母乳育児 混合から完全母乳になるまで

Pocket

スポンサーリンク




赤ちゃんが生まれると、自然と母親のおっぱいからは母乳が出るようになる

という考えは間違っていて、出産前から白い液体が出始める人もいれば、出産後全く出ない人もいます。

母乳が出る、出ないは遺伝?

私の母親は全く母乳が出ずに随分と悩んだそうです。私も完全ミルクで育っています。

この話を聞いていた上に、胸も自分で可哀想になる位貧弱なので、まぁ私も母乳はでないのだろうと、鼻から期待していませんでした。

ですが産院が母乳を推奨している事もあり、ミルクの調乳指導に来たミルク会社の人でさえも

「あくまでミルクは母乳の補助です。母乳が出るならそれに越したことはありません」

という言われ方をしていたので、一人目だった事もありなんとか母乳で育てたい!という気持ちが強くなったのです。

だけどやっぱり出ない母乳・・・

出産前、看護師さんに言われた通り母乳マッサージも行ってきましたが、あまり効果はなかったように思います。

というのも出産直前に看護師さんに直にマッサージしてもらう事があったのですが、あまりの痛さに涙が出そうになり、自分のマッサージなんてほんと気持ち程度だったのだと思い知らされたのです。

さて、私がお産した産院では母子別室となっており、時間が来ると育児ルームに呼ばれ、母乳をあげる決まりになっていました。

同じ時期に入院している人達みんなと一斉に集まってあげるので、初対面の人とお互い上半身をさらけ出すというのが私は始めかなり抵抗がありましたが、それもだんだん慣れていきました。

産院で赤ちゃんに母乳をあげる時の手順

1、育児ルームに向かう

2.おっぱいマッサージ

3.赤ちゃんの体重を量り記録する

4.脱脂綿で乳首を拭く(今はしないそうです)

5.赤ちゃんに母乳を与える

6.再び体重を量り、引き算で母乳の量を計算する

7.母乳量が少なければミルクを与える

このような手順を踏むわけですが、ここで気になるのが他の人の母乳量なんですよ。

初日は出ない人も多いのですが、2日目から出る人は40とかどんどん出ますし、除々に増えている人もいる中で、私はひたすら0か1(泣

乳首の形状のせいかなかなか吸いついてくれないのもありましたが、ようやく吸ってくれたと思って他の人よりも15分20分と長く吸わせても、量ると結局数字になっていなくて本当にへこみました。

それでも私は帝王切開であったため入院期間も長く、なんとか退院までに母乳が出るようにしたいと頑張ったのですが、その願いは叶わず、まずは混合育児で育てることになりました。

母乳を出す方法

私が実践して効果を感じた母乳が出る方法をご紹介します

桶谷式マッサージに通う

ここは母乳推奨なので粉ミルクを80程足していると言ったらえらく怒られました。

普段の食事は和食中心がいいそうです。

場所や人によっては人気があり、私が通ったところも10日後にようやく予約が取れたので、出来れば入院中に母乳の出が悪いと思ったら予め予約をしておくのが懸命です。

初診 5000円

再診 3500円でした。

母乳が出るお茶を飲む

私が飲み続けたのはラズベリーリーフティです。普段の飲み物はとにかくこれにし、飲みまくりました。妊娠中は陣痛を促進してしまいよくなのですが、子宮を柔らかくしたり、母乳の分泌をよくするハーブティーで知られています。

私は「生活の木」で購入しました。

とにかく吸わせる

母乳はミルクと違って3時間空けなければいけないという事もないので、欲しそうにしていればいつでもあげられます。

吸わせれば吸わせる程出るという話もあながち間違いではないのだと体験して感じました。

マッサージのおかげだったのか日々吸わせ続けたせいかは分かりませんが、里帰りを終えて自宅に帰ってからしばらく経つ頃、ようやく母乳がしっかりと出るようになりました。

トータル2カ月はかかりましたが、完全母乳に移行する事ができ、おでかけや深夜もとても楽になりました。

もちろんミルクにもメリットはあって、人に預けられたり、お腹の持ちがいいのも断然こちらの方なので、夜全然寝ない時などは足す事もありました。

一人目よりも2人目の方が母乳は出る?

これ結構周りの子の体験談を聞いて期待していたのですが、私に限っては全くそのような事はありませんでした。

ただ一人目は乳首から出血しまくっていたのですが、二人目からは既に乳首が鍛えられているせいか、そこまで痛さはありませんでした。

痛みがひどい時は産院で馬油をもらい、乳首に塗りたくりました。

最後に

母乳育児を目指しているけど全く出ない という場合、ある程度努力しなければなりませんが、母乳に執拗にこだわらないというのも大事かなと思います。

ただでさえ寝不足で大変な時期に、母乳の事でも悩み続けるのは余計にストレスが溜まって悪循環です。

ミルクであれ母乳であれ、お母さんのその子を思う気持ちは誰にも負けないはず

それで充分心身ともに大きく育ってくれると私は信じてます。

卒乳時におすすめの絵本はこちら
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です