寝かしつけに効果があると人気の絵本 おやすみロジャー

Pocket

スポンサーリンク


*おやすみロジャー
【作・ カール・ヨハンフォルセン・エリーン

【編集三橋 美穂】

絵本の内容

ストーリーは単純で、眠れないうさぎ、ロジャーをぐっすりと寝かせるため、誰でも眠らせる事ができるというふくろうのもとへ出向き、眠り方について教わるというお話。

まとめると短いのですが、実際はロジャーが眠りにつくまでストーリーがゆっくりゆっくり進んでいきます。ゆっくりすぎてこちらが眠ってしまいそうです。

絵本の特徴

この絵本が他の絵本と違う点は

まず一番初めのページに、この絵本の読み聞かせ方についての手引きが載っている事です。

声の調子、太字のところは強調する、あくびを入れる、など読み方について細かく指示が書かれています。

そして物語の各所に【なまえ】と書かれている部分があるのですが、ここに寝かしつけたい子どもの名前を入れて読みます。

読んだ感想

心理学に基づいてお話が構成されているという事で、確かに睡眠に訴えかけるるような内容となっています。

とにかく「眠り」についての単語がたくさんでてくるので、頭の中は眠る事でいっぱいになってきます。

眠たい時に羊を数えると眠れると言いますが、それと似たような印象を受けました。

あれってsheepとsleepの単語の発音が似ているからなんですよね。

なので日本人がいくら「羊が1匹、羊が2匹・・・」と数えても効果はないんだとか。

大人にも効果あり?

私が自分にも効果がありそうだなと感じたのは、

ふくろうが、「手や足の力を抜いて~」と具体的に身体を休める方法を教えてくれている場面です。

私も寝付きが悪い方なのですが、眠るって本当に難しいんですよ。

よく母親には 「無になるのよ」 とか言われてきましたが、

そう言われると 「無」 という漢字が頭にでかでかと浮かんできて

余計に眠れなくなります。意識して無になんてなれないんですよ。

なので眠れない時はストレッチをしたり、身体の力を抜いてベッドに委ねるという事をしているのですが、この絵本はそれの手助けをしてくれているように感じました。

読み聞かせに適した年齢

おすすめは3歳頃からです。

それも豆電球やスタンドなど、薄明りの下で読むと効果が高いかと思われます。

1歳ではまだ話を理解できないでしょうし、2歳でも話が長過ぎて聞いていられずに飽きてしまう可能性があります。(飽きても寝てさえくれれば問題解決ではあるのですが・・・)

1、2歳の寝かしつけが一番大変なんですけどね。

ですが3歳であっても寝かしつけに苦労されているご家庭は多いでしょうし

うちも幼稚園や習い事で体力を使い果たしてくれない限り本当に寝てくれませんので、ロジャーの効果が続けば嬉しいです。

寝かしつけ ねんねの絵本
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

Pocket

美味しそうなパンがたくさん出てくる絵本

Pocket

スポンサーリンク




子どもの離乳食が完了してから、パンには本当にお世話になっています。

お箸もフォークも使わずに食べる事ができて、持ち運びが楽で。

初めて発した言葉が「ママ」でも「パパ」でもなく「パン」だった

なんて話もよく聞きますね。

私も子どもの時からデパートのパン屋さんに並んでいるパンが大好きで、

食べるのはもちろんですが、その香ばしい匂いを嗅いだり、さまざまな形をしたパンを見て回るのが楽しくって。

そしてトングでパンを掴んでトレーに乗せる作業!

子どもの時はしたくてしたくてたまりませんでしたが

大人になると

子どもには本当にさせたくないですね。

落としそうで冷や冷やします。

お仕事としても、特に女の子は憧れる子が多く、いつの時代も‘子どもがなりたい職業’ランキング、概ね3位以内にランクインしています。

あの長い帽子をかぶったコックさんを初めて目にするのも、パン屋さんが一番多いかもしれませんね。

いろんな種類のパンが載っている絵本

0、1歳~

*ぱんだいすき【作・征矢清 絵・ふくしまあきえ】

*どれどれパン【作・真木 文絵 絵・石倉ヒロユキ】

*パンどうぞ【作・有坂有紀 絵・もりといずみ】

2、3歳頃~

*からすのパンやさん【作・かこ さとし】

*ノラネコぐんだんパンこうじょう【作・工藤 ノリコ】

パン作りの工程を題材にしている絵本

*どんぐりむらのぱんやさん【作・絵 なかや みわ】

*へんてこパンやさん【作・絵Goma】

パンといえばNHKのおかあさんといっしょ でたまに放送されている

「パンパパ・パン」

歌のお兄さん、お姉さんが個性豊かなパンのかぶりものをかぶって登場するのですが、中でもお兄さんが

「♪サンドイッニーパン!!」

と自分で自分のおしりを思い切り叩いて歌う姿を見た時は、さすがに衝撃が走りました。

子どもと一緒どのパンが食べたい?お母さんはこれ~!なんて言いながら一緒に眺めるのも楽しいですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

アルファベットの絵本

Pocket

スポンサーリンク




英語 いつから?

最近では早期教育も珍しくなくなりました。

特に英語は幼児期から耳を慣らしておいた方が頭に入りやすいとの考えから人気が高く

まだ日本語もままならないうちから英語教室に通っている子ども達もたくさんいます。

義務教育でも英語が科目として入ってくる学年は年々早まっていて、小学1年生から取り入れられている地域もあります。

私も幼い頃からネイチィブのカナダ人講師の元、英会話を勉強してきたのですが、週に1回1時間授業を受けているだけですから、

ただただ、ちんぷんかんな時間が流れていたという印象しかなく

実際に英語習得に関して手応えを感じたのは、学生の頃海外へ留学した時でした。

なので私はあまり子ども達に早くから英語を勉強して欲しいという気持ちは強くなく、そんな事よりもまずは日本語の奥深さを知ってからの方がいいかな、という考えです。

というか、長男が言葉が遅く英語とか以前の問題だったんですよね。

市の検診にも引っかかり毎日もやもやしていました。

そこへこどもちゃれんじEnglishから営業の電話がかってきたものですから

「それより日本語の言葉が出ないんですよ~もう心配でどうししたらいいものか・・・」

と相談を持ちかけてしまい困らせてしまった経験があります。

今ではあの時の悩みが嘘のようにおしゃべりな子ですが、やはり一人目は何かと心配が尽きないものですね。

そしてここまで書いておいてなんですが、娘は英語教室に通っています。

英語習得のために通わせているわけではなく、単に英語の教室って歌ったり踊ったりがたくさんあって子どもが習いたいというので通っているという感じです。

ABCの絵本

発音はさておきアルファベットぐらいなら、絵本を繰り返し読むだけでも充分覚えられます。

*アメリカワニです、こんにちは ABCのほん―ちいさなちいさなえほんばこ―【作・モーリス・センダック 訳 じんぐうてるお】

リズミカルに面白おかしくアルファベットが紹介されていて、読んでいる方も飽きません。

*ABCのえほん【いもとようこ】

*ABCのほん【絵・堀内誠一】

*ならべてあそぼうABC【作 いしかわこうじ】

こちらはアルファベットのピースが入っているしかけ絵本です。

うちはこんなのも持ってます。

ABCドミノ TY-0419

価格:3,024円
(2016/3/14 23:33時点)

並べている端から次男に倒されていますが・・・。

英語でもなんでも幼時期は楽しんで覚える、楽学が理想ですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

幸せ 愛について考える絵本 おおきな木

Pocket

スポンサーリンク





*おおきな木 【作・シェル・シルヴァスタイン】(訳・村上春樹)

内容

1964年に出版されてから今もなお、世代を越えて読み続けられている人気の高い絵本です。

原作のタイトルは

「The Giving Tree」 (与える木)

一本の大きな木が、身を削ってでも愛する少年のために尽くすお話です。

立ち場が変わると感想も変化した

学生の時に一度手にとって読んでみた時は、木と少年を男女の恋愛関係に置き換えて読んでいました。

相手に他に好きな人ができても、いいように使われても、それでも好きだから関われているだけで幸せ

木が少年を想う好きな気持ちが痛々しい程に伝わってきて

読んでいて切なくなりました。

それから何年もの時が経って

子どもを持ち母になってから読み返した時

木は完全に少年の母親になっていました。

少年のためならなんでもする

恋愛とあきらからに違う点は

自己満足とか、相手のためならなんだってしてあげたいとか

そういう次元の話ではなくて

母性というものが備わって本能的にそうなるというか

世の母親なら皆こうするだろうという、無償の愛 と言葉にすると軽々しくなってしまうのですが

こんな気持ちは母親になるまで知らなかった

子ども意外に持つことはないだろう感情が、木によく表されているなと感じました。

損得感情が一切なく、かつ普遍的な愛というのは 「親と子」

それも「親→子」 に対しての感情でしかありえない気がします。

このような感想もまた時を経て年齢を重ね、立場や境遇が変化すればまた変わるのかもしれませんが。

また、周りの男性に感想を聞いてみると、

既婚者も独身も

子持ちも子なしも 皆声を揃えて

「悲しい話」と答えるところも興味深かったです。

主人は「この最後のページの絵に、新しく小さな芽でも出ているなら希望の持てる話なのに・・・」 とも。

まだうちの子どもには早いかな

 

奥深い話なので、あえてまだ読みきかせてはいないのですが

何かの折りにはこの絵本に読んで触れて、知っていて欲しいなと思っている1冊です。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

春におすすめの絵本 植物、花を育てるお話

Pocket

スポンサーリンク




意外に難しいチューリップ

ものぐさな私は、花や観葉植物もどうせすぐ枯らしてしまうだろう、

と持家となってからもなかなか手を出さずにいたのです。

が、ある日近所の方からチューリップの球根を頂き

娘は大喜びで、毎日毎日水やりを欠かさず頑張っていました。

やがてチューリップは順調に芽が出て葉が出て、

さぁ何色の花が咲くのかな、と私もわくわくしてきたところで

まさかのつぼみつかず

4つとも全て仲良く首なし状態で終了してしまいました・・・。

茎までこんなにしっかり育っておいてこんな事あるんですね・・・。

植木初心者の私はかなり驚いた・・・というかその思わせぶり度にじゃっかん引いてしまいましたが、

もうちょっと勉強して土とか肥料とか考えればよかったなと反省・・・。

娘にもチューリップにも可哀想な想いをさせてしまいました。

*チューリップのにわ【作・芭蕉みどり】

ティモシーとサラのチューリップはちゃんと咲きますように。

最後のページの絵を見る限り、あれほど手入れの行き届いたお庭ですから、私なんぞが心配せずとも綺麗に咲くに違いないでしょうが・・・。

今はつる薔薇に挑戦してるのですが、一つ目は植え替えに失敗してしまい、今、何事もなかったかのように違う品種の薔薇が植えられ、花を咲かせています。

*はちうえはぼくにまかせて

【作・ジ―ン・ジオン 絵・マーガレット・グレアム】 (訳もり ひさし)

こちらは観葉植物を育てるお話。

主人公の男の子、トミーは旅行中のご近所の植木を一手に引き受けたものですから、家中が植物だらけ。本人は愛情を込めて育てているのですが、パパはなんだか不満気・・・。

息子は、植物が育ち過ぎてえらい事になるシーンが一番お気に入りです。

栽培に挑戦

家でちょっとした野菜の栽培も、食育などにいいですよね。

うちは去年ミニトマトを育てたのですが、トマト嫌いな子もなんとか自分が育てたものは食べていました。

今年は子ども達の希望でトウモロコシの種が植えられました。

袋に記載されていた説明によると、私の身長をはるかに超える高さになるそうです。どうやって収穫すればよいのやら・・・

とまたいらぬ心配をしておりますが。

トマトに比べると難易度がグッと上がっていますので期待度はかなり低めですが、

無事に実ったあかつきにはかなりの感動が待っている気がするので夏まで頑張りたいと思います。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

日本昔話 三太郎絵本

Pocket






日本生まれ、日本育ちの人であれば「日本の昔話」と聞くだけで、ぱっといくつもの物語が思い浮かぶ事でしょう。

桃太郎、竹取物語、舌切り雀・・・

昔話に出てくるキャラクターで構成されているauのCMは、現在の好感度ランキングが1位であるとか。

三大 太郎絵本

うらちゃん、こと桐谷健太さん演じる浦島太郎

*うらしまたろう【作・時田 史郎】

息子に読み聞かせてみましたが、最後の

『おじいさんになってしまいました おしまい』

のところでかなり目を丸くして、数秒後、なぜか大爆笑してました。

どうやら予想外すぎる結末だったようです。

ももちゃん、こと松田翔太さんの桃太郎

*ももたろう【作 まつい ただし】

桃太郎のお話は昔父がよく寝る前にしてくれたお話の1つなので、内容もよく覚えています。

というかそもそも単純で覚えやすいストーリーなので話し手としても語りやすいですよね。

息子にとっては 「鬼を退治したかっこいい戦士」 ということで羨望の眼差しで桃太郎を見ているようです。

きんちゃん、こと濱田岳さんの金太郎

*きんたろう【作・さねとう あきら】

「金太郎」って名前や歌の知名度は高い割に、どんな話だったかと聞かれると意外に答えられない人が多いですよね。

私もその一人でした

なので今回子どもに読み聞かせをするにあたり、出版されている絵本を探してみたのですが、結構な冊数出ていました。

中でも私としては上記の絵本の金太郎が一番迫力があっておすすめです。

実際読んでみると 「あぁ、そうだったな」 と思い出すというよりは

「えっそんなお話だったっけ」 とあまり内容に覚えがなかったので、

そもそも話をあまり知らなかったのかもしれません。

絵のタッチ

「昔話」 なので私はどとらかというと水彩画で味のあるような絵で描かれている絵本が好みです。

現代的なアニメチックなものだと、どう見てもその時代の背景を映し出しているようには見えないので。

が、実際は子ども、特に娘の方は荒々しい絵のものよりも可愛らしいデザインの絵を好む傾向にあるので、金太郎もこちらの方が好きなようです。

現在と過去の育児事情

テレビもおもちゃもなかった時代、子ども達にとって昔話は最高の娯楽であり、現代の子供達よりも深く物語の内容や意味について考えた事でしょう。

「因果応報」であったり「情けは人のためならず」といった

聞き手に教訓めいた事を訴えかけているものが多いように見受けられるのも、今よりもはるかにその効果が期待できたからかもしれません。

今では物が溢れ、便利にはなりましたが触らせたくないもの、知らないままでいて欲しいものもたくさん存在しています。

難しい時代にはなりましたが、また次の世代へもしっかりと伝統ある昔話を語り継いでいきたいものです。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

怪獣が出てくる絵本

Pocket

スポンサーリンク




‘うちには小さな怪獣がいる’

やんちゃな子どもや、自由に動き回る赤ちゃんの事を指してこう表現する事がよくありますが

まさにそんな始まりの絵本がこちらです。

*かいじゅうたちのいるところ

家の中を暴れまわっていた男の子がとうとうお母さんに叱られて

部屋に閉じ込められてしまうのですが

この男の子、反省するどころか船に乗って意気揚々と怪獣のいる世界へ旅立って行ってしまいます。

私が幼少の頃この絵本を読んで一番強く印象に残っているのは

そういったお母さんや恐ろしい姿の怪獣達にも全く億する事のない少年の姿勢でした。

悪そうな子だな、と思いながらも少し憧れのような気持ちも入り混じりながら見ていた気がします。

一方ウルトラマンが大好きな息子は

「この怪獣には角がない」とか「鳥みたいなのがいる」とか

単純に次々でてくる迫力のある怪獣たちに興味津津で絵本を眺めていました。

最後には温かみのある一文が添えられていてほっこりします。

映画化もされましたね。

*怪獣が主役の絵本

*いたずらかいじゅうはどこ?【作・パットハッチンス】

*かいじゅうじまのなつやすみ【作・風木一人 絵・早川純子】

こちらはちょっと笑ってしまう怪獣の絵本。

*つきよのかいじゅう【作 長新太】

仕掛け絵本もあります。

*かいじゅうだぁ!!【作・木村裕一】

物を投げたり踏みつぶしたり、なにかと破壊するイメージの強い怪獣ですが、どこか憎めないのはやはり子ども達に似ているからなのでしょうか。

明日の夜から連続放送されるモンスターズインクも楽しみですね。

*↓男の子におすすめ絵本記事↓*

恐竜が出てくる絵本

*昆虫好きな子におすすめの絵本

へびの絵本

スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

品のある絵本

Pocket

スポンサーリンク





丁寧語

単語の頭に「お」や「ご」をつけると途端に丁寧に聞こえるのが日本語です。

おかばん、お帽子、お名前、ごあいさつ・・・

幼稚園に入って間もなくすると、先生達の影響からか

急に持ち物や身の周りの物に「お」をつけて表現するようになり、なんとも可愛いなぁと微笑ましくなりますね。

幼稚園を卒園すると「物」に対してここまで丁寧な言い回しはしなくなりますが

先生や目上の人に対してきちんとした敬語が使えたり、丁寧な言葉遣いで話す人というのは、とても好印象です。

尊敬語や謙譲語の使い分け、二重敬語に気を付けたりと

求められるレベルは学年と共にどんどん複雑になっていきます。

敬語の世界を知る初めの段階として

とりあえずなんでも 「お」 や 「ご」 をつけてみる、というのは

入りとして間違っていないように思います。

天体の気持ち

「今にも泣き出しそうな空」とか、「不気味なまでに暗い雲」など

宇宙空間にあるもの達はよく

情緒的な表現を用いて表わされます。

とある日の朝。玄関のドアを開けると朝から凄まじい雨が降っていました。

隣で我が子が

「くもさん、何かよっぽど悲しい事でもあったのかな?」

と言いだしたので

(この子もしかして詩人の才能が!?)

と一瞬胸がドキドキしましたが

前の日の晩に、この絵本を読み聞かせていた事を思い出しました。

おつきさまこんばんは【作 林明子】

月はおつきさま、雲はくもさん、と擬人化されていて

お月さまはにっこり笑顔だったり、困った顔をしていたり

いろんな表情で描かれています。

文章も少なく、まるで空の雲の動きを表しているかのように

ゆったりとした時の流れている絵本です。

「お」が持つ力

この絵本にも 「おそら」 「おかお」 「おはなし」 など

単語の最初に「お」が付けられているものがたくさん出てくるため

品のある優しい雰囲気が醸し出されています。

例えばこれが 「馬鹿」 という相手を罵る言葉であっても、

「お」を使う事でその言葉の持つ威力はたちまち軽減され

柔らかくなります。

以前流行った「おバカタレント」なんかもそうですし

くまのプーさんにでてくる人間の男の子、クリストファーロビンが

よくかける言葉に

「プーのおばかさん」 という台詞がありますよね。

これなどは逆に愛情たっぷりに聞こえてくるのですから

日本語は不思議です。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

Pocket

恐竜が出てくる絵本

Pocket

スポンサーリンク





恐竜との出会い

息子と絵本を買いに行くと大抵思っていたような絵本を購入できません。

ある日のデパートでの事。私の買い物に長い事付き合わせてしまった事もあり

「好きな絵本選んでいいよ」

と息子に伝えると、

「これ!これにする」と目を輝かせて持ってきた商品。

*恐竜フィギュア図鑑 【小畠郁生】

(いや・・・それ絵本じゃないよね)

(確実にフィギュアのおもちゃがついているから選んだよね)

・・・と言いたくなる気持ちをぐっとこらえ購入。

中身はちょっとした恐竜の種類と、ついているフィギュアをコマ代わりにすごろくなどのボードゲームができる仕様になっています。

肉食か草食か、葉っぱの絵とお肉の絵が恐竜の横に載っているので分かりやすいです。

はじめは不本意な購入だったのですが

息子の恐竜好きはここから始まり、恐竜が出てくる絵本は片っぱしから読んでいます。

*きょうりゅうくんとおさんぽ【作 シド・ホフ】

怖がりな息子は最初とにかく草食恐竜が好きでした。

とにかくブラキオサウルス。

首が長くて大きくて。 このお話に出てくるブラキオサウルスも優しく

少年を背中に乗せて、一緒にいろんな事をします。

それからなんとなく草食より肉食の方が強い事に気づいた息子。

今では王道のティラノサウルスが大好きです。

男の子に人気の恐竜

恐竜にはまる男の子は多く、早ければ3歳頃から興味を持ちだします。

そしていつのまにか母親も一緒に恐竜博士になっていて

恐竜好きの子を持つママ同士の話だと

「ティラノがさ~」

「えっでもブラキオって~」

みたいな女子高生並の略語で会話が繰り広げられたりしています。

恐竜の名前はどれも長いですからね。

*ぼくはきょうりゅう ハコデゴザルス【作 土屋 富士夫】

恐竜好きの男の子がダンボールを恐竜に見立てて遊んでいたら

本当に恐竜の世界へ飛んでいってしまうお話。

恐竜の世界では、子どもの恐竜たちと遊びまわり楽しいひと時を過ごします。

こんな事あったらいいな って思っているであろう世界が広がっています。

*きょうりゅうたちがかぜひいた【ジェイン・ヨーレン】

「きょうりゅうたちが」 となっていますが、本当は風邪をひいた人間の子供たちがする行動ばかり。

大きくて立派な恐竜たちも、なんだか愛しくみえてしまいます。

「これ、何ていう恐竜?」

起こりそうな子ども達の疑問にもしっかり対応。

ページのどこかに恐竜の種類が記されています。

他に

*きょうりゅうがすわっていた

もあります。

恐竜の魅力

強くて大きい。彼らは男の子達の憧れそのものなのでしょうね。

ディズニー映画、「ア―ロと少年」もついに今週末公開されますが

こちらも大ヒットの予感がします。

私の方は恐竜と言えばジュラシックパークが思い浮かぶ程度でしたが

こんなにも種類がいて特徴があって、絶滅した原因も色々考えられていて・・・。

子どものおかげで知る事は、これからまだまだたくさんありそうです。

*↓男の子におすすめの絵本記事↓*

怪獣が出てくる絵本

昆虫好きな子におすすめの絵本

へびの絵本
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

赤ちゃんの可愛い仕草をひきだす絵本

Pocket

スポンサーリンク





*おつむてんてん【作・なかえよしを 絵・上野紀子】

 

「ねずみくんのちょっき」

で有名な作家さんの絵本です。ご夫婦で制作されています。

 

おつむてんてん

右手の人差し指で頭をつんつん

おくちはあわわ

右手でお口をおおってあわわわ

これの繰り返しです。
最初はよく分からずにぷいっとどこかへいっていた我が子も

何度か読むうちにだんだん仕草を真似するようになりました。

短い手を頭に伸ばしたり小さな手を口の前にあてる姿、

可愛くてたまりませんね。

指の発達

1歳を過ぎると個人差はありますが、指刺しをしたりボタンを押したり

小さいものをつまんだり、手先が器用になってきます。

夜泣きが落ち着いてくる子も多く、昼間は活発になり大変ではありますが

可愛い様子がたくさん見られるようになってきます。

拍手

手を叩くのもとっても上手になります。

拍手に関してはこちらが子どもに向かって

「わーすごいねーパチパチー」とやっていると

いつのまにかみんな覚えていたような気がします。

*はくしゅぱちぱち【作・中川ひろたか 絵・村上康生】

 

追いかけっこ

どうやら赤ちゃんから幼児へ以降するぐらいの月齢の子達は、

追いかけるよりも追いかけられる方が好きな様子。

ソファの影からちらりとこちらの様子を伺っては、追いかけて欲しいオーラを出してきます。

どてどてと嬉しそうに逃げ回る姿には、またたまらない可愛さがありますね。

まてまてまて【作 ましませつこ】

男の子が見開きいっぱいの廊下の上でひたすらはいはいをしているのですが

その後ろから動物達がついてきて、だんだんと群れになり・・・

最後はお母さんに捕まえられてねんね。

『つかまえた』 のところは、いったん絵本を置いて子どもをぎゅっ。

1歳の様子

今まで抱っこ紐やベビーカーでおとなしくしていたのが嘘のように

活動的になり、歩きたい盛りなのでろくに買い物もできなくなります。

ですが私はこの1歳や、2歳の話はじめぐらいの時期が大好きで、

1歳までの苦労は3歳までに返す というやつでなのでしょうか

2人目以降はこの瞬間を知っているからこそ、なんとかつらい夜泣きにも耐えられたような気がします。

その一歩を一緒に

歩けるようになったばかりの子どもにとっては、

1歩1歩に初めての体験が詰まっています。

近くの公園まで歩いていくだけでも子どもにとっては大冒険。

宝物のようなこの時期をしっかりと胸に焼き付けて

反抗期を乗り越えたいと思います。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket