2歳児におすすめ ちょうちょの絵本

Pocket

スポンサーリンク




庭先や公園で

ひらひらと飛びまわるちょうちょを見かけるようになったら

こんな絵本はどうでしょう

*きいろいのはちょうちょ【作・五味 太郎】

仕掛け絵本です。

次のページの黄色い部分だけがちらりと見えるようにくり抜かれているのですが

その穴がちょうちょの形になっていて、男の子が黄色いちょうちょだと思って捕まえようとページをめくると

あれ・・・?ちょうちょじゃない・・・

そんな繰り返しなのですが、2歳の息子は大喜びでページをめくっていました。

この月齢ならもう絵本をビリビリに破くという事もしないし

本物のちょうちょを見て喜んで追いかけたりするのでピッタリでした。

こういった単純な仕掛けにはまる時期でもありますしね。

蝶の魅力

虫は苦手でもちょうちょは好き という子も多いですよね。

綺麗な色をした羽をひらひらと羽ばたかせる姿は

大人になってもつい目で追ってしまいます。

私は 「が」と「ちょう」 に明確な違いが見出せなくなってから

苦手な生き物として自覚していましたが

再び子どもと共にちょうちょを追いかけまわすようになってから

「が」 は どうしても苦手だけど「ちょうちょ」 の魅力にはなんとなく気付けている気がしてます。

ただし蝶によっては、近くで見ると羽の模様が

思った以上にグロテスクなのもありますからね

遠くから眺める。 これが一番です・・・。

そしてやっぱりいもむし、青虫も苦手です・・・。

*イモムシ【作・新開 孝】


こちらはタイトル通り 「イモムシ」 の様子だけであって

蝶になる様子(写真)はありません。

中学の時校庭で青虫を見つけ、喜々として手の平にのせていたクラスメイトのことは未だに尊敬しています。

2歳児向けのちょうちょがでてくる絵本

こちらは女の子におすすめです。

*ちょうちょう ひらひら【作まど・みちお 絵 西巻 茅子】

*りんごとちょう【イエラ・マリ エンゾ・マリ】

*ちょうちょ【作・絵 ミック・インクペン 訳 角野 栄子】

綺麗な色をしたちょうちょ程、毒を持っているそうですね。

なんだか魅惑的な昆虫である蝶緒

生態についてはまだ分からない月齢ですが

小さいひらひらしたもの としては認識ができている頃なので

たくさんみかける春におすすめです。
スポンサーリンク




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です