スマイルゼミかチャレンジタッチか。タブレット比較

Pocket

今猛烈に悩んでいます。
どちらのタブレットを申し込むのか。
もともと家で私が教えるスタイルの家庭学習は、子供を勉強嫌いにさせる絶対の自信があったためはなから頭にありませんでした。
勉強習慣をつけるためにも公文か学研教室で散々悩んだあげく、学研教室に通わせて早3年。ここにきて子供がどうしても始めたい習い事と学研教室の曜日がかちあってしまい、泣く泣く(私的に)退会するはめに・・・。
スポンサーリンク




朝ごはんを食べたらすぐプリントを始めるのが日課になっていたので、この習慣がなくなるのは非常に惜しいです。やりはじめはぐずぐず言ったり本当に苦労したので・・・。かと言ってそのまま紙媒体の家庭学習に切り替えてもうまくいかないだろうし。
学研教室は子供も楽しく通っていましたし、親の私にとってもかなり満足度の高い習い事でした。教室に入って先生に宿題を提出するというミッションがあるからこそやろうと思えたのだろうし、子供に「わからなーい」と言われても
「じゃあ空けといて。今度先生に聞いて」と丸投げできるのでこちらもストレスフリー。

悩んだ末に辿り着いたのがタブレット教材でした。

タブレット教材のメリット


・自動で丸つけしてくれる
・解説してくれる
・消しゴムいらず
・電源をいれるだけで始められる
・勉強の後はゲームで遊べる

うちの子達はみんな夫に似てゲーマーなため、かなり魅力的なはずです。姿勢が悪くなるとかえんぴつの持ち方がどうとかデメリットも囁かれていますが、目標は毎日の勉強を習慣化させること学校の授業にしっかりとついていく事。そして何より私が怒って解説したりする事のないようにしたいので、家でやるならタブレット教材1択です。

もともとスマイルゼミが良いらしいという噂は聞いていたので、最初はほぼスマイルゼミの方向で考えていました。
調べるとちょうど体験会が開催されていたので行ってみる事に。

席が空いていたのでさっそく長男(新3年)、長女(新1年)体験。
やはりペンはかなり滑らかで書き心地抜群。画面に手が触れても誤認しないという点もポイント高いです。
長男の方は夢中になってやっていたのですが、長女の方は操作になれるまで少々手間取っていました。

そしていまいち娘が苦手そうな時計の項目をやらせてみたのですが・・・まぁまぁイライラしました。
ボタンを押すと丁寧な解説があるのですが、「え?どういう意味?」と聞かれて「もう1回解説を聞くように促すも「?」という感じだったので「いや、だから~」と結局私が解説するはめに。
娘の理解力が著しく乏しいのかやる気がなかったのかは分かりませんが、この模範解答以上に私もうまく説明できないし、会場の人に、学校の授業教との適合性について質問したところ、やはり1ケ月ごとの配信になるのでどうしても前後してしまったり、そこまで細かくは添えないと。まぁこれは当たり前といえば当たり前ですが、直に伝えてプリントを変えてもらえる学研教室には勝らないな、ととりあえず退散。

もうこの際その習い事はあきらめて学研教室を継続したい気持ちが強まっていたのですが、ここにきてまた夫と対立。
「こんな小さいうちから勉強の習い事を優先させなくてもいい。そもそも何もしなくたって小学校の授業ぐらいついていけてるはずだ!〇〇(私)は勉強に対しての恐怖心が強すぎる」

ええ、ええ、恐怖心強いですよ。
解けないと怒鳴られて胸ぐら掴まれて、「このままだと生きていけない」って脅された過去を持つ私と
勉強に関しては放任されていたらしい夫。分かってくれなくていいのだけど、勉強ができない→学校つまらない→自信を失くしていく という事態はなんとか避けたいのです。

とにかく勉強で怒りたくない。勉強なんてできなくたっていいんだよって大らかな気持ちでいられれば、それが一番いいのかもしれないけど、勉強できなくていいとは決して思わない。だからできれば楽しく学んで欲しい。怒りたくない。それなのに自分が教えようとするとイライラしてしまうし、言いたくない暴言を吐いてしまいそうで怖くなる・・・。

チャレンジタッチ


ここであまり考えていなかったチャレンジタッチの方も検討してみる事に。なんせチャレンジは私自身全然やらなくて、辞めては届いたDMの漫画見て再度入会、また手をつけずに辞める・・・の繰り返しだったのであまり期待がもてずにいたのですが、今回はタブレット!根本的には違うはず!

ちょうど息子の友人でやっている子がいたので、触らせてもらいました。

スマイルゼミとはまた全然違う雰囲気で、なんだかとっても楽しそうな雰囲気!
何より私が重視しているのは分かりやすい解説なので、車のナビみたいに淡々と語られるスマイルゼミよりも、抑揚のついたチャレンジタッチの方が聞く耳を持てる気がしました。

気がかりなのは1か月に15回分しかないという問題量。毎日勉強する習慣を続けたい私としては、半月やる事がなくなってしまうのは避けたいので、これはもう覚悟を持ってドリルを購入するしかないか・・・と考えていたところ、「考える力プラス」というものが目に留まりました。

考える力プラスって?

月々2484円で届く紙媒体の教材です。そもそも〇付けしたくないからタブレットを選択しようとしているので、結局紙のをやるんかいって自分でも突っ込みたいぐらいですが、「答えと指導ポイント」というものがついてるらしいので、ひとまずやってみようと思います。怒鳴りそうになったら即座にやめます・・・。

と、こんな感じでまだまだ学研教室に未練が残っている状態ではありますが、ひとまず契約してみてまた経過を載せたいと思います。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です