へびの絵本

Pocket

スポンサーリンク





蛇好き

突然ですが、へびを飼いました。

DSC_2871 (1)

というのは冗談ですが

長男が100均でみつけてきた蛇のおもちゃです。

水に入れると膨らむような事が書かれてたので

お風呂に入れたら面白いかなぁなんて言いながら購入したのですが

詳しく説明書きを見てみると、成長するのに約72時間かかる事を知り・・・容器に入れて様子を見ることに。

―そして72時間後―

DSC_2901

無事、成長しました。

偽物ですがよっぽど嬉しいらしく、現在、蛙やスーパーボールのおもちゃが蛇のえさ代わりにプカプカ浮いています。

早く捨てたいです。

細長いものへの魅力

なぜか長男は昔からヘビやあなご、うなぎなど細長い生き物が大好き

赤ちゃんにはよく電気コードや服のフードについている紐など

長い物が好きな子って多いですが、それの延長なのかもしれません。

赤ちゃんの細長いもの好きは、お腹の中でずっと一緒だったへその緒に似通っているからだそう。

体内記憶がある子もいますね。

長女もあると言い張るのですが、これは単に私を喜ばせようとしてくれているのかも。後付け感がすごいです。

さて今日は雨だったので家にいたのですが

何度も爬虫類のDVDを再生する息子。

今猛烈に食欲が低下しています・・・。

へびがでてくる絵本

*へびくんのおさんぽ【作・絵 いとうひろし】

*ながいながいへびのはなし【作 風木一人 絵 高畠純】

*どいてよへびくん【作 五味太郎】

へびの絵本の中でもお気に入りの3冊です。

3冊目の 「どいてよへびくん」 は最後のページでみんなにんまり

笑顔になります。

*へびのクリクター【作 トミー・ウンゲラー】

こちらは前述の三作より少し長く、より物語性の強い絵本になりますが、1ぺーじの文字数は短く、読みやすいです。

とにかくへびですから、その長い胴体が主体のストーリーになりますが、絵本だとどれも可愛らしいもんです。

短いので2歳くらいの子でも最後まで読み聞かせる事ができます。

へび・・・飼いやすいらしいですけどね。

今のところ、

子どもが飼いたいと言ってきそうだけど飼いたくないランキング

堂々の第一位です。
スポンサーリンク




 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です