子連れでお出かけ時の準備と心構え

Pocket

スポンサーリンク




ちょっと外食するにしても外出するにしても、子連れは本当に気を遣います。例えば・・・

【0歳児】泣きやまない事に対する配慮

【1歳児、2歳児】チョロチョロ動きまわる事への配慮

【3歳児、4歳児】お友達とふざけあって騒がしくなった時の配慮

このように成長しても年齢によってまた新たなややこしい行動が起こり始めるのです。

幼稚園に入園すると一気に増えるお誘いですが、下に幼児や乳児がいると更に出掛けずらくなります。

複数人子供がいる場合でも夫がいればまだましですが、大抵平日の昼間とかになりますからね。一人で子供全員を見る事になります。

断りたいけど子供は行きたがるしあまり乗りが悪いとも思われたくないし・・・

自分が疲れてしまうので3回に1回は断るようにしていますが、

出掛ける時はかなり心づもりをして出掛けています。

子連れでのお出かけ時に持って行くもの

・おもちゃ

赤ちゃんならガラガラやぬいぐるみ、幼児なら折り紙やお絵かき、仕掛け絵本など、しばらく退屈しないような物を荷物にならない程度に持参します。

あまり使いたくはないのですが、結婚式でどうしてもの時はスマホのアプリを使いました。0歳児が気に入る音のアプリなどもあってかなり助けられました。

授乳ケープ

私は完母でしたので、とにかく泣きやまないと思ったらケープをしておっぱいを吸わせておく事で口を塞いでしまいました。

完全ミルクの子はお白湯をあげたり、ミルクをかなり薄めて哺乳瓶を吸わせ、しのいでいるママもいました。

お菓子

空腹は子供の機嫌を悪くする元凶です。ご飯を食べた後は、お気に入りのお菓子を常備しておいて適度に与えています。

お昼寝をさせない

長距離旅行になると、電車、飛行機、バス いずれも数十分のごまかしではききませんから、ここにお昼寝時間をもってこれるとかなり楽になります。

予定を立てる段階で子供のお昼寝時間に合わせてスケジュールを組んでおけば安心ですね。

きちんと叱る

何度も何度もテーブルから抜け出し動きまわる我が子。いい加減疲れてきてしまいますが、誰もみてないしまぁいいか と放っておくと思わぬ事態になってしまう事もあります。

心の中では(子供なんだから仕方ないじゃない)と思っていたとしてもとにかく 『叱る』 『マナーを伝える』 という事に関してはあきらめずに言い続けた方が良いですね。

開き直っているママには厳しいですが、一生懸命なママに、世間は案外温かいです。

ただ『叱る』 と 『怒鳴る』 は違うので、外で大きな声を出し怒鳴る、これは単に周りの人達を不快にさせるだけの行為ですから、気をつけたいところです。 「お母さん大変だな」 どころか 「あんたの声がうるさいんだよ」 と思われてしまいます。

子供の性格によっては何なく外出できる子もいるでしょうが、多くの場合そうもいきません。

たくさん我慢した分、後で気軽に出かけられる時の喜びも大きいと思って、お互い頑張りましょうね。
スポンサーリンク



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です