端午の節句に 鯉のぼり購入記録

Pocket

スポンサーリンク




鯉のぼりを購入しました

というか買ってもらいました。実母に。

今時は鯉のぼりを出している家も少なくなりましたが

私は幼い頃から憧れがあって、男の子が産まれたら飾りたいという気持ちが強かったのです。

でもそもそも鯉のぼりの相場ってどれくらいなんだろ~とネットサーフィンしてみたんですが、相場は「10万から30万程」という記事を見て

た・・・高いっ

なんか気軽に買って欲しいとかねだれる金額じゃない気がする・・・とたじろぎ小心者の私は

「やっぱりいい」 と断りの電話を入れたのですが

「いいよいいよ、お祝いに贈りたいし見に行こう!」

と言われ甘える事に。

(実際店頭には3万円台でも立派な鯉がたくさんいらっしゃいました。)

そんなにこだわりとかもないし、適当に良さそうなのを買ってもらおうと軽く考えていたのですが、実際売り場に着いてみると

迷いますね。

吹き流し(一番上のひらひら)だけでもいろんなタイプがあるんですよね。昔ながらの五色タイプから龍が入った現代風のデザインまで。

鯉のぼりの顔やうろこだって全然違います。

で、ちょっとこれかっこいいな~と思ったら大抵割高ですね。

山本寛斎さんデザインのもありました。今風でお洒落でした。

ちりめん鯉のぼりなんてのもあるんですね。

家がマンションだったり、鯉のぼりを外につるすのが面倒という人向きですね。お部屋のインテリアにも良さそうです。

「お値段、デザイン共に納得!これにしよう!」 と決意しようとした瞬間、先端についている矢車がオレンジ色で気になったり・・・

オレンジも可愛いんですけどね。なんだかプラスチックのおもちゃみたいに見えたんですよ。 せっかくなら金色!と思うとまた一から考え直し・・・

結局トータル1時間半は悩んだと思います。

家族の数だけ泳がせたいという想いもあったので、通常のセットに小鯉を付け足してもらう事にしました。

ほんと、今回は購入してみて思い知りましたね。

私、鯉のぼりへのこだわりすごいある。

まぁでも気に入った物が購入できてよかったです。

*しょうたくんのこいのぼり

部屋の窓から突然にゅっと現れた鯉のぼり。しょうた君を背中に乗せて、大空を飛び回ってくれます。

さすが店頭に置いてあるだけあって、鯉のぼりに夢を持てるような内容となっています。

*かっぱのこいのぼり

池の中にあるかっぱの世界のお話。絵も細かくて、子ども達も目を見張っていました。

水中から見上げると鯉のぼりってこんななのかなぁと不思議な気持ちになりました。

この絵本を見読んだ後、河川敷で泳いでいる大量の鯉のぼりを見かけたら、この河童の世界を想像してしまうでしょうね。

さて、鯉のぼりですが家に帰って設置してみると、子ども達もとっても嬉しそうでした。

(一瞬見ただけで後は完全にこどもの日に買ってもらったおもちゃに夢中でしたが・・・)

大空にたなびく鯉のぼりのように、みんな心も体も大きく育ちますように・・・
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です