お風呂が好きになる絵本

Pocket

スポンサーリンク




お風呂嫌い

お風呂が苦手な子を抱えるママにとって

子どもと一緒の入浴タイムはちょっと億劫になってしまいますね。

「髪の毛洗いたくなーいっ」

「石鹸が目に入っちゃった~」

丁寧に体を洗っていても何かと不満を言われ

いくつになってもシャンプーハットが手放せなくなってしまう場合も。

特に苦手というわけではなくても

パパの帰りが遅く、一人で数人をお風呂に入れなければならないとなると

子どもが小さいうちはかなり大変です。

子ども達プラス自分の体を洗って、出てきたら風邪をひかないようにすばやく体を拭いてパジャマに着替えさる・・・・

あれっパンツはどこだ?

あ、ちょっとまだそっちに行っちゃダメー!!

気付けば全裸で奮闘する自分がくしゃみをしていたり。

ここにお風呂嫌いが重なるともうパニックです。

うちは1歳前からスイミングに通わせていますが

それでも水が苦手で毎回お風呂を拒否する時期がありました。

大きくなってくると、おもちゃが入った入浴剤などで気を引く事もできますが

そう毎度毎度買ってられません。

そこで、こんな本を読み聞かせてみました。

*じゃぐちをあけると【作・しんぐう すすむ】

表紙のじゃぐち、現代のお風呂ではあまりみかけない形状かもしれませんが

ひねるだけではただ垂直に流れていくお湯が

スプーンを当ててみるとどうなるか?

そしてもしこれがコップだったら・・・?

本当にこんな事になるのかな?

と、子どもの興味をかきたててくれますので

安く購入したプラスチックのスプーンやコップなんかをお風呂に持って入って実験させると、夢中になってやっていました。

その他にも

読めば思わずお風呂に入りたくなっちゃうような絵本

*やまのおふろやさん【作 とよた かずひこ】

*わにわにのおふろ【作 小風さち 絵 山口マオ】


*おふろだいすき【作 松岡享子 絵 林明子】

などなど、気持ちよく楽しくお風呂に入っている絵本の様子を見ていると

なんだか早くお風呂に浸かりたくなってきます。

基本的に毎日入る習慣的な行為ですから

できる事ならみんなで楽しく入りたいですね。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です