単色 モノクロ絵本の魅力

Pocket

スポンサーリンク





色のない時代

昔はカメラを撮って現像すれば白黒

テレビをつけても白黒 だったように

白と黒だけやモノクロ、セピア色と聞くと、昭和の古めかしい情景が思い浮かびます。

お葬式での喪服や遺影のイメージもありますから、「おごそか」であったり、少し「怖い」という感情を抱く人もいるかもしれません。

モノクロで少し怖いイメージのある絵本

*よるのびょういん【作・谷川俊太郎】

主人公のゆたかが盲腸で入院する話なのですが

これは全てモノクロ写真で出来上がっています。

そのせいか病院の緊迫した様子や両親の不安な気持ちがありありと伝わってきます。

「入院」という非日常な状態に、妙なリアルさが手伝って

家で何度も読んでもらいましたが、幼い頃のイメージとしては

「怖い絵本」の分類でした。怖い絵本といえば

*なおみ【作・谷川俊太郎】

こちらの絵本もタイトルは朱色、表紙は緑がかっていますが全体的に暗いイメージです。

更に日本人形が不気味な感じを醸しだしていて、私も初めて手に取った時はぞっとしたのですが。

内容はそういった話ではなく

この日本人形をずっと可愛がってきた女の子が、いつしか成長して人形ともいったんお別れするけどまた再会するという

女性や母親としては共感する部分も大いにある絵本です。

単色の絵本

*もりのなか【作・絵マリー・ホール・エッツ】

*いたずらきかんしゃちゅうちゅう【作・絵バージニア・リー・バートン】

子どもに本を選ぶ時、目がいくのはカラフルな色遣いのものであるため、現代的で派手な絵本になりがちですよね。

ですが意外に子ども達は白黒でも興味を示し、飽きずに最後まで聞いているものです。

子ども達はみんないつか絵本を卒業して

活字に少し挿絵が入る程度の単行本へと移行します。

その方が自分で好きに想像ができるし、無駄がないからです。

ですがまだ生まれて数年の幼児達にとってそれは困難な話ですから、絵が大変重要になるわけです。

絵があればすんなり物語の世界へ入っていく事ができます。

そいった意味では単色やカラーの絵本は

たくさんの色が使われている絵本に比べ少し高度かもしれませんが

限定されない分より想像力を働かせ、自分なりに色をそこに当てはめて見る事ができますし

前述したように色がない絵には、「色がない」事でのみ表現する事のできる世界観があり、独特の雰囲気を醸しだしているのです。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です