しつけが悪いから? すぐに手が出る乱暴な子供

Pocket

スポンサーリンク




公園や支援センターでしばしばみかける乱暴な子。

気に入らない事があると突き飛ばしたり物を投げたり

相手の子を噛んでしまう子もいます。

子供のお友達でも何人かそういうタイプの子はいて、お母さん達は本当に悩まされていました。

なぜ手を出してしまうのか

一番よく言われているのはまだ言葉でうまく表現できないから。

ですから叩いたり癇癪を起したりが多い時期は、1歳半から3歳半くらいまでになります。

言えない代わりに体を使って自分の想いを全力で訴えているわけですね。

また、2歳前後は自我の芽生えが強く、「これは自分の物!」と所有意識が強くなるため、それを触ろうとしたり取ろうとする子に敵意を剥き出しにしてしまう場合があります。では、

乱暴な子をそういう時期(年頃)だからと放っておいてよいのか?

と言えば、それは違いますよね。だめな事はだめ、と叱らなければなりません。叱り方にもポイントがあって

共感→注意 の順にした方が効果的。

私はあなたの味方なんだよ と言う事を分かってもらう意味も込めて

まずは

「嫌だったんだよね」「したかったんだね」

など子どもの湧きあがってしまってどうしようもない気持ちを認めた上で、

「だけど痛い事はだめだよ」 「お友達がけがをするよ」

しっかりと悪い事を教える必要があるのです。

乱暴だったあの子は今

子供のお友達でママ友でもある親子がいるのですが、2歳前後からとにかく暴力的で、その子の近くにいる子は大抵泣き始めるといった現象が起こっていました。

ママはとても悩んでいて、中には

「なんでもっと注意しないの?」 「甘やかしすぎなんじゃない?」

なんて言うママもいれば

実の親にまで 「この子何か病気があるんじゃないの?こんな子見たことない」 と言われてしまったそうです。

私からするとですが、またそのママがとても素敵なママなんですよ。

裏表のない気さくな性格で、だけど気配りもできていてかなり付き合いやすい。

付き合って6年ほど経ちますが、彼女が誰かの悪口や文句を言うところを聞いた事がありません。

子供への叱り方だって、子供が怒りの矛先をママに全力で向けてきたとしても

「嫌だったんだね。分かった、よく分かった」

共感して暴れまくっている体を抑え込むようにぎゅーっと抱きしめる。

「叩いて気分がよくなった?なってないよね?もっと嫌な気持ちになったよね?じゃあやめようね」

この対応を甘いととるか素晴らしいととるかは人によるとは思いますが

私にはとても真似できないなって思いました。

私なら「もう知らない!勝手にしなさい!」って感情むき出しに怒って放ったらかしだと思います。

だけどそのママは子供が何度同じ事をしても、その対応で乗り切っていました。

うちはこんななので子供の方が

「ごめんなさいごめんなさい」って泣きながら謝ってきて終了ですが、こんなのその場しのぎですから

もっお大きくなってから手を焼いて困るのは私の方かもしれないなー・・・といつも彼女をみながら反省してます。

実際その子は幼稚園に入って1年も経つと、お友達とのトラブルもなくうちの子よりもだいぶしっかりしている印象でした。

だから私は乱暴な子はお母さんの躾けが悪いから、ではない

と思っています。

目の前の育児を長い目で見るって難しいですけどね。やんちゃ坊主君達、小学生になり大抵みんな落ち着いてますよ。

*おこだでませんように【作・くすのき しげる】【絵・石井聖額】

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です