お風呂が好きになるおすすめ絵本

Pocket

スポンサーリンク




お風呂嫌い

お風呂が苦手な子を抱えるママにとって、子どもと一緒の入浴タイムはちょっと億劫になってしまいますね。

「髪の毛洗いたくなーいっ」

「石鹸が目に入っちゃった~」

丁寧に体を洗っていても何かと不満を言われ、なかなかシャンプーハットが手放せない場合も。

特に苦手というわけではなくても、パパの帰りが遅く、一人で数人をお風呂に入れなければならないとなると
子どもが小さいうちはかなり大変です。

子ども達プラス自分の体を洗って、出てきたら風邪をひかないようにすばやく体を拭いてパジャマに着替えさる・・・・

あれっパンツはどこだ?

あ、ちょっとまだそっちに行っちゃダメー!!

気付けば全裸で奮闘する自分がくしゃみをしていたり。プラスここにお風呂嫌いが重なるともうパニックです。

うちは1歳前からスイミングに通わせていますが、それでも水が苦手で毎回お風呂を拒否する時期がありました。
大きくなってくると、おもちゃが入った入浴剤などで気を引く事もできますが、そう毎度毎度買ってられません。

そこで、こんな本を読み聞かせてみました。


*じゃぐちをあけると【作・しんぐう すすむ】

表紙のじゃぐち、現代のお風呂ではあまりみかけない形状かもしれませんが、ひねるだけではただ垂直に流れていくお湯が

スプーンを当ててみるとどうなるか?そしてもしこれがコップだったら・・・?

本当にこんな事になるのかな?と、子どもの興味をかきたててくれますので、安く購入したプラスチックのスプーンやコップなんかをお風呂に持って入って実験させると、夢中になってやっていました。

その他にも読めば思わずお風呂に入りたくなっちゃうような絵本、こちらなんてどうでしょう?


*やまのおふろやさん【作:とよた かずひこ】

雪がしんしんと降る寒い冬。山の奥に、湯気の立ち込めるお風呂が。
まずやってきたのはおさるさん家族。「あったか~い!」。気持ちよくって、きゃっきゃと喜ぶおさるさん一家。次に来たのはイノシシさん一家に、だるまさん一家。?そうしてだーれもいなくなると、お風呂が急にグラグラしてきて・・・・?

家族で温泉旅行に行きたくなっちゃうほど、みんなとっても気持ちよさそうにお風呂を堪能しています。


*わにわにのおふろ【作:小風さち・絵:山口マオ】

版画タッチのわにわにシリーズ。
いきなり床を這いつくばってお風呂に入ってくるワニに、ぎょっとしてしまいがちですが、お風呂がだーいすきです。
シャボン玉を飛ばしたり、シャワーをマイク代わりに歌ったり。お風呂あわにがりは最高の笑顔で、大好きなジュース!

緩慢な動きがなんともいえないわにわに君。妙にリアリティがあるのにやる事は可愛くて、そのギャップが毎回たまらないです。


*おふろだいすき【作 松岡享子 絵 林明子】

ぼくがお風呂に入ったら、湯船の中からいろんな動物が顔を出します。ペンギンの双子にアシカ。最後にはクジラまで登場します。
一坪サイズほどに見えたお風呂場なのに、まるで大浴場のよう!

私がこの絵本と初めて出会ったのは小児科の待合室なのですが、子どもそっちのけで夢中になって読んでしまいました。
物語が長いので3歳ぐらいにならないと最後まで聞くのは難しいかもしれませんが、お風呂に入りたくなる要素が詰まっています。想像力がとっても豊かになりそうな1冊。

お風呂は基本的に毎日入る習慣的な行為ですから、できる事なら楽しく入ってほしいですね。

スポンサーリンク



Pocket

赤ちゃんとスキンシップがとれるおすすめ絵本

Pocket

スポンサーリンク




くすぐって笑わせるのはあり?

くすぐられると笑い転げてしまう人もいれば、「ん?何?」と全く動じない人とがいますよね。
これがこと赤ちゃんや幼児になると、大半の子が声を立てて笑います。

ですがこれって果たして嬉しくて笑ってるのでしょうか?

私はこそばされるとものすごく反応してしまうタイプなのですが、もちろん面白くてゲラゲラ笑っているわけではありません。ですので我が子に対してもあまり激しくし過ぎないように
脇を人差し指てつんつんしたり背中を優しくこそばす程度にはしていますが、子ども自身をよくよく観察してみれば、喜んでいるのかそうでないのかは雰囲気で分かってきますね。

くすぐられて嬉しい子は、“もう一回”を期待しています。
くすぐりに弱い私だって子どもが私を笑わそうと「こちょこちょ」 してくるのはちょっと嬉しくなるし、
笑った事によって更にテンションも上がっているような気がします。
(その時の気分にもよりますが)

この『こそばし』に関しては、体や脳にとって良い事なのかどうか、なぜ人によって感じ方が違うのか
まだはっきりとした事は分かっていないそうなのですが、やりすぎなければ特に問題はありません。

目と目を合わせながら触れたり抱きしめたりするスキンシップに、赤ちゃんの成長や発達を促す力がある事は科学的にも立証されている事実です。
オムツ替えや寝かしつけの時など、どんどん取り入れていきたいですね。

私としては赤ちゃんの成長のためというよりも、こんなにベタベタ触ってきゃっきゃと喜んでくれるのなんて今しかない!
・・・とまぁ、完全に自分本位なスキンシップになってしまってはいますが。

スキンシップがとれる絵本

*こちょこちょこちょ【作 うちだりんたろう・ながの ひでこ】

かえるさんに出会った女の子。こちょこちょしたら、かえるさん大喜び。次はライオンさん。そっくり返って大笑い。
次はゴリラさん。やや、少しムッとした顔をしています。だけどこちょこちょしたら・・・やっぱり笑顔。
次はハリネズミさんでしたが、トゲだらけの上に「ちくんってするぞ!」と言われてしまいい、こちょこちょできません。それからおばけにバスにビルまで、女の子はなんでもこちょこちょ。
いっぱいこちょこちょして疲れたのか、女の子はお昼寝。そこにハリネズミがやってきて・・・?

*ノンタンこちょこちょこちょ【作 きよの さちこ】


そよ風に吹かれながら野原でお昼寝中のノンタン。近くに生えていたねこじゃらしが、ノンタンのお顔をこちょこちょします。
ノンタン、鼻がむずむずして思わずくしゃみが!
ノンタンはねこじゃらしをひっこぬいて、寝ているこぶたくんをこちょこちょ。
それからくまさんにも。こぶたくんはたぬきさんに。こちょこちょこちょ。
次は3人組のうさぎさん。みんなくすぐったくて、大笑い。

*こちょこちょももんちゃん【作:絵 とよた かずひこ】

穏やかな山を登っていくももんちゃん。こぐまさんに会ったので、こちょこちょ。こぐまさん大笑い。
とことこ進んでいくと、今度は池の中の金魚さんに出会います。きんぎょさんにもこちょこちょ。
次はサボテンさん。・・・ん?サボテン?! ももんちゃん、あぶな~い!

どれも子どもの大好きな繰り返し絵本です。
こしょばされるって想像するだけでもこしょばくなってしまうのか、子供達はゲラゲラ笑っていました。
そして次は自分がこしょばされるんじゃないかって、嬉しそうに待ち構えています。

幸せなスキンシップタイム

満面の笑顔が見たくってついつい今日もこちょこちよ・・・

特に日本は欧米と違って、親子でハグしたりキスしたりする習慣が成長すると共になくなっていきますから
今だけのママと子のスキンシップ時間、たっぷり満喫したいですね

スポンサーリンク



Pocket

ミッケ絵本にはまったら

Pocket





「ねーねーこれやろう~♪」
と持って来られたら、(うわーでたー・・・・)と思わずたじろいでしまう絵本。

*ミッケ!

【作:ジーン・マルゾーロ・訳: 糸井 重里 ・翻訳 ウォルター・ウィック】

簡単に言うと 「ウォーリーを探せ」 のように探し物をページの中から見つけ出す絵本です。
雨の日など、お家遊びが長くなりそうな日はよく活用していますが、
なんせ探し終わるまでに時間がかかるし、探し物自体がマニアックな物である事も。
「これ・・・かな・・・?」
なんて言いながら、みつけてもウォーリーほどの絶対感がないので、ちょっとスッキリしない時もあったり。

ですが、大人にも子どもにもファンの多い絵本です。
元々は私、この手の絵本はあまり絵本としてカウントしてなかった・・・といいますか、ゲームブックの部類に入ると思うのであまり気乗りしていなかったのですが、見事大はまりしている子どもに負けて既に数冊購入済みです。

以下に、実際やってみた探し物絵本で簡単だった物から順に並べてみました。(私主観)

<難易度別 探し物絵本>


すぐみつかる ★☆☆☆☆

*きんぎょがにげた

【作・五味 太郎】


2歳児向け。とっても簡単ですが、最後の金魚がたくさんいるページだけ急に難しい。三面鏡の中に描かれている金魚も、本物をどれか理解するのはまだ少し先かも?


簡単 ★★☆☆☆☆

*かくしたの だあれ


右のページには同じ種類の動物が、ページをめくるごとに一匹ずつ増えていきます。でもその中の1匹だけ、何か隠してる・・・?違うバージョンもあります。

*たべたの だあれ

【作:五味太郎】


普通 ★★★☆☆

*それいけ!みけねこたんていだん

【作:松下ちよし】

ウォーリーのように、街中にいるみけねこ探偵団達を探す絵本ですが、ウォーリー初回盤(青色表紙)ぐらいの難易度で探しやすいです。


少しみつけにくい ★★★☆☆
「どこ?」シリーズ 
【作:山形明美・撮影:大畑俊男】

粘土で作られた世界がとっても可愛いい探し物絵本です。犬バージョン、猫バージョンがあります。


*どこどこ?セブン シリーズ
【作:藤本 真】

左右のページを比較して間違いを探す絵本です。


なかなかみつからない ★★★★★

*探し絵ツアー シリーズ

【作:エマ・ヘルブロー】

探す数が多い。恐竜の種類をたくさん知っていたり、魚に詳しいなど、図鑑好きな子にお薦め。


難しい★★★★★
*チャレンジミッケ!5むかしむかし
【作:ウォルター・ウィック・翻訳:糸井 重里 】

ミッケに「チャレンジ」とついているものと、ついていないものの違いは、難易度ではなく本の大きさの違いです。「チャレンジ」版は持ち運びしやく。酔わないお子さんとの長旅には持ってこいです。

探す絵本もあなどれない

こういった絵本で遊んでいて意外に役立った点は、知らず知らずのうちに単語をたくさ覚えていた事です。
長男は言葉が遅く市の検診にもひっかかり、かなり心配していた時期もあったのですが、本当に言語爆発というのがあるのだな、と実感させられる位、突然とめどなく単語が溢れ出てきました。
大人はよく見知っているものでも、日常家には置いていなかったり使わなかったりしてなかなか子どもは知る機会のない物なども、これらの本によって知識を得る場合があるのです。

気付けば親の方が必死になって探していたりするのですけどね*



Pocket

卒乳時におすすめの絵本

Pocket

スポンサーリンク



*おっぱいバイバイ
【作 武田 舞 絵 今井未知、高村あゆみ】

もうあかちゃんじゃ ないからね

読み方によって、冷たくも優しくも聞こえるこの言葉。絵本で使われているのですが、諭すように優しく、読み終わる頃には
ちょっぴり寂しい気持ちが残るけど、卒乳って良い事なんだと、気持ちを軽くしてくれます。


目を閉じでコクンコクンとおっぱいを飲む姿を見るのは、母としての喜びを大いに感じられる幸せなひとときです。
ですがおっぱいに執着がある場合、卒乳するとなると一筋縄ではいかない場合も・・・。


断乳する理由
母乳育児や混合育児の場合、卒乳(断乳)はいつか必ず通る道です。
「卒乳」 というと自然に子どもの方から離れていくイメージが強いですが、うちの子達にはそんな奇跡起こりそうにもなかったので
時期を見計らって止めました。(いわゆる断乳ですね)

断乳する理由

・仕事が始まるのでやむを得ず

・薬を飲まなければならない

・次子を妊娠

さまざまな理由のある中でなんですが、私の断乳の理由はしんどいから です。

一人目は全く離乳食が進まず焦っていたというのもありますが、30分に1回の頻回授乳であったためしょっちゅう服をめくって授乳しなければならず、夜も添い乳で寝かしていたために1、2時間で起きる生活が断乳時まで毎晩続いていました。

・断乳しても食べなかったらどうしよう

・夜寝ないんじゃないか

不安は毎回付きまといましたし、この子がもう泣いておっぱいをせがんでくる姿も、飲みながら安らかに眠りについていく顔も
二度と見る事はできない・・・

そう思うと寂しい気持ちもありましたが、それを押してでも良質な睡眠の確保と、授乳室を探しまわるという煩わしさから解放されたいという想いが強かったのです。

断乳の時期はいつがいいの?

私はどの子も1歳から1歳半までに断乳しました。最適な時期というのはその子やママの事情によって変わってきますが”ママ以外にも色々な物や事に興味が出始めるこの時期にやめる” というのも良いタイミングだったのではないかと思っています。

2歳頃であれば少し聞きわけが出来るようになっているので、言い聞かせてやめられる場合もありますから、子どもが納得してやめられたらそれが一番良い形なのかもしれませんが逆に力も知恵もついているので一筋縄ではいかなかったという意見も聞きます。

そしていったん決行したからには後戻りできません。断念してしまえば次の断乳がよりハードになってしまいます。

断乳で起こるトラブル

私は突然の断乳で乳腺炎になった事もありましたし、子どもが泣きわめいてしばらく情緒不安定になってしまった事もあります。

こんな事なら母乳育児なんてするんじゃなかった

これ虐待と同じなんじゃないか?

などなど、それはそれは悩みました。

だけどその後には、みんな少したくましく成長した姿を見て報われました。しばらくすると気持ちに少し余裕もでてきますので
今までよりもゆとりを持って子どもと接する事ができるようになりました。

1歳児向け 食べ物の絵本

冒頭でご紹介したような卒乳がテーマの絵本も良いですが、しんみりしてしまって余計に断乳を重く考えてしまうかも・・・

という場合には、食べ物にまつわる絵本がおすすめです。

*サンドイッチサンドイッチ【作: 小西英子】


色鉛筆で描かれたサンドイッチの具材がとっても美味しそう♪少し大きくなったら絵本を見ながら一緒に作ってみてもいいですね。

*まるくて おいしいよ【作 小西栄子】


みんなが大好きな、丸くておいしいものって何がある?ドーナッツにケーキにクッキー。おうちにも丸くておいしいもの、あるかな?

*ぱん だいすき【作 征矢清 絵 ふくしまあきえ】


今度はみんなが大好きなパン。クロワッサンにフランスパン。それにあんパン。
歩き始めの幼い子を連れてお店のパン屋さんに入るには、トングを持ちたがったりお盆を運びたがったりする姿が浮かんでちょっと躊躇してしまいますが、この絵本でならいくらでもパン屋さんごっこが楽しめますよ。

*くだもの 【作 平山和子】

真ん丸すいかや桃、りんご。切るとどうなるかな?つやつやの果物たちは、まるでそこにあるかのようなリアルさです。

我が家は長男の断乳が本当に大変でした。離乳食もほぼ手付かずの状態で決行したため、食べない、飲まないとなると生死の危険すら感じてきましたし、1日、2日と日を追うごとにどんどん元気がなくなっていき、私とは目も合わせない、抱っこも拒否というかなりやばそうな状態に。
特に夜はそれまで添い乳で寝かしていたので、狂ったように泣き叫んでいました。
それでも根負けして与えてしまうのだけは絶対にだめだと聞いていたため、私自身も泣きながら対応していました。
断乳から1週間ほどでようやく落ち着いたのですが、この時彼の心の支えになっていたのはスーパーのパンだったと思います。

やはりおっぱいを飲んでいた分は食べ物で補うしかないんですよね。

長女の方はあっさり離れていって親の方が寂しかったほどなのですが、卒乳は本当に個人差ありますね。

3人に吸われ尽くされた我がおっぱい

吸われた後はぺちゃんこになると聞いていたけれど、元々胸がない場合はへこむみたいです。


Pocket

抱っこばかりの新生児 抱き癖はつかないと言われて・・・

Pocket

スポンサーリンク



抱っこしないと泣く赤ちゃん

とにかく泣いて泣いてずっと抱っこしていないといけないような赤ちゃんもいれば、ちゃんと息をしているのか心配になる位、寝てばっかりの子もいますよね。

うちの子は全員前者でしたが、やっぱり何もかも初めてだった一人目が一番辛かったです。
おっぱいもたくさん飲ませてゲップもさせた、おむつも変えて部屋の温度も適温なはずなのに・・・

何で泣きやまないの?

これ以上何をすればいいの?

ようやく目を閉じたと思ってもベッドに寝かすと必ず背中スイッチが発動→また抱っこしてゆらゆら揺れて寝かしつける、の無限ループ。 想像していた大変さをはるかに超える育児生活でした。
特に新生児はいくらお世話しようと笑ってもくれないので、頑張っても報われない気がして・・・。


抱っこがつらい

何より私を苦しめたのは、皮肉にも世間でよく言われている「抱き癖なんてありません、どんどん抱っこしてあげましょう」という言葉でした。

これ本当は、お母さんの心配を和らげるために言われるようになったんだろうと推測していますが、実家に里帰りしている時も泣けば飛んでいってお世話をし、周りの「あっ泣いてるんじゃない?いってあげて!」が強要されているように感じ、抱っこしてあげる事に対して義務感が強くなっていきました。
***
一方主人はというと、「そんな抱っこばっかりしてるから抱き癖がついて泣くんじゃない?しばらく放っておいたら?」

なんて呑気そうに言うので、なんて無責任な発言!この子が情緒不安定になったらどうするの!と喧嘩にまで発展。

今思い出しても苦い思い出です。だけどほんとに必死だったんです。

(立って抱っこして泣きやむって事はこの子はそれを求めているんだ!立って抱っこしてあげなきゃ!)

(この子を守れるのは私しかいない!)

そんな、使命感に燃えているつもりで、本当は抱っこしなければならないんだという重圧に押し潰されそうでした。かと言って横から抱っこしなければいいと言われるのも腹が立って、自分でもどうしたいのかよく分からなくなっていました。


育児に絶対なんてない

そんな中、救われたのは育児雑誌でもなく、実母でもなく、長年看護師をしてきた義母の言葉でした。
「うちはほったらかしだったわー、泣いても家事優先してたし。ほったらかしすぎて隣の人がピンポン鳴らしにきたぐらい。でもそれなりに育ったわよ?」

この言葉で、なんだか妙に安堵したのです。私なんてその育児方法で大人になった彼(旦那)に恋をして結婚してるわけですからね。

もちろん気持ちに余裕があって抱っこしてあげられる時は存分にしてあげればいいんだけれど

“無理に抱っこしなくても大丈夫なんだよ”

そう言ってもらえた気がしました。


こんなに抱っこを求められるのも、答えてあげられるのもほんの数年じゃないか

それはそうなんですけど、 今、辛いんです

抱っこは母子共に幸せな気持ちになれる時間であって欲しいなと思います。

思わず我が子を抱きしめたくなる、赤ちゃん向け抱っこの絵本


*ママだっこ【作・絵 あらかわ しずえ】

人間も赤ちゃんも、抱っこ大好き。0歳児の赤ちゃんにおすすめの、繰り返し絵本です。

*はぐ【作・絵:佐々木マキ】

海辺でいろんな動物達が出会い、抱き合います。ハグ!
ハグをするタイミングで1歳の子どもにもぎゅっとすると、嬉しそうに満面の笑みを浮かべてくれます。


*だっこして【作:エクトルシエラ・絵:村上康生】


タコのお母さんは足が8本もあるので、赤ちゃんの「抱っこして!」にいつも答えてあげられます。買い物しながら、お化粧しながら。
なんとも羨ましい話です。ですが人間も他の動物も、他のお母さん達はそんなにたくさん手足がないのでいつでも抱っこというわけにはいきません。それでもいろんな方法で抱っこして、愛を伝えているんですよね。


*ねぇ だっこ 【作:いちかわ けいこ】

いつもお母さんは弟を抱っこ。動物の抱っこはどんなだろう?ねこの抱っこは?ラッコさんの抱っこは?・・・

今目の前にいるこの子を、抱っこできるうちにたくさんしてあげよう
そう思えた絵本です。


ママだって人なんです。抱っこがつらい時もあるし、いくら我が子でも可愛く思えない時だってある。私なんて行き詰まって何度別の部屋へ行って発狂したか分かりません。
それでも今、元気にみんな育ってくれています。
明けない夜はありません。何度も明けないと思ったけれど、明けたのですから!

抱っこが辛ければ、何時までと時間を決めて休憩しましょう。
頑張りすぎず、思い詰めすぎず、気楽にいきましょうね。
スポンサーリンク



Pocket