子育てにかかる費用は?

Pocket

スポンサーリンク




夫と二人きりで過ごしていた毎日に子どもが加わると、生活は一変します。

自分の時間がなくなるのもそうですが、経済的負担も大きくなりますね。

一体何にお金がかかるようになるでのしょうか。

 妊娠中  マタニティグッズ 妊婦健診 出産費用
 0歳~2歳  オムツ おしり拭き 抱っこ紐 ベビーカー  チャイルドシート 食費 習い事費用 衣類 おもちゃ
 3歳~5歳  食費 入園費 保育費 習い事 おもちゃ  衣類
 6歳~  入学費 学費 食費 習い事 衣類

年齢が上がるに連れ、学費や習い事の月謝代などはあがっていきますので、子どもにかかる出費は増え続けますし、子どもが増えるに連れ負担額も大きくなっていきます。

その他にも子どもができると、マイホームやファミリーカーが欲しくなったりと、大きな買い物をする機会も増えていきます。

幼稚園から高校までの公立、私立の教育費

幼稚園から高校まで全て公立・・・ 527万円

私立・・・1771万円 (文部科学省調査)

私立は公立の3倍以上かかるのですね。

塾などの費用が嵩むため、この中でも最もお金がかかる歳は中学三年生の受験時にあたります。

大学にかかる費用の平均

国公立 243万

私立  371万

当然ですが子どもが2人いれば×2、3人いれば×3となります。

できれば全て公立でお願いしたいところですが、高校、大学ともなると受験して合格しなければ入れませんから、私立になった場合の分も貯蓄しておかないと安心はできませんね。

私はこの高額な費用を自分では到底貯められそうにないため、学資保険に加入し、毎月強制的に貯金へまわしています。

特にお金がかかるのが大学の4年間ですから、ちょうどその頃にまとまったお金が入ってくるような想定でいます。

貯蓄型とはいえ保険には変わりありませんから、無理な額を設定してしまうと途中で支払えなくなる危険性もあります。解約→元本割れ となれば損をしてしまうため気を付けなければなりません。

 


私は将来子どもが大学ではなく専門学校に行きたいと言えばそれでもいいと思っていますし、高校を出て就職したいのならそれも尊重したいと思っています。

ただ自分は大学まで親に出させてもらっているというのもありますが、子どもが大学進学を希望しているのに経済的余裕がなくて行かせられない という事態はできれば避けたいので、それぞれ子ども達の大学進学時までには400万貯めておく というのが一つの目標です。

*かあさんのいす【作・ベラ B ウィリアムズ】

働いてお金を貯めたら欲しい物が買える という事が学べる絵本です。

少子化の続く日本ですから、せめて教育費は心配せずにすむような社会になっていって欲しいですね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です