2歳児におすすめ 電車の絵本

Pocket

スポンサーリンク



男の子は電車好き?

男性は揺れるものや、動くものが好きらしいですね。

息子も例にもれず電車好きでした。

彼のおかげで私まで電車の名前に詳しくなりましたし

ドクターイエローの存在も知る事ができました。

一押しの電車絵本はこれです。

*でんしゃはうたう【作・三宮麻由子 絵・みねおみつ】

でんしゃの音を言葉で表せば

がたんごとん がたんごとん

これが一般的ですよね。

(*がたんごとん【作・安西水丸】

これはこれでいいんですが。)

ですがこの絵本は違います。

まずは電車が駅に到着するシーンから。

かかっかかっ しゅーん

もうこの時点でかなり新しいですね。

そして電車は再び走りだします。

とっ どだっとおーん どだっととーん

踏み切りだって

「かんかんかん」じゃないんですよ。

私のお気に入りは最後の方のページ、線路の切り替えポイントが描かれているシーンです。

(余談ですがこの切り替えポイントを見ると、そこに亀が挟まってしまい電車遅延が生じた問題について、線路の下に溝を掘って回避したというニュースを思い出します。

駆除をするとか排除する考えではないこの解決策に、なんだかほっこりしました。)

この絵本の凄いところは

目をつむっていてもその情景がありありと浮かんでくるところじゃないでしょうか。

斬新で大人も読んでいて楽しくなる絵本です。

まさに 「でんしゃは うたう」 ですね。

息子が一番のお気に入りだった絵本

*しゅっぱつ しんこう!【作・山本忠敬】

お母さんと女の子が電車を乗り継いでおじいちゃんの家まで行くお話です。

自然な流れで特急列車、急行列車、普通列車、ついでに電気機関車まで登場します。

風景の描写もしっかりしていて

電車によって窓から見える街並みが全然違うのところにリアルさがあります。

(ちなみに息子はこの絵本で 「うし」 を覚えました。)

数年前に買ってからあんなに読んだのに

再び開いてみたとき、私はお母さんが連れていたのは男の子だと

完全に記憶違いをしていた事に気付きました。

ずっと息子に読み聞かせていたからなんでしょうね。

その他の2歳児におすすめ 電車絵本

*でんしゃ【作・絵 バイロン・バートン 訳・こじま まもる】

*ぼくしんかんせんにのったんだ【作・わらなべ しげお 絵・おおともやすお】

*ちんちんでんしゃがはしるまち【作・絵 高田勲】

*がたごとがたごと【作 内田麟太郎 絵・西村繁男】

*でんしゃでいこう でんしゃでかえろう【作・古館彩子 絵 葉 祥明】

*でんしゃがはしる【作・絵 山本忠敬 】

図鑑のような絵本も喜びます。

*しんかんせん・とゅきゅういっぱい

*でんしゃ いっぱい図鑑

さすがは電車の絵本、2歳児が理解できそうな内容の絵本のみに絞ってもかなりの冊数あります。

そして電車好きの我が子のために電車に乗せてあげよう!

と電車旅行を決行しても、乗ってしまえば列車が見えないのでそんなにテンション上がらない・・・・あるあるですねぇ。

2歳の息子との電車エピソード

息子が2歳の時

まだ会話も2語文を話し出した程度の頃です。

あえて実家へローカル線に乗って帰っていたのですが

1人か2人ぐらいしかいないガラガラの車内で2人で肩を並べて、

窓から見える田園風景を眺めながらの20分弱

「ママ、木、あった」

「ママ、あっち、人いる」

つたない言葉で話す息子の声を聞きながら

心地良く電車に揺られているこの時間

「ママ、たのしいね」

母親として 涙がでそうな程幸せなひと時でした。

もうこの思い出だけで将来

「おいクソばばぁ」とか言われたとしても

心折れずにやり過ごせる気がしています。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です