小学生の算数が始まる前に

Pocket

スポンサーリンク




とある晩の事です。年中の娘がお風呂上りに「数の問題出して」と言うので「2+3は?」とか「1+4」はとかなるべく簡単な計算問題を出題しました。娘は見事全て正解。簡単とはいえ年中ですから、「すごいじゃない!」と本来なら言うべき・・・いや、そう口にはしたのですが、彼女の計算をする時の様子をみて、私はゾッとしてしまったのです。

娘は「2+3?えーっと・・・」と言いながら辺りを見回し、上へ下へ、右へ左へ目をキョロキョロさせながら
「5」と答えるのです。
なぜこんなに計算問題を解くのに挙動不審なのか。

それは、家の中にある「モノ」を数に置き換えているからなのです。例えば机の上に置いてある写真立て。その横のティッシュBOX。それらを見ながら、2+3であれば、まず2に一つの写真立てを足して3、一つのティッシュBOXを足して、4、という具合いです。分かりにくくてすいません・・・。
つまり頭の中で計算しているのではなく目の前にある物体を数えているだけなのです。指を使って計算するのとほぼ同じことだと思います。しかしこれで計算ができている、とは言い難い気がするのですが・・・

実はこれ、私もやっていたのです。物を数に見立てて計算するやり方。指を折りながら、というのを堂々とするのはかっこ悪いという思いもありましたし、かといってテスト中にキョロキヨロ教室にある物を代用して計算しようものならカンニングだと疑われかねません。
そこで私は計算テストの時間、手を机の下にやったり人から見えないようにして答えを算出していました。

ゾッとしたのは何より私が一番苦労した科目が数学で、今でも苦手意識があるからです。このままでは娘は同じ道を辿る事になってしまうかも・・・

そんな私の心配をよそに、「年中さんでもう計算できるなんてすごいやん」とてきとう発言の夫・・・

地頭は遺伝する?


頭の能力は遺伝する、なんてよく聞きますが、私はそれを身を持って体験していないので全力で否定したい気持ちでいます。うちは両親共に国立大出であるにも関わらず勉強が本当に苦手で、受験の時は本当に苦労しました。

気持ちはあるんですよ。勉強して賢くなりたい、とかテストでいい点を取ってお母さんを喜ばせたい、とか。でもとにかく理解力がないため、人が一回で覚える内容を何度も何度も見直したり暗唱したりしてやっと自分のものにしてきたのでです。娘もそうなら可哀想というか、ごめん・・・・って感じですが同じ道は辿って欲しくないです。


でも一体どうすればよいのでしょうか。計算を強くするには公文?そろばん?
計算問題をたくさん解いていくような塾も多くありますが、私としてはできれば丸暗記ではなく、なぜ答えがそうなるのかもおさえて数の概念を覚えて欲しいのです。

とりあえず数のカードで遊んだり、日ごろ計算する機会を増やしていこうと思います。数に親しむ事で真の計算の答えの導き方を学んぶ時がくれば嬉しいのですけど。
算数は積み重ねですからね。計算ならできる!、と自信を持った子に育ってくれるよう、本格的に小学校が算数が始まる前に解決しておきたい問題です。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です