赤ちゃんに反応のあった絵本 ぱぴぷぺぼ

Pocket

スポンサーリンク





ぽんぽんポコポコ【作 絵 長谷川 義史】

 

読み始めると1歳になったばかりの次男は、

どこかへ歩いていこうとしていた足を止め、くるりと向きを変え

最後までじーっと見ていました。

「ぽんぽん」 と書かれている横のページには、

動物のお腹とその手のアップが。

そしてページをめくると

ぽんぽん ポコポコ ぽんぽん ポコポコ

お腹を叩いている動物の全体像が描かれ、

何の動物だったのかが分かります。

ぽんぽん ポコポコ ぽんぽん ポコポコ

リズムがよく気持ちも弾んできます。

最後に我が子のお腹をぽんぽんっと軽く叩くとにっこり笑ってくれます。

この破裂音 特に 「ぱぴぷぺぽ」が入った言葉は発音がしやすく、好きな赤ちゃんは多いですよね。

なかなか開かないタッパーの蓋が開いた時のポンッ

お風呂の湯船で水鉄砲の中にお湯を入れる時の

こぽこぽこぽこぽ・・・

こんな音に赤ちゃんはじっと聞き耳を立てていたり、声をあげて笑ったりします。

風船のぱんっと割れる音や、シャンパンのコルクがスポンッという音などは大きすぎると泣きだしてしまう子もいますが・・・。

破裂音とは

破裂音とは一度口を閉じてから発音する言葉の事です。

初めて話す単語に 「ママ」 や 「パパ」 が多いのは

いつも側にいてくれる身近な相手だから という理由もありますが

この破裂音に当てはまっている事も挙げられます。

というよりこの発音のしやすさから、お母さんはママ、お父さんはパパ と呼ぶようになったとの見方もあります。

「まんま」や「ぱん」などもそうですね。

ぱぴぷぺぽの絵本

*こっぷこっぷこっぷ
こども012 1995年10月号 こっぷこっぷ こっぷ

*おふろでちゃぷちゃぷ

赤ちゃんにはまだ、絵本の内容は分かりません。

ですが耳に心地よく響く、視覚に優しく訴えかけてくるような絵本なら

夢中になって聞いてくれます。
スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です