っこがつらい

何より私を苦しめたのは、皮肉にも世間でよく言われている「抱き癖なんてありません、どんどん抱っこしてあげましょう」という言葉でした。

これ本当は、お母さんの心配を和らげるために言われるようになったんだろうと推測していますが、実家に里帰りしている時も泣けば飛んでいってお世話をし、周りの「あっ泣いてるんじゃない?いってあげて!」が強要されているように感じ、抱っこしてあげる事に対して義務感が強くなっていきました。
***
一方主人はというと、「そんな抱っこばっかりしてるから抱き癖がついて泣くんじゃない?しばらく放っておいたら?」

なんて呑気そうに言うので、なんて無責任な発言!この子が情緒不安定になったらどうするの!と喧嘩にまで発展。

今思い出しても苦い思い出です。だけどほんとに必死だったんです。

(立って抱っこして泣きやむって事はこの子はそれを求めているんだ!立って抱っこしてあげなきゃ!)

(この子を守れるのは私しかいない!)

そんな、使命感に燃えているつもりで、本当は抱っこしなければならないんだという重圧に押し潰されそうでした。かと言って横から抱っこしなければいいと言われるのも腹が立って、自分でもどうしたいのかよく分からなくなっていました。


育児に絶対なんてない

そんな中、救われたのは育児雑誌でもなく、実母でもなく、長年看護師をしてきた義母の言葉でした。
「うちはほったらかしだったわー、泣いても家事優先してたし。ほったらかしすぎて隣の人がピンポン鳴らしにきたぐらい。でもそれなりに育ったわよ?」

この言葉で、なんだか妙に安堵したのです。私なんてその育児方法で大人になった彼(旦那)に恋をして結婚してるわけですからね。

もちろん気持ちに余裕があって抱っこしてあげられる時は存分にしてあげればいいんだけれど

“無理に抱っこしなくても大丈夫なんだよ”

そう言ってもらえた気がしました。


こんなに抱っこを求められるのも、答えてあげられるのもほんの数年じゃないか

それはそうなんですけど、 今、辛いんです

抱っこは母子共に幸せな気持ちになれる時間であって欲しいなと思います。

思わず我が子を抱きしめたくなる、赤ちゃん向け抱っこの絵本


*ママだっこ【作・絵 あらかわ しずえ】

人間も赤ちゃんも、抱っこ大好き。0歳児の赤ちゃんにおすすめの、繰り返し絵本です。

*はぐ【作・絵:佐々木マキ】

海辺でいろんな動物達が出会い、抱き合います。ハグ!
ハグをするタイミングで1歳の子どもにもぎゅっとすると、嬉しそうに満面の笑みを浮かべてくれます。


*だっこして【作:エクトルシエラ・絵:村上康生】


タコのお母さんは足が8本もあるので、赤ちゃんの「抱っこして!」にいつも答えてあげられます。買い物しながら、お化粧しながら。
なんとも羨ましい話です。ですが人間も他の動物も、他のお母さん達はそんなにたくさん手足がないのでいつでも抱っこというわけにはいきません。それでもいろんな方法で抱っこして、愛を伝えているんですよね。


*ねぇ だっこ 【作:いちかわ けいこ】

いつもお母さんは弟を抱っこ。動物の抱っこはどんなだろう?ねこの抱っこは?ラッコさんの抱っこは?・・・

今目の前にいるこの子を、抱っこできるうちにたくさんしてあげよう
そう思えた絵本です。


ママだって人なんです。抱っこがつらい時もあるし、いくら我が子でも可愛く思えない時だってある。私なんて行き詰まって何度別の部屋へ行って発狂したか分かりません。
それでも今、元気にみんな育ってくれています。
明けない夜はありません。何度も明けないと思ったけれど、明けたのですから!

抱っこが辛ければ、何時までと時間を決めて休憩しましょう。
頑張りすぎず、思い詰めすぎず、気楽にいきましょうね。
スポンサーリンク



Pocket

オノマトペで気を引く

Pocket




オノマトペとは?


オノマトペとは、コンコンドキドキなど、耳に入った音を言葉に置き換えて表現したような、擬音語や擬態語の事を指します。
まだ言葉を知らない、理解できない赤ちゃんは、こういったオノマトペを通して物事への理解を深めていきます。
そのためオノマトペが多用されている絵本は、読むと赤ちゃんが興味を示したり、じっと聞いてくれる事が多く、こちらも読みがいを感じる事ができます。

意味あるの?0歳児に読み聞かせ


聞いているんだか聞いていないんだかよく分からない赤ちゃんに向かって絵本を読み聞かせするのは、なかなか根気がいります。
まだ焦点も合わないような、生まれてすぐの頃はもちろん、手足を自在に操れるようになり絵本を大事そうに抱えて持ってきたとしても、読み始めるとすぐにパタンと閉じてしまったり、投げたりかじったり・・・。だんだん真剣に読んでいるのがばからしくなってしまう事もありますよね。
***
まぁ絵本なんてもっと大きくなってからでいいか・・・と一旦遠ざかる人も多いでしょう。
確かに月齢が進んでからの方が、内容を理解できたり自分の読みたい本を主張したりできますから、こちらとしても読みがいはでてくるのですが、やはり早くから絵本に触れている子の方が、その後も絵本に抵抗がなく自然と絵本の世界へ入り込むことができるようです。
まだ興味はなそうでも身近な物、楽しい物としていつも目に触れる場所に絵本を置いておくと、いつのまにか親しみや愛着が湧いている存在となっていくのかもしれませんね。

さて、反応はなくても読み聞かせをした方が良い。でもやっぱり反応欲しい!と言う事で、赤ちゃんでも反響の大きい絵本をご紹介します。

赤ちゃんが実際に喜んだ絵本


赤ちゃんが本当に喜ぶのはどんな絵本なのか?実際に赤ちゃんに読み聞かせ、反応を確かめながら作られた、オノマトペの絵本をご紹介します。

*もいもい

鮮やかな色と音が赤ちゃんの視覚、聴覚に心地よく響くような、そんな絵本です。
更にストーリーが加わったような絵本がこちら↓です。

*モイモイとキーリー

その他オノマトペで構成された絵本


*じゃあじゃあびりびり

【作・絵 まついのりこ】

日常、特に子供達がよく耳にする音が、オノマトペで集約されています。

*ぶーぶーぶー

【作:こかぜさち 絵:わきさかかつじ】

まず表紙が目を惹きますね。車のクラクションの音と色とりどりの車。安定の1冊です。

*ごぶごぶ ごぼごぼ

【作:駒形克己】

赤ちゃんに大人気の絵本。絵も音も何を表しているんだかよく分かりませんが、想像力を掻き立ててくれている気がして何度も読んであげたくなります。

*むにゃむにゃ きゃっきゃ

【作:柳原 良平】

促音が多く、私が読むと同じように繰り返す次男(2歳)。うちの子は言葉が遅めだったのですが、この絵本を読んだ頃から色々と発音できるようになりました!

*もこ もこ もこ

【作:谷川俊太郎 絵:元永定正】

謎の物体が飛んだり形を変えたり、大人からすると「?」な内容ですが、はまる子続出の絵本。ある程度月齢が進んでも好きなままの子が多く、長く読んであげられます。

*もけらもけら

【作:山下洋輔 絵:元永定正】

こちらもど素人の私には、「この絵の擬音はこれでいいの?」と言いたくなるような組み合わせですが、子供は大好き。
次男は最後の「ズバラバ!」という音が好きらしく、毎度爆笑しています。

*ひまわり

【作:和歌山 静子 】

 

ひまわりが成長する様子を音だけで表した絵本ですが、迫力あります!


まだ話せない赤ちゃんでも、「ばばば」とか「ぶー」という喃語は出ますから、読み聞かせているうちに真似してくれたり、初めて発音する言葉が聞けたりして、忘れられない1日になる事も。
柔軟な赤ちゃんには、惜しみなくオノマトペのシャワーを浴びせてあげたいものです。



Pocket

0歳児からの赤ちゃん向け絵本 いないいないばぁ

Pocket

スポンサーリンク



*いない いない ばあ【作:松谷みよ子 絵: 瀬川康男】

あらすじ

最初にでてくるのは猫さんです。
いないいないばぁをするために手で顔をおおっているので目は見えないけれど、手の隙間から見えてる口でもう笑っているのが分かります。
次は表紙のくまちゃん。そして小さなねずみさん。きつねさんもいますよ。
みんなとっても可愛くいない いない ばぁをしてくれます。

絵本育児において全てはこの1冊から始まる

と、私は思っています。早い子なら声をあげて笑うようになる4、5ケ月頃から反応を示す子もいます。
まだまだ歩くこともままならないような幼い子達を惹き付けて止まないその理由はなんといっても、この表紙のくまちゃんの顔が物語ってくれています。

長いまつ毛のおかげですごい目が見開いて見えますね。
正直大人からするとなんか怖いような・・・口元も大きく開いて笑いかけてくれてますが、余計に不気味な気もします。
ですが大人と子供の感性はまるで違います。
赤ちゃんはこの、味のあるくまちゃんがしてくれる「いない いないばぁ」に夢中!

そして本を開くとすぐに出てくるねずみさんにも注目してみて下さい。左下にいます。
まるでこの絵本の中へいざなってくれているかのような、明脇役です。


出産祝いのプレゼントにも◎

この本は長男が1歳前後の時にプレゼントしてもらい何幾度となく破かれましたが、セロハンテープで補強しながら今でも重宝しています。
いたずらが大好きな1歳前後の時期にペラペラの紙が使われた絵本って100%破かれるので買うのを躊躇してしていたのですが、この本は価値ありました。
お友達にプレゼントしても、「読むと笑ってくれた!」「反応した!」ととっても評判がいいです。

やはり 「いない いない ばぁ」という手遊び自体が赤ちゃんは大好きなんですよね。
いるかな?いるよね?あっいたー、やっぱりね~、いると思ったんだよね~
という、期待→期待通りで嬉しい→安心 といった流れが作られるからのようです。

赤ちゃんにとってはこの時感じている 「安心」 がなにより大事なんですね。

おもちゃよりも魅力的


家には電池の力をフルに使って「いないいないばぁ」をしてくれるぬいぐるみのくまさんがいるのですが、そちらの方には一定時期興味を示したものの、今では部屋の片隅でぽつんと座っています。断然絵本の方がお気に入りで、長く楽しんでいました。

その他のシリーズ

*いいおかお【作:松谷みよ子 絵:瀬川康男】

あらすじ
ふぅちゃんがいいおかおをしてたら、興味津々でねこさんが見にやってきました。そしていいおかおの真似っ子をして、ふうちゃんの隣に並びます。次は犬さん、そしてぞうさん。最後は大好きなあの人がやってきて・・・

個人的にこの絵本のねこさんの表情がつぼです。笑 いいお顔が並ぶと、読んでいるこちらも嬉しくなりますね。


*もうねんね【作:松谷みよ子 絵:瀬川康男】

子ねこにわんちゃん。にわとりも、その子どものひよこ兄弟もみーんなとっても眠たそうです。みんなぎゅーっと抱きしめたくなるくらい、眠そうな姿がとっても可愛く描かれています。
寝かしつけにおすすめの絵本です。


仕掛け絵本

コンパクトで持ち運び可能な、いないないばぁの仕掛け絵本もあります。
*ばあ ぷっぷ!【作:わだことみ・絵:冬野いちこ】

*にゃんにゃん わん!【作:わだことみ・絵:冬野いちこ】

パンダやコアラがおじぎをした状態からページを上にめくると、「ばあっ」とお顔を出してくれます。おひさまとお月さまなど、さまざまなバージョンがあり、ぐずられると困る新幹線や飛行機の中など大活躍してくれています。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket