出産準備 新生児に必要なもの

Pocket

スポンサーリンク



もうすぐ待ちに待った赤ちゃんの誕生!

赤ちゃんが生まれるまでの時間のあるうちに必要なものは揃えておきたい!

でも生まれてみないと これが必要、これはいらないって想像しにくいですよね。私が実際に出産前に購入してよかったもの いらなかったものをまとめてみました。

≪用意しておいてよかったアイテム≫

・ベビーバス

プラスチックのものと浮き輪のように空気を入れて膨らますタイプとありましたが、私は後者を選びました。畳んで収納できますし、洗う時に赤ちゃんをベビーバスにぶつけてしまってもビニールなら全く痛くありません。

・湯温計

沐浴の時の温度を測るのに使います。私が購入したもの↖はメモリに「なつ」 「ふゆ」 と書かれていて、今の時期はどの温度にすれば適温なのかが分かりやすかったです。

・ベビー布団

敷布団と掛け布団、これはもちろん必要なのですが、セットについている枕に防水シーツ。これは使いませんでした。枕は存在感がないほどの薄さのものがついていましたし、防水シーツに関してはオムツしてるので漏れる事ありませんしね。

トイレトレーニングの時に使えるかと思いとってましたが、その頃にはサイズが小さすぎて結局買い直しました。

・授乳枕

産院で母乳を上げる時に初めてこの存在を知り、楽だったので慌てて退院時に買ってきてもらいました。広げて抱き枕にできるタイプもあります。

・ガーゼ

新生児の頃はお風呂に入れる時やミルクを飲んだ後に口を拭くためなど重宝します。新生児の皮膚はデリケートなため市販のティッシュなどは使えません。何かと役に立ちますので、4、5枚はあると便利です。

・赤ちゃん用洗濯洗剤

新生児の衣類は親の洗濯物とは別で洗います。洗剤も刺激の強い成分が入っていない赤ちゃん用のものを使います。念のため私は生後半年まで別々に洗いました。

・肌着

一番下に着る短肌着と、その上に着るコンビ肌着。2枚セットで売られているものがあります。同じ柄の方が洗濯の時など、分かりやすくて良かったです。うんちが漏れてしまったり着替える事も多いので、せめて4セットはあると便利です。

チャイルドシート

車に乗るなら必須です。特に出産して産婦人科を退院する日も、車で帰る予定にしている場合はいきなり必要になりますので、早めに購入しておいた方がいいです。車のシートへの設置の仕方も最初は手間取るので学んでおいた方がいいかも。

・新生児用紙オムツ

いろんなメーカーの紙オムツがありますが、そのメーカーによって同じ新生児サイズであっても大きさが違います。長男は3000グラム未満と小さめだったため、パンパース新生児用を愛用していました。

・おしり拭き

紙オムツと一緒に購入しておきます。新生児の頃はまだ固形のうんちではないため、1パックなくなるのが早いです。

・授乳ケープ

これ何気に重宝しました。ベビールームが近くにない時など部屋の隅であげやすいです。完全ミルクの場合は使いません。

≪必要なかったもの≫

・オムツバケツ

外のゴミ箱に捨てれば臭いもしませんし、わざわざ購入するものでもなかったです。

・男の子キャップ

おしっこを飛ばされないようにするグッズです。お腹の子が男の子と分かった時になんか嬉しくって購入してしまったのですがほとんど、というか全く使いませんでした。飛ばされそうな時は履かせているオムツでさっと覆えば問題ないので。

・哺乳瓶

生まれてからでないと母乳が出るのか出ないのか分かりません。完全母乳でいく場合は全く使う機会のないものです。

最後に

生まれてきてから慌てふためかないように、また逆に楽しみすぎていらなものまで買いまくってしまったりしないように 一度生まれる前に本当にいるもの、いらないもの、検討してみてくださいね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です