部屋の片づけができない子を片づける子に 効果のあった片づけ法

Pocket

スポンサーリンク



子どもに片づけ癖をつけるためには

まず大人がちゃんと片付ける。これ大前提なのですが、私には耳の痛い話です。

私は散らかっていてもそこまで気にならないタイプだったのですが、子どもがいるとそうも言ってられず、片づける癖がついている人はほんと羨ましいです。

特に赤ちゃんがいると抱っこ抱っこの毎日で、綺麗に家の中を掃除するって、そう簡単な事でもないんですよね。

それでも今のところ子ども達は私よりも片づける癖がついてきているようです。

これまで片づけのために実践した方法を記しておきます。

①おもちゃで遊んだ後、他の事をしたい(テレビを見たい、出掛けたい、絵本を読んで欲しいなど)と言い出した時は必ず

片づけたらしようね」と声掛けする

②おもちゃの住所(おもちゃの収納場所)を決めておく

(カラーBOXの一角それぞれにしまうおもちゃの写真を撮って貼り付けて置きました。これでまだ月齢の低いうちから、写真と同じところに直す癖付けをする事ができました。)

③おもちゃを出しすぎない

ずっと遊んでいないおもちゃは押し入れにしまうなどして、部屋の広さに対しておもちゃが多すぎる事のないよう配慮しました。

多いとそれだけごちゃごちゃしますし、片づけるのも大変になりますからね。

④大きめの箱を一つ用意しておく。

時間のない時、細々したおもちゃなどをとりあえず入れる事のできるおもちゃ箱を部屋に設置しました。ここにさえ放り込んでおけば見た目の綺麗さは保つ事ができます。

こちらの↓おもちゃの収納BOXも購入してみました。

「トミカの車」 「ボール」 などに種類分けして収納しています。中が丸見えなのはあんまりなのですが、遊ぶおもちゃがどこにあるのか分からないと意味ないと思ったので。

(絵本もしまえるのですが、あまり入らないので結局絵本は別の本棚を購入しました)

捨てちゃうよ!は良くない?

よく 「片づけないなら捨てちゃうよ!」 「大事にしないならもういらないんだね」 などと子どもに言うのは良くないと聞きます。

おそらく物を大事にするという観点から見ての事でしょう。

NHKの幼児番組 「おかあさんといっしょ」 でも

「使わないおもちゃはどうする?」 という問いかけに、パッコロリンの三角形のりんちゃんが 「捨てる!」 と答えると、お兄さんが

「ブー!!おもちゃは大切にしまっておくんだよ」

と諭していたのを見て私も反省しました・・・。いらないと思ったら私は躊躇なく捨てる方だったので・・・。(特にマクドナルドのハッピーセットのおもちゃとかすぐ捨てたくなります。)

そして子供って目ざといんですよね。ゴミ出しの袋を見て

「ねぇ!何でこれゴミ袋に入ってるの!?捨てないで」と言われ取り出した事が数度あります・・・。

使っていなくても子どもにとっては思い入れのあるおもちゃだったりする事もあるんでしょうね。

*片づけを促す絵本
*それならいいいえありますよ【作・澤野 秋文】

怠け者のぎんたの部屋は散らかり放題。そこへ猫のちゃまるがやってきたのですが、またすぐにどこかへ行ってしまいます。

気になったぎんたがちゃまるの後を付けてみると、意外な職業に就いていて・・・?

とんちのきいたお話です。読んだ後は

「こんな事になったら大変だから部屋はちゃんと片付けなきゃね」

と、みんなで掃除する事にしています。

断捨離できない人は片付け下手と言われたり、物の溢れている時代ではありますが、物を大切にできる子になって欲しいものですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です