寝る前 眠る時に おやすみなさいの絵本

Pocket

スポンサーリンク




「子どもの数だけ未来があるよね」

ファミレスでご飯を食べている最中、

隣のテーブルに座っていた方の話声が聞こえてきました。

それは本当にその通りで、想像すると楽しみなのですが

子どもの数だけ不安もあります。

この子は引っ込み思案だけど大丈夫かな

この子の好き嫌いはなおるんだろうか

平等に愛せているかな

全員分きちんと貯金できるかな

などなど 挙げるとキリがありません。

そして歳が近いと喧嘩も頻発します。

特に車や布団、居間のソファなどでは壮絶な陣地争いが繰り広げられています。

私も過去にやりましたが、3人以上いると

お母さんの横で寝れるのも

お母さんと手を繋ぐ事ができるのも

2人までなんですよ。

お父さんがいる時はいいのですが

誰か一人は我慢しないといけない。

2人目が生まれた時も、寝る順番をどうのようにすればいいのか本当に悩みました。

最初は私が赤ちゃんと寝て、上の子はパパと寝てもらおうと思ったんです。

夜泣きもあるので同じ部屋だとみんな熟睡できないだろうし

上の子はかなりのパパっ子なので別に問題ないかな と思っていました。

ところが里帰りを終え自宅に帰って来た初日

別々に布団を敷いて「おやすみ」と言うと息子は

「こんなの眠れない。みんな一緒じゃないと嫌だ」

と切ない表情を見せるので結局みんなで寝る事に。

ですが私は下の子に母乳をあげるため添い乳している状態ですので

どうしても長男に背を向けてしまうのです。

私と息子で赤ちゃんを挟み、2人の方を向ける配置はどうかと考えたのですが

それも気に入らない様子で、結局私は夜中中右向いたり左向いたりしながら

組体操の扇の端っこの人みたいな状態(分かりますかね・・・)

で寝ていました。

今では

「私が今日お母さんの横!」「今日は僕!」

熾烈な戦いにあまり首を突っ込まないようにはしているのですが

そろそろ譲り合いの精神を学んでくれる事を切に願っています・・・。

気持ちを寝るモードにする絵本

*おやすみおやすみ

【作・シャーロット・ゾロトウ 絵・ウラジーミル・ボブリ】

鳥や魚、生き物の眠りにつく時の様子が書かれています。

紺色の背景で静けさに満ちた絵本です。

*おやすみなさいおつきさま【作 マーガレット ワイズ ブラウン】

部屋の中にある物1つ1つにおやすみなさい のあいさつをしていきます。

言い終える頃には自分もむにゃむにゃ・・・

*ねむい ねむい おはなし

【作・絵 ユリ・シュルブィッツ】【訳・さくま ゆみこ】

お部屋にあるもの達みんなが眠たそうにしているのですが

どこからか 「楽しい調べ」 が聞こえてきて・・・

この 「楽しい調べ」 という言い回し、気に入っています。

こういった言葉って絵本を読んでいないと日常生活であまり耳にしないので、知る機会も少ないんですよね。

そんな 「楽しい調べ」 一体どんな曲なんでしょう

優しいバイオイリンの音色で奏でられる幻想的な曲が聴こえてきそうです。

 

寝る前に興奮している時は、これらの絵本でいったん落ち着かせ

上質な睡眠を提供してあげたいですね。

その他 「寝る」 がテーマの絵本

寝かしつけ ねんねの絵本

寝かしつけに効果がると人気の絵本 おやすみロジャー
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

 

Pocket

GW目前 ドライブ絵本で長旅も楽しく

Pocket

スポンサーリンク




もうすぐゴールデンウィークがやってきますね。

旅行好きな我が家ですが、まだ行き先が決まっておりません。

車で遠出もしたいけれど、子どもの事を考えると

あまり長時間ドライブになるのは避けたいですしね。

昔と違って今は車にナビがついているので、ルート検索で道に迷うこともありませんし、DVDを見ていればあっという間だったりもしますが、月齢が低いとあまり効果がなく、すぐあきてしまったりします。

泣きだしてもチャイルドシートから降ろすわけにもいかず

狭い車内で泣き声を聞き続けるのもなかなか辛いものがあります。

GWの長距離移動に向けて、こんな絵本はどうでしょう

ドライブする絵本

*ショコラちゃんのおでかけドライブ

*ドライブにいこう

*ガンピーさんのドライブ

事前に読み聞かせをしておいて

帰省を楽しみにしてもらうのもいいですし、少しでも移動時間が楽しくなるといいですね。

夜のドライブ

私は夜の高速道路が昔から大好きです。

光り輝く夜景

同じ間隔を空けて道路を照らし続ける街灯。

じーっと眺めていたら吸い込まれそうでうっとりしてしまいます。

山から夜景を眺めるのも大好きでしたが、子どもがいるとそう遅い時間に山を登ったりできませんからね。

*ほしのかえりみち【作・きたじま ごうき】

(ちょっと流星ワゴンを思い出しますね。

小説とドラマではまた話が違いましたが、どちらもかなり面白かったです。)

この絵本をみつけた時、表紙を見て思わず購入してしまいました。

ぼくが車の中から窓の外に広がる夜景を見ていると

家族4人を乗せた車がいつのまにかそこに吸い込まれるようにして

違う惑星へ・・・

途中でお兄ちゃんがトイレに行きたいと訴えるシーンがあるのですが、

高速道路ではこれが一番やっかいですよね。この絵本のようにサービスエリアにひとっ飛びできれば問題ないのですが・・・、

特に渋滞している時など降りるわけにもいきませんから

・飲み物を飲みすぎない

・サービスエリアへはこまめに停まる

などの配慮をしておきたいところです。

また私は酔いやすいのでだめですが、車の中で絵本を読み聞かせるのもよい退屈しのぎになります。

特に子どもはまだ三半規管が発達していない時期であれば酔いませんのでもってこいです。

喜んで家族旅行についてきてくれる期間もきっと僅か。

たくさん思い出作っておきたいですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子どもが嘘をつく時 その心理とは?

Pocket

スポンサーリンク



幼児のつく嘘に敏感にならない

子どもがつく嘘にも種類があるといいます。

自分をよく見せようとする嘘

その場をやり過ごそうとつく嘘

想像力が豊か過ぎて現実と空想がごちゃまぜになっている嘘。

最後のは厳密には嘘とはいいませんね。

「昨日幼稚園にすっごい大きな恐竜がきてさ」

などと子どもが言ってきたら

「えぇ~!どんな形?色は?」

乗りに乗って反応するようにしています。

だけどこれが

「給食全部食べた」 「もう手は洗った」

などの嘘だったら。

「そっかぁ、今日献立に嫌いなトマトあるのに食べれたんだ?」

「あれ、ずっとここにいたと思ったけどいつのまに洗ったの?」

あくまで自然な感じで聞いてみます。すると大抵ニヤニヤ笑ったり

顔を曇らせたり分かりやすい態度を取るので

「あれ?違うの?」と聞いて頷いた場合は

嘘はつかないでね~ と軽く流しますし、意地になってる場合は

「先生に電話してみよ」

とか「洗わなかったらバイ菌だらけのお手てだげど大丈夫なんだね?」

とこちらも意地に。ちょっと追い詰めてますかね。

年齢が上がるにつれ、嘘はなぜいけないのかきちんと教えていく必要はありますが、幼児の間につく嘘なんてかわいいもので

あまり目くじら立てて叱る事でもないのかなと思っています。

初めて嘘をついた時の事

私が自分で覚えている最初についた嘘は小学1年生の時です。

学校の作文で、休日に出掛けた遊園地の事を書いたのですが、怖くて入れなかったお化け屋敷の事を、あたかも入ったかのように書いてしまったのです。

自分でも嘘を書いている自覚がありましたので、家に持って帰ってきた後も、勉強机の引き出しの一番奥にずっと閉まったままでした。

ですがある日、母が何の気なしにその引き出しを開けようとしたので

私は思わず抵抗してしまいました。

母は怒って私を押しのけ

作文用紙をひったくるようにして取り上げました。

その時の感情をはっきりとは覚えていませんが、怖くて泣いたような気がします。

ですが母がその作文を読んだ後の反応は、意外に拍子抜けするものでした。

「これ全部想像して書いたの?すごいじゃない!」

褒めてきたのです。

その瞬間、安堵感に包まれてまた

私は泣いたのでした。

その他にもついた嘘でいえば

ピアノの練習をしていないのにしたふりをしたり

お菓子を食べたのに食べていないと言い張ったり・・・

だけど嘘ってつくとドキドキするし、ばれるかもしれないという不安と、罪の意識に苛まれる事を知り、いつのまにかつきたくないものへと変わりました。

嘘をつかれてもまぁいいか と思える絵本

*ほんとに ほんと【作・ケス・グレイ】【絵・ニッケ・シャラット】

*うそだぁ!【作・サトシン 絵・山村浩二】

嘘をつくような心理状態とは

あまりに嘘が多かったり平然と嘘をついてばかりだという事であれば

一度きちんと嘘がなぜいけないのかを説明し、時には

「えんまさんに下をちょん切られるよ」 と脅すのもありかもしれません。

でも嘘をつく背景には何か不安が隠れている事もあり

・怒られる事に異常な恐怖を感じている

・親が約束を守らない(うそをついている)

という事も考えられます。

後者について、一見自分はそんな事ないと思うかもしれませんが

例えば

「後で遊ぼうね」と言っていたのに「もう遅いから今日はやめよう」

と断ったり

「OOに連れて行ってあげる」と約束したのに全然行かないなど。

これらは子どもが何も言わなかったとしても

嘘をつかれたと捉えている場合がありますので要注意です。

そこには不安の他にも「あきらめ」や「失望」といったものが隠れているかもしれません。

嘘について考える絵本

*うさこちゃんときゃらめる

うさこちゃんがきゃらめるを万引きするという、ちょっとショッキングな内容ですが

物を盗る事、嘘をつくことはいけないと言う事が、簡潔で分かりやすいお話です。

*子うさぎましろのお話

真っ白の子うさぎが黒くなって別のうさぎのふりをし、サンタさんにもう一つプレゼントをねだるお話。だけどそれは後々自分を苦しめる事になり・・・

幼児が嘘をついたら

即座に叱りとばすのではなく

まずはなぜ嘘をついているのかを考えてみる

案外こちらから何も言わなくても、自然と心がチクチクしてくるものですから

悪い事なんだ 苦しい事なんだ と

自分で学んでいくのかもしれませんね
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

友達の良さ 大切さを知る絵本

Pocket

スポンサーリンク




♪友達100人できるかな

一年生になる時は、友達という響きがあんなにわくわくするものだったのに

学年が上がる事に

知ってる子いるかな?

ちゃんとグループに入れるかな

不安で仕方なくなってくるクラス替え。

特に女の子は耳元でこそこそ内緒話をしたり、仲間外れを作ってみたりと、早ければ幼稚園からそういう事をし始める子もいます。

大学生にもなればさすがに落ち着いてくるのかなと思いきや、社会人になっても残念ながらそういう人は存在します。

だけど私はそうやって嫌がらせをされて自分が傷ついた時

苦しい時

救ってくれるのも友人でした。

みんな性格は様々です。優しい言葉を掛けてくれる子、叱咤激励してくれる子。本気で泣いてくれる子。

私はどちらかというと発言する時に言葉を選んでしまう方なのですが

この子達には本音を話せるし、もしそれで嫌な思いをさせてしまったとしても、そう簡単に友人関係が壊れる事はないだろうと思っています。

ただ一度だけトラウマ気味な出来事もありました(後述します)

ともかくともだちって

いないといけないわけじゃないし、頑張って作るものでもない

自然と出会うものなんだなって、今は思っています。

だからもしかしたら出会わないかもしれないし

これからまだ出会いがあるのかもしれない。

我が子にはこれから、友達の大切さを教えるというよりも

少しでも多くの人と出会う機会が訪れるよう願いながら

見守りたいなと思っています。

*ふたりはともだち

この2人(2匹?)、羨ましくなるくらい素敵な関係です。

ちょっと文章が多いのですが、短編集になっていますので

年長さんぐらいなら聞ける子もいるかなと思います。

がまくんはかえるくんの事をいつも大事に思ってるし

かえる君もがまくんの事心から想ってる

他にもシリーズ化されています。

*ふたりはいっしょ

*ふたりは きょうも

*ともだちや【作・内田 麟太郎】

きつねが1時間100円で友達になるという商売を始めるお話。

そして商売をしているうちに、真の友達とは何なのかに気づくのです。

大学時代の友人

私にも大学時代、このかえるくんとがまくんのようにいつも一緒にいる友人がいました。

一人暮らししている私の家によく泊まりにきていて

朝までゲームをやったり、深夜にラーメンを食べに行ったりしていました。

くだらない事で電話を掛けたりかかってくる事もしょっちゅう。

趣味もタイプも全然違う子だったけど

側にいてくれたら安心する

そんな関係でした。

だけど大学を卒業し、就職してからしばらく後に、ぱったり彼女と連絡が途絶えてしまったのです。

「近々職場に行くね」

彼女は確かにそう言っていたのに

何日経っても何カ月経っても現れませんでした。

私何か気に障る事した?

そんな事を聞くのも野暮な位、彼女とは友人関係が出来上がっていると思っていました。

何度もメールを送ったり電話を掛けてみたけれど、

一切返事はありませんでした。

何ケ月かして、自宅にも行ってみました。

インターホンを鳴らしましたが誰も出る事なく、不審者扱いされても困るので数時間で引き上げる事になりましたが。

何度も何度も彼女の夢を見ました。

毎回何かを言いたげで、だけど何も言わず、どこかへ去っていくのでした。

結局独りよがりだったのかな

私は自分が彼女といると楽で

ずっと側にいたいと思っていたけれど 彼女は違ったのかな

今でも消息は不明のままです。

今思えば私は、徹底的にその子に向き合う勇気がなかったのだと思います。

不審者扱いされても困るなんて書いたけれど

本当はあのままずっと待っていればいつか会えたかもしれない

だけど何か予想もしない事を言われるのが怖くて

彼女との良い思い出を壊したくなくて

私は中途半端に彼女との関係を終わらせてしまったのかもしれない

だけど拒否している相手に無理矢理会おうとするのも自分勝手なんじゃないか

結局どうすればよかったんだろう

これだけは今でも答えが出ずに

考え続けています。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

海の生き物 イカやタコの種類 アンモナイトとオウムガイの違いがよく分かる絵本

Pocket

スポンサーリンク




水族館に行くとよく砂の上に転がっていますよね、アンモナイトみたいなオウムガイが。

アンモナイトとオウムガイ

何度見ても違いが分からず、子供に聞かれても「アンモナ・・・いや、生きてるのはオウムガイだったっけな」

と混同しまくっていたのですが、この絵本に出会ってようやく間違える事はなくなりました。

*のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト【作・絵三輪一雄】

なぜアンモナイトは地球上から絶滅し、オウムガイは生き残ったのか

その理由が分かりやすくお話になっているので、子どもでもすんなり頭に入ってきやすい絵本となっています。

このアンモナイトですが、冒頭にも書かれている通り貝ではなくイカやタコの仲間だそうです。

最近タコが水族館の水槽から脱走して海へ逃げ帰ったという

ディズニー映画 「ファインディング ニモ」 を彷彿させるようなニュース(ディズニーファンなのでつい例えがディズニー関連になってしまいます)がありましたが、タコも魅力的な生き物です。

軟体動物 タコ

先日京都水族館にてミズダコを拝見してきたのですが

いつも同じ位置にピッタリくっついてあまり動きのないタコなのに、今回は下から上へ大移動していて、なかなか迫力ありました。

*うみのにんじゃたこ【作 富田 百秋】

たこの一生が分かります。静寂な海の中でひっそりと暮らすたこの生き様が伝わってくる一冊です。

*いかたこつるつる【作・絵 長新太】

いかが麺類をつるつるすすって食べてるのですが、いつのまにかこんがらがって自分の足まで食べてしまい、更に横で麺をすすっているたこにまでからまってえらいことになるお話です。

わーもうむちゃくちゃじゃないか、あちゃー

っていう感じの長新太ワールドがさく裂しているのですが、子どもはこのはちゃめちゃ感大好きです。

イカ

*だいおういかの いかたろう【作・絵 ザ・キャビンカンパニー】

子どもといると 「イカ」 と聞けば真っ先にダイオウイカが思い浮かんでくるようになりました。

そんな、海の生き物の中でも子ども達から絶大な人気を誇るイカの王様ですが、その全長はバス程もあるとか。

もしそんな巨大なイカを凍りついた池の中で発見したら・・・

もう最初にこの状況を想い浮かべるだけで、子ども達の目は好奇心に満ち溢れ出します。

そしてとっても陽気ないかたろう、日本絵本賞も受賞しており、元気をもらえる一冊です。

*ほね【作・堀内 誠一】

「タコやイカには、人間と違って骨がないんだよ」

この絵本を読んであげれば、子ども達もその意味がよく分ります。

もし人間にほねがなかったら・・・

昔からある絵本ですが、ぐにゃぐにゃの状態の男の子の絵が、今も印象深いです。

そういえば昔、「コーラばかり飲んでたら骨が溶けるよ」と言われてこの男子を想像していたなぁ・・・
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

Pocket

字に興味がある 字を覚えさせたいと思ったら

Pocket

スポンサーリンク




アラサー、3児の母。

座右の銘にしている四字熟語は 「一期一会」です。

今日ももうすぐ終わり、ほどなくして明日がやってくるけれど

今日という日はもう二度と来ない。

「ママ、一緒に遊んで」

今日はそう言ってたけれど、明日からは言わないかもしれない。

そんな事をたまに思いながら

子どものかまって攻撃を無理矢理にでも有り難がって日々の育児をこなしている私です。

子どもが字に興味を持ったら

平仮名が全て載っている絵本の中からご紹介

動物好きさんにおすすめ

*あいうえおのえほん いきものしゃしん

左に平仮名が大きく一文字ばーんと書かれており

右側にその一文字を頭文字とする動物の写真が。

書き順や、そのページの生き物についての解説まで詳しく載っています。

虫好きさんにおすすめ

*むしのあいうえお【今森 光彦】

こちらはタイトル通り虫好きさんにおすすめ。

ページ毎にむしがでてくるのですが

見開きには5・7・5の俳句。

一番最後のページには虫の解説が載っています。

やはり勉強をするには興味のある物に関連していると

とっつきやすいかなと思います。

*あっちゃんあがつくーたべものあいうえお【作・さいとう しのぶ】

こちらはあいうえおの絵本の中でも断トツ人気の絵本です。

顔は食べ物、胴体は人間のおかしな生き物達が毎ページ登場するのですが、その独特な世界観がまた可愛いのです。

読んでいるとある日、突然字を読めるようになっていました。

美しい字体

そしてここで問題になるのが字の綺麗さなんですよね・・・。

字についての苦い思い出といえば

小学生の頃、満点を取れるはずだったテストの解答用紙に書いた

「フィリピン」という字が汚すぎて 「フィリプン」に見える と減点された時ぐらいで

会社勤めをしていた期間であっても、職業柄か手書きで丁寧に書かなければならないシチュエーションなんて、何かをやらかした時の始末書ぐらいだったようには思いますが・・・。

年賀状も携帯が普及するにつれ出す枚数は減っていき

学生の時なんて仲の良い友人に携帯で

「あけおめ、ことよろ」 と打つだけで済ませていた時もあったような。

ですが家庭に入って親になって、いつのまにか人の字が気になるようになっていたのです。

この前も某引っ越し屋さんの書いた手書きの見積もり書の字があまりにも汚くて頼むのやめようかと思いましたし

去年の娘の幼稚園の担任の先生は

新任の先生でありながらも、字体を見るとかなりの達筆だったため

安心感があり、好感度も高かったです。

と、同時に「人の振り見て我が振り直せ」

ちょっとしたメモを渡すにしても何枚も書き直さなけれなならない事態に・・・

まぁ気にしない人は気にしないんでしょうけど、せめて丁寧に書こうと思うようにはなりました。

字は人となりを表すともいいますしね。

汚くてもいい、正確に、心を込めて を教えているところです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

2歳児におすすめの車絵本

Pocket

スポンサーリンク




車大好き

車や電車に興味を示す子は、だいたい1歳から2歳前後が多いように思いますが

そこから新の車好き、電車好きになるかどうかはまた少し月齢が進むにつれ分かれていきます。

うちは長男が2歳の時、既にプリウスとアクアの違いを見分けられる程の車好きでしたので、これは相当の車好きになるだろうと、トミカを与えまくっていました。(主人が)

誕生日プレゼントは山道ドライヴ&トミカビル。

私はトミカであれば、

ジンベエザメの水槽を運ぶトラック


ハンバーガーの形を乗せた車

なんかは面白いなぁなんて思って見ていたのですが

主人に言わせると

「こんな実在しない車はいらない」

だそうで、もはや誰のために購入しているのか分からなくなってきていましたね。

マクドナルドのハッピーセットについてくるトミカのDVDも恨めしかったです。

でもそれが3歳の誕生日が来る頃にはそうでもなくなっていて

車を買い替えにカーディーラーを訪れても、車なんてそっちのけでキッズスペースのおもちゃに夢中でした。

車の絵本

*ぶーぶーじどうしゃ【作・山本 忠敬】

昔に出版された絵本なので車自体も今では走っていないような形のものが多いのですが、子供ははまります。

絵が本物の車に忠実だからなんですよね。

ナンバーまでごまかすことなくはっきりと描かれています。

さり気なくページのどこかにいる猫も気になるようです。

同じ作者で

*ずかん・じどうしゃ

もあります。

絵本にはあまり興味を示さない子でも、この絵本なら集中してじっと眺めている という子も。

*バルンくん【こもり まこと】

こちらも子供達に人気の絵本です。

仲良しのお友達はポルシェくんとアルファくんというセレブなお友達ですが、なぜかバルンくんだけはエンジン音が名前になっています。

車種はオースチン・ヒーレー・スプライトだそうで、こちらも外車ですね。

子供達には少し見慣れないかもしれませんが、ヘッドライトの目が愛らしく親近感が湧きます。

*ぶーぶーぶー【こかぜ さち】

こちらは車の音と短い言葉のみで構成された単純な絵本ですが

はっきりとした色の違う車が4台、クラクションの音も微妙に違い

意識しなくてもリズミカルに読めてしまい、読み手も楽しい気分に。

うちはミキハウスのキャラクター 「カートくん」 も気に入っていて

店頭で真剣に見ていたので服を買わずにDVDを買って帰った事もありました。

(写真は音の出る絵本です)

ただこのDVD、一話がかなり短いんですよね・・・。

子供のためには長時間見せるのもよくないし丁度良い時間なのかもしれませんが・・・。

いつかは子供の運転する車に乗る日が来るのかな

でも先に乗せるのは彼女か友達だろうな

事故とか大丈夫かな

大学生とかになったら無茶な運転するのかも・・・

将来を想像すると一喜一憂してしまう自分がいますが

今はとにかく

無事にそこまで大きく成長する事を祈って・・・。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

カブトムシの飼育 かぶとむしに関する絵本

Pocket

スポンサーリンク



カブトムシと言えば、あいこの「カブトムシ」が脳内を流れてくる世代です。

唐突ですが

かぶとむしの幼虫を飼育する事になりました。

これは本当です。笑

一応オスとメスを見分けてもらい、つがいで飼っていますので

将来は産卵して数が増えているかもしれません。

まぁそんな簡単にはいかないみたいですけどね。

とある山頂のレストランで子供達と食事をした帰り、たくさんいるからと分けてもらったのです。

息子のおかげでだんだん虫や爬虫類にも免疫がついてきているとはいえ

やはり幼虫は気持ち悪いです。なんか白くてぶよぶよしてますし・・・。

何よりまずその大きさにびっくり。

私の手の平(かなり小さい方ではありますが)ギリギリ乗る位です。

でもあんなに嬉しそうに目をキラキラさせて

「飼いたいっ」

と言われてはもう飼うより他ありませんでした。

カブトムシの幼虫 育てるための準備

私も主人もカブト虫など飼うのは初めてでしたので

とりあえず飼育について詳しく書かれている本を購入してみました。

*日本と世界のカブトムシ クワガタの飼い方

幼虫の育て方から載っている本があまりなかったのですが

こちらは詳しく書かれていて分かりやすかったです。

飼育ケースを買う

まずは彼らの寝床を確保するためホームセンターへ。

飼育ケースだけでも様々な大きさの種類があり迷いました。

小さいと窮屈そうだけど、大きいと邪魔ですしね。

よく分からないのでお店の方に聞いてみる事に。

一見よくいるパートのおばさまだったのですが、実際は

かぶと虫のスペシャリストみたいな方で何でも答えてくれました。

ケースの他にも朽木や腐養土、バイオ液がいるとの事で結局初心者は初心者らしく

カブトムシ飼育セットを購入する事にしました。

かぶと虫の幼虫 飼育の手順

1、腐葉土を入れる

2、土を湿らす

2、穴を掘って幼虫を入れる

3、朽木を入れる

以上。後は観察しながらたまにフンを取り除く作業があります。

フンはそれなりの大きさがあるため、ふるいにかけて取り除く事ができます。

土ごと交換するのが一番手間もなく簡単な掃除方法のようですが

放って置くと居心地が悪くなって表に出てくるそうです。

幼虫なんて丸まってじっとしてるだけだと思っていたのですが

意外によく動くんですよね。

数時間して見ると大抵位置が変わっています。

朽木もしばらくするとカビが生えてくるので、やすりで削ったり洗ったりして取り除いています。

この幼虫時代にどれだけ手を掛けてあげられるかによって

成虫になってからの大きさが決まるそうです。

失敗するとカナブン程の大きさにしかならないのだとか。

温度管理も大切だそうで、昼間は外、夜は冷えるので中に入れています。

かぶとむしの絵本

*かぶとむし かぶとむしの一生【作・得田 之久】

ザ・かぶとむしとは  簡潔にかぶとむしの事が分かる絵本です。

拡大されて描かれていますので 脚やつのなど

生態をまじまじと見る事ができます。

*ぱくぱく【作・絵 もも】

かぶと虫の幼虫なんて絶対無理!でも子供のためになんとか克服した!

という方に。絵が可愛いので、もしかすると概念変わるかもしれません。

*カブクワれっしゃ【作・タツトミ カオ】

それでもどうしても虫は無理!というママも子供達も、この絵本なら虫達が色鉛筆のタッチでとっても可愛いく描かれていますので

全く抵抗なく読めると思います。

かぶと虫と言えど 小さくても命あるもの

飼育を通して命の大切さを しっかりと学んで欲しいな
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

幼稚園選びのポイント

Pocket

スポンサーリンク



*ようちえんにいくんだもん【作・角野 栄子】

これから幼稚園に入る、または幼稚園を探しはじめる頃におすすめの絵本です。

幼稚園はどんな所でどんな事をするのか

まだ何も知らない子供にイメージを持たせる目的としてもいいですし

「行きたくない~」 なんて言いだしそうだな と思ったら読んであげて

「ほらーとっても楽しそうなところだよ」

と促してあげるのにも良さそうです。

幼稚園の選び方

通う幼稚園もこの絵本のように気軽に決められればいいのですが

現実はそうもいきません。

ホームページを閲覧したり、資料を取り寄せて幼稚園の事を少し知る事もできますが

実際にそこの幼稚園に行ってみる事が何より分かりやすいため

幼稚園に入園する前年に、その幼稚園を体験できるシステム(いわゆるプレ保育ですね)を利用すると良いでしょう。

そこに参加する事で、幼稚園の雰囲気や先生達の様子を直に確認する事ができますので、幼稚園選びの基準にする事ができます。

うちは近くに私立の幼稚園、少し遠い場所に公立の幼稚園がありましたので本当に悩みました。

高いけど近くて綺麗な私立か

安いけど遠く古びた校舎の公立か

ずっと決め兼ねていたのですが、結局私立の幼稚園を選びました。

私立の幼稚園に決めた理由3点

・通園距離が近い

・先生達が子供の名前をよく覚えている

・プレ保育を楽しんでいた

通園距離が近い

結局これが何より大事だったと通い始めて実感しています。

近いと言っても「公立に比べれば」 というだけで、そこまで近距離にあるわけではないんです。

なので通いながら子供の方が

「疲れたー」「鞄もう持てないー」

と、グズグズする事が多々あります。

これがもし公立で倍以上通園時間をかけて通っていたらと想像するとぞっとします。。。

幼稚園バスが出ているところもありますが、あまりにバスに乗っている時間が長いと、到着するまでに疲れてしまったり、途中でトイレに行きたくなって困る場面もあるようです。

・先生達が子供の名前をよく覚えている

一度プレ保育に行っただけなのに次回来た時にはもう名前を覚えてくれていて驚きました。

私立ですから人数を確保するため、力の入れようが違うのは当然の事かもしれませんが

公立では子供が自己紹介をする機会さえ与えられず、一人ひとりを先生が見ているといった印象は薄かったです。

プレ保育を楽しんでいた

まぁこれはどちらもそれなりに楽しんでいる様子だったのですが。

私立は紙芝居を読んだり工作をしたりと部屋の中の遊びが多いのに対し

公立は外遊び中心といった印象でした。

うちの子の性格上私立の方が向いているのかなと感じました。

幼稚園選びを体験して思った事

幼稚園の3年間を重要ととるかどうか、で選び方も変わってくると思います。

正直私も幼稚園の頃の事なんて本当に断片的な事しか覚えていません。

幼稚園なんてどこに通ったって同じでしょ

なんて意見の人だってもちろんいます。

それでも・・・と私は思うのです。

私は自分が無理しない程度にできる限りの環境を与えたいなと思いました。

公立が粗悪で私立が優秀だと言いたいわけではありません。

ただ子供に合っていそうだなと感じたのがたまたま私立の園だったで、少々保育費が高く家計に負担はかかるけれど、それを押してでも通わせたいなと。

活発な子であれば公立の幼稚園の方が良さそうだなとも感じました。

私立は富裕層の家庭が多いのも事実。夏休みは海外旅行に行っただの外車に買い替えたただのと聞くと場違いな気がする事もあります。

でもそれを羨ましがったりする事も特になく、極端な話子供にとっては長移動時間をかけて飛行機に乗るよりも、近場の遊園地の方が喜ぶ事だってあります。

それから給食や送迎バスなど、親が楽になる幼稚園を選ぶというのも重要だと思います。

この時期にとってお母さんは絶対的存在です。少しでも負担を減らし笑顔で子供に向き合える

それがきっと一番いいことなんじゃないかなと思うからです。

幼稚園選びのポイント4つ(まとめ)

・通園距離(送迎バスの有無)

・先生の態度

・幼稚園の方針

・衛生面

ぜひこれらをチェックしてみてください。素敵な幼稚園に巡り会えますように・・・

幼稚園・保育園がテーマの絵本
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

Pocket

子どもと野山へお出掛けしたくなってくる絵本

Pocket

スポンサーリンク




*まぁちゃんのすてきなエプロン

IMG_20160414_233804-3

こどものとも(年中向き) 1997年4月 まあちゃんの すてきなエプロン

(同じ著者の人気作、「まぁちゃんのながいかみ」についての記事はこちら→女の子の髪型に関する絵本

もうこのお話のシチュエーション自体が、女の子心をくすぐる要素満載です。

・お母さんに縫ってもらったカラフルなポケット付きエプロン(しかもハンカチ入り)

・野原にお出かけ

・お友達と森の中でお料理

こざるやきつねにぶたと、可愛い動物達もたくさん出てきます。

ただこの動物達、まぁちゃんの気を逸らしてポケットの中に入っているハンカチと同じ色の果物を勝手にすり替えるのですが、まぁちゃんが天真爛漫な子だから良かったものの

お話を進めていくと出てくる双子の女の子達にこれをやったら憤慨されそう・・・

勝手なイメージですが。

そして明らかにハンカチと違い、ずしりと重みがありそうな果物と入れ替わっているのに全く気付かないまぁちゃん・・・

・・・・すみません。この絵本私の幼少期にはなく、大人になってから読んでいますのでどうしてもうがった見方をしてしまうんですよね。

そんな自分がちょっぴり悲しいです。

娘はそんな事気にも留めずに、読んだ後はピクニックごっこを楽しんでいました。

読めば大人もピクニックに出掛けたくなってくる絵本

*14ひきのぴくにっく【作・絵 いわむら かずお】

*ちきゅうのうえのピクニック【作・竹下 文子】

*ピクニックにいこう!【作・絵パット・ハッチンス 訳・たなか あきこ】

私は元々森や自然が好きな方なので、子どもがいない時から夫婦でハイキングに出かけたり、近くの山を散策したりしていたのですが

これが子どもと出掛けると、同じ場所でも全く違う景色に映るんですよね。横で子供が自分では気付かなかった小さな事に気付いたり疑問を感じだり、感動したりしているので。

もちろんその代わり、疲れただの帰りたいだの、トイレ行きたいだのペースは乱されまくるわけですが。

ちなみに肌寒い日ならモンベルのウィンドブレーカーがおすすめです。

軽い上に風を全く通しません!

そしてピクニックといえばお弁当ですよね。

暖くて色とりどりの花が咲き乱れている今こそ、ちょっと頑張ってお弁当作りに精を出してみませんか。

何ともない一日が、素敵な思い出に残る日に変わるかもしれませんよ。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket