子どもと野山へお出掛けしたくなってくる絵本

Pocket

スポンサーリンク




*まぁちゃんのすてきなエプロン

IMG_20160414_233804-3

こどものとも(年中向き) 1997年4月 まあちゃんの すてきなエプロン

(同じ著者の人気作、「まぁちゃんのながいかみ」についての記事はこちら→女の子の髪型に関する絵本

もうこのお話のシチュエーション自体が、女の子心をくすぐる要素満載です。

・お母さんに縫ってもらったカラフルなポケット付きエプロン(しかもハンカチ入り)

・野原にお出かけ

・お友達と森の中でお料理

こざるやきつねにぶたと、可愛い動物達もたくさん出てきます。

ただこの動物達、まぁちゃんの気を逸らしてポケットの中に入っているハンカチと同じ色の果物を勝手にすり替えるのですが、まぁちゃんが天真爛漫な子だから良かったものの

お話を進めていくと出てくる双子の女の子達にこれをやったら憤慨されそう・・・

勝手なイメージですが。

そして明らかにハンカチと違い、ずしりと重みがありそうな果物と入れ替わっているのに全く気付かないまぁちゃん・・・

・・・・すみません。この絵本私の幼少期にはなく、大人になってから読んでいますのでどうしてもうがった見方をしてしまうんですよね。

そんな自分がちょっぴり悲しいです。

娘はそんな事気にも留めずに、読んだ後はピクニックごっこを楽しんでいました。

読めば大人もピクニックに出掛けたくなってくる絵本

*14ひきのぴくにっく【作・絵 いわむら かずお】

*ちきゅうのうえのピクニック【作・竹下 文子】

*ピクニックにいこう!【作・絵パット・ハッチンス 訳・たなか あきこ】

私は元々森や自然が好きな方なので、子どもがいない時から夫婦でハイキングに出かけたり、近くの山を散策したりしていたのですが

これが子どもと出掛けると、同じ場所でも全く違う景色に映るんですよね。横で子供が自分では気付かなかった小さな事に気付いたり疑問を感じだり、感動したりしているので。

もちろんその代わり、疲れただの帰りたいだの、トイレ行きたいだのペースは乱されまくるわけですが。

ちなみに肌寒い日ならモンベルのウィンドブレーカーがおすすめです。

軽い上に風を全く通しません!

そしてピクニックといえばお弁当ですよね。

暖くて色とりどりの花が咲き乱れている今こそ、ちょっと頑張ってお弁当作りに精を出してみませんか。

何ともない一日が、素敵な思い出に残る日に変わるかもしれませんよ。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です