どちらがいいの?何が違う?学研と公文式 

Pocket

スポンサーリンク




できれば習い事は勉強、スポーツと偏りなくやらせたいなと思っているのですが、時間的な事や経済的な事で頭を悩ませる日々です。

私自身は小学3年生の頃から公文に通い始め、中学生で塾に切り替えました。

公文式か学研か。散々悩んだ挙句現在子供達は、学研に通わせています。

まだまだどうなるのか分からない年齢ではありますが、私なりにネットや周りで通わせている人達の話を基に、違いをまとめてみました。(※内容は変更される可能性があります)

料金【幼児 3歳 4歳 5歳】


学研 公文式
週1回(算数・国語) ¥6480 ×(事情によりOKな教室も)
週2回(算数・国語) ¥8640 ¥12960
週2回1教科    × ¥6480
入会費 ¥5400   無料

価格だけでみてみると、1教科だけなら公文式、2教科習わせるなら学研の方がお得という事になります。

ねらいの違い


学研・・・小学校の授業に沿っていて、1年間先取りする。途中何度か復習も行う。

公文式・・・算数なら計算力、国語なら読解力と、基礎を固める。実力より簡単な内容から始め、スラスラ解ける事で自信をつけていく。学校の授業には沿わないそうです。

市販のプリントではだめなの?


公文式のプリントも学研のプリントも、本屋さんで普通に販売されています。内容もそんなに変わりありません。料金はプリント代だけですから、自宅学習だけにした方がかなり安くあがります。

うちでも購入した事がありますが、楽しそうにやっていました。

正直、家できちんとプリントができるならわざわざ教室に通う必要もないと思います。
ただそれが難しいんですよねー(–,)

下の子がいれば邪魔されますし、素人が教えるとなるとイライラして子供を余計勉強嫌いにしてしまう可能性があります。

そして何より教室に通うメリットは、毎週宿題があるので必ずやるきっかけができるということ。今現在では1日プリント1枚が目安なのですが、ノッている時には一気に全部やってしまう事もあります。

でもこれが家で市販のものを・・・となると期限がないためダラダラとやってしまったり、いつのまにか全然手を付けなくなっていたり・・・。

通信教育と違うのもこの点かな、と思います。強制的に勉強する癖付けができます。

なぜ学研を選んだのか


私が学研を選んだ理由は、あくまで私の子供達の学力に対しての希望が 『学校の授業についていける程度の力をつけてほしい』 というハードルの低いもの(たぶん)だからです。

よく 「天才児を育てるなら公文!」 とも聞きますが、蛙の子は蛙でしょうから多くは望んでいません・・・。

ただ学校の授業が面白くないと学校そのものに行きたくなくなってしまうかもしれません。算数なんて特に積み重ねですから一度分からなくなると、どんどん嫌いになってしまいますよね。

選ぶポイントは先生


結局は学研を選ぼうが公文式を選ぼうが、教室を経営する先生によって差が出てくるような気がしています。

実際近所に公文式の教室が2か所ありますが、方針も全然違いました。

子供と先生の相性というのもありますから、あまり行きたがらない 不安がありそうだ という場合には他の教室を検討してみた方がいいかもしれないですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です