寝かしつけに効果があると人気の絵本 おやすみロジャー

Pocket

スポンサーリンク


母乳が終わって朝まで寝てくれるようになったのは喜ばしい事ですが、次に課せられる問題が“寝かしつけ”です。
寝つきの悪い子を持つ親にとって、寝かしつけは一日の育児を締めくくる最大の難関。
我が家も毎晩相当苦労しています。

寝る前にそれぞれ好きな絵本を2冊づつ読んでいるのですが、特にそれで眠くなるという事もなく・・・。

寝かしつけの絵本として話題のこちらの本を読み聞かせてみる事にしました。


*おやすみロジャー【作:カールヨハン・絵:フォルセンエリーン・編集:三橋美穂

絵本の内容

眠れないうさぎ、ロジャー。彼をぐっすりと寝かせるため、誰でも眠らせる事ができるというふくろうのもとへ出向きます。そしてそこで眠り方について教わるというお話。

まとめると短いのですが、実際はロジャーが眠りにつくまでストーリーがゆっくりゆっくり進んでいきます。
ゆっくりすぎてこちらが眠ってしまいそうです。


絵本の特徴
・最初のページに、この絵本の読み聞かせ方についての手引きが載っています。
・声の調子、太字のところは強調する、あくびを入れる、など読み方について細かく指示されています。
・物語の各所に【なまえ】と書かれている部分があるのですが、ここに寝かしつけたい子どもの名前を入れて読みます。

読んだ感想
心理学に基づいてお話が構成されているという事で、確かに睡眠に訴えかけるるような内容となっています。
とにかく「眠り」についての単語がたくさんでてくるので、頭の中は眠る事でいっぱいになってきます。
眠たい時に羊を数えると眠れると言いますが、それと似たような印象を受けました。
あれってsheepとsleepの単語の発音が似ているからなんですよね。
(なので日本人がいくら「羊が1匹、羊が2匹・・・」と数えても効果はないんだとか。)

子ども達の反応
とにかく執拗に眠りについての話が続くので、長い話に飽きてきて寝るといった感じでしたが、ふくろうが「手や足の力を抜いて~」と具体的に身体を休める方法を教えてくれている場面は大人でも寝れそうな気持になりました。

私も寝付きが悪い方なのですが、寝る事を意識すると余計に眠れなくなります。なので眠れない時はストレッチをしたり、身体の力を抜いてベッドに委ねるという事をしているのですが、この絵本はそれの手助けをしてくれているようでした。


読み聞かせに適した年齢

おすすめは3歳頃から。それも豆電球やスタンドなど、薄明りの下で読むと効果が高いかと思われます。
1、2歳の寝かしつけが一番大変なんですけどね。
ですが3歳であっても寝かしつけに苦労されているご家庭は多いでしょうし、うちも幼稚園や習い事で体力を使い果たしてくれない限り本当に寝てくれませんので、ロジャーの効果が続けば嬉しいです。


寝かしつけはいつまですればいいのか

海外では寝かしつけの習慣が無く、赤ちゃんの時からベビーベッドで一人で寝かせるという育児方法が知られていますが、日本では親子揃って川の字で寝るのが一般的ですよね。
我が家では長男がもう小学1年生ですが、まだみんな一緒に寝ています。そろそろ自分達で寝てほしいなと思い、1度子ども達だけで寝てもらった事があります。意外にも不安がっているのは長男、長女の方で、次男なんてまだ3歳なのにケロッとしてました。
***
結果、10分後ぐらいに様子を見にいったら全員寝てました。
なーんだ、みんな寝れるんだ、とほっとしたような少し寂しいような複雑な気持ちで翌朝を迎えると、やはりまだみんな一緒に寝たいと言うので、結局それっきりです。
実は提案しておいた私ももう一緒に寝れないのか・・・と切なくなっていたので(よかった)と思ってしまったのが本音です。
こんな事では時期がきて親離れできるのか本気で心配ですが、何歳までと決めずに、今一緒に寝れる幸せな時間を大切にしたいと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です