蒸し暑い夜におすすめ*おばけ絵本

Pocket

スポンサーリンク



おばけに興味を持ちだすのは2、3歳頃から。

おばけって本当にいるの?

そんな疑問を子どもが持ちかけてきた時。怖いから存在を否定して欲しい気持ちと、一度会ってみたいような好奇心と、半々ぐらいの心境でしょうか。

大抵“おばけ” という単語を初めて耳にするのは、親の口からです。

「いつまでも起きてるとおばけがくるよ~」

「悪い子はおばけに連れていかれるよ~」

鬼と同様、おばけは子どものグズグズに驚くほどの効果を発揮してくれます。なんだかよく分からないけど怖そう・・・でも気になるおばけ。

ということで、おばけの絵本をご紹介します。


*ねないこだれだ【作・絵:せなけいこ】


「ねないこだれだ」 のおばけはとにかく怖い。

「とけいがなります。ぼーん ぼーん・・・こんな時間に起きてるのは誰だ?

こんな物々しい物語の始まりを、またうちの母は声色を変えて読むものですから余計に眠れなくなるのでした。
でも寝ないとおばけがでるから必死に寝たふりをするという、私にはちょっとトラウマでもあるこの絵本。

子どもの頃見た夢の中で一番鮮明に覚えているのは、この絵本に出て来る泥棒がうちの家に入ってくるという恐ろしい夢でした。
たまに思い出しては母をうらめしく思っていたのですが、先日ついに私も使ってしまいました。
いつまで経っても寝室で騒いでいる子供達にうんざりしてしまって・・・
一瞬で寝てくれましたが、育児の理想と現実を目の当たりにした1日でした・・・。


*おばけのてんぷら【作・絵:せなけいこ】

ねこさんが美味しそうな天ぷらのお弁当を食べているのをみて、自分も食べたくなったうさぎさん。
家に帰って作ってみる事にしました。
その美味しそうな匂いが、窓の外を飛び出して、山の上のおばけまで届きました。おばけはその美味しそうな匂いに釣られてうさぎさんのお家までやってきてしまいます。うさぎさんに気づかれないように天ぷらをへつるおばけ。
最後は自分が天ぷらに・・・!?

幼少期、大好きだった絵本です。おばけも面白かったし、切り絵の天ぷらがなんとも美味しそうでたまりませんでした。


*おふろにいれて【作・絵:せなけいこ】


りゅうちゃんが気持ちよくお風呂に入っていると、窓に影が・・・。
なーに、入ってきたのは犬、猫、うさぎさんと可愛らしい動物達・・・と思ったらやっぱりおばけ!!
でもこの度のおばけは、いいおばけさんでした。

子供達が気に入ったおばけの絵本

*ぷんぷんおばけ【作:なかがわちひろ】

ぷんぷん怒ってる人からでる怒りの煙が大好きなぷんぷんおばけ。
しかもお腹を満腹にするため、うちわで煽いで怒りを増幅させてくるのです。こんなおばけいたら本当にやっかい・・・かと思いきや?


*おばけがぞろぞろ【作 ささき まき】


ゴミ箱や空き地の土管、ありとあらゆる場所からぞろぞろおばけが出てくる絵本。
それも「おびるべちゃん」とか「おろむかくん」とか聞いたことない名前ばかり。噛まずに読めますか?


*おバケやかたのひみつ【作:大島妙子】

建築家のお父さんをもつ、おばけ好きの男の子は、お父さんの仕事部屋からお化け屋敷みたいに古い家の模型をみつけます。
とても気に入ったので、こっそり部屋へ持ち帰る事に。
そして満月の夜。模型から何やら賑やかな音楽や明るい光が見えて・・・?かわいらしいお化けがたくさんでてくるお話。


*おばけかぞくのいちにち

私たち人間家族が眠ると動き出すおばけかぞくたち。彼らも同じようにパパは仕事に行き、ママはお掃除に買い物をしたりするようです。おばけの一日が可愛く描かれた絵本。
この絵本はシリーズ化されているのですが、やはりこのお話が一番おすすめ。
息子たちだけでなく、女の子も男の子もはまる子が多いシリーズです。

こんなに可愛いおばけ達ならぜひ会ってみたいものです。


*めっきらもっきらどおんどん【作:長谷川摂子・絵ふりやなな】

夏休みに遊ぶ相手が誰もいなくて退屈していたかんたは、神社へ入っていき、でたらめな歌を歌いました。
すると、近くの木の穴の中から声がします。気になって覗いてみると、吸い込まれるようにして穴へ落ちてしまいました。そこには3人のお化けたちが控えていて、一緒に遊び尽くしました。とっても楽しかったけれど、いつしかお腹も空いてきたし、お母さんが恋しくなってきて・・・?

子供の頃にだけ体験できる不思議な出来事のお話。
小学生の夏休み、田舎のおばあちゃん家で過ごした日々を思い出して、胸がきゅうっとなりました。
想像力がぐーんと伸びる物語です。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

子供を本好きにさせるには

Pocket

スポンサーリンク




親としては

「本なんて全然興味ない」 「活字ばかりで苦手~」

なんて言われるよりは、

「本大好き!」「本って面白~い!」って思ってもらえた方が嬉しいですよね。

本は子供の語彙力、読解力、理解力を付けるための大きな力となります。

勉強が少々出来なくたって健康で元気ならそれでいい

一番の願いは子供が幸せであること

もちろんそれはそうなんですけど、やはり何にしたって出来ないよりは出来て欲しい。運動神経も持って生まれたものとはいえ、悪いより良い子であって欲しい。

そう思うのもごく一般的な考えだと思います。

特に勉強の成績は努力次第でかなり変わります。

現代では早期教育も盛んですが、塾に行くよりも何よりも、一番国語力の発達に良い影響を与えるのは本を読む事だと言われています。

うちは絵本をかなり読み聞かせているせいか、普段の会話も少し絵本がかっています。

「暑過ぎておでこから汗がしたたり落ちてきたよ~」

なんて平然と会話に盛り込んでくるのでちょっと笑ってしまいますが、絵本で言葉を覚えているため、どんな場面で使うのかも把握する事ができています。

もちろんこの子達が大きくなってそのまま本好きになるとは限りません。

でも本好きになるための「環境作り」 をしておいてあげる事くらいはできます。

絵本をいつでも手に取れるような場所に配置したり

「読んで」と言われたら何をさし置いても読んであげたりですね。

育児でもなんでもそうなんですが、やらないで後悔するよりはやってみる。それで成果がなくても得られる納得は大きいと思うんですよね。

推薦図書は子供が選ぶもの1冊 親が選ぶもの1冊

自分が買いたい本でもない限り、子連れで本屋さんに立ち寄って絵本を探し購入するってあまりありません。

ですから夏休みなどの長期休み前に配られる推薦図書は必ず利用しています。

うちは子供が買いたい本1冊 親が読み聞かせたいと思う本1冊

という事で約束をしています。

だいたい子供が選ぶのはお話と絵がしっかり描かれているものよりも、迷路の本だったり探しものの本だったりするので・・・

これらは語彙力などの意味では期待できない上に一緒に延々やらされるという面倒くささまでついてきますが、頭ごなしに

「その本はだめ!」 と言ってしまうと絵本全体を好きな物として捉えない可能性がでてきます。

本を嫌いになってしまわないために

あまり本を読め読めと急かしても逆効果なので、子供が好きそうな絵本(本人が興味を持っている物が登場する絵本)を購入しておいてプレゼントしてみてもいいかもしれませんね。

後は一緒に図書館に通ったり、ひざの上にのせて読み聞かせる事で、『絵本を読む時間はお母さんとスキンシップが取れる時間』だと思ってくれたら、それだけでも嬉しいものです。
スポンサーリンク



Pocket

行ってきました えほん展 なら

Pocket

今回の場所はホテル リガーレ春日野。2階の階段を上っていくと受付が。

DSC_4692

まずはお目当ての迷路。

DSC_4697

幼稚園の催し物レベルの大きさではありますが、子供達は喜んでいました。

その奥の部屋では赤ちゃんがハイハイしながら通れる小さめの迷路も。

受付でもらったクイズの答えを探すべくホテル内の部屋を散策。かなりの数の絵本が所せましと並んでいました。

クイズに使われていた絵本は3冊

*ぶたのたね【佐々木 マキ】

 

あらすじ

足が遅いオオカミは、そのあまり遅さにブタを食べる事ができません。

そこでキツネ博士に相談したところ、ブタのなる木ができるという種をくれました。育ててみると本当にブタがなったのですが・・・

こういう脈絡のない展開、結構ツボです。娘もゲラゲラ笑っていました。

が、息子は 「意味分からん」 と一蹴。

絵本に意味なんて求めないでよ!と心の中で突っ込みつつも、好き嫌いの分かれた絵本でした。

ケチャップマン【作。鈴木 のりたけ】

あらすじ

ポテトフライ専門店で働くケチャップマン。そこにお客さんとして現れたトマト博士。トマト博士はケチャップマンのケチャップを気に入って毎日通お店に来るのですが、なんだか顔がどんどん膨れていっているような・・・?

こちらはお話だけでなく絵もシュール。表紙だけでもかなり独特な雰囲気が漂っています。絵本の概念を変える一冊。

*しろくまくんのパンツ

表紙の赤いパンツは脱げるようになっています。(ジャストサイズすぎて履かせてあげるのちょっと難しい)

あらすじ

パンツをなくしちゃったしろくまくん。一緒にパンツを探すのだけど実は・・・

右ページがパンツの形に切り抜かれていて、めくると誰のパンツなのかが分かるような仕組みにっている仕掛け絵本です。

さて、なぜこの3冊がクイズに使われたのか。

どれもくすっと笑えるような内容のものばかりですから、きっと子供達が絵本に興味をもってもらえるようにと選ばれたのでしょう。

この中では私はしろくまくんが一番良かったです。安定の面白さという感じで。

クイズの答えを用紙に書き持っていくと、採点をして下さりプレゼントももらえました。(雑誌の付録が主です)

昔ながらもおもちゃ作りを体験できる場所もあり、息子はけん玉を作る事に。

滞在時間は一時間半ほどでしたが、ホテルの後は奈良公園にいる鹿にセンベイをあげたりしながら、奈良を満喫する事ができました。
スポンサーリンク



 

Pocket

子連れでお出かけ時の準備と心構え

Pocket

スポンサーリンク




ちょっと外食するにしても外出するにしても、子連れは本当に気を遣います。例えば・・・

【0歳児】泣きやまない事に対する配慮

【1歳児、2歳児】チョロチョロ動きまわる事への配慮

【3歳児、4歳児】お友達とふざけあって騒がしくなった時の配慮

このように成長しても年齢によってまた新たなややこしい行動が起こり始めるのです。

幼稚園に入園すると一気に増えるお誘いですが、下に幼児や乳児がいると更に出掛けずらくなります。

複数人子供がいる場合でも夫がいればまだましですが、大抵平日の昼間とかになりますからね。一人で子供全員を見る事になります。

断りたいけど子供は行きたがるしあまり乗りが悪いとも思われたくないし・・・

自分が疲れてしまうので3回に1回は断るようにしていますが、

出掛ける時はかなり心づもりをして出掛けています。

子連れでのお出かけ時に持って行くもの

・おもちゃ

赤ちゃんならガラガラやぬいぐるみ、幼児なら折り紙やお絵かき、仕掛け絵本など、しばらく退屈しないような物を荷物にならない程度に持参します。

あまり使いたくはないのですが、結婚式でどうしてもの時はスマホのアプリを使いました。0歳児が気に入る音のアプリなどもあってかなり助けられました。

授乳ケープ

私は完母でしたので、とにかく泣きやまないと思ったらケープをしておっぱいを吸わせておく事で口を塞いでしまいました。

完全ミルクの子はお白湯をあげたり、ミルクをかなり薄めて哺乳瓶を吸わせ、しのいでいるママもいました。

お菓子

空腹は子供の機嫌を悪くする元凶です。ご飯を食べた後は、お気に入りのお菓子を常備しておいて適度に与えています。

お昼寝をさせない

長距離旅行になると、電車、飛行機、バス いずれも数十分のごまかしではききませんから、ここにお昼寝時間をもってこれるとかなり楽になります。

予定を立てる段階で子供のお昼寝時間に合わせてスケジュールを組んでおけば安心ですね。

きちんと叱る

何度も何度もテーブルから抜け出し動きまわる我が子。いい加減疲れてきてしまいますが、誰もみてないしまぁいいか と放っておくと思わぬ事態になってしまう事もあります。

心の中では(子供なんだから仕方ないじゃない)と思っていたとしてもとにかく 『叱る』 『マナーを伝える』 という事に関してはあきらめずに言い続けた方が良いですね。

開き直っているママには厳しいですが、一生懸命なママに、世間は案外温かいです。

ただ『叱る』 と 『怒鳴る』 は違うので、外で大きな声を出し怒鳴る、これは単に周りの人達を不快にさせるだけの行為ですから、気をつけたいところです。 「お母さん大変だな」 どころか 「あんたの声がうるさいんだよ」 と思われてしまいます。

子供の性格によっては何なく外出できる子もいるでしょうが、多くの場合そうもいきません。

たくさん我慢した分、後で気軽に出かけられる時の喜びも大きいと思って、お互い頑張りましょうね。
スポンサーリンク



 

Pocket

見守りたい 幼稚園 保育園での友達関係

Pocket

スポンサーリンク




今までべったり一緒にいた我が子が幼稚園に入ってしまうと、中で一日誰とどう過ごしているのか、全く分からなくなります。

担任の先生に聞けばある程度教えてはもらえますが、実際に自分の目で見られるのは幼稚園のイベント時や授業参観ぐらいで、こんな時は 「普段の様子」 とはちょっと違ったりしますからね。

特に年少の時は 「誰とお弁当食べたの?」 と聞いても 「分かんない」 「忘れた」と言われたり、 「今日は誰と遊んだ?」 と聞いても「誰とも遊んでない」 と返ってきたりして気を揉む事もあったのですが、この年齢だとまだうまく伝えられなかったり、一人遊びが好きな子も多いようです。

そして幼稚園にもなれ、お友達も増えてきたころ・・・

悩み始めたのが、園外でお友達を誘う時、誰を誘えば良いのか。

親が子供の友達を選べる時期 と言っては言い方が悪いですが、親が約束しない限り子供だけで遊ぶ事はできません。

人の子の事ばかり言ってられませんが、お友達の影響も大きく受ける時期なので、正直あまり乱暴な子とは遊んで欲しくないな・・・と思っていました。

ところがそんな親の気持ちとは裏腹に子供が好きなタイプはちょっとやんちゃで乱暴な子。

子供にとっては乱暴というよりも「強い!」=「かっこいい!」に繋がるようで

もちろん 「遊ぶのやめなさい」 なんて絶対言いませんし、自分にないものをたくさん持っていて魅力的なのも分かりますから、幼稚園では大いにつるんでくれたらいいんですけど、あくまで私の目の届かないところでお願いしたいのが本音。

見ちゃうと気になりますからね。

さて、うちの子は男女問わず誘われれば誰であっても大喜びするような子だったのですが、 『遊ぶとすぐに喧嘩になる子』、 『退屈そうにする子』 など、この歳でも相性の良し悪しは見ていて感じます。

なんとかその相性の良さそうな子と遊ばせてあげたいという想いもあったのですが、そんなお友達に限って近所に住んでいなかったり、そのママと私の雰囲気が全然違ったりして、なかなかうまくいかなかったのですが、後々連絡先を聞いたりライン交換をして遊べる機会を設けました。

すごく気の合うママ友もできましたが、私はママ友ってあくまで子供ありきの関係だと思っているので、あまり話が合わないママであっても子供達が楽しく遊べるなら そちらを優先してお誘いしていましたし、逆に意気投合しているママ友とはおしゃべりばかり夢中になっしてしまうのである程度自制し、子供が幼稚園に行っている間などの時間帯に会うようにしていました。

怒ると手が出る

長男は理屈っぽい方なのですが、「何度言っても聞いてくれない」→「手が出る」 という事が多く、なかなか治りませんでした。

「どんな理由にせよ(というか手を出す程の内容では全くないのに)手を出すのは一番悪い」 と根気よく伝え続ける他なかったのですが、そういう事って集団生活の中で自然と学んでいくのかもしれませんね、いつのまにかなくなりました。

最後に

今仲のいい友達と生涯友達でいるかといったら難しいかもしれませんが、子供は今一生の友達に出会っているのかもしれない

そんな気持ちで親も子も、一人一人の出会いを大切にしていけたらな と思っています。

友達の良さ、大切さを知る絵本の記事はこちら
スポンサーリンク



Pocket

子連れで1日遊べる場所 東大阪市のドリーム21

Pocket

スポンサーリンク




子供と夏休みの1日を楽しく消化できる場所、ドリーム21。
http://www.dream21.higashiosaka.osaka.jp/
最寄駅は東花園駅ですが、炎天下の中歩くには少し距離があるので、遠方から来る場合は車がおすすめです。

駐車場も広く、駐車もしやすいです。

*駐車料金1日最大1000円(割引きはありません)

館内は  地階 イベントホール

1階 探検ひろば

2階 宇宙ひろば

3階 のびのび広場

となっており、大抵の人達の目的は3階の、のびのび広場

広い体育館のようになっていて、滑り台のついた大きな遊具や、一輪車、ターザンロープなどが設けられています。

赤ちゃん専用スペースもあります。

人数制限があり1時間で入れ替え制のため、混雑時はすぐに入る事ができない場合もあります。

今回は夏休みの平日、朝1番の回に行ってきましたが、並ぶ事もなくスムーズに入場できました。

ただ私の失敗は次の回の分まで先に購入してしまった事です。

長男が1時間で飽きてしまったんですよね・・・。払い戻しも出来ないそうで・・・。 大人100円+子供100円(×2)捨てる形に。

でも混雑時は買っておかないと入場券がなくなってしまう場合もありますからね。 たかが200円。されど200円・・・。

1時間で出た後は、1階の探検広場へ。

(*こちらは2階まで続いていますが階段しかないため、ベビーカーの方は予め係員さんに伝えて預かってもらうか、外のエレベータ―利用が無難です。)

DSC_4634

1階には人体模型とか化石が展示されていました。

DSC_4636

2階には科学の面白さを教えてくれる色々な装置が。

ボタンを押したり声で反応するロボットがいたり、そんなに広いスペースでもないのですが、1時間程滞在していました。

DSC_4640 (1)

電車の模型も走ってます。

DSC_4638

こちらは3階の広場と比べると値段が大人一人300円と若干高めのせいか、ガラガラでした。

そしてそして、夏はなんといっても外での水遊び!

DSC_4648

水着着替え、タオルは必須です。大人は木陰でかき氷食べながら(児童館を出てすぐのところで販売してます)レジャーシートを敷いて見守り。

人工の川と噴水ではしゃぎまくる子供達。

暑さでクタクタになりますが夜もぐっすり寝てくれて、充実した1日となりました。

 
スポンサーリンク




Pocket

がんばれ!ルルロロ 人気の理由を探ってみる

Pocket

スポンサーリンク




NHKETレで放送中のがんばれ!ルルロロ

(あっ。くまのがっこうのジャッキーと同じ絵だ~)

第一印象としてそんな風に思った人も多いかもしれません。このアニメはくまのがっこうの絵本の中の一作である、『ジャッキーのいもうと』を基に出来上がった作品なのです。

大人が見ていても可愛くて癒されますし、何より子供達が男女問わず大好きで、車の中でも視聴できるよう撮り溜めた録画をブルーレイに焼いたほどです。

1歳の息子もオープニング曲が聞こえ始めるとテレビの前へ走っていき、ノリノリで踊っています。テンポの良い曲ですよね。

なぜルルロロは、ここまで大人にも子供にも人気が出たのでしょう。

私なりに視聴しながら考察した結果、世のママ達が気に入るポイントはかなりあるなと思いました。

・絵が可愛い

ルルとロロはもちろんですが、何気なく描かれている背景や小物などもカラフルで可愛くって、部屋のインテリアなど思わず真似したくなってしまうほど、ルルとロロはとっても素敵なお家に住んでいます。

キャラクターの設定が理想的

女の子の双子。現実に双子を育てるとなれば本当に大変ですが、

お揃いの服を着せて将来は恋バナして・・・

3人姉妹ですか?なんて言われちゃったり・・・♡

なんて、妄想に近い想像上では夢の膨らむ女子2人育児です。

穏やかで優しいママ

私達母はここに理想や共感を求めます。パパがママとルルロロの尻に敷かれていてちょっと抜けている、というのもポイント高そうです。

・家によくいるおばあちゃん

共働き夫婦なのかもしれませんね。おばあちゃんだけが家にいてルルとロロの面倒を見ているお話が何話かあります。これも現代の家庭を象徴しているようです。

いつも声を揃えてお仕事と称した遊びに夢中なルルとロロ。気づけばいつも2人の親のような気持ちで見入ってしまっています。

子供が気に入る理由

それでは子供達に人気があるのはなぜなのでしょう。それはきっと、ルルとロロが自分達と同じ年代で、同じような事で悩んだり楽しんだりしているからでしょう。

年は3歳~5歳ぐらいでしょうか。

仲の良いお友達と常に一緒にいるような『双子』という設定も魅力的でしょうね。

最後に

やはりママ達のハートを掴むキャラクターのデザインを作り上げ

た事に、このお話の成功を感じます。

勝手な憶測ですが、マクドナルドやユニバーサルスタジオジャパンが自分達で考案したキャラクターを全然使わずに他の人気のあるキャラクターを用いている事からも分かるように、

人に受けるキャラクターを生み出すのってかなり難しいのでしょう。

みんなから愛されるルルロロの活躍に、今後も期待したいと思います。


スポンサーリンク



Pocket

京都での川遊びなら キャンプもバーベキューもできるアクトパル宇治

Pocket

スポンサーリンク




夏休みも後半に入り。旦那もいる日曜の朝から子供達が

「イオン行きたいイオン行きたい」 と連呼するので

川へ遊びに行く事に。

そりゃあイオンは涼しいしゲームできるし大人にとっては何でも揃ってるしいいんですけど、何も買う物ないのにわざわざ日曜の朝から行く事ないでしょう。

いつもとはちょっと違う場所をと考えて、京都の宇治まで行く事にしました。

奈良から下道で1時間半。最後は山の中なので、かなりぐねぐね曲がった道を走り、車酔いする私にはきつかったです。

酔い止め飲んどけばよかった・・・。

本日川遊びに持って行った持ち物

・虫カゴ

・魚とり網

・子供達の水着

・バスタオル3枚

・凍らしたお茶4本

・ハンドタオル3枚

・ポップアップ式テント

朝の11時過ぎに到着しましたが、既に車はいっぱいで第2駐車場へ。(第2駐車場からもすぐです。他に臨時駐車場も用意されていました。)

到着してまずは建物内の受付へ。

DSC_4600

・名前 ・住所(市町村まで) ・目的 まで記入。館内には売店も食堂もありました。虫カゴや網も置いてましたよ。

建物を出て目的地の川へ。

DSC_4593

川べりにテントを張って子供達は全員水着。

私も上はTシャツ、下は水着の半パンにサンダルです。

自分はそこまで水に浸かるつもりがなくても、ずぶ濡れの子供を抱っこしなきゃいけなかったりして結局濡れるんですよね・・・。

川には小魚、カエル、サワガニがいて、みんなカゴと網を持って必死に生き物達を探していました。

うちはカエル一匹、サワガニ一匹の捕獲に成功。

ただカゴは一つしかなく・・・

先に捕まえた大きなカエルを長男が何の躊躇もなく川へポイっと戻していて、彼(カエル)にはかける言葉もありませんでした・・・。

(ちなみにカエルの方はすごい飛躍力で逃げていきました。)

サワガニは大きな岩をそっとめくると結構いました。

2時過ぎ辺りから川はかなり混みだし、生き物も捕まえにくくなってきました。

やはり行くなら朝ですね。

今回は川遊びが目的でしたので真っ直ぐ「川の広場」へ向かいましたが、建物を出てすぐにゴルフ場がありましたし、キャンプも楽しめます。

一通りの調理器具は貸し出しが行われていて、バーベキューも可能だそうです。

川で遊んだ後はアスレチックへ。川の方で体力使いすぎてしまいちょっとだけでしたが、大きなローラー滑り台があり、1歳児から小学生まで大満足でした。

帰り道、またあのぐねぐね道を耐える自信はなかったため京滋バイパスを使う事に。

210円かかりましたが早いし真っ直ぐだし行きも使えばよかったです。

とっても楽しく遊びきれなかったので、次は泊まりで行こうかなと思っています。

さて、今回はカニの絵本をご紹介。

*かにのニカ【作・絵 野坂 勇作】

ニカニカニカニカ

カニのニカ。

読む方は噛んでしまいそうなでだしですが。

何でもかんでも切ってしまい、みんなから嫌がられていたカニのニカ。

ある日いつものように切ったら 「ありがとう」 とかえってきて・・・?

*カニ ツンツン【作・金関 寿夫】

カニ ツンツン ピイ ツンツン ツンツン ツンツン・・・

もけらもけら同様大人にはちょっと理解し難い(?)、リズムを楽しむような絵本。1歳の子供がゲラゲラ笑い、気に入っていました。

その他の川の記事はこちら

川での水遊びをもっと楽しく
スポンサーリンク



Pocket

読んであげるべき? 怖い絵本

Pocket

スポンサーリンク

 

絵も文章も怖い絵本って、読んでいいものかどうか迷う事があります。

トラウマになったらどうしよう・・・

情緒不安定になったりしないかな?

でも昔から読み継がれている怖い絵本はたくさんあります。

やまんばがでてくる絵本

幼少の頃読んでもらって記憶に残っている一番怖い絵本がこれです。

*ことろのばんば【作 長谷川摂子 絵 川上 越子】

あらすじ

森の奥に住んでいる壺を持ったおばあさんが

「こーとろことろ」と唱えると

日が暮れるまで遊んでいた子供達が次々壺の中に吸い込まれていってしまうのです。

話の内容もそうですが、白髪のおばあさんの絵がとにかく怖い!

今手元にありませんが、裏表紙のおばあさんの絵まではっきり覚えています。

怖がりな私はこの本が目に入るだけでぞっとしていましたが

なぜか何度もせがんで読んでもらった記憶があります。

まさに怖いものみたさというやつなのでしょうね。

*たべられたやまんば【作松谷みよ子 絵瀬川康夫】
DSC_2935 (1)

お寺の坊主が、和尚さんが止めるのも聞かずやまんばに誘われるがまま栗を食べにいくのですが、案の定やまんばに食べられそうになります。

それを和尚さんにもらった3枚のお札でなんとかかわそうとするお話。

果たしてやまんばから逃れる事はできるのでしょうか・・・?

次に

*蜘蛛の糸【作 芥川龍之介】

日本人なら誰もが知っている有名な昔話ですが

なぜ母はこれを当時眠れないと言って寝室からでてきた1年生の私に読み聞かせたのかは全くの謎です。

(母は全く覚えていないそうです・・・。)

北欧の化けもの、トロールが出て来る絵本

*さんびきのやぎのがらがらどん

*トロールのばけものどり【イングリ・ドーレア エドガー・ドーレア】

どちらもトロールは怖い存在として描かれてます。

こんな恐ろしいヤツらではないですが、ディズニー映画、アナと雪の女王にも出てきますね。

怖い絵本 避けるべきなのか

怖い絵本ってインパクトが強いため強烈に頭に残ります。

私はどれも子供が再び 「読んで」 と言えば読みますし

「怖いからもう読まないで」

と言われたら読みません。

怖かった、でも面白かったなのか

怖すぎる、二度と見たくない のか

どう感じるのかは一度読んでみない事には分かりませんもんね。

結局 「怖い話」 、と言ってもそれぞれ内容が違いますからひとくくりにはできなくて、子供がその本に対してどう思うかなんですよね。

だから(怖いだろうから読まないであげよう) と思っても、当の本人達は読んで欲しかったのに なんてケースもあります。

我が家は怖がりな子達なので、大概この手の本はもう読んでほしくない と主張してきますけどね。

無理強いはしないけど、親の判断でわざわざ避ける という事はしたくないな と思っています。

 

スポンサーリンク



Pocket

絵本の読み聞かせで 「数」 「数字」が好きな子に

Pocket

スポンサーリンク




数の概念が分かっているな と確信出来たのはみんな幼稚園に入ってからでした。

それまでは「1」 「2」 「3」 と数字自体は読めてもそれが何を意味しているのか分かってない。

エレベーターで「1階押して」と言ったらちゃんと押せるけど

「ティッシュ2枚とって」と言っても1枚しか渡してくれなかったり。

今思えば時期尚早というだけの話なのに、実は結構不安に思っていました。

というのも私が数字かなり苦手なんですよね・・・。

既に小学生の時から算数に苦手意識があって、受験の時は数学の成績にかなり足を引っ張られました。

数字が出てきた瞬間にぷつっと思考が停止してしまうんですよね。

なので数学においては  「この問題が出たらこの数式を使う」 といった具合になぜこの数式を使うのか、なぜその計算の答えはそうなるのか という事を理解せずに点数を取ってきました。

授業も興味がなく苦痛に思う程でしたから、先生の説明もだんだん聞かなくなっていったように思います。

そんな分けで子供にはなんとか数字を嫌いになって欲しくない!

そんな想いから数にまつわる絵本を読み聞かせてきましたが、その一部をご紹介したいと思います。

年齢別 数の絵本

2歳~

1、2、3 どうぶつえんへ【作・絵 五味太郎】

数に興味が出たら。数の入り口として。

文章はありません。まずは汽車が描かれていて、その後ろに動物を乗せた貨車が続いているので、私は動物園というよりもサーカスの移動車をイメージしてしまうのですが、

まずは1頭の象が見開きいっぱいバーンと描かれていて、左上に 『1』 と数字が書かれています。次にカバが2頭・・・と10まであります。

どのページにも潜んでいるねずみ探しも面白いですよ。

子供達は1、2、3・・・と指を指して嬉しそうに数えていました。

3歳~

これ、足し算を教えるのにもってこいなんですよ。外にいるうさぎさんを一匹ずつお家の中に入れてあげることでいつの間にか足し算になっていたり、ありを葉っぱに乗せていき、どちらが多いのかを比べてみるなど、気付かないうちに頭が算数脳に。

4歳~

*100万ってどれくらい?【作・デビット・Mシュワルツ】

この年にもなると、よく分かっていなくても「1万」とか「100億」とかの数字を用いる事で、とにかくすごい数だという事をアピールしたがった息子。

そんな頃、じゃあ100万ってほんとはいったいどれぐらいすごい数なのか。絵と例えでかなり分かりやすく説明してくれていてまさに求めていたような絵本に出会えました。

足すとか引くとかよりも、まずは数字って面白いな そう思わせてくれそうな絵本です。

ちなみに私が読み聞かせられていた数字の絵本は

*はじめてのすうがくの絵本

・・・。

好きな子にははまるとおもうんですよ。現に弟は「この本面白かったわ

~」と私とは正反対の感想を持っていましたからね。

ですが苦手な私からするともろに「算数です!」という感じの内容が抵抗あったんですよね。

最後に

これらを読んであげたからといって必ずしも算数や数学が得意になるわけではないだろうし、あまり躍起になって読むと余計に嫌いになるかもしれません。

なので1度読んでみて興味を示さなかったり、「もういい」と言えばすぐ終わりにしています。

「ちょっと数字に抵抗がなくなってくれたら儲けもの」 位に思って読み聞かせてあげるのがちょうどよいかもしれませんね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket