恐竜が出てくる絵本

Pocket

スポンサーリンク





恐竜との出会い

息子と絵本を買いに行くと大抵思っていたような絵本を購入できません。

ある日のデパートでの事。私の買い物に長い事付き合わせてしまった事もあり

「好きな絵本選んでいいよ」

と息子に伝えると、

「これ!これにする」と目を輝かせて持ってきた商品。

*恐竜フィギュア図鑑 【小畠郁生】

(いや・・・それ絵本じゃないよね)

(確実にフィギュアのおもちゃがついているから選んだよね)

・・・と言いたくなる気持ちをぐっとこらえ購入。

中身はちょっとした恐竜の種類と、ついているフィギュアをコマ代わりにすごろくなどのボードゲームができる仕様になっています。

肉食か草食か、葉っぱの絵とお肉の絵が恐竜の横に載っているので分かりやすいです。

はじめは不本意な購入だったのですが

息子の恐竜好きはここから始まり、恐竜が出てくる絵本は片っぱしから読んでいます。

*きょうりゅうくんとおさんぽ【作 シド・ホフ】

怖がりな息子は最初とにかく草食恐竜が好きでした。

とにかくブラキオサウルス。

首が長くて大きくて。 このお話に出てくるブラキオサウルスも優しく

少年を背中に乗せて、一緒にいろんな事をします。

それからなんとなく草食より肉食の方が強い事に気づいた息子。

今では王道のティラノサウルスが大好きです。

男の子に人気の恐竜

恐竜にはまる男の子は多く、早ければ3歳頃から興味を持ちだします。

そしていつのまにか母親も一緒に恐竜博士になっていて

恐竜好きの子を持つママ同士の話だと

「ティラノがさ~」

「えっでもブラキオって~」

みたいな女子高生並の略語で会話が繰り広げられたりしています。

恐竜の名前はどれも長いですからね。

*ぼくはきょうりゅう ハコデゴザルス【作 土屋 富士夫】

恐竜好きの男の子がダンボールを恐竜に見立てて遊んでいたら

本当に恐竜の世界へ飛んでいってしまうお話。

恐竜の世界では、子どもの恐竜たちと遊びまわり楽しいひと時を過ごします。

こんな事あったらいいな って思っているであろう世界が広がっています。

*きょうりゅうたちがかぜひいた【ジェイン・ヨーレン】

「きょうりゅうたちが」 となっていますが、本当は風邪をひいた人間の子供たちがする行動ばかり。

大きくて立派な恐竜たちも、なんだか愛しくみえてしまいます。

「これ、何ていう恐竜?」

起こりそうな子ども達の疑問にもしっかり対応。

ページのどこかに恐竜の種類が記されています。

他に

*きょうりゅうがすわっていた

もあります。

恐竜の魅力

強くて大きい。彼らは男の子達の憧れそのものなのでしょうね。

ディズニー映画、「ア―ロと少年」もついに今週末公開されますが

こちらも大ヒットの予感がします。

私の方は恐竜と言えばジュラシックパークが思い浮かぶ程度でしたが

こんなにも種類がいて特徴があって、絶滅した原因も色々考えられていて・・・。

子どものおかげで知る事は、これからまだまだたくさんありそうです。

*↓男の子におすすめの絵本記事↓*

怪獣が出てくる絵本

昆虫好きな子におすすめの絵本

へびの絵本
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です