買ってよかった!赤ちゃん(0歳児)におすすめの絵本ベスト5

Pocket

スポンサーリンク



さまざまな絵本をご紹介していますが、結局どれを買えばいのか悩む・・・という0歳児の赤ちゃんを子育て中の方へ。

赤ちゃんが喜ぶ私のおすすめ絵本ベスト3をあげたいと思います。

・・・とその前に赤ちゃん向け絵本、選び方のポイントから。

0歳児に読み聞かせる絵本の選び方ポイント


・ページいっぱいに描かれていて、大きくはっきりした絵

・擬音語、 オノマトペが多用されている文

・歌うように読める

五感を使って楽しめるような絵本を、赤ちゃんは好みます。

さて、最初にご紹介する絵本はこちら

*ととけっこう よがあけた

【作・ましま せつこ】


♪ととけっこう よがあけた

にわとり=朝の鳴き声 ということで、にわとりがひよこや太陽におはようのあいさつをしてまわるお話。

最後に楽譜が載っていますので、リズムを付けて読んであげられます。もちろん自分で好きなリズムに乗せて歌っても大丈夫です。

使われている絵の色も鮮やかですし、はっきりしていて分かりやすく、赤ちゃんの興味をひく事ができます。

*せんべ せんべ やけた

【作・こばやし えみこ 絵・ましま せつこ】

同じタイプの絵本で、こちらもおすすめです。
女の子がダンボールを火鉢に見立てて、その上に網を置きおせんべいやおもちを焼いています。
♪せんべ せんべ やけた
はい どうぞ

この繰り返しが楽しいわらべうた絵本。2006年に刊行された比較的新しい絵本なのですが、絵の中に出てくるお茶碗や小物は和風でとっても可愛いです。

最後は大好きなお母さんにはい どうぞ♡

続いて赤ちゃん(0歳児)におすすめの絵本、3作目はこちら

*くっついた

【作・三浦 太郎】


きんぎょさんと きんぎょさんが・・・?

DSC_0369

くっついた!!

DSC_0370

 

見開きいっぱいに描かれた絵。

離れていたモノ同士が次のページをめくった瞬間ピタっとくっつく

という、赤ちゃんが 「おっ!」 「あれっ?」 と興味をひく内容になっています。

最後は「ぼく」がおとうさんとおかあさんのほっぺにくっつくという締めくくられており、読みながらスキンシップまで出来てしまう絵本なのです。

*りんご【作・松野 正子】

単純な絵本ですが、心を込めてゆっくり読んであげてみて下さい。赤や黄色の、まるでそこに本当にあるかのようなリアルなりんごが、赤ちゃんを惹きつけます。
皮を剥いて食べられるように切られたりんごを見ると、よだれを垂らす赤ちゃんもいます。


そして何より赤ちゃんに読み聞かせたい絵本NO.1

*いないいないばぁ

【作・松谷 みよこ】

やっぱりこれです。大好きになる子が多い いないいないばぁ

顔を覆っている目の大きなくまちゃんが、次のページでは潔く手を広げて、目をぱちくり開けています。

大人にはちょっと受け入れがたい絵かもしれませんが、子供には大人気。

実はこれも歌いながら読めるんです。

この絵本についてはこちらも参考にしてみて下さい↓

*0歳児からの赤ちゃん向け絵本 いない いない ばぁ

***毎日読み聞かせる絵本選びで迷われてる方、ぜひ参考にしてみて下さいね。

以上、買ってよかった赤ちゃんの絵本、ベスト5でした。

 

*赤ちゃんに反応のあった絵本 ぱぴぷぺぽ

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です