昔話を絵本なしで読み聞かせる事の大切さ

Pocket

スポンサーリンク




寝つきの悪い子供達に、「寝る前に昔話を語る」という事を一時期していたのですが、恐ろしい描写があったりすると余計に眠れなくなったり、時代背景も当然昔の事ですから現代を生きる子供達にとっては想像するのが難しかったりして、いつのまにか読み聞かせる習慣がなくなっていました。ですがこの度
「昔話絵本を考える」という松岡享子さんの著書を読んで、改めてもっと話を厳選して聞かせてあげるべきなのだと感じました。

*昔話絵本を考える【作・松岡 享子】

この本では主に、昔話「7羽のからす」を画家、ホフマンによって絵本化された事について生じた問題点から、安易に昔話を絵本にしてしまう世の中に警鐘を鳴らすような内容であると、私は理解しました。

昔話を絵本で読み聞かせるデメリット


「昔話を空で語る」という事は、聞き手が情景を自由に思い描く事ができ、主に話の展開に集中して楽しむ事ができる というところに醍醐味があります。

それに対してこの本では、「昔話を絵本で語る」というのは絵によって内容を限定しますし、絵にばかり気がいってしまい話の流れに集中できない、といった問題があると指摘しています。

それはよく分かるのですが、読んだ感想としては、そもそも「7羽のからす」を幼児に空で語る時点で無理があるのではないか という事でした。

7羽のからす あらすじ

(かなりおおかまかです)


7人息子のいる父親の下に待望の娘が誕生するのですが、身体が弱い子でした。心配した父親は、娘に洗礼を受けさせるための水を息子たちに汲みにいかせるのですが、息子達はその水を汲むための壺を割ってしまいます。もう父親に合わせる顔がない、と途方に暮れ、誰も家に帰りたがらない息子達。待つ事にしびれを切らした父親は「あいつらカラスにでもなってしまえ」とつい叫んでしまうのですが、するとなんと本当に息子達、カラスになってしまいどこかへ飛んでいってしまったのです。
大きくなってその事実を知った娘は、兄たちを助けに旅に出かける事になるのです。
最後はハッピーエンドです。

実際はもっともっと細かく、娘が旅に出てからの第2章がメインの話とも言えますから、色んな出来事が起こります。
小指を切り落とすという残酷なシーンもあります。

昔話「7羽のからす」はもっと上の児童向けではないのか


これ4、5歳児に語れるでしょうか。絵なしにさらっと語ったところで、暗くて怖いイメージしか残らないような・・・。「最後はお兄さん達人間に戻れて良かった~」ってなるでしょうか。

私にはちょっと語る勇気ありません。せめて小学校2年生ぐらいにはなっててほしい気がしますね。

口の悪い子に
「感情に任せたり勢いでてきとうな事いうとどんでもない事が起こるかもよ!」なんて教訓にはなるかもしれませんが、幼児には脅しにしかならないような・・・。

この本の内容が「7羽のからす」を絵本化した事に特化して昔話絵本について述べられていたのでこんな感想なのですが、確かにお話をなんでもかんでも絵にして分かりやすくしまえばいいというわけではない、という事はよく分かります。

で、あるならそもそも「絵本」について考えたいのですが、絵本は子供達が読む、あるいは読んでもらうために出されているものですよね。絵は、子供達がお話を理解するための補助となる役割をしているからです。(大人なら今までの経験により自分なりの解釈を頭で勝手にできます。)

そうなると最初に述べたように、想像だけで話の展開を楽しもうと思えば、それなりに理解力がないとできませんから、内容も複雑で絵もない、となれば子供は展開を楽しむどころか話についていけないし、あまり長いと最後まで興味を持って聞いているのかな?と疑問に思うのです。

まとめ


それだけ昔話に限らず言葉だけで話を伝える、というのは難易度の高い事だと思います。
でもそれによって創造力だったり理解力だったり鍛えられるものはたくさんありますよね。

だから私はなるべく幼稚園に通っている子供達には単純明快で分かりやすい昔話であれば、絵よりも自分の言葉で語ってどんどん伝えていきたいな、と思ったのでした。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

エリックカール氏の代表作 はらぺこあおむし

Pocket

スポンサーリンク




今やママなら知らない人はいないと言えるほど有名な絵本、「はらぺこあおむし」
この作品を手掛けたのがアメリカ出身の絵本作家、エリックカール氏です。

カラフルな色彩を使って表現された絵は子供達を夢中にし、それは大人の目から見てもなんともお洒落な風合いに仕上がっていて、部屋の壁に飾りたくなるほど多くの人達を虜にしました。 彼は多くのヒット作品を生み出していますが、その中でも群を抜いて人気のあるはらぺこあおむし。なぜこんなにもたくさんの人を魅了し続けるのでしょうか。

*はらぺこあおむし【作・絵エリックカール 訳・もり ひさし】

はらぺこあおむしの魅力


まず絵本のページに穴が開いている事に、まだ話の内容を理解できない低月齢の子どもでも(おっ!?)と頭にびっくりマークが浮かぶでしょう。出版された当時なんて非常に画期的だったんじゃないかなと思います。穴が開いた仕掛け絵本は他にもたくさんあるわけですが、この絵本の穴は、あおむしがお腹が空いてかじった時にできた「穴」です。それも最初は りんご、なし、すもも、と果物が続き、ケーキにアイスクリームにぺろぺろキャンディー、挙げ句にスイカってもう子供が大好きなものばっかり!
この美味しそうな食べ物が見開きいっぱいにずらずら並ぶページ、大好きでした。
「穴」の数にしても、1つ2つ3つ・・・と食べた分だけどんどん増えていく様子は、読み手をわくわくさせてくれます。
食べ過ぎてお腹が痛くなってしまった時のあおむしの表情は、大人になってから思い起こしてみてもかなりはっきりと頭の中にインプットされています。

考えてみればこの絵本のおかげなのか、実物は見た目も動きも少し気持ち悪いと感じてしまうような青虫が、さなぎになってやがて美しい蝶になるという過程を、あまりにすんなりと受け入れていたような気がします。

1、2歳児のプレゼントにもおすすめ

*はらぺこあおむし [ボードブック]


私は次男の2歳の誕生日にプレゼントしたのですが、興味を持ってくれる子は本当に多いです。虫嫌いな子でも、こんなに可愛いあおむしですから抵抗のある子は少ないです。(たまに嫌がる子もいますが・・・)
ただあまり月齢が低いと通常の絵本は破いてしまう可能性があります。特にこの絵本は穴の開いた仕掛け絵本ですから、覗いてみたり指を突っ込んでみたり、色々試したがります。
そのため特にお奨めなのは「ボードブック」といって厚紙のような分厚いタイプの絵本です。
これなら敗れる心配もありません。
あおむしのぬいぐるみがついた「ギフトセット」も販売されていて、2千円を超える程度でお値段的にも丁度良いため、ちょっとした出産祝いに贈る事もあります。

ただ私としてはこのぬいぐるみに子供が興味を持つかというと、よほどあおむし好きでぬいぐるみ好きでないと一瞬で飽きてしまうような気が・・・しなくもないので、同じ値段をかけるなら・・・と、あおむし絵本+他の絵本1冊とか、靴下などあおむしのグッズを揃えて同程度の価格の物をプレゼントする事も多いです。

あおむしグッズいろいろ


近年あおむしグッズはたくさん販売されています。子供用の玩具だけでなく、食器や文具、スマホケースといった大人向けまで。

うちも絵本はもちろんですが、はらぺこあおむし Tシャツ、靴下、タオルにカルタ、自転車まで持ってます。これはちょっと私の趣味に近いところもありますが・・・。

カルタはあおむしだけでなく、エリックカール氏のいろんな絵本の絵が登場しますので、「この絵は何の本だったっけ?」と私も楽しませてもらっています。

はらぺこあおむしの歌

*CD エリック・カール絵本うた


数年前にCDも発売されました。私は長男が生まれて市のベビーサロンに行った時に流れてたのを聞いて初めて知ったのですが、あおむしの絵本が大好きだった私は正直、最初ちょっとひいてしまいました。

なんというか長年視聴してきたドラえもんの声が突然変わった時の違和感のような・・・ アニメが実写化された時の心境に似てますかね。
今まで私が思い描いていたはらぺこあおむしのイメージが壊されてしまったように感じ、歌によってあおむしの世界が限定されてしまうのでは?と懸念もしました。

だけど嬉しそうに歌ったり身体を上下に揺らして曲にのっている子供達を見ているとなんだかどうでもよくなってきて、今では私も歌いながら読み聞かせしています。とてもテンポの良い曲ですしね。
1、2歳までは歌いながら、話の内容が分かるようになる2、3歳頃からは普通に朗読する、という方法が一番長く楽しめるかもしれませんね。

最後に・・・


時を超えて多くの子ども達に愛され続けているはらぺこあおむし。子ども達もいつかは成長して私の下を羽ばたいていきます。既にその時を思うとセンチメンタルになってしまうのですが・・・。

いつかその時が来たら、私も子供達も、今を色鮮やかな想い出として振り返る事ができますように・・・。
スポンサーリンク




Pocket

クリスマス、サンタクロースをちょっと違う視点から考える絵本

Pocket

スポンサーリンク




クリスマスは美味しいごちそうにケーキを食べて、サンタさんからプレゼントもらって・・・
だけどみんながみんな、冬の街のイルミネーションのようにキラキラしたクリスマスを過ごすわけじゃない。ろうそくのともし火のようなささやかなクリスマスを送る人もいる。最初にご紹介するのは、毎日の理不尽な扱いを受けていたうまがようやく少し報われた、そんなお話。

*くろうまブランキー

【再話:伊東三郎 絵・堀内 誠一郎】


「サンタクロース」と聞けばイメージするのは、プレゼントのたくさん入った白い大きな袋を背負って茶色いトナカイの手綱を引きながら、クリスマスの夜空を駆け巡る白ひげのおじいさん、ですよね。
このお話を読むと、ちょっと違う印象を受けるかもしれません。ただプレゼントを配るだけじゃなく、頑張っている者の事はちゃんとみてくれていて、手を差し伸べてくれる神様のような存在。
思い起こせば実際にクリスマスって、もちろん枕元に置いてくれたプレゼントの中身は気になるけれど
サンタさんはどこからやってくるんだろう?って窓の空を眺めてみたり
いつのまに来たんだろう?ってクリスマスの朝に色々と想像してみたり
そういう事も全部ひっくるめてクリスマスの楽しみだったんですよね。サンタクロースが与えてくれるのは、形あるモノだけではないのかもしれないな、と思わせてくれる内容でした。

*あのね、サンタの国ではね・・・

【作・嘉納 純子】


12月になれば世界中の子供達が注目するサンタさんですが、それ以外の月はどうしているのでしょう。そんな事考えた事もなかった、という人もいるでしょう。
この絵本はそんな子供達の創造力を大いに掻き立ててくれます。「サンタのなつやすみ」を以前にご紹介しましたが、こちらもクリスマス以外のサンタさんの日常、という視点が面白い1冊。これで彼らの一年の動きがしっかり分かります。子供達の抱くサンタさんへの謎や、クリスマスの不思議も、ほとんどが解明できてしまいます。

*もみの木の願い

【再話:エステル・ブライヤー/ジャニィ・ニコル 訳・おびか ゆうこ 絵・こみね ゆら


主役ではないけれどクリスマスには欠かせない名脇役、もみの木にスポットライトを当てたお話です。もみの木といえば鋭いちくちくした葉っぱが特徴的なのですが、この絵本に出てくるもみの木はそれをひどく残念がっている様子。妖精にもっと柔らかい葉っぱの形に変えてもらう事にしました。だけどそれもしばらくすると不具合がでてきて・・・?
自分が短所だと思っていた部分が実は長所であったりもする、そんな事をこの絵本から教えてもらった気がします。こみねゆらさんの落ち着いた色合いの絵が、素朴なもみの木の雰囲気と調和してゆったりした気持ちに浸れる絵本です。

最後に・・・


クリスマスの絵本って本当にたくさん刊行されています。それだけ人々の創造力を膨らませ、夢のあるイベントであるという事なのかもしれません。今は純粋にサンタさんからのプレゼントを楽しみにしているだけでも充分微笑ましいのだけれど、できれば「欲しい物をもらえる日」というだけじゃなく、物事はいろんな角度から見たり楽しんだりできるという事。クリスマスの絵本を通して学んで欲しいなと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

託児所などを利用してお買い物

Pocket

スポンサーリンク




こんな事は1年に1度あるかどうかの出来事なのですが、子供達を全員預けて友達と買い物に行ってきました!

何日も前から寄りたいお店のシミュレーションをして、誰かが熱を出すのではないかと当日の朝までソワソワし
荷物こんなに少なくていいの? 終始不安に駆られ、お呼びのコールにびくびくしながら一日を過ごしましたが、無事に買い物を満喫する事ができました。

2歳児を預ける時の事前準備


今回は自分の自宅でみてもらったため、何か持っていくとかはなかったのですが、準備は万端にしておかなければなりません。

・オムツ、おしり拭き
・着替え
・家の鍵(お散歩に出るかもしれないので)
・お昼ご飯の用意、お茶
・お菓子
・お気に入りのおもちゃ、DVD

あまり預けた事のない人に預ける場合は、ベビーカーの使用法や抱っこ紐の装着の仕方も伝えておいた方がいいかもしれませんね。オムツを捨てる場所や着替えの入っている場所も知らせておく必要があります。お菓子はもちろん、子供のお気に入りのモノを☆

お昼ごはんの作り置きは何がいい?


・カレー
・チャーハン
・サンドウィッチ
・丼ぶり物

終日預ける場合はお昼ご飯も用意しておくべきでしょう。食べやすく、与えやすいものの方がみてもらう人に負担をかけません。今回は子供の分だけでいい、との事だったので、お弁当箱に子供の分のお弁当を用意して出かけました。

貴重なショッピングを成功させるために


私はもうこの日を無事に迎えられただけで満足といえば満足だったのですが、せっかく与えられた誰にも邪魔されない買い物時間、思う存分満喫したいですよね。

・電車時刻を確認(店を出る時間、電車の到着時間も確認)
・購入したい物を決める
・絶対に行きたいブランドショップがあれば3つぐらい絞っておき、優先して入店する
・ランチをする場所を決めておく

事前に行きたいお店がどのお店の何階にあるのかをチェックしておき、ルートなども確認しておくとスムーズです。また、自分の分だけでなく、みてもらう人へのお土産も忘れずに購入しておきます。特に相手が夫だった場合は靴下の一足でも買っておくと多少の散財は目をつぶってくれる・・・かもしれません。そして携帯はこまめにチェックしておきましょう。

預ける人に多くは望まない


せっかく貴重な時間を与えてくれた人なのだから、その人の育児に対する多少の不満は我慢するべき、と私は思っています。例えばまだあげてないお菓子をあげる、テレビばかり見させる
など、本来してほしくない行為ですが、それでもこの数時間、子供が機嫌よく過ごしている事の方が第一なので、私はそこまで気にしないようにしています。

託児所に預ける


身内とはいえ無償で子供をみてもらうのは気が引ける、という人は託児所を利用するという手もあります。

阪急キッズ百貨店本店 キッズルーム

以前こちらを利用しました。1歳以上から利用が可能で、2時間までみてもらう事ができます。あっというまですが、阪急での買い物の際にはとても便利です。
おむつは基本的に替えないけれど、うんちをした時のみ交換してくれるそうです。

そして「泣きすぎたり体調が悪そうなら連絡します」との事で、受付時に携帯電話を渡されます。ドキドキしながら過ごしましたが、ありがたい事に鳴りませんでした。
そして利用したい人は早めの予約が肝心です。当日いきなり申込み、はまず入れません。

さてさて、今回はお目当てのものも購入でき、充実した1日を過ごす事ができました。やっぱり買い物は友達と行くに限りますね♡

*くまのコールテンくん【作・ドン=フリーマン】

母の買い物のに付き添ってデパートに出掛ける度、思い出していた絵本といえばこのお話。くまのコールテンくんはデパートにおいてあるくまの人形です。取れてしまった服のボタンを探しに、エレベーターに乗ったり寝具コーナーに行ったりと、デパートの中を探索します。
この絵本のおかげで、買ってもらったぬいぐるみはどれも大事にしてこれたように思います。

次はいついけるのやらさっぱりわかりませんが、またこんなご褒美の日に向けて、毎日育児頑張ります。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

クッキーハウス、失敗・・・

Pocket

スポンサーリンク




ヘンゼルとグレーテルのお話を聞いて

お菓子の家って本当にあるのかなー?((o゚▽゚)o)

娘が目をキラキラさせながら聞くので、クッキーハウスでお菓子の家作りに挑戦してみる事に。

うまくできたらしばらく飾ろうね♪なんて私もワクワクしながら取り掛かったのですが・・・

IKEAでキットを購入



クッキーの型から作るなんて芸当はまずできませんから、IKEAに行って「ジンジャーブレッドハウス」を購入。
そこで飾り付け用の砂糖菓子なんかも一緒にゲットしてきました。

その他の材料
・卵白
・シュガーパウダー(250グラム)
・マーブルチョコ
・チョコペン
・生クリーム

まず先にクッキーをデコレーション。家を組み立ててからデコるのは難しいので先にやっておきます。買ってきたマーブルチョコを乗せたりチョコペンで家の周りをふちどったり、これはまぁ楽しい作業ですよね。

ただ・・・

失敗の全ての元凶はこれでしょう。

はい、完全にマーブルチョコ乗せすぎました。

接着の仕方


クッキーとクッキーはどうやったらくっつくのか?
これにはロイヤルアイシングといって、シュガーパウダー卵白を混ぜたものを使います。
(シュガーパウダーはIKEAでも売ってました)

これあんまり早く作ると固まってしまうので、いざ接着するぞ!という時に作った方が良いです。私はいきなりこの工程がらとりかかって接着する頃には大半固まってしまいました・・・。

いざ、接着!!
イケアのクッキーハウスのキットが入った箱の裏面に、組み立ての順序が絵で分かりやすく描かれているのですが、家の土台→屋根→煙突 の順に組み立てます。
土台まではよかったのですが・・・

はい、屋根の上が開いていますね。この2、3秒後、全てが崩れ落ちます。

割り箸とかを支えにしてみましたがだめでした。
クッキーのお家なんてデコるだけだし誰でもできるでしょ~ なんてほんと舐めてました。
娘よ、計画性のない母でごめんなさい。

素人は屋根をあまりデコらない
接着剤(ロイヤルアイシング)は最後に作る

この教訓を来年に活かしたいと思います・・・。

お菓子でできたお家が出てくる絵本


*ヘンゼルとグレーテル【作・グリム童話 絵・いもと ようこ】

*おかしのまち【作・絵 青山 邦彦】

*ちいさなちいさなお菓子のまち【作・さかい さちえ】

*ゆきのひのお菓子の家
ゆきの日のおかしのいえ (えほんとなかよし)


お菓子の家は失敗しましたが、最近こんな家のドアを見かけると

あっあそこのお家チョコレートでできてる~((o゚▽゚)o)
と嬉しそうな娘です。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

クリスマスの神戸アンパンマンミュージアム

Pocket

スポンサーリンク




クリスマス月である12月に、アンパンマンミュージアムに行ってきました。

入場料金


神戸アンパンマンミュージアムの入場料金は、大人も子供も一律1500円です。

入場者プレゼントは見覚えのあるタンバリン。
「クリスマスわくわくカレンダー」なる用紙をもらいました。スタッフの方にメリークリスマス!とご挨拶すると、今日の日付に星のシールを貼ってくれます☆

日曜、午後2時の入場ゲートは数人並んでいる程度。中もそんなには混んでない・・・?
と思いきや・・・

↑2階から1階のアンパンマン広場を見下ろした風景です。

ご覧の通り人!人!人!
ちょうど「神戸だんす!だんす!ミュージアムイベント」のイベント真っ最中だったようです。どおりで空いていたわけですね・・・。

とりあえず2階を満喫する事にしました。

アンパンマンミュージアムのクリスマス


みみ先生のがっこう前には、オーナメントにアンパンマンのキャラクター達が飾られた、可愛いツリーが♡

それからバイキンマンとの写真撮影会が行われていたのですが、トナカイの角が生えた可愛いバイキンマンでした♡

それからミニシアターで行われているステージは、クリスマス期間中は
「たのしくうたおう♪アンパンマンのキラキラ★」 5時半からは「アンパンマンのクリスマスナイト」が開催されています。

アンパンマングッズ


2階で一通り遊んだ後は、1階でお買いもの♪(一度入場ゲートを出ます)
降りてくるとすぐに販売されている風船。1個¥1300。一つずつ買わされて計3600円・・・q(T▽Tq)

もうこれがサンタさんからのクリスマスプレゼントだよって言いたくなりました・・・。

だけどやっぱり子供の喜ぶ顔はプライスレスですよね。

それからアンパンマン好きの次男に靴下を♪
最近どこでも靴下を脱ぐ癖があって、アンパンマンんの柄なら履いてくれるかな~と購入したのですが、今のところ思惑通りです★

他にも冬用のジャケットとか色々置いてました。キャラクターものを着せるのって抵抗あってあまり買わないのですが、アンパンマンショップに置いてあるデザインはその辺のスーパーで販売されているものとは一味違って、お洒落なのが多いんですよね。

おもちゃはトイザラスとか他のおもちゃ屋さんでもたくさん売ってますが、衣類はアンパンマンショップ限定のものが多いのでいつも注目しています。

袋もクリスマスバージョンになっていて、とっておきたくなるぐらい可愛いです。

本格的に寒くなってきた神戸ですが、アンパンマン好きの子なら、ここでクリスマス気分も味わえて一石二鳥なおすすめスポットです☆

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

わらべうたの絵本で楽しく読み聞かせ

Pocket

スポンサーリンク




母はこんなに絵本好きなのに、次男(満2歳)があまり絵本に興味を示してくれない・・・。

上の子達二人と比べると圧倒的に読んであげてきた冊数が少ないからでしょうか、絵本の会に参加しても集中力に欠けるというか。

別に好きじゃないならそれでも構わないけど・・・でも。やっぱり、本は読めば読むほど創造力も知識も拡がるので、出来れば好きになって欲しい。

1日1冊


今まであまり時間を取って次男に読んであげれなかった分、興味がなさそうでもとりあえず1日1冊は隣で読みあげる事にしました。トミカビルに夢中であまり聞いていない時でも

とにかく読む。楽しそうに読む。

今のところはまだ、たまに寄ってきて絵を指さしたりする位で、いまいち効果は得られてませんが・・・。

わらべ歌で釣ってみる


次男は歌や音楽が好きなので、わらべ歌の絵本を中心に歌いながら読んだりもしています。

例えばこちら↓

*えんやら りんごの木【作・松谷 みよこ】

これはなかなか喰いつきが良い事が多いです。

これは歌を歌うだけでなく、パパとママなど二人以上の大人がいれば、大きめのタオル(バルタオルなど)を使っての遊びもできるんです。

①子供をタオルの上に乗せます。
②大人がタオルの端と端をそれぞれもってそっと持ち上げます。

③♪えんやら りんごの木~ と歌いながら左右に揺らします。
④歌が終わったら柔らかい座布団の上にポスっと置いておしまい

たまに怖がるお友達もいますが、大抵の子はきゃっきゃっと喜んでくれますよ。

この絵本のカバーに作者の松谷みよこさんが、最近わらべ歌が消えつつある現実を言及されている文が載っています。
今はテレビもスマホもありますからね。わざわざママが歌わなくたって、外部からどんどん音楽は流れてきます。
だけどそれだけでは養う事のできない心の分野ってありますもんね。

他にも松谷みよこさんのわらべ歌の絵本はたくさんあって、全部で10冊刊行されています。
ただ知ってるリズムのものもあれば、そうでないものもあり・・・

楽譜が載っていうわけでもなし、こういうのはどうしたらいいんでしょうね。私のおばあちゃん世代とかなら知ってるのかな。
生きていたら聞けたのに、私の祖父母はみんな他界してしまいました。

今度近所のおばぁちゃんに会った時尋ねてみようと思います。

とりえず今の時代でも誰もが知っているであろう、有名な歌を題材にした絵本をピックアップしてみました。

わらべうた絵本


*かえるがなくからかーえろ【作・松谷 みよこ】

*ずいずいずっころばし【作・せがわ やすお】

*とんとんとんとんひげじいさん【構成・藤本 ともひこ】

*どんぐりころころ おやまへかえる だいさくせん【作・スギヤマ カナヨ】

こちらの絵本は♪どんぐりころころ~のリズムでずっと読んでいけるのですが、なんと歌の歌詞の続きまで載っているのです。どんぐりの行く末やいかに・・・!?

最後に・・・


知ってるー♪、と思っても案外最後まではしっかり歌詞を歌えるかというと曖昧だったりしますので、絵本を読みつつ思い出せます。

一緒に楽しく歌いながら絵本を読んでいるうちに、もっと絵本に興味を示してくれればいいのですが('ー')
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

意地悪な子の心理とは?

Pocket

スポンサーリンク



親の前と友達の前で態度の違う子


みんな多かれ少なかれ内と外、というのはあるでしょう。まだ3、4歳ぐらいの幼い子でも。

だけどこんな小さいうちから大人の前ではいい子ちゃんで、お友達の前では意地悪って、なんでそうなってしまうんでしょう。

先日娘が朝から「幼稚園に行きたくない」と愚図るので、なぜなのか問うと、「○○ちゃんが嫌な事ばかり言ってくるから」と言うのです。

私はその名前が出た子に対してとても良い印象を持っていたので少し驚きでした。

会うと笑顔で挨拶してくれるし、そのお母さんとも先日話したばかりで

「うちの子は弟にやられても手を出さずに我慢している」というような事をおっしゃっていて、弟想いの優しい子なんだろうなと思いながら聞いていたところだったのです。

こんな風に

えっあの子ががそんな事を?

なんてこちらの抱いていた印象とギャップが激しい子はたまにいます。

なぜなのか理由を色々考えてみました。でもまずはそれよりも気になる事。

子供の言った事は本当なのか


まずここからが問題です。それを報告してきた我が子の話はどこまで「信憑性」があるのか。
自分の子供の言う事ですから信じたいのは山々なのですが、この時期って事実を誇張したり、現実と妄想を織り交ぜながら話をする事もたくさんあります。

ここは盲目的に子供を信じている親と、私のように疑ってかかる親と分かれる部分です。

盲目的に、なんて書きましたが、どっちがいいという事もないと思います。私はただ事なかれ主義なだけで、どんな事があっても我が子に絶対的な信頼を寄せている親というのも、(問題解決から遠のいたり相手の親とはぶつかるかもしれませんが、)子供にとってはずごく心強いんじゃないか、とも思うのです。

とりあえずここは一旦娘の話を鵜呑みにするとして、

なぜ意地悪をするのか?


1.生まれ持った資質

2.寂しい思いをしている

3.自分は偉いと勘違いし友達を見下している(親が子どもを執拗に褒めすぎている?)

4.好きだから自分の事を気にしてほしくて(友達との接し方がまだわかっていない)

5.親が高圧的でストレスが溜まっている

ご両親とのお話を総合して考えると、今回の場合一番近いのは2番かな、と私は勝手に想像しているのですが、実際のところは分かりません。娘の訴えに対しての信憑性という問題も残ります。

裏表なく意地悪な子なら、親も先生も気付きますからまだいいのですが、このように子供の前だけ、となると本当に判断は難しいです。

我が子に対してだけなのか


ここも争点になってくると思います。他の子にも同じような態度を取っているなら、問題は娘というよりもその子自身にあるように思いますが、娘にだけ、という事なら娘の性格が原因となっているかもしれません。
この辺は親同士のネットワーク拡げていれば、なんとなく分かります。

うちの子はどちらかというと消極的な方なので、そういった対象になりやすそうとも言えます。もしそうならば、そういった事が起こった時にどう対処していくかを学んでいかなければならないと思っています。

 

結局、「叩いてくる」「蹴ってくる」といった身体的暴力を含んでいたり、夜泣きやおねしょが続くようになるほど、精神的に参っている、という程深刻な状態ではない場合、ある程度は「見守り」が必要なのかな、と思いました。

親の育児は関係あるのか


テレビでは育児放棄や虐待の事件が次々報道されて、世の中にはびこっているように錯覚してしまいがちですが、まぁそういないと思います。多少の過保護、放任主義などはあるかもしれませんが、みんな毎日自分なりの信念を持って一生懸命育てています。

そう考えると、この時期は成長の過程として、我が子が加害者(というと大袈裟かもしれませんが)にいつでもなりうるし、意地悪をされる側としても、この先長く身を置くことになる集団生活の中で、また同じ事が起きた時にどうやって乗り越えていくかを考えるためのチャンスとして捉えてみるのもありかな、と。

そうなると逆に目の前で意地悪をされたり嫌な事を言われたりしている方が、こちらも口を挟みたくなってしまうので忍耐のいるところなのかもしれませんが・・・。

娘のその後


しばらく「行きたくない」という日はあったものの、その後も幼稚園を休む事はなく、「今日は仲よく遊べたー」と嬉しそうに話す事もあったり、別のお友達と遊ぶのを楽しみにしている様子も見られるようになったりりと、とりあえず消化できたのかな、という感じでした。

見過ごす、のではなくて、見守る
気づいて、共感してあげる。 ここら辺を大事にしたいな、と思った出来事でした。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

クリスマスのプレゼント交換、どれを選ぶ?

Pocket

スポンサーリンク




クリスマスがずんずん近付いてきております。クリスマスプレゼントどうしよう・・・
子供の欲しいものはコロコロ変わるのでなかなか用意できません。そして当日だけでなく、幼稚園のお友達やご近所さんとちょこちょこクリスマス会の予定も入っていますので、その時の交換用のプレゼントも用意しなければなりません。

プレゼント交換の予算は?


予算は不公平にならないよう、予め決められている事が多く、3~5歳児用プレゼントの相場は500円~1000円です。

1000円だとまだ選びようもあるのですが、500円のプレゼント探しにいつも苦戦しています。家計に負担のない金額である事は嬉しい限りなのですが・・・。

そこでもらって嬉しかった、あげてママ達から評判のよかったプレゼントをまとめてみました。

プレゼント交換 500円編


・すごろく

クリスマスを過ぎたら冬休みがやってきますので、長い休みに備えてお家で遊べるものは喜ばれます。

・シールブック

貼ってはがせるシールは子供達に大人気。

・昔ながらのおもちゃ(コマ・凧)


お正月の定番おもちゃは、歴史にも触れられて◎

テレビゲームなんてなくてもたくさん面白い遊びがある事を知ってもらいたいですね。

・クッキーなどのお菓子詰め合わせ

・カプセル入浴剤

お風呂がうんと楽しくなります。

・レターセット

幼稚園のお友達同士でお手紙交換が流行る時期があるので、いくつもっていても大丈夫!

プレゼント交換 1000円編


・かるた

お正月遊びに。ぐりとぐらをはじめ、絵本のかるたもたくさん販売されています。

・ポシェット(財布)

紐付きのお財布など、肩からかけられる紐付きタイプを選びましょう。もらったお年玉もさっそく中に入れておけます。

・ 五味太郎 みちのカード

カードを並べて道を作っていくゲーム。だんだん五味太郎ワールドに引き込まれていきます。

昔ながらのおもちゃ(けん玉・凧)


1000円まで予算が上がると、けん玉も凧も候補に入れられます。

避けた方が無難?なプレゼント


・戦隊物のフィギュア

特撮ものが嫌いなママもいます。

・紙粘土

遊んでいると手や部屋の中が汚れたりするのが嫌なので敢えて買い与えていないお母さんもいます。

・アクアビーズ

細かい作業な上に、兄弟がいれば邪魔される可能性大です。特に小さな子がいると敬遠されます。

・タオル

大人からすると何枚あっても嬉しいものですが、当の子供は全然喜びません。

・チョコレートやガムのお菓子
こちらもまだ買い与えていないというママや虫歯を気にしているママもいるため

1000円以内のプレゼント用おすすめ絵本


1000円気持ちオーバーのものもありますが、クリスマスのプレゼント交換に絵本を選ぶと喜ばれます。せっかくですからクリスマスにちなんだ絵本をチョイスしましょう♡

・クリスマスのおばけ せなけいこ

・ぐりとぐらのおきゃくさま

・まどからのおくりもの

・エリーちゃんのクリスマス

・ねずみくんのクリスマス

・サンタクロースとれいちゃん

・ばーばぱぱのクリスマス

まとめ


子供は正直です。プレゼントの包みを開けて

「えー何これ、外れだ~」 とか平気で言いますから、気まずい空気流れてしまう事も。ですが子供にもママにも喜んでもらえるプレゼントってあんまりなくて難しいんですよね。
当の本人達はお友達同士集まってクリスマス会をする、という行為自体で満足してくれていますから、気負わずに決めちゃいましょう♡
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

絵本の会で読まれている絵本とは?

Pocket

スポンサーリンク



子供と1対1の時間を作りたい


子どもが3人いると一人一人にかけてあげられる時間って限られてきます。特に末っ子の次男は上のお兄ちゃん、お姉ちゃんの予定に合わせて一緒に行動するばかりで、なかなか次男のためだけの時間、というのは取れていません。

習い事にしても、「3人平等に」という気持ちはあるのですが、私自身何もかも初めての第一子の頃とは違い、

この習い事はこんなに早くからやっても意味なかった気がする・・・

この習い事はこの子に向いてなさそう・・・

などと考えてしまったり、経済的な面で二の足を踏んでしまう事もあってなかなか平等にはできていません。

そんな私が今、唯一次男だけのために連れて行く事ができている場所こそ、市で開催されている絵本の会なのです。

一応抽選になっているのですが今まで外れた事ありません。あんまり知られてないのかな・・・

絵本の会って何するの?


基本的にボランティアの方や図書館の方達の協力で行われている絵本の会。集まって絵本を聞くだけでなく、手遊びやわらべ歌も教えてくれます。手作りの人形や指人形なんかも登場して、子供達は興味津々です。

会の始めに名前を呼んでくれるのですが、1、2歳の頃って保育園にでも通っていない限り、「フルネームでお名前を呼ばれて返事をする」という機会もそうないので、それも良い体験になっていると思います。

絵本の会でよく読まれている絵本 (0、1、2歳編)

もこもこもこ【作 谷川俊太郎】

子供達を引き付けてやまないこの絵本。「もこもこ」やら「ぽろり」やら擬音語だけで構成されているのですが、何がそんなに面白いのかみんな集中して聞いています。本自体が少し大き目なので絵も見やすく、大勢の前で読み聞かせるのにもってこいです。

だれかなだれかな

まずは身体の一部分が見え隠れしていて、ページをめくると全貌が明らかになるのですが、その「ちょっとだけ見えてる」というところが子供達の好奇心をそそるよう。

「だれかな?」「だれかな?」って何の動物が出てくるのか毎回本気で気になるようで、ページがめくられるのをいまかいまかと待つ子供達の表情は真剣そのものです。

うずらちゃんのかくれんぼ

うずらちゃんとひよこちゃんが順番交代でかくれんぼ。みつけた子は腰を上げて絵本の中の彼らを指差ししにいったりして盛り上がります。

「コレ」 「あったー」

まだ流暢に離せない年齢の子達にこそ読み聞かせやすい一冊。

ぶーぶーじどうしゃ

男の子に大人気の絵本。1、2歳は乗り物にはまる子が多い時期ですから、ページをめくる度に車が出てくるこの絵本にみんなワクワク。ナンバーまでしっかりと描かれたリアルさが人気の秘密。もちろんパトカー、消防車、救急車と全部しっかり出てきます。

まるくておいしいよ

まるい形をしたおやつがたくさん出てくる絵本です。ページを

開いて「はい、どうぞ」なんてすると、子供達はパクパク食べる真似をしたり、とっても可愛い様子が見られます。

絵本の会に参加したい


もし絵本の会にご興味があれば、市や町内で配られている広報などを確認してみるか、最寄りの図書館に尋ねみて下さい。開催しているところは多いと思います。

私も最初はただ参加しているだけだったのですが、図書館の方に声をかけてもらい、たまに1冊読ませてもらったりもしています。

子供が複数人いると一人一人と向き合う時間を取るのはなかなか難しいものですが、たまには自分だけの「ママ、パパを独占できる時間」というものを、意識して作ってあげたいなと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket