猫が登場する絵本

Pocket

スポンサーリンク




猫大好き

「ねぇママ、猫飼いたい」

幼稚園に通う娘が最近毎日のように訴えてきます。

理由は明白です。

幼稚園に向かう道中に猫カフェができた からです。

大きなガラス窓の外から可愛い猫ちゃん達の姿がお目見え。

私も動物好きな方なので通ると必ず中の様子を眺めてしまいますし、娘を連れて一度お店に入ってみようかとは思っているのですが

軽くアレルギーを持っているため二の足を踏んでいます。

少し目や身体に痒みが出る程度なのですがね。

娘の猫飼いたい度も確実に増すでしょうし・・・。

とりあえずは絵本の猫ちゃん達で我慢してもらおうと思ってます。

実家にある猫が出てくる絵本

*いたずらねこ【バーナディン・クック】

猫とかめが道端で出会った時のお話です。

単純な内容なのですが、少しずつ少しづつ話が進んでいくのが面白いです。

*ちいさなねこ【石井桃子 作 横内襄 絵】

幼い頃よく読んでもらいました。

こちらも子猫がそっと庭からでていき、近所でのちょっとした冒険を経て、母猫と共に帰ってくるという単純明快なお話なのですが、子ども達には非常に食い付きの良い絵本です。

良本とされる絵本の基礎がしっかりとできているため長年愛され続けています。

*まりこちゃんとこねこ【作 なかのひろたか】

この絵本もおそらくかなり読んでもらったのでしょう。

近所の家の壁に 子猫あげます の張り紙がしてあって

まりこちゃんも飼いたいけれど、出張から帰ってくるパパの許可がでてからということで、帰ってくるまでやきもきしながら待つお話なのですが、

うちも父が単身赴任中だった事もあり

完全にまりこちゃんになりきってました。その他にも

*11ぴきのねこ

*こねこのぴっち【作 ハンス・フィッシャー】

*ふうせんねこ【作 せなけいこ】

*ねこがいっぱい【作 グレース・スカール】

など、実家にあるねこの絵本だけでもかなりありますね。

みんなお気に入りの1冊

*ノラネコぐんだんパンこうじょう【作 工藤のりこ】

こちらは出版されてすぐの時に購入しました。

絵本屋さん大賞4位。

可愛らしい猫軍団と美味しそうなパン達に魅かれて購入しました。

「こむぎこどばっ」 「ぎゅうにゅうどぼっ」

会話をし始めたばかりの息子が、ホットケーキを作る時

毎回この台詞を口にしてしていました。

名作絵本

*100万回生きたねこ【作・絵 佐野洋子】

こちらは完全に大人向けの話ではありますが。

(子どもに読んでも「かわいそうだね~」位の感想でした)

泣けます。

100万回生きてやっと

生死の尊さについて学んだ猫のお話。

猫のように生きたい

気まぐれだけど甘え上手

自由に気の向くまま

私とは正反対な生き物ですが、そんな生き方にずっと憧れていました。

子ども達にもほんわか育児でのびのびと育ってほしいけれど、

現実は「早くしなさい!」「ちゃんとやりなさい!」

のオンパレード。

やっぱり猫カフェに癒されにいこうかな・・・

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です