ヨシタケさんの絵本 ぼくのニセモノをつくるには

Pocket

スポンサーリンク




最近息子(6歳)がはまっていて、毎晩開いている絵本です。

*ぼくのニセモノをつくるには

【作:ヨシタケ シンスケ】

あらすじ
ロボットを1体購入したけんた君。自分の身代わりにして、面倒な事はなんでもやってもらおうという算段です。ところがロボットは、「身代わりになるためにはけんた君の事を色々知らないと無理だ」というので、自分はどういう人間なのかという事を、詳しく説明しなればならなくなりました。
いくつか答えるもののなかなか納得してくれないロボットにつられ、どんどん掘り下げて自分という者を語るけんた君。

結局余計に面倒な事になってしまったわけですが、考えれば考えるほど自分でも気づかなかった色んな面が見えてきます。
最後のオチはクスっと笑えますよ。


誰もが一度は考えた事があるのではないでしょうか。「あ~自分の代わりがいたらな」って。ヨシタケさんの絵本はどれもそうなのですが、物事を色んな角度から見てみると言う事に着目されていています。
それも面白おかしく書かれているので、読んでいても全然疲れないどころか、色々考えさせられるのになんだか楽しい気持ちになってくるのです。

特にこの本で私が気に入っている場面は、「人間は一人一人形の違う木である」というシーン。たくさんの人の頭からいろんな種類の木が生えている場面です。
私はコンプレックスだらけでそんなに自分が好きではないのですが、そんな風になってしまった事自体を否定的だった母親のせいにしてみたり、環境のせいにして生きてきました。
ですが、そもそもそういう考えをしてしまっているのは私自身であって、考えようによっては自分をもっと好きになる事だってできるじゃないか、と読んでいると目から鱗でした。
自分はもっと偉大だと思ってもいいんじゃないか?とか、人にどう思われてるかって些細な事なんだな、と思ったり、本当にたくさんの気付きがあります。
芸術的な絵と文章で構成された絵本とは一味違い、「これって絵本と言えるの?」という意見もありますが、ヨシタケさんの絵本は大人もはまる人が多いのではないかと思います。
読み返す度に、新しい自分が見えてきます。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

読み聞かせの次の、語り聞かせ

Pocket

スポンサーリンク



我が家では毎日寝る前に、子供達が好きな絵本をそれぞれ1冊ずつ読み聞かせるのが習慣になっています。
特に無理やりというわけでもなく、「寝る前に1冊何か読んであげようか」と声を掛けていたら自然にそうなっていたのですが、たまには耳で色々創造力を働かせて欲しいな、と思いこちらを購入してみました。

*読み聞かせ イソップ50話

【文:よこた きよし】

タイトル通りイソップ童話が50話収録されています。まず第一話目が北風とたいよう。それから「うさぎとかめ」や「オオカミ少年」など誰もが知っている有名なお話から、初めて知るようなお話もたくさんありました。
どれも見開き2ページで完結しており、絵も描かれています。
お話の最後には『教訓』と題してそのお話の真意が書かれていますので、教育目的でも使える1冊です。
絵はカラーと白黒、交互になっているため半々の割合です。
この本を読み聞かせる場合絵は見せなくても良いかな?とも思ったのですが、隠すわけにもいかず、しばらく一緒に眺めながら読んでいました。
***
もともと2歳の次男にはまだ難しいだろうと6歳の長男、4歳の長女をターゲットにこの本を購入したのですが、読み始めて数日、5歳の息子が「今日その本は読まなくていい」と言い出す日が・・・。
どうやら一つ一つの話が短い事が気に入らない様子。
長女の方も、読んでくれるなら一応聞いておこうかな精神が垣間見られ、これはどうしたものかとしばらく本を開かない日が続いていたのですが、こうなったら当初の予定通り語り聞かせにしよう!と、内容をだいたい暗記し寝る前のお布団の中でお話してみる事にしました。あ、暗記と言っても暗記力はゼロですので大筋の内容を話すだけなんですけどね。
***
これが結構好評で、寝る直前によく「何かお話して」と言うようになり、寝つきの悪い時も語っているうちにいつのまにか寝ていたりと、私にとっても都合よくイソップ童話を使えるようになりました。


そして全て読み終えたため、次はこちらを購入↓

*とんち・わらい話50話


お馴染みの一休さんなど、読み手としては懐かしくなるお話が盛りだくさんです。
年少さんだとまだ少し難しいかもしれません。うちは「だじゃれ」などに興味を持ち出したのが年少の終わりくらいでしたが、自分で考えたり意味が分かって笑ったりしだしたのは年長さんになってからでした。こういうのは上に兄弟がいる子ほど早い気がしますね。

読み聞かせや語り聞かせで、持っている創造力や発想力を、ぐーんと伸ばしてもらいたいものです。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

仕掛け絵本

Pocket

ページに穴が空いていたり、開くと勢いよくページから何か飛び出してくる絵本は、子供達をわくわくさせてくれます。
絵本にあまり興味がない子には、仕掛け絵本から入ってみてもよいかもしれません。
スポンサーリンク



まずはクリスマスの定番、五味太郎さんの仕掛け絵本。

*まどからのおくりもの

内容
クリスマスの夜、サンタさんが順番にプレゼントを置いていくお話なのですが、お家の窓が仕掛け絵本になっていて、くり抜かれています。そこから見える一部分の様子は、次のページをめくると全然違っていて、ちょっとおかしなプレゼントを渡してしまっているような気がするんだけれど・・・?

何度も何度も繰り返して見た絵本。私にとってはクリスマスのイメージそのものがこの絵本と言っても過言ではありません。この季節、クリスマスプレゼントの絵本としてもピッタリな1冊。


次にご紹介するのは、私が幼少の頃見た仕掛け絵本で、先ほどの五味太郎さんの作品とは全く異なる意味で印象に残っている仕掛け絵本です。

*おばけやしき

【作・絵:ジャン・ピエンコフスキー訳:でんでんむし】

友達の家で読ませてもらったのがこの本との初めての出会いでした。ちょっとグロテスクなおばけも登場したり、おどろおどろしい様子の絵本。
今思うと母の趣味ではなかったのでしょう、ねだっても買ってもらえませんでした。私自身も「ちょっと怖いな・・・」とか「気持ち悪いな」と思いつつも、これぞ怖いもの見たさというやつなのでしょうね。
そんな訳で、友人の家にはその絵本を見せてもらうのも楽しみで、足を運んでいた気がします。


えっそんな終わり・・・!?ちょっと考えさせられるエンディング。

*きんぎょのひるね


【作・絵:奥野 涼子】
あらすじ
池の中でうとうと寝ていた金魚さん。この金魚の池の周りが楕円形にくり抜けていて、雨の量と共に大きくなっていきます。そこに雨の好きなかえるやらあひるやらが集まってきて、周りはだんだん賑やかに。自分も仲間に入りたいなと思いつつ、誘ってくれるのをひたすら待つのですが、誰も声を掛けてくれません。それに腹を立てた金魚さんは・・・?

魚好きの息子が、おそらく表紙が「金魚」というだけで選んだ仕掛け絵本なのですが、このお話の金魚さんみたいな子、うちにもいますいます。
「察してちゃん」ってやつなんですかね。遊んで欲しそうな素振りは見せるけど自分からは言えない・・・けどそれに気づいてもらえないと怒る、みたいなね。
ただこの絵本、最後のページの金魚の様子がせつなくて・・・。
ちょっと教訓めいた感じで終わっていて、私より旦那好みっぽい1冊。


*恐竜時代

【作・絵:ロバート・サブダ マシュー・ラインハート 訳:わく はじめ】

ページを開けると、大きな口を開けた大迫力のティラノが!恐竜が好きなら間違いない1冊。表紙もお洒落で、お部屋のインテリアにもなりそうなほど。ただ仕掛け部分はとても緻密なので、取扱いには充分注意が必要です。


仕掛け絵本って本格的なものほどお値段もするし、子供が幼いうちは確実に破かれるので躊躇してしまいますね。でも幼稚園や保育園の年中さんにもなれば丁寧に扱えるようになりますし、お気に入りが見つかればかなり長く愛読してくれます。
個人的にはあまりたくさん購入すると他の絵本が「仕掛けない絵本」になってしまって面白さが半減してしまうと嫌なので数冊しか持っていませんが、どれもギリギリ破かれないまま、重宝しています。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

エルマーの冒険

Pocket

息子が初めてこのお話に出会ったのは幼稚園の年長さんになった5歳頃。シリーズとしては全部で3冊あります。
その1冊目、「エルマーの冒険」を担任の先生が何日かに1度、1章ずつ読み聞かせてくれていたそうなのですが、続きが気になる息子のために、実家の本棚を漁って自宅に持ち帰り、毎晩読み聞かせをおこなったのでした。
スポンサーリンク




*エルマーのぼうけん

【作:ルース・スタイルス・ガネット 絵: ルース・クリスマン・ガネット 訳:わたなべしげお】

あらすじ
とある日エルマーは年寄りの猫に出会い、可哀想な竜の存在を知ります。そしてその竜をなんとか助けたいという想いから、猛獣達のたくさんいる危険な島へ冒険へ出掛けていきます。

*エルマーとりゅう

【作:ルース・スタイルス・ガネット 絵: ルース・クリスマン・ガネット 訳:わたなべしげお】

あらすじ
竜を助けたエルマーのその後のお話。無事竜を救い出したエルマーは、背中に乗せてもらって自宅へと向かいます。ところが突然の嵐に見舞われ、辿り着いたのはカナリヤ達が住んでいる鳥の島。そしてその国の主であるカナリヤの王様を始め、みんなが「しりたがり」という病気にかかってしまっていたのです。はてさて一体、何をそんなに知りたいのでしょうか・・・?

*エルマーと16ぴきのりゅう

【作:ルース・スタイルス・ガネット 絵: ルース・クリスマン・ガネット 訳:わたなべしげお】

あらすじ
竜と別れ家に戻ったエルマーでしたが、年寄り猫がまたもや、近くで竜を見かけたといいます。エルマーは気になって様子を見に行くと、やはりそこには困った竜の姿が。今度は家族が捕えられそうになっているというのです。しかも家族はその竜を除いても15匹もいると!さて、エルマーはどうやって大勢の竜を助けるのでしょうか・・・?


私がこの絵本と出会ったのは確か小学校3年生頃だったと思うのですが、読み聞かせてあげるなら5歳くらいがちょうどよいかと思います。
挿絵は少しだけ入っているものの、白黒です。カラーなのは表紙の裏表紙のみ。ですがそのおかげで子供は登場人物のエルマーや竜の姿はしっかりと頭に思い浮かべながら、冒険の中身は全て自分の想像力を働かせて聞く事ができるのです。
そもそも絵本の絵は、まだ語彙も想像力も満足でない子供が、物語を理解する手助けとして存在しているという事ですから、絵本から小説へと移行する間の発達段階には持ってこいと言える本ではないでしょうか。

この本の魅力

どの物語も、読み始めると止まりません。章ごとに区切られているので、私も幼稚園の先生のように1日1章ごとぐらいの間隔で読み進める予定だったのですが、毎回続きが気になってしまい「もうちょっとだけ読んで」「もうちょっと!」とか言われ、結局1日1冊ペースですぐに冒険が終わってしまいました・・・。
それでも家にあるので子供達は何度も読み返しますし、その度に新しい冒険が始まっているんだろうな、と思います。

エルマーのリュックのなか

そしてこのお話の大きな魅力の1つとも言える、エルマーのリュック。中にはいつもいろんなものが入ってます。
それらを駆使し、エルマーは冒険を成功させるのです。
中でも個人的に気になるのは棒付きの桃色キャンディー!物語を読んでいるととにかく美味しそうで舐めてみたくなるんですよね。

セットでも販売されてます。必ず続きが気になるので、まとめて購入しておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

テレビがもたらす赤ちゃん、子供への悪影響

Pocket

耳の痛い話です。いくら幼稚園のお便りで注意喚起されようと、小児科学会に提言されようと、簡単には排除できない子供のテレビ視聴。

スポンサーリンク




たまには頑張るんですよ。特にうちは外遊びも好きだし、家にいてもすごろくやボードゲームで遊んだりして少しはやり過ごせるのですが、やっぱりテレビを付けずに1日過ごせる日なんてのは皆無です。
1日出かけていても車の中ではばっちりDVD流れてますしね・・・。
***
一度家のブルーレイが壊れた事がありまして。録画が見れないため、必然的にテレビの視聴時間もぐっと減るわけです。すると子供達は隣の部屋にあるブロックを組み立てだしたり、図鑑を眺めたりして、それぞれ黙々と遊びだしたんですね。
あぁ、テレビってこういう時間を全て奪っているのかぁ・・・と痛感しました。そして、ブルーレイ買い替えるの高いし、ない方がみんな有意義に過ごせていいじゃないか!としばらくビデオのない生活を送ってみることに。
ビデオなしを決意して1週間。
気付けば電機屋にいました。(;´▽`“

やっぱりこちらのストレスが半端ないんですよね・・・。子供達で勝手に遊んでくれている間はいいけれど、やがてテレビを見れないために生じる退屈時間の矛先がこちらに・・・。
外行きたいだの一緒にブロック作ってだの、冬休みの真っただ中だったのですが、外は寒いから何時間もいられないし、家で6時間も7時間もひたすら子供の相手なんてしていられません。

結局イライラしてきて子供に当たりがきつくなってしまったり、家事が全く進まなくて焦ってくるしで、これなら多めにテレビ見せてる方がマシだなって思い直すハメに。

CMで泣きやむ赤ちゃん


ではまだ口も利けない赤ちゃんの時はどうなのかというと、既に4、5ケ月の頃でさえテレビを付ければ釘付けになりますから、こちらとしてはかなり楽になります。
よく眠り、ご機嫌な赤ちゃんならそんな必要もないかもしれないけど、うちは日中基本的に抱っこ、ベビーベッドにおいて機嫌よくしているなんて事は皆無でしたから、これでテレビまでないとなると発狂ものだったと思います。
***
赤ちゃんが泣きやむCMとして有名なタケモトピアノですが、我が子も赤ちゃんの頃CMになった途端泣きやむ事は多く、私は何度も助けられました。ただCMは音も大きく、場面もぱっ、ぱっと小気味よく変わるので刺激がかなり強そうだな・・・という事は見ているだけでも分かるため、少しの罪悪感を合わせ持ちながら、泣かれすぎてこっちがノイローゼになったり手が腱鞘炎になるのとどっちがマシか、というレベルで見せていました。

テレビは子供にどんな悪影響があるのか


・言葉が遅くなる
・受動的だからコミニュケーション能力が育たない
・夜泣きする
・考える力が養われない
・目が悪くなる

この辺が一般的に言われている事だと思いますが、少なくとも夜泣きに関してはどちらにしろしていたし、言葉に関しては遅くても最終的に話してくれるようになればそれでいいし、テレビで覚えた言葉もたくさんあります。他も本当にテレビだけのせいかというとはっきりしない事柄ですから、一番親が懸念するところは目が悪くなるというところですかね。

かなりテレビ推奨派みたいになってしまいましたが決してそんなつもりはなく、どうしてもやめなければと思う理由にはどれも乏しく感じてしまってなかなか実行に移せない、というのが今の現状です。
ワンオペ育児などと言われている今の世の中、テレビなしでやっているお母さんは相当頑張っていらっしゃるように感じます。

1日2時間まで*守れるか


メディアに触れるのは1日2時間までと、小児科学会は提言しています。全く見せないよりはだいぶハードルが下がりますが、2時間ってあっという間です。朝や夕方にEテレ付けたら一時間なんてあっという間に過ぎます。
ディズニー映画なんて見せてしまえばもうそれで2時間終わりですしね。

まぁこういうのは少しでも意識する事が大事かな、とテレビのルールはきちんと決める事にしました。

・録画は一度見たら消す
・2番組続けて見ない
・朝はテレビを付けない
・やるべきことを終えてからテレビを付ける

ちょっとは改善する事ができましたが、またうちは子供達が3人ですから、見たい番組も三者三様で、かといって自分が興味のない番組でも付いてると結局見ますからね・・・。


逆に『テレビを見せない弊害』という話も聞きますよね。たとえば世間の話題についていけなかったり、一般的な感覚とずれてしまったり・・・。
私自身は3歳まで一切テレビを付けないで育てられたようで、小学生になってもクレヨンしんちゃんは下品だからダメ、バラエティ番組やドラマも親が厳選した番組のみと、かなり制限されていました。
一方夫も、チャンネル権は完全に父親が持っていたそうでほとんど自分が見たいテレビは見れなかったそうです。
で、お互いどうなったかというと、夫はその反動でかなりのテレビっ子。いつも子供より真剣に仮面ライダー、プリキュアを見てます。
私もかというとそうでもなく、テレビは自分にとってはあってもなくどちらでも良い程度の存在です。

結局人による。という落ちでした、すみません。

今回参考にした本はこちら


*ドキッ!?テレビに子育てをまかせていませんか?

一般の子育て世帯の人達が、一週間テレビを付けない生活を送ってみるとどうなったか。成功体験、失敗体験と載っていましたが、どこの家庭も苦労しているのが分かってちょっと安心しました。絶対見せないぞ!と思うと疲れてしまうので、こんな風にゲーム感覚でチャレンジしてみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


Pocket

親の過干渉は子供の自立を妨げる?

Pocket

スポンサーリンク



自立とは何か


人によって若干定義は変わるかもしれませんが、一般的に自立といえば、『一人で何でもできるようになる事』ではないでしょうか。
それ相応の歳になったら家を出てもらうと、一番手っ取り早く自立させられるかもしれません。が、このご時世ですからよほどしっかりした子でないと心配です。

ではその『しっかりした子』にするにはどうすればいいのか。

まぁこれは生まれ持った性質上の話でもありますから、私なんかはどう転んでもしっかり者にはならなかったかもしれませんが、振り返ってみると、しっかり者だなと感じる子の中には片親であったり、両親の仕事が忙しくって自分でなんとかするしかないような状況で育った子も多かったように思います。
逆にそうでもなければ、自立心が育つきっかけを親があえて作らなければ、なかなか難しいものと言えるかもしれません。
***
うちは母が専業主婦でしたから家の事は何でもやってくれましたし、私もそれが当たり前だと思っていました。
なんなら毎日学校に通っている私より楽なんじゃないか?とさえ思う事も・・・。
悲しいかな専業主婦の苦労はなってみないと分からないし、今そうなってからも毎日学校に通ったり通勤するよりは楽だと感じてしまっています。(かなり手を抜いているからでしょうけど)
なんせ煩わしい人間関係はないし、子供に邪魔はされつつも自分のペースで家事ができる!
人によっては「ずっと家にいるなんて耐えられない!」「働いてる方が充実してていい」と感じる人もいるようですが、私はいれるものならずっと家にいたい!

でもこの状態が完全に旦那に依存してて自立できてない気がするんですよね・・・。例えば夫が「外には出ず家の事をして欲しい」と望んでいるのであれば、それでいいと思うんですよ。
でもうちはそうじゃないんです。おそらく私が働けばそれなりに家事は分担してくれると思うし、どちらかというと働きに出る事を望んでいると思うんです。が。なんせまだ幼い3人がいるので、金銭的に許される限りはそこに時間をかけたいという想いも強く・・・。

ただこれからは女性も働く時代だし、男の子は特に自立していなければ話になりません。不平等かもしれませんが、現実問題、「専業主婦」はまだ違和感なくても「専業主夫」って聞くとやっぱり、なんだそれ?ってのが今の世間な気がします。

過干渉は子供をだめにする?


あれしなさい、これしなさい
それはだめ、あれもだめ

だめだと分かっていても毎日毎日リビングの中心から怒りを叫んでしまうんですよ。
しばらく子供がやる事を黙って見ておくって事が大事なのは分かってるんですが、子を思えばこそ出てしまう言葉でもあったり・・・
個人的に放置よりはマシなんじゃないかと思うんですけどね。それでもあれこれ口を出すと、子供も自分の意思がはっきり分からなくなってしまったり、考えて行動するという事が苦手になっていくとは思うので、できるだけ命令口調をやめて、促すような言葉掛けで対応していきたいものです。

お手伝いをさせてあげる


浅い育児経験からですが、自立心に一番直結するのはやはりお手伝いをあえてやらせてあげる事なのかな、と思います。
先回りしたりこちらがやってあげるのって、子供のためのようで実はやらせると時間がかかって面倒だからという大人の都合なんですよね。
洗濯物を片付けてもらってもたたみ方がぐちゃぐちゃで結局やり直し・・・という事もしょっちゅうあり余計時間がかかりますから、よっぽど余裕がないと難しいかもしれません。
それでも先々の事を考えると、「してもらう」というより「やらせてあげる」、という感覚でお手伝いさせていくとよいかもしれませんね。

さて、自立に向けてこんな絵本はどうでしょう?

*ペレのあたらしいふく

【作・エルサ・ベスコフ 絵・小野寺ゆりこ】

あらすじ
主人公のペレは子羊を飼っていて、その子羊の毛で洋服を作りたいと思います。でも自分で作れるわけでもなし材料も必要です。ペレはまずおばあちゃんのところへいって、羊の毛をすいてもらうよう頼みます。
おばあさんはお手伝いを代わりにするなら、と引き受けてくれました。
次はペンキやさん。ここではお使いを頼まれ、そのついでに余ったお金で洋服を作る道具を買っていい事になりました。

ペレはこうして服を使ってもらうために仕事をしました。そしてついにとっても素敵な服を手に入れるのです。
何かをしてもらうためには何かその人の役に立つ事をしなければならない
世の中の仕組みをしっかりと理解して、自立心を高く持ち仕事に取り組めるような人になってほしいですね。

*時計つくりのジョニー

【作:エドワード・アーディゾーニ 訳:あべ きみこ】

こちらは自立心というより、自尊心がテーマのお話とも言えるかもしれません。
モノづくりが趣味のジョニーが、部屋に大きな柱時計を作ろうと奮闘するお話です。途中でクラスのみんなにいじめられたり、両親にも理解してもらえず挫けそうになるジョニーですが、時計は果たして完成するでしょうか・・・?
***

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

3歳になる息子が驚くほどはまった絵本

Pocket

スポンサーリンク




上の子達と量は違えど、次男にもしっかり読み聞かせはおこなってきたはずなんです。
それでも興味のある絵本は大抵恐竜か車関連の、物語というよりは図鑑要素の強い絵本でした。
ちょっぴり残念には思いながらも、まぁこの子はそんなに絵本に興味がない子なんだろう、それも個性のうち、などと勝手な思い込みをしていました。
***
そんなある日、絵本の出版会社であるこぐま社の編集者、佐藤英和さんが書かれた著書『絵本に魅せられて』を読んだのですが、その中で大人ではなく子供に選ばれた本として、西巻茅子(にしまき かやこ)さんの「ボタンのくに」が紹介されていました。
私にとって西巻さんの絵本といえば「わたしのワンピース」が幼い頃からお気に入りで、内容も全て覚えているほどなのですが、「ボタンのくに」は知りませんでした。
表紙はその本で紹介されていたように、淡い色使いで絵も抽象的というか、子供の落書きのような感じなので、たぶん読み聞かせても最後まで聞いてないだろうな・・・と予想しつつも、とりあえず図書館で借りて次男に読み聞かせてみました。

するとどうでしょう!ページを開いた瞬間から、絵本に目が釘付けなのです!

*ボタンのくに

【作・絵にしまき かやこ】


あらすじ
あこちゃんといつも一緒のぬいぐるみ、うさぎのぴょん。の、目の部分である赤いボタンが、この絵本の主人公。
赤いボタンは丸いので、どこまでも転がっていってしまいます。気づいたそこは、ボタンの国。
そこにはいろんなボタンが住んでいて、他にもミシン糸が出てきたり針山が出てきたり、サイコロなんかも描かれています。
仲間たちと楽しく遊ぶ赤いボタンでしたが、怖そうな黒いボタンのおじさんにぶつかってしまって・・・?

案外文章も多く、少し長めの絵本なのですが、次男は最後まで夢中で聞いていました。
絵に大変興味を示していて、赤いボタンの行方や、いろんなボタンが出てくるのも面白かったようです。

私自身も一度読んでみると、確かに子供を惹きつけるかも、と思えるシーンがたくさん出てきました。

・出だしに大きなうさぎの目の赤いボタン
・見開き2ページを使ってボタンがころころと転がるシーン
・汽車
・針山のすべり台
・幼児が書いた落書きのような絵のタッチ

全て計算されて書かれているわけではない気もしますが、次男はかなり気に入って、読み終わった瞬間に出ました!
「もう一回度読んで」
以降、目につく度に読んで欲しがります。まさかここまで気に入るとは本当にびっくり。

今年の次男のクリスマスプレゼントはこれに決定です。

いろんな絵本の製作秘話が載っているこちらも、絵本好きとしてはかなり楽しく読めました。

*絵本に魅せられて【作・佐藤 英和】

*うさぎのワンピース【作・絵 にしまき かやこ】

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブロトピ:子育て情報発信♪はここから!

Pocket

おすすめの絵本が毎月、半強制的に読めるサービス*

Pocket

契約しておけば毎月自動的に絵本を自宅に届けてくれる、それが絵本の定期購読サービスです。

スポンサーリンク



私のおすすめは福音館書店。料金も1ヶ月420円と非常にリーズナブルです。

このように、表紙、裏表紙は一般的な絵本の厚紙ではなく、薄い紙でできています。そのため重厚感はありませんが、軽いし本棚の場所も取りません。
・・・と、紹介しておきながら実は一度退会しているんですけどね(;´▽`“
なぜなら月を重ねる毎にだんだん「月によって当たり外れがあるな・・・」と感じてしまっていたからです。
でも実は、これこそが定期購読の醍醐味なんですよね。

本来出会うはずのなかった絵本に出会える


特に何の情報も持っていない状態で絵本を選ぶ時って、自分でパラパラめくってみて「良さそうだな」と思って手にするか、子供が「これ読んで!」と持ってくるかに限られますよね。そうなると自然に似たような絵本ばかりを読むことになりますから、親子共に興味がなければ開く事さえない絵本もたくさんでてきます。

ですが定期購読をしていれば、第一印象は「つまらなさそう」と思ったとしても、せっかく届いたのですからとりあえず読み聞かせますよね。
すると意外にも子供の食いつきがよかったり、すぐ手にできる場所にあるからこそ何度も読んでみるという事ができますから、そのうちに味がでて手放せない1冊となる、なんていう場合も出てくるのです。


もちろん何度読んでみても、あまり興味を示さない本もあるかもしれませんし、最後まで聞いてくれないままかもしれません。
でもそれも悪くないんじゃないかな、と思い直し始めました。
絵本って子供の視野、世界を拡めるためのツールでもあると同時に、自分はこういうお話、こういう絵が好きだけどこっちは嫌い、苦手だと感じる・・・、などと絵本を通して自分を知る事もできるものなんですよね。


他にも
・クレヨンハウス
・童話館
・絵本ナビ

などがあり、大抵年齢別にコースが分けられています。
フレーベル館からも定期購読のサービスがありますが、こちらは道徳的であったり教育的な要素が強いものばかりです。使われている色もカラフルで、存分に子供の興味を惹きますが、芸術的で素朴な絵と純粋な物語を楽しむ絵本、という観点からは少しずれる気がします。

定期購読のメリット


・絵本の読み聞かせが習慣付けられる
・絵本選びに悩まない
・プロが選定した絵本が読める
・新刊が読める
・毎月何が届くか楽しみになる

絵本の読み聞かせって子供のために義務的にするのではなく楽しんでするものだと思うのですが、案外私の周りには面倒だと思っているお母さんが多い印象を受けます。
そしてそんなお母さん達は、わざわざ本屋さんで絵本を探したり図書館に足げく通ったりはしません。
ですからそんなママ達にこそ、定期購読が子供と絵本を繋げるチャンスである という事を声を大にして言いたいのですが、上からな感じになったら嫌なのであまり言えてません・・・。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

黒川みつひろさんの恐竜の絵本

Pocket

スポンサーリンク




毎日読み聞かせはおこなっているものの、絵本に対して長男長女並の集中力にいまいち及ばない次男(2歳)。
絵本を読み始めてもいつのまにか部屋の隅で違う遊びを始めたり、絵本読んであげようか?と問いかけても「絵本いらせん(いらへん)から!」ときっぱり断られる事も・・・。

そんな次男も恐竜と虫の本だけは間違いないです。男の子ってなんでこんなに恐竜が好きなんでしょうね。やっぱり強くてかっこいいから?
長男も恐竜好きのため、絵本やおもちゃは充実しているのですが、最近立て続けに読んでいたのが作家、黒川みつひろさんの絵本。

今日読み聞かせたのはこちら↓

*恐竜の谷

【作・絵:黒川 みつひろ】


ヒプシロフォドンという草食恐竜一家のお話。産卵期から巣立ちの時までの生い立ちが描かれています。
「ひぷしろふぉどん」って言いにくいし覚えにくいから(?)絵本の中では鮮やかな緑色をした見た目から、「リトルグリーン」という名前で書かれています。
描かれているリトルグリーンのお母さんはどのページも本当に優しそうで魅力的です。
黒川さんの絵本って、ただ恐竜の時代の事を詳しく描写されているだけではなく、まるで恐竜に感情があるかのような、ドラマのようなものを感じるので、たいして恐竜に興味のない読んでいる側も惹き込まれるんですよね。
肉食恐竜派の子供達も、リトルグリーン達が生き延びられるのか、ハラハラドキドキしながら聞いている様子でした。

***
お話の最後には見開きページが用意されていて、化石を発掘する様子が描かれています。発掘手順や道具の名前など番号順にかなり詳しく記載されていて、子供達の化石発掘したい心を再燃させてくれてました。ハハ・・・
更に絵本1ページ1ページに対しての説明書きが最後にあり、読み聞かせていると泉のように湧き出てくる子供の「なんで?」「どうして?」を解決してくれます。

ちなみに今幼稚園で申し込みしている絵本はこちらです。
*恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス
【作・絵 黒川 みつひろ】


黒川さんの恐竜の絵は皮膚まで細かく忠実に描かれていて、どちらかというと本物に近い描写ですから迫力があって、それがまた子供達を魅了します。
昔息子に「カブトムシを描いて」と言われてニコニコ顔のカブト虫をノートに描いてみた事があるのですが、足の数が少ないだの、そんな種類はいないだの、散々言われました。
子供達、特に男の子は可愛さよりリアルさ、忠実さを求めるのかもしれませんね。

ちなみに我が家では絵本に出てきた恐竜をいつも図鑑で確認します。より詳しく知ったところでもう一度絵本を読むと、更に愛着が湧くのです。

だいたい載ってる安定のMOVE。

*講談社の動く図鑑move 恐竜

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

偏食、好き嫌いの多い子に*たべてあげる

Pocket

スポンサーリンク



*たべてあげる

【作:ふくべ あきひろ 絵:おおの こうへい】

*あらすじ

好き嫌いの多いりょうた君。ある日嫌いなピーマンが食卓にあがり、食べたくないと駄々をこねていると、その隣になぜか、コップの後ろに隠れられるぐらいの、小さなりょうたくんが出没します。
そして嫌いなピーマンを食べてくれるというのです。
りょうた君は喜んで自分の分のピーマンをプレゼント。そして次の日もミニりょうた君は食卓に現れ、嫌いな食材を食べてくれます。
それに味を占めていた本物のりょうた君でしたが、今度はだんだんりょうたくんの好きなものまで食べるようになってしまって、ぐんぐん大きくなっていくミニりょうた君。あれ?だんだんどっちがどっちなの・・・?
ちょっとゾッとするお話です。


まず、このりょうたくんの大きな黒い目。まんずこういう黒目の部分が大きく丸く描かれている顏って不気味で私は苦手なのですが・・・。最初の方のページでは、まだミニりょうた君の黒目の中に白く光る部分あるため、生き生きとして可愛らしくも見えます。ですが急にその白い部分がなくなり、生気が感じられなくなるのです。
内容もかなり怖いので、我が家の怖がりさん達に読み聞かせるかどうかかなり悩みました。

ですが大人と子供の感覚はやはり違うようで、まるで自分の事を棚上げし、泣きじゃくるりょうた君を見てあざ笑う長男(5歳)。この年齢ともなるとミニりょうた君が現実には存在するわけないと考えるようです。そういう点では長男はこの絵本にあまり惹き込まれなかったのかな、という気もします。ただもうすぐ3歳になる次男は、衝撃シーンにちょっとびっくり。への字眉になって「こわい・・・」とポツリ。

感想


脅してご飯を食べさせるような内容ですから、個人的にはこれを読み聞かせた直後、次男が今までより夕飯を食べているのを眺めていても、さほど嬉しくは感じなかったです。ですが現実問題、時間がいくら過ぎようとも空っぽにならない子供達の食器を目の前にしているとイライラが爆発しそうな時がありますから、そんな時は大きな声で怒鳴り散らすような脅しよりは、この絵本の台詞を頭に入れておいて静かに語りかける・・・そんな脅しの方がマシだし効果あるかな、とは思いました。

食育。響きは良いけれど・・・


「自然の恵みや、食べ物が食べられるという環境に感謝して、与えられた食べ物を美味しく頂く」それこそが食育であり、子供達に教えるべき事だなんて百も承知ですが、綺麗ごとですからね。
もともと好き嫌いなく食べられる子はそれでいいけれど、そんな生優しい事言ったって食べてくれるのはせいぜい2、3度です。嫌いな物は嫌いなのですから。
庭でトマトを育てようが、椎茸を栽培しようが嬉しそうに収穫するだけして、食べてはくれませんでした。

なので出されたものは嫌いな味でもきちんと食べる。そういった躾やマナーの面でしっかり教育しておきたいという考えの人で、子供の偏食にどうしようもなく悩んでいる人にとっては、かなりお奨めの1冊です。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket