オノマトペで気を引く

Pocket




オノマトペとは?

オノマトペとは、 ギシギシ とか ドキドキ など、耳に入った音を言葉に置き換えて表現したような、擬音語や擬態語の事を指します。

まだ言葉を知らない、理解できない赤ちゃんは、こういったオノマトペを通して、物事への理解を深めていきます。

そのため、オノマトペが多用されている絵本は読むと赤ちゃんが興味を示したり、じっと聞いてくれる事が多く、こちらも読みがいを感じられます。

読み聞かせ 早くから取り入れた方が楽?

聞いていないようで聞いているらしい赤ちゃんに絵本を読み聞かせするのはなかなか根気がいります。読み始めてもすぐにパタンと絵本を閉じたり投げたりかじったり・・・。だんだん真剣に読んでいるのがばかばかしくなってきて、

(まぁ絵本なんてもっと大きくなってからでいいか)

とあきらめてしまう人も少なくありません。もちろんもう少し月齢が進んでから絵本に出会いその魅力にはまっていく子もたくさんいるのでしょうが、

「うちの子全然絵本に興味持ってくれない、もっと早くから読んで慣れさせておけばよかった~」と嘆いているお母さんが多いのも事実です。

赤ちゃんの時から日常的に絵本に触れてきた子は、絵本そのもに対して親しみや愛着が自然と湧いてくるものですが、逆にそうでない子にとっては物心がついた頃に突然 「絵本だよ」 と差し出されても抵抗があるという事なのかもしれません。

*じゃあじゃあびりびり【作・絵 まついのりこ】

*ぶーぶーぶー【作 こかぜさち 絵 わきさかかつじ 】

*ごぶごぶ ごぼごぼ【作 駒形克己 】

*むにゃむにゃ きゃっきゃ【作 柳原 良平】

*もこ もこ もこ【作谷川俊太郎  絵 元永定正】

*もけらもけら【作 山下洋輔  元永定正】

*ひまわり【作 和歌山 静子 】

 

最後に・・・

まだ話せない赤ちゃんも、「ばばば」とか「ぶー」という喃語は出ますから、読んでいるうちに真似してくれる事もあります。

ちなみに子供達のお気に入りは 「もこ もこ もこ」と「もけら もけら」

読み始めるとみんな真剣です。

いい大人になった凡人の私には少し理解し難い内容ですが、子供達の内にあるすごい創造力とか掻き立ててくれてるんじゃないか

と勝手に思っています。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です