1歳からの赤ちゃん向け絵本

Pocket

スポンサーリンク




自己主張

1歳ともなると自我も大いに芽生え、様々な事に興味を持ちだしますよね。

ママの手を引っ張ったり指差ししたり、可愛い仕草もたくさん見せてくれます。

思い通りにいかないと泣きだす子や物を投げる子など、反応もさまざま。

次男はその全力で物を投げる子ですが、お兄ちゃん、お姉ちゃんの真似も大好き。

そこらへんの絵本を持ってきては、読んで~とひざに座ってきます。

反応のよかった(最後まで見聞きしている)絵本 1歳

*わんにゃん【作 きむらよしお】

*うさぎ うさぎ こんにちは【作 松本典子】

*くっついた 【作 三浦太郎】

わんにゃん は、ひたすら犬と猫の鳴き声が続きますが、ページをめくるたびにいぶかしげった2匹がどんどん仲良くなっていく、私はその感じを全力で声に出して読んでいます。

最後のページになると息子も全力の笑顔でもう一回! の催促をしてくれます。

読み聞かせにはあまり感情表現をいれずに、という意見もありますが、

この月齢で棒読みはまず飽きますので、なるべく感情を入れてわかりやすく、オーバージェスチャーで行っています。

くっついた なら絵本とおなじようにほっぺをぴたっ とくっつけると喜びますし、うさぎの本は「こんにちは」 のところで一緒におじぎをしたり表情も大袈裟なぐらいにすると反応が良いです。

*おさかないっぱい 【作 増田 純子】

これは数の絵本ですが、今のところ全く興味を示してくれず苦戦中です。

魚の色も赤、青、黄色と赤ちゃんが好むはっきりした色が使われているので食い付きの良い子も多そうですが。

あまり無理強いして絵本嫌いにしてしまうと本末転倒なので、子どもの目線に入るような場所にさり気なく置いておき、様子をみたいと思います。

ま、興味ないならそれだけの話ですしね。

困ったちゃん行動が始まったら絵本の出番!

・テレビばかりみたがる

・お菓子ばかり欲しがってグズる

・車の中で退屈して泣く

どれも1歳児によくある悩みですが、お気に入りの絵本が数冊あるだけで案外すっと気持ちが逸れて機嫌が直ったりする事もあるので、予め

こどものとも0,1,2シリーズなど 図書館で片っぱしから何冊か借りてみて、子どもの好みを把握しておくと便利です。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です