すぐ泣く子 泣き虫な子との接し方

Pocket

スポンサーリンク




自分は涙腺が緩いくせに、涙腺がゆるい男性が苦手です。
テレビや映画を見て感極まって・・・とかならなんとも思わないのですが、ちょっとした仕事の事やプライベートな事で頻繁に泣く男性は、魅力的に感じられません。
我が家では長男がちょっと打たれ弱くすぐ泣くタイプの子でした。石につまづいた、転んだ、頭をぶつけた、お友達におもちゃをとられた・・・3歳位まではみんなそんなもんですし、それも可愛いと思えるのですが、4歳にもなると一人一人の個性がよく出るようになり、泣き虫な子は本当にちょっとした事で泣きますし、歯をくいしばって我慢している子もいます。


私は息子達にはさんざん泣いてはいけない、と教えてきました。男女差別と言われようとなんでもいい、とにかく
「男の子でしょ!泣いちゃだめ!」と言ってきました。
自分が魅力的だと思えない男性のようにはやっぱりなって欲しくない、と思ってしまうんですよね。

ただこういう言い方をしていると困るのが、お友達と遊んでいる時です。
相手の子が泣いてしまうと
「そんな事で泣くなよ、男やろ?」とか言ってしまう息子・・・。
私はそれでいいと思うのですが、ここにママがいる場合ちょっと気まづいです。しかも息子が原因で泣いてしまった、となれば、(もちろん見ていて息子に非があって泣かせてしまった場合はきちんと謝るように促しますが)
どう見ても泣かれるような事はしていないしな、と思える場面。
泣いている割に「○○君が悪かった!叩く真似した!もう僕は終わりにしたかったのに!」
とやたらしゃべる&戦いごっこしてる最中にその言い分は・・・とかなり自己中心的な理由を述べられるともう、苦笑いしかできません・・・。

やっぱり客観的にも「泣いている子」って可哀想に見えてしまいますし、結構お友達や周りのみんなが「どうしたの?」「大丈夫?」って寄っていきます。
これが続くと、「泣くとみんなが心配してくれるんだ」、と泣く事に対してハードルが下がるどころか、積極的に泣くようになってしまうんですよね。
幼稚園児ならそんなもんだと思います。
でもこれをそのまま放っておくと本当にどうでもいいことで泣いたり、今はよくても大きくなったら泣いて解決するような事なんて何もないので、(特に男性は)これはもう母親である私ぐらいは泣く事に対して良い顔をしないでおきたい、という想いがあるのです。

とにかくこういったよく泣く子に対して息子が何かしてしまった時も、「泣いてるから謝りなさい」、とだけは言わないように気をつけています。

後はよく泣いてしまう子とは極力プライベートで遊ぶのを避けています。我が子ばかりが悪者扱いになってしまうのはやはり見ていて忍びないので・・・。


泣くのを無理に我慢させるなんて虐体だという意見もありますし、子供が一生懸命涙ながらに訴えているのに泣く事を許さないなんて、と思われるかもしれませんが、泣くという行為自体癖づきやすいものである、という認識から私の育児方針としては、泣くのは最後の最後で、男の涙は本当に大事な時のためにとっておいて欲しいなぁと思っています。
一応今のところは泣けばなんとかなる、という考えには至っていないように思います。

次男に至ってはこけても泣きもせず、それはそれで相当鈍いのかと、心配になる時はありますが・・・。

ちょっと泣ける絵本
*おまえうまそうだな【宮西達也】


スポンサーリンク

泣くときは頑張った時の悔し涙か、悲しみを共感したり共有したり、相手を想いやる優しい気持ちで流す涙であってほしいなぁ





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です