イヤイヤ期の接し方

Pocket

スポンサーリンク




早い子だと話し始める1歳半ごろから、イヤイヤ期は始まります。

「ご飯たべよう?」 「いや!」

「お靴はいてね」 「いや!」

「もう寝る時間だよ」 「いや!」

もうこっちが嫌になってきますよね。

長男 イヤイヤ期なし

長男はイヤイヤ期と呼べる程の大それた時期はなく、

「いや」 と拒否してきても 声もなんだか小さいし勢いもなく

「じゃあ○○する?」 など代替え案を出せばすぐにこくっと頷くような子でしたので、スーパーのお菓子売り場などでひっくり返っている余所の子を見かけても

(わー大変そう・・・)と完全に他人事だったのですが、次男が見事そんな子に。

次男1歳のイヤイヤ期

気に入らなければいつまでも泣きわめく

物を投げる

床に倒れ込む

とにかく「イヤ」の自己主張が激しいのです。

末っ子で可愛いあまりに言う事を聞いてしまう事もありますが、基本的には私も引かないので長引く事も。

共感すれば納得してくれる という話を聞き

「そっかー嫌だったんだね」

「悲しくて泣いちゃうよね」 なんて言ってあげるとそれなりに落ち着く事もあるのですが、だめな時はてんで効果なし。

ひどい時はあきらめる事にし、開き直って床に寝そべっている様子を携帯のカメラに収めたりしながら

今後大きくなった時に見せたら(多分見せないけど)何ていうかな?

なんて想像しながら落ち着くのをのんびり待っていると、ちょっと将来が楽しみにさえなってきます。

でもこれは多分3人目の余裕もあると思います。

娘 2歳のイヤイヤ期 :クイズか2択で「イヤ」と言わせない

娘は2歳の頃とにかく覚えたての言葉、 『「イヤ」を言いたい』 という感じだったので、選択制にしたりクイズ制にすることで乗り切りました。

例えば 「歯磨きしようね」 と声をかけると 「いや!」と返ってきてしまいますから

「さぁ、お風呂も入ったし次は何をするでしょう?」と聞いてみたり

靴を2つ用意して 「今日はどっち履きたい?」 とか、

「お靴履かないとお出かけできないからな~。じゃあお家で遊ぶ?それともお靴履いてお外か、どっちがいい?」(あくまで冷静に) とか。

明日のいやいやポイントを想像しておく

困るのはこっちが用事のある時ですよね。そんな流暢に決めてもらってる暇ない!って日もありますからね。

ですから激しい時期はもう 『イヤイヤ時間』 をスケジュールに組み込んで行動していました。

例えば明日電車に乗ってどこかへ行く予定がある場合

・朝ごはん食べる時のイヤイヤ

・服を着替える時のイヤイヤ

・玄関先でのイヤイヤ

・駅でのイヤイヤ

書いてるだけゾッとしてきて、出掛けるのやめたくなってくるかもしれませんが

それらを踏まえて早めに動けば、待ち合わせに遅れたり、常に時間に追われるといった事も少なくなります。

わざわざリスクのありそうな予定は入れない

私は一目が気になるので、人の多いところはなるべく避けてました。

家の中だと喚いていてもしばらく放っておいたり、時間をかけて子供に諭したりといった事もできますが、余所の人がいると

(周りに迷惑かも)

(躾がなってないと思われたくない)

など色々考えていると、いつもより余計に怒ってしまうような日もあるので。

*イヤイヤ期の絵本

いやっ! 【作・トレーシー・コーデュロイ 絵・ティム・ワーンズ】

可愛いカバの男の子は「いやっ!」を覚えていつでもどこでも使いたい放題。でも最後にはもっといい言葉を覚えます。

イヤイヤ期に悩んでいる時に読んで私がホッとする絵本でした。

いやだいやだ【作・せな けいこ】

イヤイヤ言ってたら相手にもイヤイヤされてみんなから相手されなくなっちゃうよ と諭されるイヤイヤ期の子に向けたシンプルな絵本。

小さい頃読んでんもらった時は

(なんてだめな子、私はイヤイヤ言わないし)

とどこか上から目線で聞いていた気が・・・。

最後に

高校生のイヤイヤ期に比べたら可愛いもんだわ と母に言われ、それもそうかと頷く時もあるけれど、そんな先の未来想像できないし、愚図り倒す子を前に途方に暮れる事もありますよね。

なだめて

叱って

あきらめて

なんとか今日も一日やり過ごしましょ!
スポンサーリンク




 

Pocket

夏休みに大活躍!ビニールプールを購入 

Pocket

スポンサーリンク




今までマンションだったので暑い日はお風呂に水を張って子供達を遊ばせていたのですが

ついに自宅用のビニールプールを購入しました。

選んだのはこれです↓↓

恐竜がテーマになっているようで、青い方は口を開けたところに穴が一つ開いていて、ボールを入れられるようになっています(ボールも付属品として付いてます)

これに1歳の息子は大喜び。

オレンジの恐竜の方はすべり台になってます。

注水している間、ヤシの木の葉っぱの部分からはシャワーが、水色のすだれになっている部分からは水がしたたり落ちるしくみになっています。色々なしかけがあるので、ただのビニールプールより楽しんめた様子。

今回は3人で入りましたが、まだ広さは少し余裕のある感じでした。4人ぐらいまでいけそうです。

ウィークポイントは空気を入れる箇所が多すぎる事。すべり台の部分だけでも4か所ありました。

手にしても足にしても手動はしんどいのでこちらを購入↓

電動式の空気入れです。ホームセンターで1200円ぐらいでした。

あとこれに単1電池が4つ必要になります。

そしてこれを使ったからといってめちゃめちゃ早く空気が入るわけではないし、空気を入れる弁の位置によっては手でポンプを持っておかないといけないので、放っておいたら勝手に膨らんでいる、というわけにはいきませんでした。

でもないとかなりしんどかったと思います。

さて、注水する水ですが、真水は冷たいですから予め水を張っておいて、少し太陽の力で暖めてから入らせた方が風邪もひきにくいようです。

電動式の空気ポンプなんて買いたくないし、空気入れるのめんどくさい!という方にはこちらがおすすめ↓↓

空気を入れないので手軽に遊べます。一番大きいサイズのものを選べばお友達もたくさん呼べますし、子供にとっては仲の良いお友達+そこに水が張ってある それだけで十分盛り上がりますからね。

このプールのデメリットはもたれかかったりができない事です。

お友達の家ではこのタイプのものを購入している家が一番多いです。

 

水遊びがしたくなる絵本はこちら

*とてもとてもあついひ【作・こいで たん 絵・こいで やすこ】

三匹のねずみさんのシリーズ。

仲良くハンモックで昼寝をしていると、いつのまにか3匹の大事なブランコがなくなっていました。

他にもじょうろを失くしたうさぎさんや、桶がなくなってしまったたぬきさんが。

みんなで犯人をさがしにいきますが、どうやらその犯人達はそれらを使って遊びたかったようで・・・?
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

魚好きな子に読み聞かせたい おすすめ絵本

Pocket

スポンサーリンク



スイミーに引き続き、魚絵本についての記事です。

いつのまにか魚好きになっていた長男。
きっかけは大阪にある水族館、海遊館でした。少し異様に感じるほどの食いつきであった事は、よく覚えています。
それからというもの買ってあげた魚の図鑑を朝から嬉しそうに眺める日々。

見るだけでなく、食べるのも好きで、さんまなどは頭からかぶりついてます。
今日はそんな彼がはまった、魚が主役の絵本達をご紹介します!


*まさか おさかな【作:フェイロビンソン】

あらすじ

魚が大好きな女の子、エリザベス。家で魚を飼いたいと両親にお願いしても、まともに取り合ってくれません。
だけどある日突然、洗面所の蛇口をひねると中から魚が飛び出してきたのです!
それから次々といろんな種類の魚が出てきて、家中魚だらけになってしまいました。それもまだ両親は話を聞いてくれません。
ついにはくじらの赤ちゃんが登場し、床が抜け落ちてしまって・・・?

なんとも大胆で思い切りのいい話なのですが、こういうお話ってだいたい自分達には見えるけど大人には見えない というのがセオリーだったりしますよね。
ところがこのお話は、クジラが落ちてきたところで両親はエリザベスの言ってきた事が全て本当だったと思い知らされるのです。
子供にとっては気持ちの良いお話かもしれませんね。

そして惹かれるのがタイトルです。

〝まさか おさかな”

気になって英語版を調べてみると

「A Fish Wish」 でした。なるほど。


*おにいちゃんのサメ

【作:いしだえつ子 絵:吉岡さやか】
息子を含め男の子から大人気の魚、サメ。シマシマ模様が特徴の小さなネコザメから、白いドット模様と優しい性格のジンベエザメ。獰猛なホオジロザメまでかなりの種類がいますね。

おにいちゃんの近くにはいつもサメがうろついていて、ぐるぐるとまわっています。その様子を見ている妹を視点として描かれたお話です。
別にそのサメが何をしてくるというわけではありません。
とにかくサメがお兄ちゃんの事が大好きでべったりしていて、それを妹が羨ましくみている そんなお話です。

*マリーナ【作・ルドウィッヒ・ベーメルマンス】

バカンスに遊びに来た子供のアシカ、マリーナが海にいたサメに丸呑みにされてしまうお話。果たしてマリーナは助かるのでしょうか・・・?


*うなぎのうーちゃんだいぼうけん【作・くろき まり】

うつぼ、うなぎ、チンアナゴ とニョロニョロと長い身体をした生き物も好きな息子。
この絵本をみつけた時は大興奮でした。うなぎの一生を絵本で分かりやすく学ぶことができます。

魚が好きな子はもちろんですが、嫌いな子にとっても絵本の読み聞かせによって 「少し食べてみようかな」と 思うきっかけになる事もありますから、ぜひ読んであげてみて下さいね。

スポンサーリンク



Pocket

国語の教科書に載っている有名な黒い魚 スイミー

Pocket

スポンサーリンク




*スイミー 【作・絵 レオ・レオニ】

「スイミー」 って聞くと あ~懐かしい って思う人も多いのではないでしょうか。

そうです、2年生の時に国語で習った黒くて小さな魚のお話です。

あらすじ

赤くて綺麗な魚達の中で一匹だけ黒色の魚、スイミーくん。ある日赤い色の仲間達はみんなマグロに食べられてしまい、自分だけが生き残ります。

深い悲しみの中で生き続けていたスイミーですが、やがてまた同じ魚の仲間達に出会います。

今度こそ仲間達を大きな魚に食べられまいと考えた彼は、黒い自分が目の役割を担い、仲間達と力を合わせて大きな魚のように見せかけ、自分達の何倍もある魚を追い払う事に成功するのです。

「ぼくが目になろう」

スイミーの有名なセリフですが、当時の国語の(小学校なので担任の)先生は、それをこんな風に解釈されていました。

「スイミーくん、すっごく勇気があると思いませんか?目って見えなくなると身動きが取れなくなるから、相手から一番攻撃されるところなんですよ。そこに自ら志願するなんて。」

・・・・・・・・・・・・ん?

実はこの解釈未だに疑問を抱いています。

スイミーはそんな事まで考えて目になるって言ったのでしょうか?

単に自分が黒いからってだけでは・・・?

そもそも魚って目を攻撃してくるの・・・?

国語って正解はないし読み手が好きに解釈すればいいようなところのある教科ですが、これには全然納得いってません。

自分のコンプレックスだと思っていた部分は見方によっては武器に変える事もできるし、仲間達と協力する事で無謀な相手にも敵う事ができるというチームワークの大切さ そんなメッセージを私はこの絵本から読みとっています。

お気に入りのお話だけに、先生が未だにそんな解釈を子供達にしているのだとしたらちょっと残念です。(今でも教師であるのかどうかすら知りませんが)

さてこの絵本で個人的に特に気に入っているのは、海の生き物達に対しての独特な表現方法です。

にじ色のゼリーのようなくらげ

水中ブルドーザーみたいないせえび。

ドロップみたいな岩から生えている、こんぶやわかめの林

風にゆれるもも色のやしの木みたいないそぎんちゃく。

思わず潜りたくなるほど、透き通った海の中の景色がどんなに素晴らしいかを教えてくれていて、想像力を掻きたてられます。

絵も涼し気で、夏の暑い季節にピッタリなお話ですね。

スイミーグッズ

グッズも人気です。

こんな可愛いボタン付きの着替え用タオルを発見しました。

女の子用のワンピースも。もうちょっと娘の慎重が伸びたら買おうかな。

他にもミニタオルや化粧ポーチまで。どれも可愛くって財布の紐が緩みっぱなしです。


スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

夏におすすめの仕掛け絵本

Pocket

スポンサーリンク



夏ですから読み聞かせる絵本もどーんと派手に賑やかに!

という事で夏のおすすめは渡辺有一さんの仕掛け絵本

*ねこのはなびや

まもなく日が沈もうとする夕暮れ時。オレンジ色の空がだんたんと黒く染まり、見物客はいまかいまかとソワソワし始める。

一筋の光が天までぴゅーっと勢いよく伸びていったかと思うと

どーーーん

胸に響くような大きな音がして、パッと夏の夜空に大輪の花。

そんな気持ちいいくらいの花火が次々と打ち上がる様子が見事に描かれているこの絵本。

私は子連れで花火って人混みが大変なのであまり行けてないのですが、この絵本があればまるでそこにいるかのうな、夏祭り気分を味わう事ができます。

逆にどうしても本物を見に行きたくなってしまうかもしれませんけどね。

ねこのひけしや

ひけしやというのは今でいう消防隊のような仕事。

こちらも江戸を舞台に熱い仕事人魂が伝わってくる1冊。

実際に江戸時代のひけしや達が行ってきた活動が絵と共に説明されているページも。

仕掛けになっているシーンはこの絵本の主人公「ぶちまる」が『まといもち』(火事場にかけたはしごに登ってうちわをあおぐ)となるシーン。

完全に開ききるとかなり迫力あります。

ダイナミックでこちらも夏に相応しい一冊。

後1冊、上記の2冊と同じように青と黒をバックにした薄暗い表紙に同サイズの絵本 『ねこのでんきや』 があるのですが、こちらは冬が舞台なので今回は省きます。丸い穴の開いてているページがあってこちらも面白いです。

その他にも渡辺さんの絵本は 『ねこ』 と『仕掛け』がキーポイントのものが多く

人気のねこざかなシリーズ

 

では、魚が好きなねことねこが好きな魚が好き合ってコラボしちゃった!?結果 まるでねこが魚の着ぐるみを着ているような状態の『ねこざかな』。 ある時は猫が、ある時は魚が活躍し、ハプニングを乗り越えたりするお話。

どれも魚がいるだけに夏らしい絵本となっています。

赤ちゃんや1,2歳ぐらいの子も喜びますが、興奮してすぐ仕掛け部分をダメにしてしまう可能性が高いので要注意です。

「だめだめ」 と取り上げても泣きだしてしまいますし、できればそういう時期の終わった3歳頃からがおすすめです。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

夏に読み聞かせたくなる絵本

Pocket

スポンサーリンク




青い海。白い雲。

一面白い波にきらきらした砂浜を横目で眺めながら

母の漕ぐ自転車の後ろで 夏の風を浴びながら過ぎていく毎日。

海で泳いだ後、帰って髪を乾かしながら読んでもらうう絵本が楽しみでした。

そんな昔の記憶が蘇ってくる、大好きな夏の絵本を紹介します。

うみはひろいね おじいちゃん【作・絵 五味 太郎】

おじいちゃんと男の子が海に遊びにいくお話です。

男の子がおじいちゃんに話しかけても、おじいちゃんは難しい本に夢中でちっとも振り向いてくれません。

すると突然男の子の前に不思議な生き物が現れて・・・!?

この絵本、子供の時はただお話に出てくる青くて涼し気なクッキーを

美味しそうだなぁ~

と眺めたり

帰りにパラソルでお家まで帰れたら面白いだろうなぁ~

と想像したりして楽しんでいたのですが、大人になって読み返してみると

おじいちゃんが手にしている本のタイトルに目がいったり

あの青いクッキーがおじいちゃんにインスピレーションが湧かせるきっかになっていたのだと知ったり、新たな発見がたくさんありました。

案の定娘に読んでも

「この青いクッキー私も食べたい」 って、やっぱり親子なんだなぁと実感。

長年楽しませてもらっている絵本です。

すいかのたね【作・絵 さとう わきこ】

庭にスイカの種を植えたばばばあちゃん。

それを遠くから見ていた猫は、何か面白いものを隠したんじゃないかと掘り起こします。だけど出てきたのはもちろん単なるスイカの種。

「なーんだ、つまんない」 と種を元の状態に戻します。

次にそれを見ていた犬が・・・としばらく同じ事が繰り返されます。

つまんないつまんないと言われ続けたスイカの種はとうとう怒ってしまい・・・?

昔から大人気のばばばあちゃんシリーズ。

私もスイカが大好きなので、夏休みに祖父の畑で採れたスイカを縁側で食べてから、絵本を真似て残った種を地面に植え、立派なスイカができやしないかとまめに水をやったりしていました。

サンタのなつやすみ【作・絵 レイモンド・ブリッグズ 訳・さくま ゆみこ】

コマ割りの絵本なので少々漫画チックなのですが、サンタさんって夏はこんな風に過ごしてるのかな と、 サンタクロース=冬 の概念を完全に打ち砕いてくれた絵本。

作者は「スノーマン」でも有名なイギリスの絵本作家、レイモンド・ブリッグズ。

彼の作品は大人になってもずっと側に置いておきたい絵本ばかりです。

 

絵本からも実体験からも、夏ならではの刺激をたくさん受けてほしいですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket

気をつけて!少なくない子供のエレベーター事故 

Pocket

スポンサーリンク




デパートなどで子供を連れていると、階段はおろかエスカレーターでさえ大変な時、ありますよね。

その点一気に目的の階まで引き上げてくれるエレベーターは早いし便利です。

シースルーエレベーターだと外の景色が見えて子供が喜ぶというのもありますしね。

ですがエレベーターでの悲惨な事故も昔から後が堪えません。

一番多いのは閉まる扉で指を挟んでしまうこと。これはお店の自動ドアでも言える事ですが、子供が小さいとうまく感知しない場合があり、勢いよく閉まってしまう時があります。

更にエレベーターは挟まったまま上下へ動きますから身体の一部を切断する怖れだってあります。

中で先に乗っている人がガチャガチャと閉めるボタンを連打している時も危険ですね。

それでも通常は何かが挟まったりすると安全装置が作動して停止するはずですが、機械ですから常に誤動作を起こしたり故障の可能性はあり、実際にエレベーター会社が安全点検を行った直後に起きた事故もたくさん報道されています。

毎回でも子供に言い聞かせておきたいエレベーター乗降の注意点

・駆け込まない

・ドアにもたれない 触らない

・中でふざけない

駆け込みはよく大人でも見かけますよね。ひどいとエレベーターで突っ込んで扉が閉まろうとするのを阻止する人もいます。

次のエレベ-ターを待つ数分を惜しんだために一生後悔する事になるかもしれません。絶対にやめましょう。

乗っている間、ドアに興味を持つ子供も多いです。ドアとドアの隙間をなぞってみたり、疲れていると全体重をかけてよりかかってみたり。

それからふざける子。子供同士一緒だと、特に幼児はテンションが上がってぴょんぴょん跳ねたり手すりにぶらさがったりしたがります。

「閉じ込められて出られなくなるよ!」

「指なくなるよ!」

命に関わる事ですから、ここは怖いぐらいに脅しておいてもいいと思います。

エスカレーターとエレベーターの違い

ところで皆さんは幼い頃からどっちがエスカレーターでどっちがエレベーターなのか、きちんと把握していましたか?

私は完全に逆で覚えていて、意識を変えるのにかなり苦労しました。

先日こんな絵本を見つけました。

*エスカレーターとエレベーター 【作・小輪瀬 護安】

DSC_4470

デパートに買い物にいく親子をモデルに、エレベーターとエスカレーターの乗り方から仕組みまでが、かなり詳しく書かれています。

子供が反対に覚えてしまう前にこの絵本を読んであげておけば、間違う事もないでしょう。

どちらも子供にとってはちょっとしたアトラクション気分で面白いかもしれませんが、危険を秘めている事も充分理解させた上での利用を促したいものです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子連れでの宿泊におすすめ ルネッサンスリゾート鳴門

Pocket

スポンサーリンク




いよいよ夏休みに入り、子連れで一泊旅行に行ってきました。

宿泊先は徳島にある ホテル『ルネッサンスリゾート鳴門』

思っていた以上に子連れに配慮のあるホテルでしたので、ご紹介したいと思います。

今回の目的は何よりも 『海』 だったわけですが、こちらのホテル、ビーチに直結しているのです。建物の外へ出るとまず広がっているのがプール。

DSC_4388 (1)

ここでビーチ用のタオルとプール用のタオルの貸出しを行っています。なのでタオルはなくても大丈夫!ビーチ用タオルを借りてまずはここをスル―。

DSC_4390 (1)

看板で男の子が案内してくれている方向へ階段を降りて行きトンネルをくぐると海が見えてきます。

泳ぐだけでなく、トランポリンや滑り台など、子供達が喜びそうな遊具を無料で提供してくれています。

DSC_4360DSC_4400 (1)

トランポリンは4歳から。2つ設置あって、年齢によって分けられているので安心です。

釣り堀は朝一であれば釣り大会が開催されていて、一番大きな魚を釣った人は無料でもらえます。

夕食用に調理してもらうこともできますし、クーラーボックス(有料)にいれて持って帰ることもできるそうです。持ち帰りの分は内臓だけ取ってくれるとのこと。(鱗を取ってしまうと鮮度が落ちるため)

DSC_4346

そう簡単には釣れませんが、30分500円。餌は付け放題。

撒き餌は禁止だそうです。うちは長男が1匹鯛を釣れたのみでした。

ビーチで遊んだ後はプールへ。

ここでかなり有り難いと思ったのが、砂浜から出て階段を上るところに、温水のでるシャワーが設置されていることです!

海に行った時地味に嫌なのがここなんですよね。海の家のシャワーで洗ってもまた駐車場に戻るまでの間に砂がついたりして、結局車の中が砂だらけになるという・・・。

ですがこれなら全くそんな心配いりませんし、ホテルに直結してるので水だけ拭きとったらお部屋に帰ってゆっくりシャワーを浴びて着替えもできます。

それからさっきスル―したプール。

海→プールの順に入れば海水も満遍なく落とされ、水も真水ではないので温度が低い日はプールだけ楽しんでもいいかもしれませんね。端っこにはお湯が張ってあるところもあり、冷えたらここであったまることができます。

子供は海、プールと満喫できて大喜びでした。

夕食は子連れなら「彩」か「海風」という名のレストランになります。

「彩」はバイキング。「海風」は鉄板焼きです。どちらもホテルに宿泊する事が決まったらすぐに予約しておいた方がいいです。

というの今回宿泊日の10日前ぐらいにレストランへ電話したのですが「彩」はもういっぱいで予約ができない、「海風」もかなり遅い時間帯しか空いてないとの事だったのです。

仕方なく別のお店に車で移動し、夕食を取りました。(でもこれはこれでホテルよりかなり安く上がったのでありでした)

お風呂は9階にオーシャンビューの拡がる大浴場と、1階の露天風呂。

どちらも行きましたが私のおすすめは露天風呂でした。やはり外気に触れて入るお風呂は気持ちがいいです。

どちらのお風呂もバスタオルとフェイスタオルが用意されているため、こちらもタオルいらずで助かります。

夜は夏場限定ですがプールサイドのテラスで縁日。ヨーヨー釣りやスマートボールが楽しめます。

そしてちょっと遅い時間ですが9時からはビンゴゲームも始まります。(こちらはカード1枚300円かかります)

まだまだ書ききれないほどたくさんのイベントやアクティビティがあったのですが、旅行疲れもあり本日はこの辺で!
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

忘れてしまうと楽しさ半減!?子連れで旅行する時の持ち物チェック

Pocket

スポンサーリンク




明日から家族旅行へ行ってきます。

1歳児がいるので移動手段は車です。飛行機や電車だと泣きだした時に逃げ場がなくて困るのと、赤ちゃんや幼児連れの旅行は荷物がかなりかさばりますからね。

見直しも兼ねて、子連れでの旅行時に忘れたくないアイテムについてまとめていこうと思います。

1.抱っこ紐

これ毎日使ってる癖に車で出かけるとなると忘れてしまいがちなんですよね。いつもは装着して出かけるところを、車だと抱っこしてさっと子供だけ乗せてしまうからでしょうね。

ですが場所によってはベビーカーだと通れない場所だったり長時間抱っことなると、忘れた時本当に不便です。そこらへんで買うわけにもいきませんしね。

2.ベビーカー

抱っこ紐同様、車だと積み忘れがちなもの。旅行中たくさんある荷物をひっかけたり、子供がぐっすり眠ったらここへ移動させたりと、あればかなり楽です。

3.おもちゃ、DVD

長時間の車移動は飽きてきます。気を紛らわせるおもちゃや好きなDVDがあるだけで、子供達のモチベーションも変わってきます。

私は子供の好きなテレビ番組をDVDに録画して車内で見せています。

4.お菓子

まだ新生児や月齢の低い赤ちゃんには不要ですが、離乳食期に突入していれば柔らかいスナック菓子やボウロなど、味が薄めのやつを常備。ご機嫌斜めの時に渡すだけで静かになってくれることも。

5.ビデオ

今しかない可愛い可愛い子供達との旅行の思い出。ビデオカメラにばっちり押さえておきたいですね。

後で見返した時も、静止画とは違いリアリティを感じる事ができます。スマホでも撮影はできますが、後でまとめたりするのが難しい(私だけ?機械音痴なので・・・)ため、荷物にはなりますがビデオの方が残しやすい気がします。今はかなり小型化されていますしね。

6.着替え

子供は突然吐いたりジュースをこぼしたり、何かと服を汚す機会が多いもの。余分に何枚が持っていくと寛大な気持ちで見守ることができます。そして当然側にいる私達にも何か液体が降りかかる可能性が高いため、パパ、ママの着替えも多めに用意しておいた方がいいですね。

7・酔い止め・薬

3歳ぐらいになり三半規管が発達してきた頃から、吐く子は車で吐いてしまいます。私もそうでした。一粒を出かける30分前に飲みます。

また、子供はつい先ほどまで元気にしていたのに急に体調を崩したりします。市販の風邪薬や冷えピタもお守り代わりに持っておきましょう。

8・汗拭き お手拭き おしり拭き

この3点は必ずあった方がよいです。よくおしり拭きで全てを済ませている人がいますが、あれはどうなのでしょうか。お尻を拭くもので口を拭くって使われている成分とか大丈夫なの?とちょっと心配になりますが・・・とか言いつつ私もたまにやってしまっています・・・。

9・お湯 粉ミルク

ミルク育児の赤ちゃんには必須ですよね。できれば出かける前にパーキングエリアの位置と、そこではお湯があるのかどうか、また、ベビールームが設置されているかどうかを確認しておく事をおすすめします。

10・お茶 水筒 

いつでもどこでも喉が乾いたら飲めるように。でもあまり飲ませ過ぎるとおしっこが頻回になって、高速で渋滞にはまったりするとそれはそれで大変です。心配な方は携帯トイレも積んで置いた方がいいですね。

11・帽子

夏は忘れると少し外に出るだけで頭がかなり熱くなってしまいます。

うちは一度かぶらず公園で遊んでいて体調を崩した事があります。嫌がる子も多いかもしれませんが、根気よく説明して分かってもらいたいですね。

最後に

車で旅行に出かける場合、前日乗せられる荷物は乗せてしまっておく。これでかなり 「あっ忘れた!」を未然に防げます。

後は当日にしか用意できないものをバタバタして忘れないよう、メモしておくと間違いがないですね。

*関連記事*

ドライブ絵本で長旅も楽しく
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

気になる赤ちゃんの便秘

Pocket

スポンサーリンク




うちは子供達みんな便秘で悩まされているのですが、この度NHKの番組 「すくすく子育て」 で赤ちゃんの便秘について取り上げられていたので、先生方のお話を基にまとめてみたいと思います。

Q.便秘であると判断されるのは何日出なかったら?

A。週2日以下

これには少し驚きましたが、週2回という事は3日間出ないとやばいという事ですもんね。長男は放っておくと余裕で1週間とか出ません。

なので3日目には麺棒刺激をしたり、いちじく浣腸を使用しています。

ちなみにこのいちじく浣腸、半分の量だけであれば新生児から使えます。(残った分は不衛生なので次に取っておいたりせず捨てて下さい。)

次男は毎日出ています。それもオムツを見る度に というレベル。

それでも産院の看護師さんには退院時、「お腹がよく張っていて便秘気味、注意してみてあげてね」と言われました。

その時もらった冊子にも、便秘かどうかは赤ちゃんによって個人差があるので単純に回数だけでは判断できないという内容が書かれていました。

Q.赤ちゃんの便秘のサインは?

・苦しそう

・お腹が張っている

・ずっとご機嫌斜め

・食欲がない

・ミルクやおっぱいを飲んでもすぐに吐く

うちは泣いてばかりだったので、抱っこをしたり母乳が足りていないのかとしょっちゅう飲ませていたのですが、今思えば逆効果だったかもしれませんね。

お腹が張って苦しい時に更に飲ませていたのだとしたら・・・

ごめんねみんな。

麺棒刺激の仕方

先端にワセリンを塗り麺棒を挿入。ゆっくり円を描くように。すぐに出なくても数分後に出る場合もあります。

それからこれは知らなかったのですが、麺棒は大人用を使う。

ずっと子供用の細くて小さなタイプのものを使ってきましたが、折れやすくてよくないそうです。

そう言われると確かに。ポキポキ折れる事に煩わしさを感じながらも長年使ってきました。

便秘に効果のある食べ物

便を柔らかくする食べ物・・・バナナ・りんご・いちご・みかん

便のかさを増す食べ物・・・ブロッコリー・キャベツ・かぼちゃ・青菜類

特に離乳食を始めたばかりの頃は便秘をしやすくなりますが、するっと出すためにはバターや油を足してみてもいいそうです。

Q・薬は使っていいの?

A・使っても良い

下剤や浣腸などの薬、小さな体に多様するとくないような気もしますが、それよりも快便でない事の方が問題であるため、気にせず使っていいそうです。

最後に

うちは長男がようやく便秘から解放されつつあります。特に何をしたというわけでもないのですが、野菜は少し量を食べられるようになってきました。

ただ成長を待つしかない部分もあるのかもしれませんね。

以下は番組で紹介されていた絵本です。

*みんなうんち【作・絵 五味太郎】

*うんこ【作 サトシン】

うんこちゃん【作・絵 のぶみ】

お腹すっきり、元気いっぱいで遊んでほしいものですね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

 

 

 

 

Pocket