おすすめ絵本 虫編

Pocket

今まで何冊も虫や昆虫の絵本をご紹介していますが、また新たにおすすめをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク



*むしたちのうんどうかい
【作・得田 之久 絵・久住達也】

林の中で行われている虫たちの運動会。
園長先生も虫なら、競技者もみんな虫達です。みんなそれぞれ特徴的な鳴き声で応援しますから、とっても賑やか。
お弁当タイムもあり、いろんな種目が終わった後は綺麗な蛍の花火があがっておしまいです。

読んでいるうちに自然と虫達の特性が頭に入ってきます。ちょうちょがみんな花のミツを吸うわけじゃなかったり、空を飛べるバッタがいたり、虫達のちょっぴりコアな情報も知る事ができます。


*むしたちのおんがくかい
【作・得田 之久 絵・久住達也】

先ほどのシリーズもの。今度は音楽会です。しかし開催されてまもなく、賑やかな人間たちの演奏会が聞こえてきました。うるさくて虫達の音楽会どころではありません。
静かな地を求めてみんな他の場所へ移動する事に。工事現場やトンネルの中、いろんな場所へ行ってみるけれど、なかなか良い場所がみつかりません。そんな中大雨が降ってきて・・・?

先ほどのお話よりも、ハラハラドキドキ要素が加わった虫達のお話。どちらにも肉食カマキリを敬遠する虫が出てきて、ちょっと苦笑いしてしまいました。


*かえるくんとけらくん
【作・得田 之久 絵:やました こうへい】

虫達の熱い友情
土の上で過ごすかえると、土の中で過ごすおけらのお話。毎晩仲良く合唱するのだけれど、もっとおけらくんと一緒にいたいかえるくんは、無理やり土の上に出させようとします。だけどけら君は嫌がって出ません。土の上では生活できないのですから、当然ですよね。
ある日、かえるくんは天敵であるヒヨドリに襲われてしまって・・・?

先ほどの虫シリーズと同じ作者だとはいざ知らず全然違う図書館から借りてきた絵本だったのですが・・・。
やはりこちらもかえるの特性おけらの特性が生かされたストーリーになっています。
好きが故に独占欲が強くなってしまい相手に迷惑をかけてしまったり、仲違いしてしまったけどいさという時は必死で相手の事を守ろうとするところなど、まだ幼い子供達の友達関係でよくある事だと思います。
虫だけでなく、友情を学ぶ絵本としてもいいですね。


*むしとりにいこうよ!
【作・はた こうしろう】

むしとりに出かけた兄弟。さっそくお兄ちゃんが葉っぱにとまっている虫を発見したようです。葉っぱの裏や丸太の上など、次々に虫を見つけるお兄ちゃん。弟くんも大き目の石をひっくり返してみると、どうやら虫をみつけることができた様子

物知りなお兄ちゃんと、そこに頑張ってついていく弟。親からするとなんとも微笑ましい光景です。こんな風に兄弟で勝手に遊びに行って虫探しして帰ってきてくれたら・・・なんて羨ましい限りですが、今の時代なかなかそうもいきません。
結局付き添わなければならないのでしょうけれど、よくいる虫の名前と居場所が分かったので、いつも何気なく歩く道のりが、ちょっぴり楽しくなりそうです

虫ではないですが、番外編という事で。夏に向けて、こちらもおすすめです☆


*いそあそびしようよ!

今度は海!魚を期待して海へ行くのはいいものの、沖縄や海外でも行かない限り、早々自然の魚には出会えないんですよね。見かけても本当に小さな魚がスイスイ~と目の前を横切っていくだけだったり・・・
こちらの絵本では、カイやヒトデ、ヤドカリなどといった、磯でよく見かける生き物に注目されているので、見つけた際にはまめ知識が披露できますよ。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です