怖いけど読んでしまう*ママ友がテーマの小説

Pocket

スポンサーリンク



気が合うと思っていたママ友が、いつのまにか疎ましい存在になっていたり。
こちらは学生時代の友人のように親しみを持っているママ友に、実は敬遠されていたり。

毎朝会う事もあるママ友。案外仲良くなるのは簡単なのですが、その後もほどよい距離感を保つというのが、実は一番難しいかもしれません。
たかがママ友なのですが、狭い世界で生きているこの時期は、それが生活の全てだと錯覚してしまいがちなんですよね。

今回読んだ小説はそんなママ友達の、難しい距離感が招いた迷いや葛藤などが絶妙な形で描写されている小説です。
裏表紙に「東京の文教地区の町で出会った5人の母親」という文面がある事から、かつてお受験殺人と称された殺人事件と絡めた話である事が分かります。
1999年に起こった事件ですので、今のように携帯やらLINEでのやりとりはなく、公衆電話や家の電話が頻繁に出てくる事に時代を感じずにはいられませんが、いつの世もママ友は変わらないのだと思い知らされる気もしました。

子供を通してできる友人(ママ友)とは、辛い育児を乗り切る戦友ではあるものの、学生時代の友人ときっちり区別して付き合わないと、とたんに息苦しくなる存在なのかもしれませんね。

*森に眠る魚【作:角田光代】


先ほども述べましたように、この本には5人のママが登場します。

 注:)ネタばれを含みます。

繭子・・・ちょっとヤンキーっぽい、20代後半の若いママ。隠し事などはせず、思った事は口にし、いつもあっけらかんとしている。

容子・・・一番依存要素が強い。人の言葉の裏を読みすぎるところがある。

千花・・・一見人あたりがよく、(自分ではそう思われないようふるまっているが)意識高い系女子。

 瞳・・・拒食歴があるほど、対人関係に不安を持っている。あまり思った事を言えない。

かおり・・・4人よりも歳の大きい小学生の子がいる。もともとはバリキャリだが、現在は子供のために専業主婦。不倫している。

周りに当てはまるようなママはいませんが、誰しもがママになると持ったり沸き上がる感情というのを、どのキャラクターも兼ね備えている気がしました。
このママ達が通わせている幼稚園と同様に、うちの幼稚園も私立なので一応面接や試験があり、小学校は公立、私立、国立と、進学先もさまざまです。
私立小にはもともと経済的に行かせる余裕がないのに、うちはあえての国公立なのだと主張する容子。
経済的に厳しい事を承知の上で私立校を受験させる瞳。
名のある学校をブランドバッグと同じような感覚で魅力的に思っている千花。

やはり経済的に余裕がある家庭は、自分達の方針で好きに私立なり公立なりを選べますから、正直羨ましいです。なければ公立という道しかありませんからね。地元の友達を作るため・・・とかいろんな人に揉まれてほしいし・・・なんて事を私自身たまに口にする事がありますが、本音を言えば、悲しいかな「小学校にそこまでお金をかけられない」というのが現実なんですよね。
「相手のママを羨ましい」と思うところから、ママ友同士の事件は勃発するのかもしれません。
***
ママ友との関係に悩んだり疲れ果てていたら、一読してみてください。後半は背筋が凍りつくような思いで読み進めましたが
自分の今の状況を客観視でき、冷静になれるかもしれません。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

ママ友はずし やる側について考えてみる

Pocket

スポンサーリンク



ママ友関係についての記事で大きな反響を頂いたため、また絵本の紹介から脱線してしまうのですが・・・。

それだけ悩んでいる人もたくさんいるのだと知り、最近ママ友についてよく考えるようになりました。

今ママ友との間に亀裂が入っている方は、どちらの立場にいるでしょうか。

やられてる側?やってる側?

‘いじめはやられる方も悪い という思考は間違ってる どんな理由があるにせよいじめるのは悪い事だ’

教員免許の単位を取るための授業でそう習いました。

確かにそうだと思います。何か相手に対して負の感情を持っていたとしても、いじめていい理由にはなりません。

そもそも理由などない場合もありますしね。

むしゃくしゃして

退屈だからなんとなく

ですがママ友となると、大人対大人になります。そんな理由にならない理由で無視をしたりママ友いじめをする人なんているでしょうか。
いや、いますけどね。中身が子どものまま大人になってしまった人・・・(私もその一員かもしれませんが)

でもやっている側はそもそも加害者の意識がない人もたくさんいるんじゃないか、とも思えてきて・・・。


何が言いたいかって、私あの「ママ友が怖い~」を読んで、ずっとサキちゃん(ママ友はずしをしてる側の人)最低!何この人!って腹立たしく思いながら読んでたのに、途中から、あれれ・・・もしかして私・・・
サキちゃん寄り??

とも思ってしまったんですね。
ちょっとこの先ネタバレすみません。読まれる方は先に読んでみて下さい。

*ママ友怖い子供が同学年という絶望【作・野原 広子】

サキちゃんはずっと我慢していたのです。相手の心ない一言に毎度傷ついてきました。そしてその我慢も限界。爆発してしまって、いわゆる「ママ友はずし」をするようになってしまったんですね。

サキちゃんは決して正当化してはいけない人物です。
だけど同じ不妊治療経験者として、相手が何の悪気もなく発した言葉だと分かっていても、頼むからそれ以上言わないでって叫びたくなるような禁句ワードがたくさんあったし、それを我慢して浴びせ続けられるのは正直きついし、その他の事に関しても、この主人公は悪意なき奔放な発言をサキちゃんにしまくっていたように見受けられます。


ところで鏡の法則ってよく言いますけど、あれ嘘なんじゃないかと思うんですよね。

(もういいの!これ以上私の事は気に入ってくれなくていいから適当に離れていって~)

と切に願っている相手に限って全然こちらの気持ちを察してくれません。
本当ははっきりと「あなたのこういうところが嫌だから直して」と言えば済む話なんですが
そんな事言えないかこそ向こうもどんどん近づいてくるし、こっちは追い詰められるんでしょうけどね。

で、ギリギリ限界まで踏ん張った結果プツンと切れてしまう そんな経験が私は過去何度がありました。

旦那には一番たち悪いと言われましたが・・・。

そうですよね、ずるい考えなんですよ。相手の事は嫌なくせに嫌われる勇気はないし、苦言を呈してまで仲を深める覚悟もないのです。

多分そんな私みたいな人が、黙って我慢してやり過ごすか、それができなくなって「徹底的に排除」という行為に出る人もいるのかな、と。

だからもともと話しやすくて信頼してたのにいきなりなんで?って思うかもしれませんが、こういう人は日々積み重ねてきたストレスがあるので、いったんこじれると修復は難しいと思います。


ママ友ではないんですが、反対の立場になった事もあるんですよ。

大好きで仲良しだと思っていた友達と、急に音信不通になりました。
本当の原因は分からないままなのですが、結局一緒にいて居心地がいいと思える相手はその分気を遣っているのだという事も、おおいにあるんだろうなと思いました。

だからってもちろん相手を無視したり悪口を言い振らしたりする人が正しいわけないし、そういう事をする人とわざわざよりを戻したところで良いことなんてない。と私は思うのですが・・・。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

ママ友トラブル 気持ちの持っていきようは?

Pocket

スポンサーリンク



ママ友と友達は違う

よく言われる事ですし、そこは充分わきまえていたつもりでした。ですがそんな私もトラブルを起こしてしまった過去があります。


彼女は最初から距離を詰めてくるタイプのママでした。頻繁にラインを送ってきたり、習い事やちょっとしたイベントなど、何でも「一緒にしよう、一緒に行こう」と誘ってくれるママ。

初めての幼稚園生活で不安だった事もあり、当初は彼女の存在を心強いと思っていました。

いくら感じの良いママでも、話しているとやはり会話の波長や話の内容が合う、合わないってあると思うんですよ。そういう面でも彼女は話していて楽しい人でした。

ただ仲よくなるにつれ突然アポなしで自宅にやってきたり、主人が帰ってくる時間まで堂々と居座ったり。
私は長年の友人でもあまりこういう事はされたくない方なので、少々こちらがストレスを抱える事になってきて・・・。

はっきり言わなかった私も悪いのですが、徐々に距離を置く私に気を悪くしたのか、ある事ない事言いふらされるという事態に・・・。

***

他のママからそれっぽい事を聞いた時は、結構ショックでした。怒りだったり悲しみも湧いてきました。
次第に子供の友達関係に響いたらどうしよう、と不安な気持ちも湧いてくる始末。

2、3日うだうだ考えましたが、まずは幼稚園と全く無関係な人に相談する事にしました。やっぱり女性って共感してもらってなんぼだと思うんですよね。旦那に相談して「こうするべき」とか最もなアドバイスとかされてもモヤモヤするだけでしたしね。

学生時代の友人に共感してもらって、「そんな人、離れられてよかったじゃない!」的な感じで毒づいてもらってようやく気持ちが晴れてきました。

まずはママ友なんて別にいなくてもいい、と開き直る


その後も、私以外の仲の良いママ友達だけをランチに誘う姿を目撃してしまったりして、「私の悪口言ふらしてるかも・・・」と暗い気持ちになったり、このままみんなに避けられたらどうしよう、と心配になる事もありましたが、
でも最終的には「まぁ、そうなってもいいか。」と開き直るところまで気持ちを持っていく事ができました。
***
ママ友がいないと「何か分からない事があった時気軽に聞ける人がいない」、とか「情報が入ってこない」、とか懸念する声もありますが、分からなければ園や市の相談機関などに直接電話すればいいだけですし、そんなに困る事ってないんですよね。
ママ友がいなかいがために何か重大な過失を犯すなんて、幼稚園ではありえないでしょうし・・・。

そのママが子どもに何か吹聴して、我が子がトラブルに巻き込まれるなんてテレビドラマみたいな事も現実では考えにくいです。
でも、もしも。
お友達から無視されるとか、いじめに近いようなものが大事な我が子の身起こっていると知ったら・・・

う~んどうしよう・・・

度合いによっては禿げそうな程悩むんじゃないかって気もしますが、ここは自分も子供も成長するチャンスと捉えて親子でなんとか乗り切りたいですよね。
生きてたらやるせない事、理不尽な事、たくさんあります。
第一の試練と考えてこの壁を乗り越えさせたい。
自分のせいで申し訳ないとか、こんなお母さんでごめんねとか、落ち込んでばかりかもしれないけど・・・。
でもきっと子供達には子供達の世界があって、毎日幼稚園で一緒に過ごしていれば何かは変わっていくと思うんですよね。
だからくよくよせずに立ち向かわせたい。ただの理想論かもしれませんが・・・。

ま、何よりまずは先生に相談するのが先決ですかね。

主役は子供だと言う事


さて、長男でそんなちょっぴり苦い経験をした事もあり、下の子の時は特に特定の誰かと仲よくしようとはしませんでしたが、何の不自由もなく、むしろ自由でした。
ママ友なんて所詮そんなものなんですよね。
とはいえ、特に張り切らなくとも下の子の時は1年もすれば、自然にママ友は増えていました。毎日の送り迎え、保育参観や運動会など、何かと親しくなるきっかけがあるのです。

気の合うママ友ができると話していて自分も楽しいし、悩みを相談したり共有したり、子供達は帰ってからも暇を持て余す事なくお友達と遊べるしで、いい面はたくさんあります。

でもそれを心の拠り所にしないという事は後々のダメージを考えると大事だと思います。

ママ友に限らず人間親しくすればするほど、何かをきっかけに衝突してしまったりいざこざが起きてしまいやすいものですよね。
特に「ママ友」という関係は特殊で子供の存在ありきで繋がった人間関係ですから、トラブルは招きやすいといえます。子供は子供で親の気持ちとは裏腹な言動や行動を取ったりしますしね。それが原因で気まずくなってしまう事だってあります。

ママ友トラブルを回避するための心得


・ママ友に依存しない、頼りすぎない

・プライベートに踏み込まない

・相手の育児に口出ししない

・我が子自慢をしない

・自分をさらけ出さない


すごく腹が立ったり、顔を見るのも嫌なママさんだって、時には現れるかもしれません。だけどそれを他のママ友に愚痴るのは危険です。同調してもらうとその場では安心するかもしれませんが、聞かされる側からすれば(私の事もそんな風に誰かに言ってるかも・・・)と警戒されるだけです。

さて、今日はこんな絵本のご紹介です。

*にひきのかえる【作・新美 南吉 絵・鈴木 靖将】

あらすじ

黄色いかえると緑色のかえるが喧嘩を始めました。お互いけなしあいです。喧嘩はしばらく続きましたが、やがて冬眠のためいったん休戦。永い眠りから覚めると、あんなに憎かった相手が全然違う風に見えたというお話。

のど元過ぎれば熱さ忘れるってやつですね。とにかく事が起きた日を含めて1週間。1週間耐えてみて下さい。私は気持ちがかなり落ち着きましたし、相手に対しての見方も随分変わりました。

時が経てば解決してくれる事って本当に多いなと思います。
これからも冷静さを失わず、ママ友さん達との関係を築いていきたいなと思います。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket