かえるを飼育しようかと思ったけど・・・

Pocket

スポンサーリンク




梅雨に入り毎日雨が続いています。

私は紫や水色が好きなので、この時期よく見かける紫陽花には心が癒されるのですが・・・

「ほら、綺麗だね~」

声を掛けると、娘の方は嬉しそうに一緒に眺めてくれるのですが、息子はというと完全に視線が花よりも葉っぱの方に向いていて、そこにかたつむりやかえるがのっかっていやしないかと必死で探しています。

「捕まえれたら絶対飼うからね!」

もはや聞こえていないふりをしたくなるほどですが、へびよりはましか~と、飼い方なんかを調べてみました。

『食べ物はハエ、ミミズ、アブラムシ、バッタなど』

・・・・・・・・

絶対無理ですね。

生きものが好きで飼ってみるのは良い事だとは思うのですがさすがに私の精神衛生上問題が・・・。

そんな4歳の息子がはまったかえるの絵本はこちらです。

*あまがえる先生1年ずかん【作・松岡 たつひで】

白衣を着たあまがえるの先生が春夏秋冬に分けて、出てくる虫や花、木の実について解説してくれます。

きのこを観察して絵を描いてみる方法なども載っていて、家に置いておけばハイキングに出掛ける時など、ためになります。

*いけのおと

*あまがえるりょこうしゃ【作・松岡 たつひで】

あまがえるさんがお手製のペットボトルでできたボートにてんとう虫、ダンゴムシの親子、かたつむりを乗せて、池を案内してくれます。

お話に出てくるとんぼ池は、新潟県北魚沼郡川口町にある池をモデルにしているそうです。

かえるがゲンゴロウに襲われていたり、目を覆いたくなるようなシーンが描写されていますが、可愛い絵のおかげで臆することなく読んであげられます。

息子にリクエストされて、絵本に出てくるあまがえるさんのボート、作ってみました。

DSC_3890 DSC_3892 (1)

 

・・・・・・・・・。

私のセンスのなさがわかる記事、絵心ゼロの私でも出来た紙皿シアターの記事はこちらからどうぞ・・・。

こんなのでもめちゃくちゃ喜んでくれるんですよ。子供って本当にありがたいですね。

かえるの種類は日本に生息しているだけでも40種類いるそうですが、この工作でなんとか 「かえる飼いたい」 の衝動をしばらくは抑えたいところです。

自然科学絵本作家 松岡たつひでさん

先ほどあげた絵本は全て同じ絵本作家さんなのですが、どれも自然界の虫や草花、木が登場し、読んでいるうちにいつのまにか生きものの知識が身に付いていていたりします。

今回はかえるが主役のお話ばかりをあげましたが、他にもたくさん描かれています。

よく 「人間が捨てた」 ペットボトルや紙パックがでてくるのですが、リサイクル問題についても考えさせられます。

綺麗な部分だけではなく、真の自然の摂理を知って、地球を大切にするとはどういうことなのか

子供に考えさせるきっかけを与える事もできる絵本です。

新潟県中越地震をきっかけにできた絵本がこちらです。↓

*あまがえる先生 ミドリ池 きゅうしゅつ大さくせん

私のお気に入り↓

*いけのおと【作・松岡 達英】

こちらはちょっと今までご紹介した作品とは少し違って、ただただ静かな池での出来事を感じられる、シンプルな絵本です。

読んでいると心が落ち着いてきて、ゆったりとした時間が流れるのでとても気に入っています。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
*その他の蛙の絵本についての記事はこちらから

近所迷惑なカエルの鳴き声 絵本でちょっぴり寛容に

Pocket

梅雨の時期に かたつむりの絵本

Pocket

スポンサーリンク




*かたつむりにげた【作・三輪一雄】

DSC_3770

タイトル通り、飼っているかたつむり ‘でんすけ‘ のすいそうが空っぽになっているシーンからお話は始まります。

かたつむりは這った後が残るので、その足跡を辿ってでんすけの捜索開始!でんすけは無事にみつかるのでしょうか・・?

読むとかたつむりの生態、飼育方法がなんとなく分かります。

(にんじんやキャベツ食べるんだな、とか)

子どもはこの絵本を読んだ後道端で足跡を見つけて、後を追っていました。

ちなみにこの透明な足跡は、カタツムリが乾燥して干からびてしまわないよう、体から粘液をだし続けている事によるものです。

*かたつむりタクシー【作・たむらしげる】

飾りたくなるような、色鉛筆で描かれた可愛いくて細かい絵が特徴のたむらしげるさんの絵本。

今回はアリ(たぶん) のお父さんと息子が、おばあちゃんのお家までかたつむりのタクシーに乗って出かけて行くお話です。

通る道すがら池の中やお庭が出てくるのですが、子ども達は

「(ページをめくるの)ちょっと待って!」 と1ページ1ページじっくり眺めています。何度目かに読んでも新しい発見があるほど凝っていて、絵を見ているだけでもかなり楽しめますよ。

カタツムリとナメクジの違いは?

カタツムリの殻を取ったらもうそれがナメクジなんじゃないの?と思われている方も多いのですが、カタツムリとナメクジは違う生きものなのです。

殻を背負っていればカタツムリ、そうでないものはナメクジです。

ナメクジはまるでカタツムリが殻をどこかに忘れてきたかのような生き物にも見えますが、そもそもカタツムリの殻は取り外し不可能なのです。

食べられるカタツムり 食べられないナメクジ

私の祖父は戦争時代食べる物がなく、カタツムリを何度か食べた

事があるそうです。エスカルゴという料理があるくらいですから、カタツムリは食用なんですよね。

(新婚旅行先のフランスで出された事がありましたが、私にはとても食べられませんでした。)

ナメクジは食べられません。

見つけると嬉しくなるかたつむり

実は年中いるカタツムリですが、やはりよく見かけるのは梅雨の時期ですよね。

雨が続くとレインコートを着せたり長靴を履かせる手間がありますし、気分も滅入ってしまいますが

「今日はかたつむりさんいくつ見つけられるかな」

なんて言いながらお出かけするのも悪くないですね。

*かたつむり【作・得田之久】
かたつむり (フレーベルの科学えほん 4)
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

Pocket

雨の日は何して遊ぼうか 雨にまつわる絵本をお家で楽しく読み聞かせ 

Pocket

スポンサーリンク




雨の日を未就園児と過ごす

外はざぁざぁぶりの雨。

大好きな公園には連れて行ってあげられない。

となると悩むのが

今日一日家の中で何をして遊ぶのか

塗り絵 、折り紙、お絵描き、紙粘土・・・

ある程度の月齢になると、実はお家できる事って結構あります。

ですがまだ幼稚園や保育園に通っていない子になると、折り紙などで遊ぶといってもまだ難しいですし、こちらが工作をして何か作ってあげようにも横から邪魔をしてきて思うようにいきません。

私はここぞとばかりに絵本の読み聞かせをしています。

1、2歳 月齢の低い子向け 雨の日の絵本

*ぞうくんのあめふりさんぽ【作・なかの ひろたか】

雨の日に散歩に出かけたぞうくん。

お池でかばくんに会います。一緒に池に入りたいけれど

ぞうなので泳げません。そこでかばくんに乗せてもらう事にします。

次に会ったのはワニくん。ワニくんも乗せてくれます。そして次は小さなかめくんまで

どんどん高くなっていく様子とそれが崩れる様は子ども達が大喜びするシーンです。

*あめふり【作・松井 紀子】

字は書かれていませんので お母さんが考えた言葉で

「あっかえるさんだね」

「かたつむりさんどこに行くのかな?」なんて自由に語りかけながら

赤ちゃんと一緒に雨の風景を楽しめる絵本です。

*おさんぽ おさんぽ【作 広野 多珂子】

雨の日の様子を、子どもの足元にスポットライトを当てて描かれた絵本です。

大人からすれば煩わしいだけなのですが

幼い子ども達にとっては雨降りって非日常的で魅力的な日だったりするんですよね。

小さな傘にレインコート。長靴があれば水たまりもへっちゃらです。

長靴って靴と違って自分で履きやすいからか、うちの子は晴れの日でも履きたがっていました。

絵本も読んだけどまだまだ一日時間がある・・・

となると私の場合、ついついリモコンに手が伸びて録画しておいたお気に入りのテレビ番組を連続再生してしまいます。

世間では 「テレビを子どもに見せる」 ってとにかく悪影響であるとしか語られませんよね。

言葉が遅くなる 目が悪くなる 一方的なのでコミュニケーション能力が育たない など。

よく 「テレビは見せてもいいけど、一緒に見て話しかけをしてあげましょう」 的な事もよく書かれています。ですがそれって

簡単なようで意思を強く持っていないとなかなか実行に移せません。

子どもがおとなしくテレビを見ている時こそ家事がしたいんですよ、携帯触りたい!

テレビの影響力 我が家では

両親は私の事を3歳になるまで一切テレビを付けずに育てたそうです。

方や弟はテレビ漬け。やんちゃで大変だったので毎日つけっ放しにしていたそうです。

どっちが理想的に育ったのかというと 私見ですが俄然です。

言葉が早かったのも 目がいいのも 成績さえも 弟の方が断然上でした。

結局生まれ持ったもの(地頭)には勝てないんですかね。

そして実際に私はテレビでためになる情報もたくさん知りましたし、視覚で捉えた事の方が記憶に残っている事って多いような気がしてます。

うちにはNHKの動く図鑑MOVE の生き物系は全巻揃っていて

子どもの希望で付属のDVDを車内で流しているのですが

生き物の生態にはかなり詳しくなりました。
(写真は「昆虫」です)

なのでテレビを見せる事に関してはそこまで気にしていません。

ただ夫が 「テレビでも見たら?」 と子ども達に促しているのを目にするとイラっとします。 不思議ですね。

お部屋で砂遊びを楽しめるキネティックサンドも人気が高いですよね。

我が家にも叔母からからもらった物があり、雨の日には大活躍してくれてます。

柔らかいのに水なしでも固まるので、とっても形が作りやすいんですよね。

難点としてはボロボロ砂がこぼれ落ちること

うちでは新聞紙やチラシを下に敷いておくか、ベランダでするようにしています。

あと、たまに庭用のプールを出してきてその中で遊ばせる事もあります。

てるてる坊主を一緒に作ったりしながら、雨上がりの虹を見れたら最高ですね

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

Pocket