怒りたくないのに・・・ どうすればいい?子供へのイライラ 

Pocket

スポンサーリンク




以前つい子供に怒ってしまうのをなんとかしたいという記事(子供にイライラしてばかり 怒りを抑えたい)を書いたのですが、また別の書物に出会いました。

*「つい怒ってしまう」がなくなる子育てのアンガーマネジメント【作:戸田久美】


こちらの本ではまず、子供に対して怒ってもいいという前提で書かれています。なぜなら人が怒るのは自然な事だから。
ちょっとホッとしますね。
ただこんな怒り方をしたくなかった・・・と後々引きずるような怒り方を極力避けるためにはどうすれば良いのか、怒る必要がないところで怒らないためにはどうすれば良いのかが書かれています。

なかでも怒りの矛先が他の人に向かっていくのはよくないという事が書かれていたのですが、これよくやっちゃってたなって反省しました。
無意識にやってしまっていた事なのですが、私の場合、夫に対しての怒りを子供に向けていたんですね。
子供に叱る事で夫も気付くだろうという感じで、まだ反論できない子供に酷な事をしてしまっていました。


更に私は受け流すのが苦手だという事も、読んでいて分かった事です。
子供がちょっと言った事に対していちいち目くじらを立てたり、「正さなければ」という気持ちが強かったりして無駄に怒っていましたが、これからは許容範囲をもう少し広げて、大した事でなければ聞き流せばいいや、と楽な気持ちになりました。

こんな風に、読んでいて日頃の自分の怒りについて気づかされる事がたくさんありました。
カッと頭に血が上った時の怒りの対処法もたくさん紹介されています。
他の本と内容がかぶっている箇所もいくつかありましたが、怒りを数値化するなど、初めて聞くような方法もたくさん載っていました。
内容も簡潔でサラッと読めましたよ。


さて、こうやって色々な本を読んで怒りについて学んでみたり、今日こそは、今日こそはにこにこママでいるぞって思うのに、起きてそうそうキレてしまう日もやっぱりあります。
あーあって思いながら過ごしていたある日、夫と言い争いになりました。(というか一方的に夫に高圧的な口調で責められた)
子供の前だったので、なんとか私は怒りを押し殺し家の用事をしていました。
するとトコトコやってきた長男が「ママ、大丈夫?」と・・・。大きな声で言うと余計夫が苛立ち兼ねないと思ったのでしょう、小声でそっと聞いてきました。
そんな息子の気遣いと不安気な顔に私が泣きそうになってしまったのですが、笑顔で頷きながら、息子の頭を撫でました。
その後も一緒に布団に入るやいなや、息子が
「ママ、今日どんな日だった?」
と聞くので「うーん、普通の日かな」というと、
「僕は嫌な日だった。パパがママに怒る日は、一番嫌な日」
というので、「そうか、じゃあ仲良くするね」と言うと、
「いい。ママはそのままで。僕が絶対守るから」
なんだかドラマみたいですが、子供ってこんな台詞を大真面目に言ってくれるんですよね。
険しい顔をしたまま眠りに落ちていった息子の姿に、次の日私はほぼ怒る事なく1日を終えました。
と言っても甘かったわけではありません。(たぶん)
いつもより格段に怒りが沸いてくる事が少なかったのです。

朝の用意が遅い
嫌いな食べ物を残そうとする

本人はいつもと変わらないのですが、いつもならすぐに声を荒げるところを、「もうちょっと頑張ろう」「おいしくないかもしれないけど、栄養あるから食べよう」と、根気よく伝える余裕があったのです。

おそらく、今日は子供達の笑顔をたくさんみたい という気持ちがいつもより強かったからだと思います。
結局人は何か非日常な出来事であったり、危機感を感じなければ変わらないのかもしれませんが、私は前日に夫に色々言われた時、もうどこかに消えてなくなりたい、結婚も何もかもなかった事にできればいいのに、などと考えていました。
別にDVを受けたわけでも、怒鳴り散らされたわけでもない。
だけどそこに愛は絶対ないよね、っていう発言を繰り返され、この人と今すぐ離れたいという感情が沸き上がってきていたのです。でもそうなると子供と過ごせなくなる→パパが大好きな大好きな子供達から笑顔が消える。
そんな事を感じたから、とにかく今日一日不自由なく子供達と一緒にいられる日に感謝しよう、この1日を大切にしようと思えたのです。
こんな気持ちも日が経つと薄れていくんでしょうけどね。

自分の中に沸き上がってくる感情をもっとコントロールできるように、これから訓練していきたいなと思います。
明日も子供達の笑顔がたくさん見られますように・・・

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です