無関心ではいられない 思春期のひきこもり 

Pocket

スポンサーリンク




可愛い子供達に囲まれて、これ以上の幸せはないと噛みしめる日もあるけれど
今日も怒ってしまった 怒鳴ってしまった
あまり相手をしてあげられなかった
後悔する日の方が多くて、こんなんで大丈夫なのかな?気づいたら子育てが終わっていて、後悔だらけなんじゃないかと怖くなる時がたまにあります。

子供の事を考えない親なんていないけれど、良かれとしてした事が本当にその子のためになるかどうかなんて結果論でしか分からないし、結局なるようにしかならない部分はどうしてもあると思うんですけど、できれば毎日楽しくやる気に満ちた人生を送ってほしいし、ひきこもりやニートとは無縁であってほしい。

今日ご紹介する本はこちらです。


*10歳までの子を持つ親が知っておきたいこと

【作・鍋田 恭孝】

まだ深刻な状態に陥る事の少ない学童期。なんとなく日々過ぎていってしまいそうなこの時期こそが実は大切で、ひきこもりとの因果関係があるとし、作者(精神科医)の患者さんの例を何人か挙げて説明されています。
読んでみると、暗にどの子もお母さんの接し方が関係して子供が不登校になっているという内容で・・・。
期待をかけすぎてもいけないし、全く期待しないのもいけない。過干渉もいけないし、無関心でもいけないと。こんなの多かれ少なかれ、子育てしればみんなそうなるじゃないか!と70ページあたりまで読んで、本を閉じそうになりましたが・・・。

思春期に問題となる子の性格や特徴を4つに分けて説明されていて、意外にうちの子達はどれにも当てはまっていない、どころか不満だったりわがままを言う子こそが通常だと書かれていて安心したぐらいなのですが、もし4つのパターンのどれかに当てはまったとしても、どのように接していけばいいのか具体策がちゃんと述べられています。
***
亡くなった飯島愛さんについても触れられていて、彼女が執筆したプラトニックセックスの内容から家族間の問題を指摘されていました。
緊張感のある食卓。頑張っても褒めてくれない両親。
私も昔この飯島愛さんの自伝(?)を読んだ事があるのですが、「全く違う世界の人」というよりは共感する部分も多かったように思います。
やっぱり親に認めて欲しかったり、それが叶わないから男の人に依存してしまうところなど、自分と似ているなぁなんて思いながら。
自信がない人はみんな、そうなりがちなのかもしれませんね。


目に見える親の愛情
結局は子供に分かりやすい形で愛情を伝えるって事が大切なのかなと思いました。お母さんは子供のためにやっていても、子供にそれが伝わらないと後で問題が生じる事があるようです。叱った後のフォローとか、子供が嫌がらない限りはまだまだスキンシップを取っていい時期なのかもしれませんね。

・できたら褒める。
・嬉しい事があれば一緒に喜ぶ。
・日頃から子供の様子に関心を持っておく

たまには理不尽に怒る事があっても、
(お母さんは自分の事が好きなんだ)という自覚があればひとまず安心といえそうです。
ただ親がどんなに理想的な接し方をしようと、ひきこもりになったり問題行動を起こしてしまう事はあると思うので、その時親が自分を責めすぎない事も大切なのではないかな、と思いました。
実際は難しいんでしょうけどね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子育てで悩んだら

Pocket

うちの子、わがままばっかり・・・

聞き分けがなくてイライラする

他の子と比べて落ち込んでしまう

育児をしていると、いろんな壁にぶち当たります。躾や教育などから、家事や仕事との両立まで。
泣きじゃくる我が子を前に、自分は母親になるべきではなかったのではないか?と途方に暮れる事も・・・。
スポンサーリンク




そんな時こそ、ぐりとぐらで有名な、中川李枝子さんの本です。


*ママ、もっと自信をもって
【作・中川李枝子】

中川李枝子さんの生い立ちから現在まで,2016年に発行された比較的新しい本です。絵本作家としてあまりにも有名な方ですが、17年間は保育士として奮闘されていました。保育への情熱を感じずにはいられません。
逆に保育士の仕事を目指している人がこれを読んだら、更に魅力的な仕事に映るか、自分にはとても無理だ、と音を上げたくなるかどちらかだと思います。笑

先生の本を読んでいていつも伝わってくるのは、何より子供が大好きな人なんだという事。
子供と一緒にいる事を推奨したり、保育園より幼稚園がいいとかそういう事は一切書かれておらず、むしろこういう育児をするべき、と型にはめずに育児をした方がいいとアドバイスされています。
あえて言われていて印象に残ったのは、ユーモアを持って育児をするという事。

そういえば・・・と子供が幼稚園でお世話になっている、とある先生が思い浮かんだのですが、長く保育士をされているベテラン先生でそんな方がいらっしゃいます。
園児がぐずったり何かトラブルが起こっても動じず、いつも面白おかしい出来事として話される先生。
新人でとにかく一生懸命な先生も好きなのですが、そのベテラン先生の場合はこちらも深刻に受け止めず、可愛いエピソードとして捉える事ができます。

やはり子供相手に余裕を持って接する事が、育児を楽しむコツなのかな、と思いました。


とは言え、我が子の事ですからそれでも不安になってしまう事も当然あるのですが、じゃあ何か絶対的な解決法があるのか?と言えば
先生がおっしゃっているように、育児においてこうしたからこうなった、という因果関係はあまりなく、その子の性格や周りの環境によって変わるので、真面目に考えすぎても答えは存在しない事が、案外多いのですよね。

ただ答えよりも、「我が子のために一生懸命悩み、考えた」という事実こそが大切とも言える気がします。

先生は戦争時代を生き抜いた人でもあり、今の時代のありがたみについても考えさせられるところがありました。
ぐりとぐらの誕生秘話(?)も載っています。
1時間ぐらいでサラッと読めますので、育児にピリピリした時は、ぜひ手に取ってみて下さい。
同じく中川先生の本で、こちらもおすすめです。
*こどもはみんな問題児
【作:中川李枝子】

子育てでイライラ 育児に行き詰った時読む本)で紹介しています。)
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

おすすめ絵本 虫編

Pocket

今まで何冊も虫や昆虫の絵本をご紹介していますが、また新たにおすすめをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク



*むしたちのうんどうかい
【作・得田 之久 絵・久住達也】

林の中で行われている虫たちの運動会。
園長先生も虫なら、競技者もみんな虫達です。みんなそれぞれ特徴的な鳴き声で応援しますから、とっても賑やか。
お弁当タイムもあり、いろんな種目が終わった後は綺麗な蛍の花火があがっておしまいです。

読んでいるうちに自然と虫達の特性が頭に入ってきます。ちょうちょがみんな花のミツを吸うわけじゃなかったり、空を飛べるバッタがいたり、虫達のちょっぴりコアな情報も知る事ができます。


*むしたちのおんがくかい
【作・得田 之久 絵・久住達也】

先ほどのシリーズもの。今度は音楽会です。しかし開催されてまもなく、賑やかな人間たちの演奏会が聞こえてきました。うるさくて虫達の音楽会どころではありません。
静かな地を求めてみんな他の場所へ移動する事に。工事現場やトンネルの中、いろんな場所へ行ってみるけれど、なかなか良い場所がみつかりません。そんな中大雨が降ってきて・・・?

先ほどのお話よりも、ハラハラドキドキ要素が加わった虫達のお話。どちらにも肉食カマキリを敬遠する虫が出てきて、ちょっと苦笑いしてしまいました。


*かえるくんとけらくん
【作・得田 之久 絵:やました こうへい】

虫達の熱い友情
土の上で過ごすかえると、土の中で過ごすおけらのお話。毎晩仲良く合唱するのだけれど、もっとおけらくんと一緒にいたいかえるくんは、無理やり土の上に出させようとします。だけどけら君は嫌がって出ません。土の上では生活できないのですから、当然ですよね。
ある日、かえるくんは天敵であるヒヨドリに襲われてしまって・・・?

先ほどの虫シリーズと同じ作者だとはいざ知らず全然違う図書館から借りてきた絵本だったのですが・・・。
やはりこちらもかえるの特性おけらの特性が生かされたストーリーになっています。
好きが故に独占欲が強くなってしまい相手に迷惑をかけてしまったり、仲違いしてしまったけどいさという時は必死で相手の事を守ろうとするところなど、まだ幼い子供達の友達関係でよくある事だと思います。
虫だけでなく、友情を学ぶ絵本としてもいいですね。


*むしとりにいこうよ!
【作・はた こうしろう】

むしとりに出かけた兄弟。さっそくお兄ちゃんが葉っぱにとまっている虫を発見したようです。葉っぱの裏や丸太の上など、次々に虫を見つけるお兄ちゃん。弟くんも大き目の石をひっくり返してみると、どうやら虫をみつけることができた様子

物知りなお兄ちゃんと、そこに頑張ってついていく弟。親からするとなんとも微笑ましい光景です。こんな風に兄弟で勝手に遊びに行って虫探しして帰ってきてくれたら・・・なんて羨ましい限りですが、今の時代なかなかそうもいきません。
結局付き添わなければならないのでしょうけれど、よくいる虫の名前と居場所が分かったので、いつも何気なく歩く道のりが、ちょっぴり楽しくなりそうです

虫ではないですが、番外編という事で。夏に向けて、こちらもおすすめです☆


*いそあそびしようよ!

今度は海!魚を期待して海へ行くのはいいものの、沖縄や海外でも行かない限り、早々自然の魚には出会えないんですよね。見かけても本当に小さな魚がスイスイ~と目の前を横切っていくだけだったり・・・
こちらの絵本では、カイやヒトデ、ヤドカリなどといった、磯でよく見かける生き物に注目されているので、見つけた際にはまめ知識が披露できますよ。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

怒りたくないのに・・・ どうすればいい?子供へのイライラ 

Pocket

スポンサーリンク




以前つい子供に怒ってしまうのをなんとかしたいという記事(子供にイライラしてばかり 怒りを抑えたい)を書いたのですが、また別の書物に出会いました。

*「つい怒ってしまう」がなくなる子育てのアンガーマネジメント【作:戸田久美】


こちらの本ではまず、子供に対して怒ってもいいという前提で書かれています。なぜなら人が怒るのは自然な事だから。
ちょっとホッとしますね。
ただこんな怒り方をしたくなかった・・・と後々引きずるような怒り方を極力避けるためにはどうすれば良いのか、怒る必要がないところで怒らないためにはどうすれば良いのかが書かれています。

なかでも怒りの矛先が他の人に向かっていくのはよくないという事が書かれていたのですが、これよくやっちゃってたなって反省しました。
無意識にやってしまっていた事なのですが、私の場合、夫に対しての怒りを子供に向けていたんですね。
子供に叱る事で夫も気付くだろうという感じで、まだ反論できない子供に酷な事をしてしまっていました。


更に私は受け流すのが苦手だという事も、読んでいて分かった事です。
子供がちょっと言った事に対していちいち目くじらを立てたり、「正さなければ」という気持ちが強かったりして無駄に怒っていましたが、これからは許容範囲をもう少し広げて、大した事でなければ聞き流せばいいや、と楽な気持ちになりました。

こんな風に、読んでいて日頃の自分の怒りについて気づかされる事がたくさんありました。
カッと頭に血が上った時の怒りの対処法もたくさん紹介されています。
他の本と内容がかぶっている箇所もいくつかありましたが、怒りを数値化するなど、初めて聞くような方法もたくさん載っていました。
内容も簡潔でサラッと読めましたよ。


さて、こうやって色々な本を読んで怒りについて学んでみたり、今日こそは、今日こそはにこにこママでいるぞって思うのに、起きてそうそうキレてしまう日もやっぱりあります。
あーあって思いながら過ごしていたある日、夫と言い争いになりました。(というか一方的に夫に高圧的な口調で責められた)
子供の前だったので、なんとか私は怒りを押し殺し家の用事をしていました。
するとトコトコやってきた長男が「ママ、大丈夫?」と・・・。大きな声で言うと余計夫が苛立ち兼ねないと思ったのでしょう、小声でそっと聞いてきました。
そんな息子の気遣いと不安気な顔に私が泣きそうになってしまったのですが、笑顔で頷きながら、息子の頭を撫でました。
その後も一緒に布団に入るやいなや、息子が
「ママ、今日どんな日だった?」
と聞くので「うーん、普通の日かな」というと、
「僕は嫌な日だった。パパがママに怒る日は、一番嫌な日」
というので、「そうか、じゃあ仲良くするね」と言うと、
「いい。ママはそのままで。僕が絶対守るから」
なんだかドラマみたいですが、子供ってこんな台詞を大真面目に言ってくれるんですよね。
険しい顔をしたまま眠りに落ちていった息子の姿に、次の日私はほぼ怒る事なく1日を終えました。
と言っても甘かったわけではありません。(たぶん)
いつもより格段に怒りが沸いてくる事が少なかったのです。

朝の用意が遅い
嫌いな食べ物を残そうとする

本人はいつもと変わらないのですが、いつもならすぐに声を荒げるところを、「もうちょっと頑張ろう」「おいしくないかもしれないけど、栄養あるから食べよう」と、根気よく伝える余裕があったのです。

おそらく、今日は子供達の笑顔をたくさんみたい という気持ちがいつもより強かったからだと思います。
結局人は何か非日常な出来事であったり、危機感を感じなければ変わらないのかもしれませんが、私は前日に夫に色々言われた時、もうどこかに消えてなくなりたい、結婚も何もかもなかった事にできればいいのに、などと考えていました。
別にDVを受けたわけでも、怒鳴り散らされたわけでもない。
だけどそこに愛は絶対ないよね、っていう発言を繰り返され、この人と今すぐ離れたいという感情が沸き上がってきていたのです。でもそうなると子供と過ごせなくなる→パパが大好きな大好きな子供達から笑顔が消える。
そんな事を感じたから、とにかく今日一日不自由なく子供達と一緒にいられる日に感謝しよう、この1日を大切にしようと思えたのです。
こんな気持ちも日が経つと薄れていくんでしょうけどね。

自分の中に沸き上がってくる感情をもっとコントロールできるように、これから訓練していきたいなと思います。
明日も子供達の笑顔がたくさん見られますように・・・

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子供が地図に興味を示したら

Pocket

外を歩いていると、いろんなところに場所を示した地図が設置されていますよね。
大都会はもちろん、田舎でもよく見かけます。
道を示している地図だけでなく、例えばデパートなら1つのフロアに何のお店がどこに入っているか、住宅地ならどこに誰が住んでいるかなど、地図を通して知る事ができます。
スポンサーリンク




さて、我が家の次男に少し前から地図ブームがやってきています。
目に入ると急に立ち止まって
「今いるのここ?」「どうやってそこまでいくの?」
迷路のように見えるのか、行き先を指でなぞって欲しがります。長男にもこんな時期がありましたが、長女にはありませんでした。
男女差なんですかねぇ。


そんな地図好きさんにおすすめの絵本がこちら

*さんぽのしるし

【作・絵:五味太郎】 

表紙の白いうさぎさんが、とことこ道を歩いていくと、何やら看板が。どうやらこの先に起こる事を警告してくれているようです。
注意していたのに穴に落ちてしまったり、初めて読んだときは子供と一緒にワクワクしながら読めました。

そういえば幼少期の頃、車に乗って高速道路を移動中に、窓から見える看板が好きだったなぁって思いだしました。
崖崩れ注意の看板を見た時はハラハラしたし、動物注意の看板はドキドキしながらもほんとに出てきたらいいのにって不謹慎ながらも期待してみたりして。
今は子供達DVDを見てるので、目に入りもしないのでしょうけどね・・・。


*どこまでゆくの?

【作・絵: 五味太郎】

こちらも五味さんの作品ですが、さきほどの絵本とはまた違って、ページいっぱいに町だったり地下の道が書かれているので、「わーこっちにいくと危ないね」「電車に乗ろうかな」なんて言いながら、指でなぞって楽しめます。
そしてあれあれ、いつの間にかタイムスリップ・・・!?


*コんがらがっち どっちにすすむ?の本

【作:ユーフラテス】

今度はカラスみたいに真っ黒な、人?と呼べばいいのでしょうか、ちっちゃくて黒いのが主人公です。
子供が自分に置き換えられるように工夫されているのかもしれませんね。
縦に少し大きめの絵本で見やすく、シリーズものです。
黒いのが道を進んでいくと、ページをめくる前必ず別れ道が訪れます。ここでどちらの道に進むか子供に尋ねてから、ページをめくります。上の道路を選んだ子はお家へ、下の子は花屋さんなど、選ぶ道で通る場所が変わるようになっていて面白いです。


*つづきの国のワークブック

【作:荒井良二】

こちらは自分達で地図を作っちゃう本・・・というよりはキットですね。大きな大きな画用紙が入っていて、スタンプも付いてます。さっそく子供達と作りました。途中に動物がいたりロボットがいたり、自由にやらせるとなかなかの大作ができあがりました。夏休みなど、長期休みにお奨めです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

お姑さん問題

Pocket

前回こんなタイトル(メンタルが弱い?すぐ心が折れる子にしないために)のブログを更新した直後に、心が折れそうな事がこの身に降りかかってきました。
自宅に突然やってきた義母。ちょうど夕飯時です。その日は夫の帰りが遅いと分かっていたため、夕飯の天ぷらを全て揚げ終え、夫の分は別のお皿によけていました。後でレンジで温め直そうと思っていたのです。が・・・
「もう揚げてるの?夫が家族のために仕事して疲れて帰ってくるんだから、帰ってきたら揚げたてを食べてもらいたいとは思わない?」
「あ、そう・・・ですよね」
メンタルが弱い私、もうこの時点で冷や汗です。
「専業主婦なんだから、もっと感謝の気持ちを持って行動しないとね。自分が楽なことばかり考えるのはよくないよね」

他にも子供の習い事に関して自分勝手やら非常識やら(スイミングは親のエゴらしい)色々言いたい放題言って帰って行かれました。気の弱い私は「はい、そうですよね」「すみません・・・」を繰り返すのみ。
文章にしてみるとこんなちっぽけな事で・・・という感じなんですが、心の中では号泣。子供達の前だったので泣きたいのを必死で堪えてました。
スポンサーリンク




義母に対しては、結納の時から警戒していたのです。嫁入り道具の事で私の両親がさも非常識のような事を言われ(理由は桐ダンスが用意されていなかったから)、結婚式当日も終わった瞬間にダメ出し。
なるべく関わらないためには子供を産まない方がいいのではないだろうか?と本気で考えたほど。
妄想の中では毒入りスープ50回ぐらい飲ませてますからね。

ハァ…メンタル強くなりたい・・・。
「ふふふ、お母さんたらこんな時間に突然押しかけてくる方が非常識じゃないですか~!!(^^♪」
とか笑顔で言えるような人間になりたい。
もちろん自分にも至らない点はたくさんあると思います。気が利くタイプでもなければ要領も悪い。
自分が姑の立場ならもっといい奥さんだったらって思う。もっとマメで料理上手で・・・って考えだしてまた凹む。
万が一同居となれば、夫と夫婦の仲を保てる自信が全くないので、今から拒否する理由めっちゃ考えてます。


そんな中・・・というのもおこがましいですが、発売された木村カエラさんの絵本。

*ねむとココロ

【作:木村カエラ】

もうタイトルからして癒されそう。私がまさに今読むべき本なのではないか、と思い購入。
ちなみに木村カエラさんに対しては、今どれぐらい活躍されているのかあまり知らないのですが、ファンというより世代という感じです。

発売されたばかりなのであまり中身には触れませんが、6歳の息子にも読み聞かせたい内容でした。というのも彼には今プチ反抗期が訪れているようで、私が言う事は全て否定。朝から晩までほぼ文句しか言いません。
勉強が面倒だったりお友達と喧嘩したり、小学生になってストレスが増えた事も原因かな、と思うのですが、今一度ここで一呼吸。人の心というものについて、この本を通して一緒に考えていきたいなと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

メンタルが弱い?すぐ心が折れる子にしないために

Pocket

最近の息子の困った口癖です。
「どうせ僕にはできない」
「絶対無理」
何か新しい事を挑戦する度こんな風に言うので、親としては心配になります。そうは言いながらもやってみる精神はまだ持っているので、出来なかった時の保険みたいな感じで発しているのかなぁとは思うのですが。
これが続いてほんとに無気力になったり、最初から何もかもあきらめてしまうような子になっては困りますし、もう少し自分を信じてポジティブに物事に取り組むようにならないものか・・・
スポンサーリンク



今回はこちらの本を参考にしました。

*折れない子どもを育てる

【作:木下麻奈】

著者は、木下音感学院という音楽教室で講師をされていた方です。この学院では音楽を通して礼儀作法やマナー、しっかりとした思考力を身に付けられるよう注力されているため、音楽関係を目指している人ばかりが集まっているわけではありません。
本書を読んでいても、教育に関して強い信念を感じ取る事ができます。
前半は著者の家庭環境や生い立ちが述べられていて、音楽一家の話を凡人が同じように真似しても仕方がないしなぁ・・・と思ったりもしたのですが、後半は一般家庭にも当てはまる教育の話で参考になりました。

折れない子、メンタルの強い子にするためにその年代に親がすべき事、教えるべき事が具体的に示されています。なるほどな、と思える部分は取り入れていこうと思います。

特に「ふつう」の意味について触れている箇所があるのですが、とても共感する事が書かれていました。

音楽家になってほしいわけじゃない
一流のアスリートになってほしいわけじゃない

「ふつうでいい」

じゃあその普通とは何なのか?「小学生ならテストで毎回100点が取れてふつう」と思う人もあれば「小学生なんだから勉強よりたくさん遊んで学ぶべき」という人もいるでしょう。

結局「ふつう」の基準はそれぞれ違っていて、育てている人のものであるのだと。
もしかしたら自分が考えている普通が、その子供にとっては普通じゃないかもしれない。
「こうなってほしい」と希望を込める事はいいけれど、それはあくまでありのままの自分が子供時代にタイムスリップした時の場合であって、子供はまた別の人格を持って別の時代を生きているのだから当てはまらないかもしれない、という事を忘れないようにしたいですね。

ちょうど今次男が幼稚園での集団生活に苦戦していて毎朝行くのを嫌がるため、こちらも色々と迷いが生じていたのですが、明日は毅然とした態度でで見送ろうと思えました。
その他、勉強や運動能力、お手伝いに対してのごほうびにも触れられています。
最終章のメッセージには、子供達だけでなく子育てに四苦八苦している私達へも深い思いが伝わってきます。


*わが子を「心が折れない子ども」に育てる方法

【作:水野 まさこ】

こちらは36年小学校の現場教師としての経験を持ち、現在はカウンセラーをしている方が執筆されたものです。
どんな時に子供の心が折れるのか、折れた時にはどうせすればいいのか、予防策はあるのか、実体験に基づいてアドバイスされています。
というのも著者はカウンセラーの傍ら、母親でもあるからです。
そして実際に子供の心が折れ、自分の心も折れてしまいそうな経験をしたのだそう。

<「心が折れる子」に対してキーポイント>

・過保護(なんでも先回りすると自分で考えて行動できなくなる)
・生活習慣のみだれ(睡眠不足が引き起こすストレスなど)
・実体験の少なさ(スマホやタブレットなど受け身のものばかりだと対応力が心配)

ドキッとしたのは、子供が話した内容に対して否定的な事ばかり言っていないかどうかという下り。
「自分が悪いんでしょ」「大した事じゃないよね」
つい言ってしまう台詞です。
こちらとしては、人のせいにしてほしくない、とか些細な事で動揺してほしくない、とか様々な事を思っての反応なのですが(単に面倒くさい時もありますが)、そう言われた子供はどうなのか。当然いい気はしないですよね。
一生懸命起こった出来事や内容、感じた想いを話してくれているのだという事を忘れずにいたいですね。

その他にも、心が折れそうな時に子供が発するSOSを、言葉で直接聞かなくても、見た目だけで見分ける方法も書かれています。
また、絵本はリラックス効果があるため、日ごろから取り込んでおくのは健康的なメンタルを保つためにとても良いそうです。

ただ、どんなに対策をしても子供の心が折れる時は折れるので、その後どう対応していくのかが重要になってきます。もし現実我が子の心が折れる出来事が起こった時は、過去の自分や子供の行動を責めたり後悔するばかりではなく、明るい出口に辿り着くまであきらめずに考えていきたいです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

永久歯が生え始めたら 気になる子供の歯並び

Pocket

スポンサーリンク




「ねぇ、僕の歯グラグラしてない?」

幼稚園の年長頃から周りのお友達の歯が抜け始め、自分の歯も早くグラついて欲しい息子。一足先に歯が抜けていくお友達がやけに大人に見えるようで、羨望と焦燥の入り混じったような眼差しで見つめていました。

そんな息子も小学生になりようやく一本目の歯が抜け、得意気に帰ってきました。・・・が、気になってくるのが歯並びです。
親の私が言うのもなんですが、長男の乳歯はかなり綺麗に生え揃っていて羨ましい限りだったのですが、いつもフッ素を塗ってもらうため診てもらっている先生によると、狭い隙間に大きな永久歯が生えてくるため変、歯並びは悪くなるそう。
早めの矯正を奨められるのかと思いきや、子供の苦痛な時間が長くなるだけなのでそんなに早くからはしなくてもよいとおっしゃってました。

これには先生によってさまざまな考えがあるようで、別の歯医者さんでは生え揃う前からや矯正し始めた方が、生えてくる向きをある程度コントロールできて良いという話もありました。

いずれにせよ安いものではないのでよく検討して決めようと思います。私自身あまり歯並びが良くないので、悪いなら治してあげたいとは思っているんですけどね。

*ねずみのペレスと歯のおはなし

【作:アナ・クリスティーナ・エレロス 絵:ビオレタ・ロピス 訳:大澤千加】

<あらすじ>

ねずみの仕事
子供の抜けた歯を屋根裏に投げると、新しい歯を持ってきてくれるねずみがいました。じょうぶで綺麗な歯を持ってきてほしい子供達は、しっかりと歯が屋根裏に届くよう、それはそれは気をつけて屋根の上へ投げていたようです。

ところが時代と共に家の建物の構造が変わり、屋根はどんどん高くなってしまったため、どんなに子供達が思いっきり歯を投げても届かないようになってしまいました。
歯を投げる場所は屋根ではなく、暖炉になりました。もちろん火が消えた後です。しかし暖炉もまた、電気が発明されてからは使われないようになって・・・?


歯のお仕事をしている可愛いねずみの話を通して、歯の大切さを教えてくれます。乳歯の説明や、永久歯に変わる事の意味もさりげなく書いてあり、単に歯が抜けて大人の歯が生えてきた、というだけでなく永久歯に変わることの意味を噛みしめられるような内容になっています。
(余談ですが急にミッキーような風貌の妖精が出てきて焦りました・・・。)


もう長男は仕上げ磨きしなくてもいいかな・・・?という年齢には差し掛かっているのですが、嫌がらないうちはと、まだ私がせっせと磨いています。
どうしても一人で磨いているのを見ていると、奥歯や歯の裏側の磨き残しがあるようなので。
一本、一本の歯を大切にできる子になりますように・・・。
スポンサーリンク



Pocket

スマイルゼミかチャレンジタッチか。タブレット比較

Pocket

今猛烈に悩んでいます。
どちらのタブレットを申し込むのか。
もともと家で私が教えるスタイルの家庭学習は、子供を勉強嫌いにさせる絶対の自信があったためはなから頭にありませんでした。
勉強習慣をつけるためにも公文か学研教室で散々悩んだあげく、学研教室に通わせて早3年。ここにきて子供がどうしても始めたい習い事と学研教室の曜日がかちあってしまい、泣く泣く(私的に)退会するはめに・・・。
スポンサーリンク




朝ごはんを食べたらすぐプリントを始めるのが日課になっていたので、この習慣がなくなるのは非常に惜しいです。やりはじめはぐずぐず言ったり本当に苦労したので・・・。かと言ってそのまま紙媒体の家庭学習に切り替えてもうまくいかないだろうし。
学研教室は子供も楽しく通っていましたし、親の私にとってもかなり満足度の高い習い事でした。教室に入って先生に宿題を提出するというミッションがあるからこそやろうと思えたのだろうし、子供に「わからなーい」と言われても
「じゃあ空けといて。今度先生に聞いて」と丸投げできるのでこちらもストレスフリー。

悩んだ末に辿り着いたのがタブレット教材でした。

タブレット教材のメリット


・自動で丸つけしてくれる
・解説してくれる
・消しゴムいらず
・電源をいれるだけで始められる
・勉強の後はゲームで遊べる

うちの子達はみんな夫に似てゲーマーなため、かなり魅力的なはずです。姿勢が悪くなるとかえんぴつの持ち方がどうとかデメリットも囁かれていますが、目標は毎日の勉強を習慣化させること学校の授業にしっかりとついていく事。そして何より私が怒って解説したりする事のないようにしたいので、家でやるならタブレット教材1択です。

もともとスマイルゼミが良いらしいという噂は聞いていたので、最初はほぼスマイルゼミの方向で考えていました。
調べるとちょうど体験会が開催されていたので行ってみる事に。

席が空いていたのでさっそく長男(新3年)、長女(新1年)体験。
やはりペンはかなり滑らかで書き心地抜群。画面に手が触れても誤認しないという点もポイント高いです。
長男の方は夢中になってやっていたのですが、長女の方は操作になれるまで少々手間取っていました。

そしていまいち娘が苦手そうな時計の項目をやらせてみたのですが・・・まぁまぁイライラしました。
ボタンを押すと丁寧な解説があるのですが、「え?どういう意味?」と聞かれて「もう1回解説を聞くように促すも「?」という感じだったので「いや、だから~」と結局私が解説するはめに。
娘の理解力が著しく乏しいのかやる気がなかったのかは分かりませんが、この模範解答以上に私もうまく説明できないし、会場の人に、学校の授業教との適合性について質問したところ、やはり1ケ月ごとの配信になるのでどうしても前後してしまったり、そこまで細かくは添えないと。まぁこれは当たり前といえば当たり前ですが、直に伝えてプリントを変えてもらえる学研教室には勝らないな、ととりあえず退散。

もうこの際その習い事はあきらめて学研教室を継続したい気持ちが強まっていたのですが、ここにきてまた夫と対立。
「こんな小さいうちから勉強の習い事を優先させなくてもいい。そもそも何もしなくたって小学校の授業ぐらいついていけてるはずだ!〇〇(私)は勉強に対しての恐怖心が強すぎる」

ええ、ええ、恐怖心強いですよ。
解けないと怒鳴られて胸ぐら掴まれて、「このままだと生きていけない」って脅された過去を持つ私と
勉強に関しては放任されていたらしい夫。分かってくれなくていいのだけど、勉強ができない→学校つまらない→自信を失くしていく という事態はなんとか避けたいのです。

とにかく勉強で怒りたくない。勉強なんてできなくたっていいんだよって大らかな気持ちでいられれば、それが一番いいのかもしれないけど、勉強できなくていいとは決して思わない。だからできれば楽しく学んで欲しい。怒りたくない。それなのに自分が教えようとするとイライラしてしまうし、言いたくない暴言を吐いてしまいそうで怖くなる・・・。

チャレンジタッチ


ここであまり考えていなかったチャレンジタッチの方も検討してみる事に。なんせチャレンジは私自身全然やらなくて、辞めては届いたDMの漫画見て再度入会、また手をつけずに辞める・・・の繰り返しだったのであまり期待がもてずにいたのですが、今回はタブレット!根本的には違うはず!

ちょうど息子の友人でやっている子がいたので、触らせてもらいました。

スマイルゼミとはまた全然違う雰囲気で、なんだかとっても楽しそうな雰囲気!
何より私が重視しているのは分かりやすい解説なので、車のナビみたいに淡々と語られるスマイルゼミよりも、抑揚のついたチャレンジタッチの方が聞く耳を持てる気がしました。

気がかりなのは1か月に15回分しかないという問題量。毎日勉強する習慣を続けたい私としては、半月やる事がなくなってしまうのは避けたいので、これはもう覚悟を持ってドリルを購入するしかないか・・・と考えていたところ、「考える力プラス」というものが目に留まりました。

考える力プラスって?

月々2484円で届く紙媒体の教材です。そもそも〇付けしたくないからタブレットを選択しようとしているので、結局紙のをやるんかいって自分でも突っ込みたいぐらいですが、「答えと指導ポイント」というものがついてるらしいので、ひとまずやってみようと思います。怒鳴りそうになったら即座にやめます・・・。

と、こんな感じでまだまだ学研教室に未練が残っている状態ではありますが、ひとまず契約してみてまた経過を載せたいと思います。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

どう育てる?子供の我慢する力

Pocket

約束の場所に相手が来ていないと、ずっと時計が気になるし。
明日食べようと思っていたチョコレートは今日食べてしまうし。
サウナはすぐ出ちゃうし。
どちらかというとせっかちなので、我慢強くない私が子供達にどうやって我慢というものを教えればいいのか・・・。
スポンサーリンク




例えば子供が一人で身支度をしている時。手を出さずに見守ろうと決めていても、もどかしくて仕方がなく「早くしなさい!」とつい声を荒げてしまう。
いつも余裕のある人の方が、母親としても人としても魅力的なのは分かっているのですが、どうも実行できません。

子どもの一生を決める!「待てる」ガマンできる力の育て方

 
【作:田嶋英子】


タイトルだけでも妙にうなづいてしまうのですが、ガマンができるかできないかで、その人の人生は大きく変わるといっても過言ではないでしょう。
私はすぐに結論を求めるタイプなので、行き着くまでの過程であったり、熟考する事なく行動を起こしてしまい幾度となく後悔しています。
一体ガマンする力、一度立ち止まって冷静になる力はどうすれば養えるのでしょう。大人になった私が今から身に着けるのはかなり根気がいりますから、できれば子供達は幼少期から身に付けさせたい力です。
とはいえ、何でも抑制して我慢させていればそのうち我慢強い子になるかといえば、そんな容易なものでもなく。
反対にしっかり周りの大人が子供の欲望を受け止めてこそ、我慢ができるような人間になるというのはよく聞く話です。

この本ではどうすれば我慢強い子に育てられるのか、毎日の生活での些細な行動、言動についてアドバイスされています。
まずは我慢する事をしんどい事だ、辛い事だと思いすぎないこと。これは我慢をすれば、その後いい事が待っているようなサイクルを作れば良さそうなので、最近は我慢できた後に大げさに褒めたり、いつもより長めに遊び相手をするようにしています。

特に私がこの本で注目したのは、「親が子供に与えるべき3点セット

どうしても理不尽な怒り方をしてしまったり、兄弟で差がでてしまう事を止められない日ってありますよね。でもこの3点セットを全員平等に与える事で、「今日は叱りすぎたかな・・・」と思っても持ち直す事ができます。さてその3点セットとは・・・

栄養!睡眠!愛情! です。

我が家の子供達は偏食がちなため栄養面とかは自信ないですが、それでも外食はほどほどにしたり苦手な野菜を一口は食べさせるよう取り組んでいます。
どんな時もこの3点セットだけは意識していきたいと思います。

もちろん我慢する事がいくら大切であるとはいえ、時と場合によっては我慢しない方がいいこともあります。
お友達に何か嫌な事をされても何も言わないとか、我慢して自己主張ができないとなるのも困りものですからね。

なにせ短気は損気!
我慢する力のある子は学力もあがるという実験結果も出ています。決して楽なことではないけれど、年齢と共に我慢する力を少しずつ一緒に鍛えていきたいと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket