冬の自然に関する絵本

Pocket

スポンサーリンク




冬の身近な自然

冬は春のように草花は咲かないし虫もいないため、雪でも降ってくれない限り外にでてもあまり自然を感じる事ができません。そして地域にもよりますがそう簡単に雪は降ってくれないし、降ってからも積もるまでに至らないまま終わる年も多いですよね。
私は子どもとあーだこーだ取りとめのない話をしながら幼稚園に登園する時間が大好きなのですが、12月から2月頃までは心なしかお互いになんだか口数が少ない気がします。

でも冬だって咲いている草花もたくさんありますし、はく息が白くなったり、長い大きな影ができたりと、当たり前の事ですが子どもにとってはすごい発見の連続が待ち受けているので、そういうのを会話のきっかけにして、この冬の登園もお互い楽しめるといいなぁと思っています。


自然に関する絵本

*「ふゆめがっしょうだん」【長新田 作 富成 忠夫】

顔のように見える木の芽達が特集されています。子どもの頃ってまだ先入観がないためか、どこにでもあるような木の芽でも、色んな形に見えるようです。ママはこの木の芽の中でどれがいい?僕はこれ!などと言いながら嬉しそうに見ていました。(思春期には友達同士でグラビア雑誌見ながら、どの娘がいい?俺はこの子!とか言ってるんだろうか・・・なんか切ない・・・)

*しもばしら
【作 野坂勇作】


*通学路の草花えほん
【作 大島加奈子】


*じっちょりんのふゆのみち
【かとうあじゅ 作・絵】

スポンサーリンク



Pocket