幸せ 愛について考える絵本 おおきな木

Pocket

スポンサーリンク





*おおきな木 【作・シェル・シルヴァスタイン】(訳・村上春樹)

内容

1964年に出版されてから今もなお、世代を越えて読み続けられている人気の高い絵本です。

原作のタイトルは

「The Giving Tree」 (与える木)

一本の大きな木が、身を削ってでも愛する少年のために尽くすお話です。

立ち場が変わると感想も変化した

学生の時に一度手にとって読んでみた時は、木と少年を男女の恋愛関係に置き換えて読んでいました。

相手に他に好きな人ができても、いいように使われても、それでも好きだから関われているだけで幸せ

木が少年を想う好きな気持ちが痛々しい程に伝わってきて

読んでいて切なくなりました。

それから何年もの時が経って

子どもを持ち母になってから読み返した時

木は完全に少年の母親になっていました。

少年のためならなんでもする

恋愛とあきらからに違う点は

自己満足とか、相手のためならなんだってしてあげたいとか

そういう次元の話ではなくて

母性というものが備わって本能的にそうなるというか

世の母親なら皆こうするだろうという、無償の愛 と言葉にすると軽々しくなってしまうのですが

こんな気持ちは母親になるまで知らなかった

子ども意外に持つことはないだろう感情が、木によく表されているなと感じました。

損得感情が一切なく、かつ普遍的な愛というのは 「親と子」

それも「親→子」 に対しての感情でしかありえない気がします。

このような感想もまた時を経て年齢を重ね、立場や境遇が変化すればまた変わるのかもしれませんが。

また、周りの男性に感想を聞いてみると、

既婚者も独身も

子持ちも子なしも 皆声を揃えて

「悲しい話」と答えるところも興味深かったです。

主人は「この最後のページの絵に、新しく小さな芽でも出ているなら希望の持てる話なのに・・・」 とも。

まだうちの子どもには早いかな

 

奥深い話なので、あえてまだ読みきかせてはいないのですが

何かの折りにはこの絵本に読んで触れて、知っていて欲しいなと思っている1冊です。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

nhkスペシャル ママたちが非常事態 内容と感想

Pocket

スポンサーリンク





2度目の再放送を終えた今回のnhkスペシャル

「ママたちが非常事態!?~最新科学で迫るニッポンの子育て~」

この番組を見て知った事

*人は進化の過程で自分の子を他の人に預ける事ができるようになっている。(一人の親が短期間の間にたくさん産んで子孫を繁栄させるため)

現状:核家族化が進んで一人で育児をしなければいけない

*本来赤ちゃんは10月10日よりも長くお腹にいる

現状:四足歩行から二足歩行に進化した事により骨盤が狭くなったのでまだ未熟な状態で出産せざるをえなくなった。

(結果、母体に負担をかけないため夜に泣く胎児の名残が残り、夜泣きをひきおこす)

母親になると子どもに対する愛情ホルモン、オキシトシンが大量に分泌される

協力的でない、又は赤ちゃんの世話が上手くない夫にいらいらする

 

この番組を一人目出産前に視聴していたら、どんなに気持ちが楽だったろうと心底思いました。

予想をはるかに上回る育児の大変さ

放送中に一人のママが放った一言

「なんの地獄かと思った」

もう、この言葉に激しく同意しました。

こんなに赤ちゃんが泣くなんて

寝ないなんて

自分がこんなに睡眠不足で自信喪失する事になるなんて

誰も出産前に教えてはくれなかった。

そして

育児がうまくいかないのは要領の悪い自分のせい

こんなに孤独を感じる自分はおかしい

***

そんなうつうつした気持ち全てが科学的に証明されているんだ

と知ってさえいれば・・・。

また再放送されるようですので

これから出産を控えている人、夜泣きする月齢の低い赤ちゃんを抱えている人はもちろんですが、なんとかうまいことその方達のパパにも

視聴を促してもらいたいです。

特にこの番組は 科学的な観点から切り込んでいる というのがポイントだと思います。

このような問題は 「気持ちの持ちようだ」 とか

「それはその人の考え方によるでしょ」 とか言われて片づけられがちなので

合理主義な人にも納得が得られやすいんじゃないかと感じました。

仕事と育児どっちが楽?

母は言います。

『仕事してる方が絶対楽。逃げ場があるんだから』

数年正社員として働いた後に退職し、育児に専念している私としては

育児と仕事の両立している立場の人の事は全く分かりません。

母の意見は分かるような気もしますが、仕事内容に因るところも大きいでしょうし、一概には言えないと思います。

「仕事の大変さ」 と 「育児の大変さ」 というところでいえば

全く別物であって比べようがない というのが正直な感想です。

育児には仕事のように煩わしい人間関係もないし

毎朝満員電車に揺られて通勤なんて事もありませんが

区切りのない赤ちゃんの世話 社会からの孤立感があります。

赤ちゃんのいる暮らし【作・毛利子来】

夜泣きで参っている私に、母がそっと差し出してくれた本です。

小児科の先生が執筆されているのですが

母乳が出なくて悩んでいたところこの本を読んで、すごく救われたそうです。

母の代に出版されていますから現代の育児とは若干異なる内容もありますが、そこには確かに先生の温かい人柄を感じさせるものがあり、束の間の安らぎを与えてくれました。

未来のママ達のために

このような番組が取り上げられる程ですから、母が育児をしていた時代よりは育児の大変さへの関心、理解は浸透しつつあるのかもしれません。

「イクメン」なんて言葉も流行りましたしね。

この言葉自体に嫌悪を感じる人もいるようですが、

昔のように 「育児は女がやるもの」 みたいな堂々と関白宣言できるような時代に比べればはるかにましな気がします。

ですが現在では待機児童問題など、昔にはなかった育児への不安もあります。

子どもの代ではどうなっているのでしょう。

今より育児をしやすい世の中になっているために、自分も今一度

出来る事を見つめ直してみようと思います。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

Pocket