できれば食べさせたくないけれど・・・赤ちゃんにお菓子

Pocket

スポンサーリンク




お菓子なんて食べ過ぎるとお腹いっぱいになって晩御飯食べられなくなるし、虫歯になるし

存在自体を隠しておけば騒ぐ事もないのですが、2人目以降はそうもいきません。

お兄ちゃん、お姉ちゃんが隣でボリボリお菓子を食べているのを見過ごすはずもなく、こちらもついつい一つだけだよ~ とか言いながら何度もあげてしまいます。

その他、一人目ほど食べ物の制限や歯磨きに力を入れないせいもあるのか、上の子はならなかったのに下の子は虫歯になった、というケースが周りでは圧倒的に多いです。

手作りのおやつがいいのはよく分かってますが、3人目ともなると毎回作っている余裕もありません。

・・・ってできる人はなんなくこなさせるのでしょうけどね・・・

4人子持ちのお母さんでよくドーナツとか手作りのおやつを公園に持参して配られてる方がいたのですが、もはや尊敬しかありませんでした。

私はずぼらな性格なので、市販でなるべく体に悪いものが入ってなくて腹もちのいいものはないものか・・・・ と探していたところ

1歳から就園児の子供用に発見したのはこれです。

パクパクミニ(Big)

DSC_4084

着色料・保存料・乳化剤・甘味料・イーストフード 全部不使用です。

大人の手のひらにのるほどのサイズでチャックもついてるため、お出かけ時はそのままバッグに放り込んでいます。

DSC_4085

私はこれをいつも西松屋で購入しています。そこ以外ではまだ販売しているのを見た事なく、オリジナル商品なのかと思ったのですが、

【カネ増製菓】という会社で作られているそうです。

実は1歳検診の時に、「スーパーなどでよく販売されているジャッキーのスナックパンが好きでいつもあげている」

と話したところ保健師さんに 「すぐやめて下さい」 と言われてしまって・・・。平均グラフ内ではありますが、次男が少し肥満気味だったせいもあるかもしれません。

「お砂糖の量ものすごいですよ!まだアンパンマンがパッケージのスナックパンの方がまし(大きさ的に)!」と・・・。

なのでこちらは一切購入するのをやめ、最初は甘さが違いすぎてあまり興味を示しませんでしたが、それしかないと分かると食べるようになりました。ま、こちらも砂糖は入ってますから気休め的なところもあるのでしょうが・・・。

やはり一番いいのは小さめのおにぎりをストックしておくことでしょうね。

家では友人に教えてもらったたまごの空のパックにご飯を詰めてシャカシャカ振る方法。小さめおにぎりがまとめてたくさん作れます。

間食を減らすために

お菓子にしてもあげなければいけないもの では決してないので、

*買い込んでおかない 

*目につくところに置いておかないというのは重要ですね。

さてさてなんだか話が逸れていってしまいましたが、一番問題なのはお兄ちゃんやお姉ちゃんがお菓子を隣で食べている時。

これはもうどうしようもないので、上の二人にもおやつを食べていいのは、3時から4時までの間だけ

それより遅く帰ってきたり忘れていた場合は食べない という決まりを作りました。

これはお友達が来た時も例外なく実行しています。事前にママ友にも話をしておき、4時になったらママのおやつも子供達のおやつもテーブルから引き上げます。

そしてなるべくスナック菓子は「かっぱえびせん」や「サッポロポテト」など、見た目は同じだけど次男にだけは「1歳から」用の物が販売されているものを選んでいます。

 

チョコレート、ラムネ類はさすがに1歳児にあげるわけにはいかないし、でも上の子達に断固禁止も可愛そうだし・・・という事で違う部屋でこっそり食べてもらうようにしています。

最後に

お菓子はなくてもいいけど楽しみの一つではありますよね。子供達みんなに、後々不満が残らないやり方で、あげていければいいのですが・・・。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です