子育てに優しい家とは? 家の絵本

Pocket

スポンサーリンク



家を買うならマンションか一軒家か


うちは結婚してしばらく駅近のマンションに住んでいました。

広くはありませんでしたが、夫と2人で暮らすには充分な間取りでした。

ですが子どもが産まれるにあたり、部屋数や収納が足りなくなる事から引っ越そうと決意。

同じようにマンションで広い部屋を探すか、一戸建てにするのか、それはそれは迷いました。

それぞれに違うメリット、デメリットがあるんですよね。

マンションのメリット

・1フロアのため掃除が楽(子どもが勝手に階段の昇り降りするのを心配しなくてよい)

・オートロックマンションなら防犯面で安心(外出時の戸締りも一軒家より楽)

・駅近だと(育児用品を買うにしても)生活に必要なものが歩いて買いに行けるので便利

一軒家のメリット


・子どもが騒いでも上下階の音を気にしなくてよい

・1帖の広さがマンションよりも広い、収納が多い
(ジャングルジムや滑り台など子どものおもちゃは何かと場所をとるので)

・子どもが車で寝てしまったりベビーカーを運ぶ時でも、駐車場まから玄関までの距離が近いので楽

・庭があれば子どもと草花、野菜を育てられる

こんなもんでしょうか

悩んだ挙句、うちは一軒家に決めました。

子どもの人数が多いため、下の階の方へ配慮するのが大変だと思ったからです。

子どもはどうしたって騒ぐのですから、それを毎度毎度神経を払って注意するのも疲れるだろうし、子ども達も可哀想かなという気持ちもあり・・・

(この件に関してはマンションでも一階に住めば解消されますけどね。マンションなら景色のいい高層階に住みたいという欲が・・・)

私の実家は田舎にあり、不便さに対するストレスを感じていましたから、一戸建てといってもできる限り駅に近い土地を購入する事にしました。

駅から遠いと後々送り迎えしなければならない事も出てくるでしょうし・・・。

家ができるまで

家を建てる事が決まると次に考えるのは部屋の間取りや外観。注文住宅ですので、コンセントの位置まですべてを自分達で考えなくてはなりません。自分達のセンスに自身がなさすぎて完成するまでものすごい不安でした。
やはり目で見てもないものに大金を払うって勇気いります。

書類を提出してからも

壁の色あれでよかったんだろうか、窓の数足りないんじゃないか、考え出すと眠れなくなる事も。

でも、だからこそ、完成した時は嬉しくてたまりませんでした。建売りも探しましたが、条件に合うものがなかったり、これはいらないな、と思うものが設置されていたりで納得がいかずに決められませんでした。

建つまで気を揉みましたが、自分達で一から考えて作った家はとても愛着が湧きます。

いえの絵本

*それいろのたね

ある日きつねくんと交換したたねを植えると、なんとそこに小さな家が生えてきました。

その家はどんどん大きくなっていき、森の動物達も次々に入ってくるのですが・・・

狐がちょっと意地悪(?)な事言うシーンがあるんですが、3歳の息子に読ませると 「怖いからもう読みたくない」と・・・。

なんか大人としては意外な感想でしたね。

*あなたのいえ わたしのいえ

今日の家が建つまでを幼児にも分かりやすく説明してくれています。

最後の一文は、これからの家の未来を想像させてくれます。

住宅メーカーのCMにもよくありますが、家は子どもの成長を一緒にずっと見守ってもらう場所。

今は家の居心地がよすぎて子どもがなかなか家を出てくれないなんて問題もあるそうですが・・・

いつか大人になってこの家を巣立っていっても

何かあれば帰ってきたくなるような

そんな温かい家づくり(家庭づくり)を目指したいものです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です