小学校入学前にやっておきたい ~学力編~

Pocket

スポンサーリンク




幼稚園では遊びが中心だったのに対し、小学校に入るといきなり机に座ってお勉強。ガラッと環境も変わりますね。
以前夫婦で教育方針が違うという記事を書きました。私は先に先に準備しておきたい、夫は失敗も糧になるからそれはよくないという考えですから、小学校に入る前に学力の準備とかいうとまた喧嘩が勃発しそうなので、私は私なりにこっそりと、入学がスムーズに進むように出来る事は何か考えようと思いました。


1年生で習う教科は?

(息子の通う小学校を例にしていますが、地域によっては違う場合があります。)
1年生では主に国語、算数、体育、音楽、図工、生活、道徳、体育、学活。(うちの小学校では再来年度から英語が導入されます)
私が馴染みのなかったのは「生活」です。
生活
生活の授業とは、実際に身体を動かして世の中のしくみや社会的な事を学ぶ教科です。植物を育てたり、昔で言う理科に近い内容の事もあります。
国語
主にひらがな、カタカナ、漢字、作文を提出する事もあります。
算数
簡単な足し算、引き算
音楽
歌を歌ったり、楽器では鍵盤ハーモニカ、カスタネットを使用
体育
鉄棒(逆上がり)、跳び箱、水泳、なわとび
図工
クレパス、粘土、絵具を使っての創作

音楽や図工、音楽などは通っていいた幼稚園の延長みたいな感じでしたので特に苦労している様子はなさそうでしたが、やはり大きく違ってくるのが「国語」「算数」といった勉強系ですね。

読んだのはこちらです!

*7歳までに学力アップ!

【作・親野智可等】
~勉強ができる1年生にしてあげよう~

教科に分けて具体的にどの程度の力をどのようにして身に付けておくかが書かれていて実践しやすいです。
ただ詰め込むのではなく、苦手意識を持たないように工夫して養わせてあげる事が重要なようですね。

以前高学歴で有名なお笑い芸人、ロザンの宇治原さんが勉強はゲーム感覚でやっていた、みたいな事をテレビでおっしゃっていたのですが正にそれで、勉強を勉強と思って取り組むから嫌になってくるんですよね。
一緒にトランプをしたりカードゲームをしたり、もしくは普段の生活に自然と取り入れていくような感じでスタートすると抵抗なくやる気を出してくれそうです。

うちの子は(というか、みんなそういう時期があるのかもしれませんが)幼稚園の頃から数には興味があってよく数えていました。
ですが「お母さん!これ何個あるか数えようよ!」とか(おびただしい数のものです。土手のススキとか。)
「100から150までちょっと言ってみて」
とか、は?何で?と言いたくなるような事が多くめんどくさがっていたのですが、もうちょっと親身に付き合ってあげてもよかったかなぁ・・・と反省です。


絵本をたくさん読み聞かせておく

絵本を読み聞かせる習慣は、学習面においても大きく効果を発揮します。字が読めるようになるという事ではなく、長い文章を聞く事に慣れている、物語に親しみがあるという事は、教科書に書かれている内容も抵抗なく聞く事ができます。


何より小学校に入ると決められた時間の間きちっと座っていなければなりません。
騒いではいけない公共の場で静かにできているか、食事中立ち歩いたりしていないかなど、まずは基本的なマナーや習慣が身に付いているかを確認しておく事から始めたいですね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です