これぞ4歳児におすすめの絵本7選

Pocket

スポンサーリンク



幼稚園、保育園でいうところの年中さんにあたる4歳の頃。物事をよく理解するようになり、口も達者です。長いストーリーや少し難しい表現が使われていても、絵本が好きな子なら集中して最後まで聞く事ができるようになります。
この頃の子供は集中力と共に記憶力も高く、読んだ後端々の絵の事やちょっとしたシーンについて質問してくる事もあり、たまに読んでる私がえっそんなシーンあったっけ と焦って読み返す事も。

そんな4歳児におすすめの絵本をご紹介します。

からすのパンやさん

【作・絵 かこ さとし】

あらすじ


舞台はとある森の中。パン屋さんを経営しているカラスの夫婦のもとに4羽の赤ちゃんが生まれます。
可愛いけれど4羽もいるのでお世話が大変です。せっかく作ったパンも赤ちゃんのお世話をしている間にこがしてしまったりして上手く作れないし、お店は散らかり放題。
子供達のせいでお店も閑散としてしまうのですが、再びお客さんを呼び寄せたのも4羽の子供達でした。

長年人気の高い絵本ですが、何より子供達が喜ぶのは見開きいっぱいを使って所狭しと描かれたパンのページ。全部で85種類あります。
初版が1973年と、私が生まれるよりも随分前に出版されていますので出てくるパンの中には「でんわパン」や、「テレビパン」なんてのがあるのですが、どちらも今の子供達では見た事のない昔の形状をしています。が、それもまた子供の興味を引くのです。
おびただしい数のカラスが描かれている絵本ですが、その表情は1羽1羽丁寧で子供達を釘付けにします。

主人公がカラスである事も良く街中のそこらじゅうにいるので、外で見かける度に子供の頭の中でストーリーが繰り広げられたり、色々想像するようになりました。
長めのストーリーですが、子供達には一瞬のよう。
最後のページまでくると、読み終えるまえに「もう一回読んでくれる?」と聞いてきます。

ちいさなヒッポ

【作・マーシャ=ブラウン 訳・うちだ りさこ】

あらすじ


かばの親子の物語です。子供かばのヒッポは、いつも大好きなお母さんかばと一緒。だけどある日、好奇心から少し離れた水辺へ一人で向かいます。そこで待ち構えていたのは恐ろしいワニ。間一髪のところでお母さんが助けにきてくれて難を逃れるという話です。

このお話は文章も短く時間はかかりませんが、子供のかばがワニに気づかず水辺で遊んでいるシーンでは、「ワニが来てる!」と叫ぶ子や、怖いのか目を背ける子がいたりハラハラドキドキしながら聞いているようですし、お母さんカバが言葉を教えているシーンでは、上手く真似できない子供カバの様子が面白くって声を出して笑う子も。
絵は版画になっていて、子を思うお母さんカバの目が鋭くも優しく描かれています。
この絵本を通して、厳しい事言うのも愛情からなんだって、なんとなくでも気づいてくれたらな、と思います。

どろんこハリー

【作・ジーン・ジオン 絵・マーガレット・ブロイ・グレアム 絵 訳 わたなべ しげお】

あらすじ


お風呂が嫌いな白い犬のハリーは、お風呂に使うブラシを隠して外へと抜け出します。街中散策してどろんこ遊びをして、身体は真っ黒け。誰もハリーだと気付いてくれなくなってしまいます。結局自らお風呂に入り、綺麗に洗い流してもらう事で、無事家族に気づいてもらう事のできたハリー。最後はお気に入りの座布団の上でぐっすりおやすみ。

主人公のハリーは犬ですが、泥んこ遊びをしたりお風呂を嫌がったり、まるで子供達そのもののようです。ハリーが真っ黒になってしまい、みんなに分かってもらえないシーンで子供達の心はちょっぴり不安にかられますが、最後は安堵感で満たしてくれます。ハリーの顔がなんとも言えない満足気な表情をしていて癒されます。

いっすんぼうし

【作・石井 桃子 絵・秋野 不矩】

桃太郎や浦島太郎ならすぐお話してあげられるけど、いっすんぼうしのお話してって言われるとどうでしょう。確かうちでの小槌で大きくなったような・・・とぼんやりしてきませんか?

あらすじ


長らく子供のできなかったおじいさん、おばあさんの下に生まれた、いっすんぼうし。身体が小さくて親指程しかありません。おじいさんもおばあさんも最初は喜んでいたものの、小さいために他の子と同じように物事が運びません。
そこでいっすんぼうしは都へ行って一旗あげようと、二人のもとを離れます。お屋敷に住み込んで仕事をしていると、鬼が攻めてきます。いっすんぼうしは小さい身体を生かして見事に退治。
鬼が置いていったうちでのこづちで大きくなる事ができ、お姫様と結婚。おじいさんとおばあさんも呼んでめでたしめでたし。

絵も昔話の雰囲気出てます。桃太郎ほどではないけれど、知っておいて欲しい有名な昔話。
自分や周りが欠点であると思っている事でも、それが武器になる事もあると、教えてくれます。

めっきらもっきらどおんどん

【作・はせがわ摂子 絵・ふりや なな】

あらすじ
子供は暗闇にお化けを見出すといいますが、このお話も、主人公のかんたが木の根元の暗い部分へ吸い込まれておばけに出会うところから始まります。ですがこのおばけ達やたらとハイテンションで賑やか。
一緒になわとびを飛んだりお店やさんごっこをしたり、かんたもおばけとの時間を満喫していたのだけれど、そのうちにやっぱり大好きなあの人のもとへ帰りたくなって・・・。

この時期はお化けなど実際に目に見えないものや不思議な事に興味を持つ時期でもあり、表紙はちょっぴり恐そうだけど覗いてみたくなります。夏に読みたい不思議体験のお話。


そっといいことおしえてあげる

【作・おの りえ 絵・垂石 眞子】

静かで優しい、詩のような絵本です。
お母さんの傍を離れる時間も多くなって、お友達や先生、新しい人と関わり始める4歳。一気にいろんな事を知って戸惑ったり悩んだりし始める時。世界はまだまだ大きくて広い、だけどこの地球のどこかであなたの事を待っている人や物がたくさんあって、それらはみんな温かいんだと、教えてくれている気がします。まだまだ純粋で素直な心を持つ今こそ、安定した心の土台を作るためにも読み聞かせておきたい1冊。しっとりと心に沁みます。


しずくのぼうけん

【作・マリア・テルリコフスカ】

揺れるバケツから飛び出た一粒のしずく。ほこりがついて汚くなってしまったため、綺麗な姿に戻りたいと旅に出ます。太陽にあたると痩せてしまったり、夜になると寒さで凍ったり、色々と変形をとげますが、最後には笑顔のしずく君。

水の性質を教えてくれる、科学の絵本です。3歳の時に読み聞かせた時は、内容を理解しているとは言い難かったのですが、4歳を過ぎて読み聞かせるとまた全然違った反応が返ってきました。自然や科学の面白さに出会う一歩目にふさわしい1冊です。

最後に

一人で何でもできるようになってきたとはいえ、まだまだ世話のかかる4歳児。子供とのコミニュケーションを大切に、たくさん絵本を読んで心の安定を築いておきたいものです。また、いろんな種類の絵本を知ってどんどん自分の視野や価値観の幅を広げて欲しいですね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です