鬼の絵本

Pocket

「鬼さんくるよ!」効果は抜群だけど・・・?

スポンサーリンク




いつまでもグズグズな子どもを一瞬で黙らせる事のできるセリフ。
「あ、鬼さんくるよ」

絵本でもたくさん鬼を用いた作品が出版されています。
うちは長男が2歳の節分の日に、リアルな鬼のお面でリアルな鬼を演じたためにトラウマとなってしまったようで、すごい威力を発揮します。
ちょっと気合い入れすぎたかなと反省はしていますが、気持ちとは裏腹に子供も大きくなるにつれ使用頻度が増してしまう、「鬼さんくるよ」。
鬼から電話が無料でかかってくる「鬼アプリ」なんてのもありますね。私は使った事ありませんが。
今回はそんな鬼の絵本をまとめてみました。


*鬼のうで

【赤羽末吉 作・絵】
恐怖レベル ★★★★★

この話の主人公、渡辺綱は鬼退治で有名な四天王の一人。
依然倒したはずの鬼がまだうろついているという噂を聞き、再び退治しにいきます。
見事鬼の腕を切り落とし、証拠として持ち帰る事に。
ですが腕を取られた鬼は、「絶対にその腕を7日以内に取り返しにいく」と宣言していて・・・

有名なお話ですが、やはりぞくっとしますね。腕を切り落とすという行為がまず残酷ですし、また鬼が取り戻しにやって来ると思うと、終始不安しかない。幼稚園児にはとにかく怖いという印象が残るだけで、まだ少し早い気もしますね。


* 地獄

恐怖レベル ★★★★★

「お前は死んだのだ」。突然鬼によって引っ張り込まれた地獄。暗闇の中を進んでいくと、遠くから自分を呼ぶ声が・・・。でもそこにはもう戻れません。泣きながら針の上を歩き、気づけば松の木の生える山の中。吹きすさぶ風は痛くて痛くて、気を失っては起きての繰り返し。
そして有名な三途の川が。谷底には大蛇や鋭い刃の剣。
「あんなことしなければよかった」口々に聞こえてくる後悔のため息。ことあるごとに「生きている時に悪い事をしたからだ」と鬼にたしなめられます。最後にはえんま王からの裁きが・・・

嘘をついた場合、生き物を殺生した場合、告げ口をした場合など、罪によって罰が変わります。この世界では感謝の気持ちが足りなかっただけでもかなりの拷問にあわなければなりませんので、この話をヘラヘラ笑って聞いていられる子はよっぽど大物ではないでしょうか・・・。
絵もかなりグロいです。ちょっと私は子供に読み聞かせる勇気ないです。寝られなくなりそうだし・・・。


*だいくとおにろく

【再話:松居 直・絵:赤羽 末吉 】
恐怖レベル ★★★☆☆

川の流れが速すぎて、何度も壊れてしまう橋がありました。なんとかしてほしいと呼び出された、腕のいい大工さん。
大工さんがどのように橋を架けるか悩んでいると、鬼がやってきました。そして片目をくれるなら橋を架けてくれるといいます。
大工がてきとうに返事をすると、次の日には橋が出来上がっているではありませんか!鬼は橋を架けてやったんだから目玉をくれるように言います。困惑する大工さんに、鬼は自分の名前を当てれば許してくれると言うのですが・・・

鬼よりも人間の方が一枚上手だったお話です。目玉を取られるなんて想像しただけで気持ち悪いけれど、一気に形勢逆転となりスカッとします。


*しょうとのおにたいじ

【再話:稲田和子・川端健生:絵】
恐怖レベル ★★☆☆☆

大切なたまごを奪っていった鬼を退治しようと奮闘するお話。悪い鬼をやっつけにいく話は、昔からある定番ですね。


*まゆと鬼

【作:富安 陽子・絵:降矢 なな】
恐怖レベル ★★☆☆☆

山の中の小さなお家に住んでいる、やまんばとその子供、まゆ。まゆはある時大きな赤鬼に出会います。とっても怖そうな鬼なのに、まゆは天真爛漫に話かけます。お腹を空かした鬼は、まゆを食べてやろうと企みますが・・・?

怖そうな鬼に全く動じないまゆのやりとりが笑えるお話です。読んでいくうちにだんだん鬼が可愛いく見えてきてしまうくらいです。


*おにたのぼうし

【作:あまん きみこ・絵:岩崎 ちひろ 】
恐怖レベル ★☆☆☆☆

節分の日のこと。どこの家でも豆が撒かれているため、おにたは行くところがありません。ところが一軒だけ、豆を撒いていないお家が。
お母さんが床に伏していて、豆まきどころではなかったからです。なんとかしてあげたいと思ったおにたは・・・?

今度はなんとも可愛らしい鬼の登場です。やっている事も全然鬼ではないし、どちらかというと鬼に同情心すら湧いてくるこのお話。有名な「あかおにとあおおに」の話のような、嫌われ鬼が犠牲になって良い行いをするお話です。
岩崎ちひろさんの絵のタッチが、おにたの儚げで切ない感じを一層引き立たせている気がします。


*おにがでた

【作:木村裕一・絵:得田中四郎】
恐怖レベル ☆☆☆☆

全然言うことを聞かないうさぎのみみた。勝手にお外に出ていくと、こわ~い鬼さんが!

しかけ絵本です。勝手なことしてたら鬼さんが出てきてしまったという単純なお話です。鬼の絵も可愛らしいのですが2歳児には怖いようで、うちの子は鬼のページになると、ソファの後ろに隠れていました。


鬼は育児において劇薬!使い方には気を付ける

上記で紹介した「地獄」は、テレビで特集が組まれる程有名な絵本ですから知っている方も多いでしょう。
こんな絵本読み聞かせられたら、純粋な子供達はもう気が気じゃありません。「既にやっちゃってるし・・・」と怯える子や、なんとなく生きずらさを感じてしまう子もいるようです。
放送では泣きじゃくる園児達が映し出されていましたが、これ幼稚園で勝手に読まれたら、私だったら物申してしまうかもしれません。
モンペになるのかな・・・
小学生の中学年ぐらいであれば、「人を苦しめるという事」や「人の死」について考えてみるきっかけに、読んであげてみるのもいいかもしれませんね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

オノマトペで気を引く

Pocket




オノマトペとは?


オノマトペとは、コンコンドキドキなど、耳に入った音を言葉に置き換えて表現したような、擬音語や擬態語の事を指します。
まだ言葉を知らない、理解できない赤ちゃんは、こういったオノマトペを通して物事への理解を深めていきます。
そのためオノマトペが多用されている絵本は、読むと赤ちゃんが興味を示したり、じっと聞いてくれる事が多く、こちらも読みがいを感じる事ができます。

意味あるの?0歳児に読み聞かせ


聞いているんだか聞いていないんだかよく分からない赤ちゃんに向かって絵本を読み聞かせするのは、なかなか根気がいります。
まだ焦点も合わないような、生まれてすぐの頃はもちろん、手足を自在に操れるようになり絵本を大事そうに抱えて持ってきたとしても、読み始めるとすぐにパタンと閉じてしまったり、投げたりかじったり・・・。だんだん真剣に読んでいるのがばからしくなってしまう事もありますよね。
***
まぁ絵本なんてもっと大きくなってからでいいか・・・と一旦遠ざかる人も多いでしょう。
確かに月齢が進んでからの方が、内容を理解できたり自分の読みたい本を主張したりできますから、こちらとしても読みがいはでてくるのですが、やはり早くから絵本に触れている子の方が、その後も絵本に抵抗がなく自然と絵本の世界へ入り込むことができるようです。
まだ興味はなそうでも身近な物、楽しい物としていつも目に触れる場所に絵本を置いておくと、いつのまにか親しみや愛着が湧いている存在となっていくのかもしれませんね。

さて、反応はなくても読み聞かせをした方が良い。でもやっぱり反応欲しい!と言う事で、赤ちゃんでも反響の大きい絵本をご紹介します。

赤ちゃんが実際に喜んだ絵本


赤ちゃんが本当に喜ぶのはどんな絵本なのか?実際に赤ちゃんに読み聞かせ、反応を確かめながら作られた、オノマトペの絵本をご紹介します。

*もいもい

鮮やかな色と音が赤ちゃんの視覚、聴覚に心地よく響くような、そんな絵本です。
更にストーリーが加わったような絵本がこちら↓です。

*モイモイとキーリー

その他オノマトペで構成された絵本


*じゃあじゃあびりびり

【作・絵 まついのりこ】

日常、特に子供達がよく耳にする音が、オノマトペで集約されています。

*ぶーぶーぶー

【作:こかぜさち 絵:わきさかかつじ】

まず表紙が目を惹きますね。車のクラクションの音と色とりどりの車。安定の1冊です。

*ごぶごぶ ごぼごぼ

【作:駒形克己】

赤ちゃんに大人気の絵本。絵も音も何を表しているんだかよく分かりませんが、想像力を掻き立ててくれている気がして何度も読んであげたくなります。

*むにゃむにゃ きゃっきゃ

【作:柳原 良平】

促音が多く、私が読むと同じように繰り返す次男(2歳)。うちの子は言葉が遅めだったのですが、この絵本を読んだ頃から色々と発音できるようになりました!

*もこ もこ もこ

【作:谷川俊太郎 絵:元永定正】

謎の物体が飛んだり形を変えたり、大人からすると「?」な内容ですが、はまる子続出の絵本。ある程度月齢が進んでも好きなままの子が多く、長く読んであげられます。

*もけらもけら

【作:山下洋輔 絵:元永定正】

こちらもど素人の私には、「この絵の擬音はこれでいいの?」と言いたくなるような組み合わせですが、子供は大好き。
次男は最後の「ズバラバ!」という音が好きらしく、毎度爆笑しています。

*ひまわり

【作:和歌山 静子 】

 

ひまわりが成長する様子を音だけで表した絵本ですが、迫力あります!


まだ話せない赤ちゃんでも、「ばばば」とか「ぶー」という喃語は出ますから、読み聞かせているうちに真似してくれたり、初めて発音する言葉が聞けたりして、忘れられない1日になる事も。
柔軟な赤ちゃんには、惜しみなくオノマトペのシャワーを浴びせてあげたいものです。



Pocket

すきま時間に 昔話や小話で子どもの心を育てる

Pocket

スポンサーリンク




電車やバスなどの公共機関を利用中に子どもが騒ぎ出した時、みなさんはどうされてるでしょうか。
よく、『1度降りて落ち着くのを待ちましょう』などと書かれてますが、予定もあるしぶっちゃけそこまでできませんよね。
よっぽど時間と心に余裕がある場合は別ですが、周りからの白い目に耐えながらも(早く目的地に着いて~)と、祈るようにたひたすら待つというのが関の山かと。

ですが子どもも大きくなるに連れお出かけの機会は必然と増えていきます。

静かにして欲しい時こそ語り聞かせ


そこでこの語り聞かせの出番です。私が今まで実践した中で一番静かになりました。
小さな声で、というのがポイントになりますが、桃太郎や浦島太郎といった王道の昔話でもいいですし、自分がその場で作って適当に仕上げた物語でもなんでもいいのです。語り聞かせをする事で大抵の子ども達は耳をそばだてて静かに聞いてくれます。

*語り聞かせ日本のむかしばなし【作 小春 久一郎】


 

有名どころのお話が76話収録されています。昔は土曜日にテレビアニメ「日本昔話」が放送されていたので、そこで色々知る事ができたのですが、今は幼稚園や学校ででも扱ってもらわない限り、知る機会はあまりありません。
ちょっぴり怖いお話もあるけれど、昔の人の生活や知恵なども知れますし、これから先の時代も語り継がれてほしいものです。


考える力を育てるお話366【発行者:山崎 至】

童話や昔話から伝記、科学まで、いろんなお話がジャンルごとに分かれて掲載されています。366話ありますので1年間、毎日1話ずつ読んであげられます。字が読めるようになる1年生頃からは、読書の習慣を身に付けるのにも役立ちますよ。
鞄に入るポケット版もあって、こちらは100話しか収録されていませんが、持ち運びできて便利です。

あやふやだった童話の内容をおさらいしておくのもいいですし、寝る直前に絵本代わりによんであげるのもいいですよ。
語り聞かせなら声だけで伝える事ができますし、たまには絵がない、というのもより想像力を豊かにする効果があって、おすすめです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

0歳児からの赤ちゃん向け絵本 いないいないばぁ

Pocket

スポンサーリンク



*いない いない ばあ【作:松谷みよ子 絵: 瀬川康男】

あらすじ

最初にでてくるのは猫さんです。
いないいないばぁをするために手で顔をおおっているので目は見えないけれど、手の隙間から見えてる口でもう笑っているのが分かります。
次は表紙のくまちゃん。そして小さなねずみさん。きつねさんもいますよ。
みんなとっても可愛くいない いない ばぁをしてくれます。

絵本育児において全てはこの1冊から始まる

と、私は思っています。早い子なら声をあげて笑うようになる4、5ケ月頃から反応を示す子もいます。
まだまだ歩くこともままならないような幼い子達を惹き付けて止まないその理由はなんといっても、この表紙のくまちゃんの顔が物語ってくれています。

長いまつ毛のおかげですごい目が見開いて見えますね。
正直大人からするとなんか怖いような・・・口元も大きく開いて笑いかけてくれてますが、余計に不気味な気もします。
ですが大人と子供の感性はまるで違います。
赤ちゃんはこの、味のあるくまちゃんがしてくれる「いない いないばぁ」に夢中!

そして本を開くとすぐに出てくるねずみさんにも注目してみて下さい。左下にいます。
まるでこの絵本の中へいざなってくれているかのような、明脇役です。


出産祝いのプレゼントにも◎

この本は長男が1歳前後の時にプレゼントしてもらい何幾度となく破かれましたが、セロハンテープで補強しながら今でも重宝しています。
いたずらが大好きな1歳前後の時期にペラペラの紙が使われた絵本って100%破かれるので買うのを躊躇してしていたのですが、この本は価値ありました。
お友達にプレゼントしても、「読むと笑ってくれた!」「反応した!」ととっても評判がいいです。

やはり 「いない いない ばぁ」という手遊び自体が赤ちゃんは大好きなんですよね。
いるかな?いるよね?あっいたー、やっぱりね~、いると思ったんだよね~
という、期待→期待通りで嬉しい→安心 といった流れが作られるからのようです。

赤ちゃんにとってはこの時感じている 「安心」 がなにより大事なんですね。

おもちゃよりも魅力的


家には電池の力をフルに使って「いないいないばぁ」をしてくれるぬいぐるみのくまさんがいるのですが、そちらの方には一定時期興味を示したものの、今では部屋の片隅でぽつんと座っています。断然絵本の方がお気に入りで、長く楽しんでいました。

その他のシリーズ

*いいおかお【作:松谷みよ子 絵:瀬川康男】

あらすじ
ふぅちゃんがいいおかおをしてたら、興味津々でねこさんが見にやってきました。そしていいおかおの真似っ子をして、ふうちゃんの隣に並びます。次は犬さん、そしてぞうさん。最後は大好きなあの人がやってきて・・・

個人的にこの絵本のねこさんの表情がつぼです。笑 いいお顔が並ぶと、読んでいるこちらも嬉しくなりますね。


*もうねんね【作:松谷みよ子 絵:瀬川康男】

子ねこにわんちゃん。にわとりも、その子どものひよこ兄弟もみーんなとっても眠たそうです。みんなぎゅーっと抱きしめたくなるくらい、眠そうな姿がとっても可愛く描かれています。
寝かしつけにおすすめの絵本です。


仕掛け絵本

コンパクトで持ち運び可能な、いないないばぁの仕掛け絵本もあります。
*ばあ ぷっぷ!【作:わだことみ・絵:冬野いちこ】

*にゃんにゃん わん!【作:わだことみ・絵:冬野いちこ】

パンダやコアラがおじぎをした状態からページを上にめくると、「ばあっ」とお顔を出してくれます。おひさまとお月さまなど、さまざまなバージョンがあり、ぐずられると困る新幹線や飛行機の中など大活躍してくれています。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket