絵本の読み聞かせと、国語力

Pocket

読み聞かせの弊害?

こんなに絵本を読み聞かせてきたのに・・・

息子の国語力の低さに、弱冠引いています。

いやいや、そんな子供の成績をあげるためとか、そんな横しまな気持ちで今まで読んでいたわけではないんですよ。
純粋に絵本が好きで、子どもとのコミュニケーションを図るためだったり、読んであげる時間は私にとっても至福の時間だったはず。

に、しても。

なんで「は(わ)・を(お)・へ(え)」の使い方が分からないの?
なんで「おねいさん」とか書いちゃうの?
なんで問題読まずに答えるの?
なんで音読そんなやる気ないの?
スポンサーリンク



自分の1年生の頃をそこまで鮮明に覚えているわけではないけれど、息子の国語に対しての意欲と理解力のなさに戸惑いを隠しきれません。

「読み聞かせをしても、読む力がつくわけではない」ということは学研の先生にも言われ、子供が自分で読む用のお薦めの絵本をピックアップしてもらったのですが、自分で読むのはどれも嫌がってばかり。

読んでもらうのは相変わらず大好きなのですが、読んでもらう事に慣れすぎて、自分で読むのはかなり面倒に感じている様子・・・。

こればっかりは個人の性格にもよるのでしょうけど、同じように読み聞かせをしてきている友人の子も本読み嫌い、自分では一切読まないとの事でした。

特に男の子は国語の勉強自体、同じ字を何度も書いたり読んだりするので嫌がる傾向にあるようですが、どんなに読み聞かせを行ってきても勝手に文法が身につくわけではない国語が好きになるわけではない。という事を、身をもって知りました。
・・・
さて問題の「は・を・へ」の理解をどうするか。
例えば『「は」な「は」 きれい』という文章があって、「は」か「わ」を選ぶとき。
息子は「わなは、きれい」 とか書いちゃうんですよね・・・。
 説明の仕方も色々変えたのですが、それでも間違うので、合っているところもあてずっぽうなのでしょう。

解決法として、私は以下の事を取り入れてみることにしました。

・問題数をこなす
・手紙やメールでやりとりする
・雑誌系の本を与える

 

結局、問題数をこなすして感覚で覚えていくのと、私が家にいないときの連絡を手紙で伝えたり、メールに「は・を・へ」を意識した文章を組み込んで読ませていく事にしました。
雑誌系の本とは、よくスーパーの本のコーナーに置かれているもの(『小学1年生』とか)を指しています。
私はこの手の本があまり好きではないのですが、子供が好きなおもちゃだったりアニメキャラクターが載っているので興味を惹かれるんですよね。
これらも同じように「読んで」と持ってきはしますが、
「絵本じゃないから読まないよ」と私が断固として読まないでいると、仕方なく自分で読み始めます。

読み聞かせに弊害なんてないと信じているけれど、自分で読む事も少しずつ覚えさせていかなければならないんだな、と実感した出来事でした。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です