男の子育児 育てにくいと感じたら

Pocket

スポンサーリンク




幼稚園に入るまでは育てやすい方だと思っていた長男でしたが、入園してからは朝の用意が遅かったり私が指摘する事にいちいち反抗的だったりと悩む日も多くなっていきました。

ある程度は個性の範疇でしょうし、思い通りにいかないと泣いたりわめく、という行為自体は別に保育園、幼稚園に通う3~6歳児の男の子として普通の反応だと思っています。

うちの長男の場合は泣いたりわめいたりというよりも、私が叱ると無言で睨みつけてきたり地団駄踏んだり、ひどい時は物を投げて怒りをアピールしてきたりするので、少し恐怖を覚える時もありました。まだ小さいからよいものの、もう第二次反抗期を迎えた中高生みたいな態度で、この先どうなるのだろうかと・・・。

周りでも男の子ママで悩んでいる人はたくさんいました。

育てにくそうな男の子

・お友達を叩く、蹴る
・引っ込み思案で幼稚園などを嫌がる
・嫌な事があるとすぐに泣き、いつまでもぐずる
・頑固でいくらいい聞かせても納得しない
・何度言い聞かせてもいけない事をやり続ける

反対にどうやったらこんな子に育つの~?と聞きたくなるほど従順な子を持つママも。

育てやすそうな男の子
・ニコニコ愛想がいい
・いつも素直。叱られてもすぐに謝る

内部事情は分かりませんが、毎日顔を合わせたり話をする中でこんな子達は本当に羨ましかったです。お友達とのトラブルも少なく、お母さんにも余裕が感じられました。基本的にはおっとりしたタイプの子達ですね。

さて、今回読んだ本はこちらです。

*育てにくい子ほどよく伸びる

【作・おおた としまさ】


もうタイトルからして元気をもらえます(;^_^A

まず「いい子」というのが親にとっての「都合のいい子」の事を指してしまってないだろうかという話です。
確かに私が羨ましいなと感じる子は、親が全然手を焼いていないように見える子達です。
でもこれがただ親の顔色を窺って我慢しているだけだとしたら?
自分の思いを表に出せないだけだとしたら?

私が思いついた子達はそんな感じでもなく、ただただ天真爛漫なのだと思いますが(お母さん達もおおらかだし)

そう言われると確かに、私が一番大変そうだなと感じていた子は幼稚園を拒否する子だったのですが、これなんて完全に自分に負担がくるからってだけですもんね・・。

「ルールだからだめ」という叱り方


これ、すごくよく使ってます。
「幼稚園で決まってる事でしょ!」
「お店のルールだからだめなの!」

特に罪悪感もなく使ってました。守れないと集団生活が困難になったりといい事は何もないので、決められたルールは当然守るべきだと躾ていたつもりなのですが、どうやら危ういキーワードのようです。
なぜそのようなルールがあるのか、なぜ守らなければならないのか、毎回きちんと説明しないと、考える力が養わないそうです。
でも口で言うのは簡単ですが、そんな毎回子供が納得するような説明ポンポン思いつかないんですよね・・・。

例えばうちの子は幼稚園の制帽が嫌いで、いつも被りたがらなかったのです。
母「被りなさい」
息子「嫌だ。うっとおしいから被りたくない」
母「頭を守るためだから」
息子「こんな柔らかいので守れないよ。」
母「お日様が直接当たっちゃうでしょ」
息子「じゃあ曇ってたらいいんだね?」

一事が万事こんな調子で、てんで納得してくれません。ある意味親の私も感心するほど、あーいえばこういうタイプなのです。
で、最終「ルールで決まってるんだから守りなさい!」と反論できない言葉に頼ってしまうんですよね~

でもこれこそまさに、私に考える力が備わっていない証拠だったりして・・・

喧嘩はルールを決める


今度は逆にルールを提案するお話しですが、男の子同士の喧嘩ってはたから見ていると結構激しいですよね。
蹴ったり叩いたり、どちらかが泣くまで続く事も。
一度うちの子が友達に馬乗りされて胸ぐらをつかまれているのが遠くから見えたので、慌てて止めに入ろうと近づいたら、なんと本人はゲラゲラ笑っていたんですね。そしてむくっと起き上がって今度は相手を掴みにかかるという・・・

ちょっと私達女子には理解し難い行動ですが、この本によると、取っ組み合いの喧嘩で学ぶ事もたくさんあるそうです。
脳も刺激されるし運動神経も発達するのだとか。

でももちろん相手にケガを負わせたりいじめのようになってしまってはいけませんから、道具を使わない、とか複数人対1人ではしない、など最低限のルールを伝えておく事は必要になります
激しくても止めちゃいけないなんて、ママからするともう目を伏せるしかないかもしれませんが・・・。

この本の感想


全体的に男の子のやんちゃぶりには「寛容に」というお話しでした。どんな困った男の子もこの本では肯定してくれます。子育てに行き詰ったり自信がなくなった時に読むと心が落ち着きそうです。
子供の躾にはいろんな考えがありますが、この本ではいつも緊張感を持って子供を監視しているよりも、肩の力を抜いて「男の子はこれぐらいでいいんだよ」なんて気楽に構えている方が将来有望だよ、よいうスンタスで語られていました。

私はどちらかというと息子達に対しては抑え付けるような育児をしている部分が多い気がして、ちょっぴり反省です。
明日は朝からできるだけ寛大に過ごしてみます・・・
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です