ごめんなさいが言えない・・・    ごめんなさい絵本

Pocket

スポンサーリンク




なんだかJ-POPのタイトルみたいになってしまいましたが、(なってないか)
相手に悪い事をしてしまったら、「ごめんなさい」「すみません」とすぐに謝る。礼儀ですよね。
でもこの 「ごめんなさい」 の壁が異様に高い子と低い子がいます。
 この差は2歳ぐらいから顕著に表れ始め、自分が何もしていなくてもとっさに 「ごめんね」と反射的に言葉がでてくる子と、
お母さんが「〇〇ちゃん、ごめんなさいは?」と諭しても頑なに謝らない子。その延長で泣きだす子もいますね。

一見 「ごめんなさい」 とすぐに言える子の方が素直で良い子のように思えますが、一慨にそうとも言えないようで
前者のようなタイプの子は「ごめんなさい」を挨拶代わりにしか思っておらず、逆に後者は言葉の意味を重く捉えているからこそ簡単に言えないのだという考えもあります。

*******************************************************************************************************

ただこの事を踏まえても、私は言えるようになって欲しいな と思っています。
大人の場合で考えてみても、「ごめんなさい」 って他人やさほど親しくない人に対しては案外言いやすいものですが、親密な間柄で真剣に言うのはなんだか気恥ずかしかったりしますよね。

うちの夫はまさにその典型です。いわゆる亭主関白とは違うのですが、どうしても 「ごめん」 が言えないみたいです。
長く連れ添っているうちに(あっ今反省しているな~)というのはなんとなく伝わってくるので、別に謝罪を強要したりはしてませんが
やっぱり付き合った当初はそれで喧嘩になったりもしました。

どんな時でも素直に謝れる方がスマートだし、特だと思うんですよね。ほんとこういうのは長年の癖みたいなところもあると思うので・・・


‘ごめんね’のシーンが出てくる絵本

*ごめんなさい

【作・中川 ひろたか 絵・長 新太】

ちょっとありえない事態に対してのごめんなさいばかりが繰り返される絵本なのですが、謝罪を深く考えすぎている子のハードルをちょっぴり下げるのには、もってこいな絵本だと思います。
「ごめんなさい」って今度は気軽に言ってみようかな・・・ そう思わせてくれる絵本です。


*くれよんのくろくん

【作・なかや みわ】

くろくんもお絵描きしたいのに、黒は自分達の色を消してしまうからだめだと、他の色のくれよん達に言われてしまいます。
しょんぼりのくろくん。最後にはみんなが描いた絵の上を塗りつぶしてしまいます。さて、どうなる・・・??


*ごめんね ともだち

【作・内田 麟太郎 絵・後矢 なな】

キツネとオオカミが勝負事をしています。負けてばかりのオオカミは不機嫌になって、キツネがずるをするせいだと言ってしまいました。当然喧嘩別れになってしまい、二人共かんかん。だけど時間が経つと思い出す、一緒にいる時の楽しい時間・・・。

ちょっとラッキーな形で仲直りするお話です。
なかなか迫力のあるオオカミなのですが、実は人情深くていいやつなんです。
始めと終わりに登場するふくろうも、いい味だしてます。

「ごめんね」ってみんな、なかなか言えないんもんなんだ
そんな安心感を与えてくれますよ。


*ごめんね

【作:ノルベルト・ランダ 絵:ティム・ワーンズ】

仲良しのうさぎくんとくまくん。いつも2段ベッドで一緒に寝ています。ある日、何やらキラキラと光る綺麗なものをみつけるのですが、それが原因で喧嘩に発展。しばらくうさぎくんは腹を立てていたのですが、いつも隣にいる相手がいないのは寂しいものです。
二人は仲直りできるかな・・・?

ま、世の中「ごめんね」 では済まされないこともたくさんありますけどね。まずは最近何か問いただす度に
「ちゃうねんちゃうねん」と言い訳から入る息子をなんとかしなければ・・・

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です